「少年野球のブラックキャノンは、どう選べばいい?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球用ブラックキャノンについてお話します。

ブラックキャノンはゼットが販売してる複合バットの商品名です

 

少年野球のブラックキャノンにもいろいろな種類あり、それぞれ機能性や特徴は違います。

本記事ではブラックキャノンの種類と選び方、
そして厳選した少年野球におすすめのブラックキャノンバットを紹介します。

お子さんに合う少年野球用ブランクキャノンを見つけて、ガンガン鋭い打球を飛ばしてもらいましょう。

〜先にイチオシをご紹介〜

イチオシの少年野球用ブランクキャノンはブラックキャノン Xです。

従来の三重管構造から四重管構造に変わり、より遠くに飛ばせるようになってますし、
重さも平均20グラムも軽くなってるので、軽くて飛ぶバットになってます。

また、グリップ部分も強化されてるので速いボールに負けにくいですし、
芯付近の長さも大きくなってるのでボールを捉えやすくもなってます。

ブラックキャノンシリーズのなかではダントツの機能性なのでイチオシです。

「本記事ではアフィリエイト広告を利用しています」

ブラックキャノンの仕組み

まずはブラックキャノン(ゼット)の仕組みを簡単に解説します。

(ご存知の方はブラックキャノンの種類をご覧ください)

ブラックキャノンの打球が飛ぶ仕組みは基本的にミズノのビヨンドシリーズと同じです。

バットの芯付近の素材を柔らかいので、インパクトの瞬間にボールが凹むのを最大限に抑えられます。

その結果、スイングの力がそのままボールに伝わり、金属バットよりも飛距離がでる仕組みです。

逆に金属バットはインパクトの瞬間にボールが潰れて、
ボールが元に戻ろうとするときにパワーを使ってしまうので飛ぶ方向へのパワーが弱まっています。

プロ野球選手が軟球を上手く打てないのは、
これが原因なんだよね

 

つまり、ブラックキャノンもビヨンドも芯付近が柔らかいので軟式ボールが飛ぶんですけど、
構造や素材は違います。

ブラックキャノンはカーボン系の柔らかい素材を採用し、
グリップ側も強化することで、ボールの威力に負けない構造にしてます。

これが基本的なブラックキャノンの構造です

 

一方でビヨンドバットはボールを変形させない素材を採用してます。

このようにブラックキャノンとビヨンドバットの仕組みはほとんど同じなので、
あとは重さや長さ、金額で決めればOKです。

少年野球のブラックキャノンの種類

それでは少年野球のブラックキャノンシリーズです。

このブラックキャノンシリーズには「機能性は凄いけど、金額は高め」
機能性は劣るけど、金額はお手頃」の2タイプあります。

この2タイプが新モデルとして登場しており、名前も変わってるんです。

ブラックキャノン Z2

1種類目の少年野球のブラックキャノンはブラックキャノンZ2です。

こちらは2018年モデルの機能性が凄いほうのブラックキャノンで、
当時からバットのヒッティングゾーンはカーボン製素材を採用してます。

また、ブラックキャノンZ2のころからグリップの強化もされてます。

バランス:トップバランス

長さ:78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均610g(78㎝)、平均620g(80㎝)

ブラックキャノン ST2

つづいての少年野球のブラックキャノンの種類はST2

ブラックキャノン ST2は2018年モデルのお手頃なほうで、
ブラックキャノンZ2との大きな違いは、バットのヘッド部分(バットの先)です。

ブラックキャノンZ2のバットの先は加工されヘッドキャップ式ですが、
ST2は一体型なので少し弾きが悪かったり、打球が飛びにくかったりします。

ただZ2よりもST2のほうが軽いので、
振りやすさはありますね!

 

バランス:トップバランス

長さ:78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均560g(78㎝)、平均570g(80㎝)

ブラックキャノン マックス

3種類目の少年野球のブラックキャノンはブラックキャノン マックスです。

こちらは2018年ブラックキャノンZ2の2019年度版になります。

Z2の進化版なんだから、
Z3にすれば分かりやすいのに!

