少年野球用(ジュニア)の軟式バットの選び方

これから野球を始めるお子さんをお持ちのお父さんとお母さんに向けて、
少年野球の軟式バットの選び方を解説します。

何歳になっても自分に合ったバットで野球をするのは大切なんですけど、
とくに小学生のときには本当にバット選びは重要なんですよね。

小学生だと身長は低いですし、バットを振る筋力もそこまでありません。

だからこそ、振りやすくて打ちやすいバット選びが大切になってきます。

今回は少年野球用の軟式用バットの選び方の5つのポイント
そして身長に合うバットの長さや重さの目安をお話します。

少年野球・軟式バットの選び方

少年野球用の軟式バットを使ってる小学生

少年野球用の軟式バットの選び方は、この5つのポイントです。

・公認マーク

・素材

・バランス

・長さ

・重さ

これらのポイントを意識してバットを選ぶといいですね!

公式マーク

少年野球用の軟式バットを選ぶときには、公式マークを確認しましょう!

メーカーを選ばなければ少年野球用の軟式バットはたくさんあるんですけど、
すべてのバットが公式戦で使えるわけではないんですよね。

少年野球の規定を合格してるバットしか公式試合には使えません。

規格基準をクリアしてるバットにはJSBBのマークがあるので、
軟式ナットを選ぶときには確認しましょう!

ちなみにJSBBとは「全日本軟式野球連盟」です。

素材

つぎの少年野球用・軟式バットを選ぶときのポイントは素材です。

・アルミ合金

・カーボン系

・ポリウレタン系

・木製

ざっくり分けると軟式バットには4つの素材があります。

おすすめの素材はポリウレタン系です。

ポリウレタン系は軟式ボールに最適なバットの作りになんですよね!

ポリウレタン系は軟式バットにしかないんだよね!

軟式ボールって柔らかいのでアルミ合金やカーボン系、
木製バットで打つとインパクトの瞬間にボールが潰れます。

ボールが潰れてしまうとボールが元の形に戻るために力が使われてしまい、
飛距離が伸びにくくなるんですよね。

ポリウレタン系ならバットで打つ部分が柔らかいので、
ボールが潰れるのを最小限に抑えられ、飛距離が伸びます。

筋力が足りない小学生こそポリウレタン系がおすすめです!

バランス

3つ目の少年野球用軟式バットの選び方はバランスです。

・トップバランス(※重心がバットの上)

・ミドルバランス(※重心がバットの中央)

・ニアバランス(※重心がグリップの近く)

バットにはこの3つのバランスがあります。

それぞれの違いを簡単に説明するとトップバランスは長距離ヒッター系、
ミドルバランスは中距離ヒッター系、ニアバランスはアベレージヒッター系ですね!

ただ、お子さんが何系のヒッターなのか分からないと思います。

なのでまずは、ミドルバランスの軟式バットがおすすめです。

というのも、ミドルバランスがバットを一番振りやすいですし、
ロングヒットにもシングルヒットにも対応してます。

ミドルバランスのバットで野球を始めてみて、
ボールを遠くに飛ばす才能がありそうならトップバランスに変えるといいですね!

長さ

つづいての少年野球用軟式バットの選び方は長さです。

バットは長すぎると思うように操作できませんし、
短いと強いスイングができても飛距離が伸びません。

身長に合わせたバットの長さがあるので、それを目安に選びましょう!

詳しい説明は後ほどします。

少年野球用の軟式グローブの選び方はこちらで解説してます。

重さ

最後5つ目の少年野球用軟式バットの選び方は重さです。

バットの重さはちょっと重たいくらいがちょうど良いと思います。

今の時点で十分に振れるバットだとスイング力が付きませんし、
力に任せた強引なバッティングになってしまう可能性もあります。

ちょっと重ためのバットなら素振りや練習で筋力が付きますし、
ヘッドを効かせたスイングも自然と身についていきます。

ただ、重たすぎるバットは逆にスイングの基礎ができないので気をつけましょう!

「1年後にはバットを使いこなせてそうだな!」
このくらいのイメージですね!

