少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットを選んでる人

「少年野球用のルイスビルスラッガー軟式バットで、種類あるの?」

「ルイスビルスラッガーの軟式バットが良いって聞いたけど、実際どうなの?」

「少年野球の軟式バットはルイスビルスラッガーのカタリストが1番なの?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん・お母さんに向けて、
少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットの選び方を解説します。

ルイスビルスラッガーといえば、カタリスト!

 

このイメージが強いと思うんですけど、
実はルイスビルスラッガーの軟式バットには他にもシリーズがあります。

また、少年野球の軟式バットの選び方は当然メーカーも大切ですが、
それよりも大切なのがバットの「長さ」や「重さ」なんですよね。

本記事では少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの種類と選び方、
そしてルイスビルスラッガーはカタリストが最強なのかを解説していきます。

バット選びはメーカーも大切ですが、お子さんに合うバットを選ぶほうがもっと大切です。

お子さんに最適なバットを見つけて、気に入ってもらい、
ガンガン試合で打ってもらって、野球をどんどん好きになってもらいましょう!

ルイスビルスラッガー軟式バットの仕組み

まずはルイスビルスラッガー軟式バットの仕組みを簡単に解説します。
(すでにご存知の方は【少年野球】ルイスビルスラッガー軟式バットの種類をご覧ください)

少年野球用軟式バットのビヨンドマックスやブラックキャノンなどは、
ボールを打つ部分(芯の辺り)に柔らかいウレタン系素材を採用してます。

これによりインパクト時にボールが変形するのを防ぎ、打球が伸びる仕組みです。

一方で、ルイスビルスラッガーはウレタン系素材を使ってません。

ルイスビルスラッガー軟式バットはカーボン素材を採用しており、
ビヨンドマックスやブラックキャノンのようにボールを打つ部分は柔らかくないんですよね。

それだったら打球は飛ばないんじゃないの?

 

そう思われるかもしれませんが、安心してください。
カーボンバットでも金属バットより打球は伸びます。

またウレタン系バットよりもカーボンバットのほうが歴史が古く、
毎年のように進化してますし、ウレタンにはない魅力がカーボンにはあるんですよね。

それは打感(打った感触)です。

ルイスビルスラッガー軟式バットのほうが打った感触はありますが、
ビヨンドマックスやブラックキャノンは、ほぼありません。

「あれ?当たった?ボール飛んでるし…。」
みたいな感覚がウレタン系バットですw

 

この打感を大切にしたいかどうかがポイントですね。

【少年野球】ルイスビルスラッガー軟式バットの種類

少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットは3種類あります。

・ニュートロンⅡ

・カタリストⅡ

・AC21

実はカタリスト以外にもルイスビルスラッガーには少年野球軟式バットはあるんですよね。

それではもう少し詳しく解説していきます。

AC21

1種類目のルイスビルスラッガー軟式バットはAC21です。

 

このバットは一般的な金属バットと同じで、
ボールを打つ部分はカーボンでもウレタンでもありません。

普通の金属バットです。

柔らかくないバットってことだね。

 

ただ、バットのヘッド部分にキャップが付いてるので、
普通の金属バットよりは格段にスイングしやすいのが特徴です。

・バランス:トップバランスのみ

・長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ

・重さ:平均520g(76㎝)、平均550g(78㎝)

カタリストⅡ

つづいてのルイスビルスラッガー軟式バットの種類はカタリストⅡです。

 

みんなご存知、カタリストですね。

 

ルイスビルスラッガー軟式バットのカタリスト Ⅱの特徴は、
ボールを捉える部分にカーボン素材を使ってる部分です。

ウレタン系と打球を飛ばす発想は違いますが、カーボン素材には反発力があり、
ボールをしっかり捉えればビヨンドなどに劣らない飛距離がでます。

また、カーボンの素材特有の軽さも感じられます。

ルイスビルスラッガーのカタリストは、トップバランスとミドルバランスがあります。

・バランス:ミドルバランス、トップバランス

・長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80センチタイプ

・重さ:平均540g(76㎝)、平均580g(78㎝)、平均600g(80㎝)

ニュートロン Ⅱ

最後3種類目のルイスビルスラッガー軟式バットは、ニュートロンⅡです。

 

カタリストよりは遥かに知名度は劣りますが、
バットの機能性はカタリストのアップデート版になってます。

どこが大きく変わったの?