 

ブラックキャノン マックスとブラックキャノンZ2の大きな違いは、
バットのヒッティングゾーンの構造です。

ブラックキャノン マックスはヒッティングゾーンのスプリングが近く、
その結果、ボールが凹むのさらに抑えられます

また、ブラックキャノンマックスから76㎝タイプが登場してます。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均600g(76㎝)、平均610g(78㎝)、平均620g(80㎝)

ブラックキャノン NT

つぎの少年野球のブラックキャノンの種類はNTです。

ブラックキャノンNTはST2の2019年シリーズで、
コストパフォーマンス重視のバットになってます。

ブラックキャノンNTはST2から、かなりの進化をしてます

 

ST2はバットの先が一体型でしたがブラックキャノンNTはヘッドキャップ式になり、
ヒッティングゾーンは特殊加工がされ、打球に回転をかけすくなってるんです。

ブラックキャノンNTは、ブラックキャノンZ2に限りなく近いバットとも言えます。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均550g(76㎝)、平均560g(78㎝)、平均570g(80㎝)

ブラックキャノン グレート

5種類目の少年野球のブラックキャノンはブラックキャノングレートです。

ブラックキャノン グレートはマックスの2020年シリーズで、
マックスから進化した部分はバットの素材です。

ブラックキャノン マックスまで使用していた素材から新素材に切り替え、
ボールに力を伝えやすくなり、より速い打球を打てるようになってます。

グリップ強化にも新素材を採用してるんだよ!

 

ブラックキャノン グレートとマックスの違いは、
よりバットに適した素材を採用してるかどうかになります。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均600g(76㎝)、平均610g(78㎝)、平均620g(80㎝)

ブラックキャノン NT2

最後6種類目の少年野球のブラックキャノンはNT2です。

ブラックキャノンNT2はNTの2020年シリーズで、
大きく進化した部分はとくにありませんが、全体的にブラッシュアップされてます。

デザインはブラックキャノン グレートに近づいてます

 

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均550g(76㎝)、平均560g(78㎝)、平均570g(80㎝)

ブラックキャノン V1

7種類目の少年野球のブラックキャノンはブラックキャノン V1です。

ブラックキャノン V1は2021年の高機能ブラックキャノンになります。

前年のブラックキャノン グレートまでは重管構造でしたが、
ブラックキャノン V1は四重管構造へと進化して、J号ボールにも対応。

これにより芯付近の構造がきめ細かくなり、より速い打球を打てるようになってます。

もちろん、グリップもさらに強化されてるよ

 

また、ブラックキャノン V1はグレートよりも平均20グラムほど軽いので、
軽いのに強い打球が打てる」バットに近づいてます。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均580g(76㎝)、平均590g(78㎝)、平均600g(80㎝)

ブラックキャノン LT

8種類目の少年野球のブラックキャノンはLTです。

ブラックキャノン LTは2021年モデルのお手頃ブラックキャノンになります。

NT2から大きく変わったのはJ号ボールへの対応です。

構造の変化はとくにありません

 

初期のお手頃ブラックキャノンと比較すると素材などはブラッシュアップされます。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均550g(76㎝)、平均560g(78㎝)、平均570g(80㎝)

ブラックキャノン X

9種類目の少年野球のブラックキャノンはブラックキャノン X (テン)です。

ブラックキャノン Xは2022年の高機能ブラックキャノンになります。(※J号ボール対応)

前年のブラックキャノン V1から進化したのはバットの芯の部分。

従来のバットよりも芯付近のカーボン部分が長くなってるので、
ボールへの反発力は高くなってますし、打てる範囲も広くなってます。

もちろん、四重管構造だよ

 

また、ブラックキャノン XはV1よりもグリップ部分の素材が硬くなってるので、
軽いのに速いボールに負けず、強い打球が打てる」バットになってます。

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均580g(76㎝)、平均590g(78㎝)、平均600g(80㎝)

ブラックキャノン LT2

10種類目の少年野球のブラックキャノンはLT2です。

ブラックキャノン LT2は2022年モデルのお手頃ブラックキャノンになります。

LTから大きく変わった部分は特にありません。

三重管構造でJ号にも対応してます

 

バランス:トップバランス

長さ:76㎝タイプ、78㎝タイプ、80㎝タイプ

重さ:平均550g(76㎝)、平均560g(78㎝)、平均570g(80㎝)