少年野球用マスコットバットの選び方はこちらで解説してます。

少年野球の軟式バットの長さと重さの目安

バッティングでベストパフォーマンスを発揮するには、
自分に合うバットを選ぶのが大切になってきます。

とくに身体が出来上がってなくてスイングも弱い小学生にとっては、
より自分に合うバット選びは重要です。

じゃあ、自分に合うバットとは何かっていうと「長さ」と「重さ」です。

バットが長すぎたらスイングできませんし短すぎても力を十分に伝えれません。
またバット重たければ振れませんし、軽すぎたらスイング力が付きません。

身長に合うベストな長さで、ちょっと重たく感じるバット

これが少年野球用軟式バットのおすすめの選び方なので、
長さと重さの目安をご紹介していきますね。

長さの目安

少年野球用軟式バットの長さの目安は、腕の長さで決まってきます。

バットの長さの目安の調べ方

①片腕を横に広げる。

②中指の先から胸の中央までの距離を測る。

この長さがバットの長さの目安なので、それに近いバットを選ぶといいですね!

ただ、バットは1センチ単位ではなく2〜3センチ単位で長くなるので、
その場合には長いほうを選ぶのをおすすめします。

目安が68センチならバットは70センチ、
目安が74センチなら76センチのバットを選ぶ感じだね!

子どもの身長は早く伸びますし、ちょっと長いくらいでも問題なくスイングできるので!

重さの目安

つぎに少年野球用軟式バットの重さの目安です。

バットの重さは長さによって大体決まるので、◯グラムという目安はありません。
最適な長さのバットなら、重さ的にも問題なくスイングできます。

もし不安なら、スポーツショップに行ってバットを振らせてもらうといいですね!

バットのラベルに重さが書いてあったりするので、
それを確認してスイングをさせてみましょう!

もし最適な長さのバットでも極端に身体がフラついたり、
スイングに波がうったりするなら重たすぎる可能性があります。

ちょっとだけ重たさそうなら問題ありません!

そこをチェックすればOKです!

少年野球用のおすすめのリュックはこちらで紹介してます。

おすすめの少年野球用軟式バット3選

少年野球の試合

それではおすすめの少年野球用軟式バットを3つ紹介していきます。

当たればよく打球が飛んで、公式戦でも使えるバットを選びました!

ただ、稀にチームによってポリウレタン系の軟式バットを禁止にしてたりするので、
バットを買うときには念の為、チームの方針を確認しておくのをおすすめします。

ZETT(ゼット) ブラックキャノン

まず1つ目のおすすめの少年野球用軟式バットは、ZETT(ゼット) ブラックキャノンです。

軟式ボールとの相性抜群のポリウレタン系バット・ZETT(ゼット) ブラックキャノン

軟球での草野球をやってる人たちのなかでは有名なんですよね!

デザインもカッコいいですし、
ボールの弾きもいい優秀な軟式バットです!

ブラックキャノンにも種類があるんですが、
今回ご紹介してるのは最上位モデルのグレートです。

これならヒットもホームランも量産できます!

MIZUNO(ミズノ)ビヨンドマックス

つづいての少年野球用軟式バットのおすすめは、MIZUNO(ミズノ)ビヨンドマックスです。

 

ポリウレタン系の軟式バットを日本で初めて開発したのがミズノです。

ミズノのビヨンドマックス派かゼットのブラックキャノン派で大きく分かれますが、
ここは好みの問題になってきます。

ミズノで野球道具を揃えてるからビヨンドマックスとか、
バットのデザインがカッコいいからブラックキャノンとか。

ほぼほぼ機能面的には変わらないので、あとは好みですね!

Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) カタリスト

最後3つ目のおすすめの少年野球用軟式バットは、
Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) カタリストです。

ゼットのブラックキャノン、ミズノのビヨンドマックスはポリウレタン系なんですけど、

Louisville Sluggerのカタリストはカーボンです。

ゼットやミズノ、エスエスケーなど他のメーカーにもカーボンの軟式バットはありますが、
カーボンならLouisville Sluggerのカタリストで決まりです。

振りやすくて、弾きも抜群なんですよね!

もしチーム内でポリウレタン系が禁止されてるなら、
Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) カタリストの一択だと思ってます。

少年野球用のバッティンググローブの選び方はこちらで解説してます。

小学生こそバットでバッティングは変わる!

少年野球・軟式バットの選び方を解説しました。

何歳になってもバット選びは大切なんですけど、
小学生こそバットでバッティングは大きく変わってきます。

お子さんが選ぶとカッコいいバットを選びがちなので、
そこはお父さんとお母さんが身長に合うバットを選んであげるといいですね!

最適なバットでヒット&ホームランをガンガン打ってもらいましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る