いろんなバットのバランスを持ってるチーム

「え?バットにバランスがあったの?」

「トップバランスのバットのメリット&デメリットってなに?」

「自分に合うバットのバランスの決め方は?」

こんな風に思ってる方に向けて、バットのバランスについて解説します。

バットには「トップバランス」「ミドルバランス」「ニア(カウンター)バランス」、
この3種類のバットのバランスがあります。

どれにもメリット&デメリットはあるので、
自分に合うバランスをどう見つけるのかがポイントです。

どれが一番いいバランスとかはないよ!

 

本記事ではバットのバランスの種類やそれぞれの特徴、
そして自分に合うバットのバランスの決め方を解説します。

最適なバットのバランスを選び、自分らしいバッティングをしましょう!

バットにはバランスがある

実はバットには、バランスが3タイプあります。

バットのバランスとは、
「バットの重心がどこにあるか?」です。

 

・トップバランス

・ミドルバランス

・ニア(カウンター)バランス

このように3パターンのバットの重心があります。

トップバランスはバットの芯から先端にかけて、ミドルバランスは芯付近、
ニア(カウンター)バランスは芯からバットの根元にかけて重心があるタイプです。

バットのバランス(重心)がどこにあるのかによって、
スイングのしやすさ、ボールへの力の伝わり方、バットの重さの感じ方などが変わります。

自分のバッティングスタイルに合うバットのバランスを探しましょう!

トップバランスのバットの特徴

トップバランスのバット

トップバランスはバットの芯から先端にかけて重心があるので、
バットの遠心力をフルに活用できます。

ハンマー投げと理屈は一緒です。
ハンマーの重心が手間にあったらハンマーは遠くに飛びません。

 

スイング力だけではなく遠心力も活用できるのでボールが遠くに飛びやすく、
一般的には長距離ヒッター(ホームランバッター向け)と言われてます。

それではもう少し詳しくトップバランスのメリット&デメリットをお伝えします。

メリット

トップバランスのメリットは、バットの遠心力をフルに使える部分です。

バットの遠心力をフル活用できることで、
引っ張った打球も流した打球も他のバランスより飛びます。

また、バットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道なら、
よりバットの遠心力を活用できるのもメリットですね。

デメリット

トップバランスのデメリットは、バットを重たく感じる部分

同じ重さの「トップバランス」「ミドルバランス」「ニア(カウンター)バランス」だと、
トップバランスが一番重たく感じ、ニアバランスが一番軽く感じます。

同じ重さではありますが、感じ方は大きく変わるんですよね。

またトップバランスは、使いこなせなかったら最悪のバランスでもあります。

トップバランスに見合うスイング力がない場合には、
遠心力を活用できないところかスイングが波をうち、打球が弱くなるんですよね。

バッティングは遠心力も大切ですが、ベースはスイング力です。

 

その点はトップバランスの気をつけたいデメリットになります。

ミドルバランスのバットの特徴

ミドルバランスのバット

ミドルバランスはバットの芯を中心に重心があるので、
3タイプのなかで1番スムーズにスイングできるのが特徴です。

一般的には中距離ヒッター向けと言われてますが、
ミドルバランスだからホームランを打てないわけではありません。

ミドルバランスでもスイング力があれば打球は飛ぶよ!

 

それではもう少し詳しくトップバランスのメリット&デメリットをお伝えします。

メリット

ミドルバランスのメリットは、3タイプのなかで1番スイングをしやすい部分です。

バットの重心が先端でもなく、手前でもないので、
バランスよくスイングをできます。

オーソドックスなバットのバランスがミドルバランスですね。

デメリット

ミドルバランスのデメリットは、とくにありません。

バランスが良いのでこれと言った悪い部分はないんですが、
あえてデメリットを上げるとするなら大きな特徴がない部分です。

トップバランスやニア(カウンター)バランスは大きな特徴があるので、
それぞれのバランスのメリットをバッティングのときに活かせます。

でも、ミドルバランスには大きなメリットもないので、
バットのバランスによるバッティングへの影響はないんです。

ミドルバランスは本人のスイング力次第の部分が
大きくなるってことですね!