 

それはボールを捉える部分にラバー素材が採用されてるんです。

カタリストは反発力の高いカーボン素材を採用し、
ボールの飛距離を伸ばすアプローチをしてました。

その点、ニュートロンはカーボン素材の上にラバー素材を採用し、
ボールが変形しない仕様になってるのです。

つまり、カーボンとウレタンの合わせ技!

 

軽くて反発力のあるカーボンにウレタン系の柔らかい素材は、
野球をやったことのある人なら誰もが思う最強のタッグです。

これからニュートロン Ⅱの時代になるかもしれません。

・バランス:セミトップバランス

・長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80センチタイプ

・重さ:平均540g(76㎝)、平均580g(78㎝)、平均600g(80㎝)

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの選び方

それでは少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの選び方です。

・バットの長さ

・バットの重さ

・バットのバランス

・シリーズ

この4つのポイントで選べば、お子さんに最適なルイスビルスラッガー軟式バットは見つかります。

バットの長さ

まずはお子さんに合うバットの長さを見つけましょう!

バットの長さの目安の測り方はこちらです。

バットの長さの目安の測り方

①右腕を横に広げる。

②胸の中央から中指の先までの距離を測る。

この距離がバットの長さの目安なので、それに合うバットを見つけましょう。

もし、80センチあるならカタリストⅡかニュートロンⅡの2つの中からしか選べないですし、
76センチや78センチならAC21も候補に上がります。

バットを選ぶときに1番大切なのは長さです!

 

バットが短すぎたら持ってるパワーを伝えきれないですし、
逆にバットが長すぎたら思うようにバットコントロールができません。

飛ぶバット、飛ばないバット以前に、まずは最適な長さのバットを選びたいですね!

バットの重さ

つづいての少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの選び方は、バットの重さです。

最適なバットの長さを選べば、ほとんどの場合は問題なくスイングできますが、
身長に対してあまりにも筋力がない場合にはバットを振れない可能性があります。

少年野球用ルイスビルスラッガーの場合、重さは2パターンです。

・AC21:平均520g(76㎝)、平均550g(78㎝)

・カタリストⅡ&ニュートロンⅡ:平均540g(76㎝)、平均580g(78㎝)

同じ76センチだとAC21のほうが20グラム軽く、78センチなら30グラム軽いです。

なので友だちのバットを借りて、問題なく振れる重さかどうかは選ぶ前に確認しましょう!

よっぽどじゃない限り、大丈夫だけどね。

バットのバランス

3つ目の少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの選び方は、バットのバランスです。

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットは、シリーズによってバットのバランスが違います。

・AC21:トップバランスのみ

・カタリストⅡ:ミドルバランス&トップバランス

・ニュートロンⅡ:セミトップバランス

バットの各バランスの特徴を簡単に説明します。

ミドルバランスはバットの重心が芯付近にあり、
バットのバランスのなかで1番スイングしやすいバランスになってます。

トップバランスはバットの重心が芯からバットの先端にあり、
バットの遠心力を活用できるので打球は飛びやすいです。

でもバットを重たく感じるので、
スイング力が求められます。

 

セミトップバランスはバットの重心がミドルバランスよりもヘッド部分にあり、
トップバランスよりもスイングしやすいバランスになります。

それぞれのバランスには特徴があるので、
お子さんがどんなバッターなのか、どんなバッターになってほしいかで選ぶといいですね!

バットのバランスの特徴についてはこちらの記事で詳しく解説してます。

シリーズ

最後4つ目の少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの選び方は、シリーズです。

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットには現在3シリーズあり、
それぞれのシリーズで特徴は違います。

・AC21:金属バットの進化版

・カタリストⅡ:カーボンを活用したバット

・ニュートロンⅡ:カーボンとラバーを活用したバット

このように3シリーズとも特徴が違うので、
少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットに何を求めるのか買う前に決めましょう!