少年野球用ブラックキャノンの選び方

それでは少年野球用ブラックキャノンの選び方です。

この3つのポイントで選べば、お子さんに最適なブラックキャノンが見つかります。

バットの長さ

1つ目の少年野球用ブラックキャノンの選び方はバットの長さです。

どんなバットでもそうなんですが、
お子さんに合うバットを見つけるにはバットの長さが大切になってきます。

長すぎるバットだと振り切れないですし、
短すぎるバットだとボールに力を伝えきれませんからね

 

どれだけ良いバットでも適切の長さではないと、打つのは難しいです。

バットの長さの測り方

①片腕を横に広げる。

②胸の中央から広げた腕の中指の先までの距離を測る。

ここを測ればお子さんに合う最適なバッドの長さが分かります。

バットの長さの目安が76センチくらいならブラックキャノンZ2ST2は候補から外れますし、
76センチ以上あるならブラックキャノンシリーズすべてが候補です。

Z2とST2は78㎝と80㎝タイプしかないからね

 

目安に近いバットの長さであれば、ほとんどの場合、ちゃんとスイングできます。

バットのバランスの特徴はこちらで解説してます。

バットの重さ

つづいての少年野球用ブラックキャノンの選び方はバットの重さです。

バットの重さ

①ブラックキャノンZ2、マックス、グレート:600g〜620g

②ブラックキャノンV1、X:580g〜600g

②ブラックキャノンST2、NT、NT2、LT、LT2:550g〜570g

高機能で高価格帯のブラックキャノンのグレートまでは600g以上〜で、
V1やXは580g〜になってます。

一方で機能性が少し劣って低価格帯のブラックキャノンは550g以上〜です。

大きく重さは変わらないので身長に合うバットの長さで選べば、
特に問題なくスイングできます

 

ただ、筋力が追いついていない場合はフラついたり、スイングが波打ったりするので、
同じ長さのバットを持ってる友だちに借りて、少し振らしてもらうといいですね。

少年野球におすすめのビヨンドバットはこちらで紹介してます。

シリーズ

3つ目の少年野球用ブラックキャノンの選び方はシリーズです。

ブラックキャノンシリーズ

①2018年モデル:Z2、ST2

②2019年モデル:マックス、NT

③2020年モデル:グレート、NT2

④2021年モデル:V1、LT

⑤2022年モデル:X、LT2

ブラックキャノンは年々アップデートされてるので、
最新のシリーズのほうが優れてるのは間違いありません。

ブラックキャノンマックスからグレートは素材が変わり、
グレートからV1は三重管構造から四重管構造に進化し、Xは芯付近が長くなってますからね。

ただ、そこまで進化してないシリーズもあります。

NTからNT2、LTからLT2は大幅なグレードアップは正直してません。

そうなると「新型だから金額は高いけど、旧型と機能は同じ」なんてこともあります。

これはブラックキャノンに限った話ではないけどね

 

自宅の玄関におすすめの野球道具の収納棚はこちらで紹介してます。

少年野球ブラックキャノンのおすすめランキング

少年野球ブラックキャノンのおすすめをランキングにしました。

1位:X

2位:V1

3位:LT2

この3つを厳選した理由はこちらです。

1位:X(テン)

第1位の少年野球におすすめのブラックキャノンはブラックキャノン X(テン)

高機能性で金額も高いブラックキャノンシリーズは、
「Z2→マックス→グレート→V1→X」と年々グレードアップしてます。

グレートからV1は三重管構造から四重管構造に進化し、
そのV1からXはグリップ部分を強化し、ボールに負けにくいバットになってます。

しかも、バットの芯付近の長さが大きくなってるのに、重さは軽くなってるんです。

「軽いのに、ボールに負けず、遠くに飛ばせる」
理想系に近いのがXです

 

「ブラックキャノンシリーズで一番いいバットはどれ?

「ボールに力負けしないバットを使わせたい!」

そう思ってる方なら、ブラックキャノン Xでしょう!

少年野球用マスコットバットの選び方はこちらで解説してます。

2位:V1

おすすめの少年野球用ブラックキャノン第2位はブラックキャノンV1です。