 

ただ、どのバランスでも自身のスイング力がベースなので、
ミドルバランスに限ったデメリットではありません。

それくらいミドルバランスにはデメリットがないんですよね。

ニア(カウンター)バランスのバットの特徴

ニア(カウンター)バランスのバット

ニア(カウンター)バランスはバットの芯から根元にかけて重心があるので、
バットコントロールしやすいのが特徴です。

バットの遠心力がかからない分、バットコントロールをしやすいので、
一般的にはアベレージヒッター(単打狙い向け)と言われてます。

それではもう少し詳しくトップバランスのメリット&デメリットをお伝えします。

メリット

ニア(カウンター)バランスのメリットは、
3タイプのなかでバットコントールをしやすい部分ですね。

ニア(カウンター)バランスは、バットのグリップ寄りに重心があるので、
バットを自由自在にコントロールできます。

この原理は、トンカチで考えるとわかりやすいです。

 

木に釘を打つときにトンカチを長く持つよりも、
短く持ったほうが釘を綺麗に打てる確率はあがります。

これと同じでバットの重心がグリップに近いほど、バット操作がしやすくなるんですよね。

また3タイプのなかで1番バットを軽く感じられるメリットがあります。

デメリット

つづいてニア(カウンター)バランスのデメリットです

ニア(カウンター)バランスのデメリットは、
バットの遠心力をほとんど活用できない部分になります。

これもトンカチで釘を打つのと同じ原理だよ。

 

トンカチを短く持って釘を打てばヒット確率は上がりますが、
トンカチの重さを活用できず、釘は刺さっていきませんよね。

一方でトンカチを長く持って釘を打てばヒット確率は下がりますが、
トンカチの重さを最大限に活用できるので、1回のヒットで釘はかなり刺さっていきます。

この力の伝わり方の原理がニア(カウンター)バランスにも共通してるんですよね。

ホームランや二塁打などの長打を打てないわけではありませんが、
ニア(カウンター)バランスはバットの遠心力を使えないので厳しくはなります。

バットのバランスの決め方

それではバットのバランスの決め方を解説します。

バットのバランスの決め方は簡単です。

・どんなバッターなのか?

・どんなバッターになりたいのか?

この2つを考えてから、バットのバランスを決めましょう!

身体が大きく、スイング力もあり、ガンガン長打を打ちたいならトップバランス、
身体が小さく、スイング力は弱いから単打狙いをしたいならニア(カウンター)バランス。

どちらも何とも言えないならミドルバランス。

こんな感じで決めればOKです!

 

初めて野球をやる人や小学生だと、
どのバランスが自分に合うのか分からないと思うので、ミドルバランスにしておきましょう。

ミドルバランスのバットから始めてみて、それからバランスを変えても遅くはありません。

また、一般的なバットはトップバランスとミドルバランスが主流です。

ニア(カウンター)バランスのバットは本当に少ないので、
使いたいバットでニアバランスがない場合が悩みどころになります。

「ニアバランスを優先にするのか、それとも使いたいバットを優先するのか?」

答えのない問いではありますが、使いたいバットを優先するのをおすすめします。

それくらいニア(カウンター)バランスのあるバットは少ないですので!

バットの選び方はこちらで詳しく解説してます。

まずはミドルバランスから始めよう!

バットのバランスについて解説しました。

・トップバランス:打球は飛ぶが、重たく感じる

・ミドルバランス:1番スイングしやすい

・ニア(カウンター)バランス:バットコントロールはしやすいが、打球は飛びにくい

それぞれのバランスには、このような特徴があるので、
自分がどんなタイプのバッターなのか、どんな打者になっていきたいのかで選ぶといいですね!

もし、ちょっとでも迷ってるならミドルバランスをおすすめします。

バットの重心のバランスが良いのでスイングしやすいですし、
打球も飛びやすしですし、バットコントロールも十分にできます。

まずはミドルバランスを試してみて、それからトップバランスやニアバランスなどに切り替えるといいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る