ルイスビルスラッガー軟式バットならではを選びたいならカタリストⅡですし、
カタリストを進化させ、ビヨンドマックスの効果を得られる軟式バットを選ぶならニュートロンⅡです。

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットに何を求めるのか?

ここを明確にするといいですね!

【少年野球】ルイスビルスラッガー軟式バットのおすすめランキング

それでは少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットのおすすめランキングです。

1位:ニュートロンⅡ

2位:カタリストⅡ

3位:AC21

このランキングになった理由をお話していきます。

1位:ニュートロンⅡ

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの第1位は、ニュートロンⅡです。

 

ルイスビルスラッガーで少年野球用の軟式バットを選ぶなら、ニュートロンⅡでしょう!

カタリスト特有のカーボン素材だけではなく、
ボールを打つ部分にラバー素材も採用し、これ以上にない仕様になってます。

バットのバランスがセミトップバランスしかないのが残念ですが、
ミドルバランスとトップバランスの間なので、そこまで重たく感じません。

「ルイスビルスラッガー=カタリスト」のイメージですが、
今後は「ルイスビルスラッガー=ニュートロン」になっていくのは間違いないです。

「圧倒的な飛距離が欲しい!」

「カーボンとラバーの二刀流って、最強じゃん!」

そんな風に思ってるなら、少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットはニュートロンⅡです。

2位:カタリストⅡ

第2位の少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットはカタリストⅡです。

 

ルイスビルスラッガーといえばカタリスト!

ニュートロンⅡの出現でカタリストの存在感が薄れてますが、
それでもカタリストが素晴らしい軟式バットであるのは間違いありません。

カタリストのほうが打感(打った感触)がいいんですよね。

 

ニュートロンⅡはビヨンドマックスなどウレタン系の感触に近くなり、
打った感触はあまり感じられない部分があります。

その点、カタリストはカーボンなので打感をしっかりと感じられるんですよね。

また、ウレタン系やラバー系のバットは軟式用しかなく、
中学校や高校から硬式野球を始めた場合に硬式バットに慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

でも、カタリストなら打感を感じられますし、その感触は金属バットに近いので、
硬式バットに慣れるまでの時間はビヨンドなどよりも早くなります。

ミドルバランスもトップバランスもあるから、
選びやすいんだよね!

 

「打った感触をしっかりと味わいたい!」

「硬式野球をやる予定だから、ウレタン系は控えたい。」

こんな風に思ってるなら、カタリストⅡで決まりです!

3位:AC21

少年野球用ルイスビルスラッガー軟式バットの第3位はAC21です。

 

ルイスビルスラッガーAC21は、軟式用バットを進化させ、
よりスイングしやすい仕様になってます。

ただ!

ルイスビルスラッガー特有のカーボンでなければ、ラバー素材もなく、
他の金属バットより「少し振りやすいかな?」くらいです。

ですのでAC21を購入するかどうか迷ってるなら、他のメーカーの金属バットと比較しましょう!

ミズノやエスエスケー、ゼットなども一般的な金属バットがあるので、
それらと比較して本当にルイスビルスラッガーAC21じゃないとダメなのかを判断したほうがいいですね。

「どうしても金属バットがいい!」

「金属バットで振りやすさを求めてる!」

こう思ってる人なら、ルイスビルスラッガーAC21は合うと思います。

他の少年野球の軟式バットはこちらで紹介してます。

ルイスビルスラッガーはカタリストだけじゃない!

少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットの選び方を解説しました。

少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットには、
ニュートロンⅡ」「カタリストⅡ」「AC21」の3シリーズあります。

ルイスビルスラッガーの軟式バットはカタリストだけではないですし、
それぞれのシリーズに特徴があるんですよね。

・バットの長さ

・バットの重さ

・バットのバランス

・シリーズ

少年野球のルイスビルスラッガー軟式バットの選ぶときには、
この4つのポイントを基準にすればお子さんに合うバットは見つかります。

お子さんに最適なルイスビルスラッガー軟式バットを見つけて、
試合でガンガン打ってもらいましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る