自己紹介

 

本サイト【キャッチャー目線】に訪問いただき、ありがとうございます。

本サイト運営者の「強肩だけど強打ではないキャッチャー」こと『瑞希』です。

本サイト【キャッチャー目線】では、野球に関する情報をキャッチャー目線でお伝えしていきます。

僕が本サイトを立ち上げた理由は、野球をキャッチャー目線で見ると一層楽しいし、何よりキャッチャーこそ野球の醍醐味だと思ってるので、その魅力をお伝えしたいからです。

また、僭越ながら僕の今までのキャッチャー経験が野球少年たちやその指導者たちの参考になれば幸いだとも思ってます。

それでは自己紹介ページなので「強肩だけど強打ではないキャッチャー」こと私『瑞希』の今までの野球経歴についてお話していきます。

僕は小学校2年生から中学校、高校、大学と野球を続け、社会人になった今でも草野球をしてます。

ポジションは中学生からキャッチャー一筋!

今でこそ「好きなポジションはキャッチャーです」と胸を張って言えるんですけど、小学生・中学生のころは一番大嫌いなポジションだったんですよね笑

だって、カッコ悪いし、ボール取るだけだし、レガースは重いし、キャッチャーヘルメットのなかは蒸れるし、立ったり座ったりするのがしんどいしと…。

小学生・中学生だった僕にはキャッチャーなんて、ダサいし、しんどすぎるポジションだったんです。

だけど、高校生からガラリとキャッチャーのイメージが変わるんですよね。

というのも、高校生になるとピッチャーのコントロールは格段にレベルアップするし変化球も劇的に増えるので、配球やリードがめちゃくちゃ楽しくなったんです。

「オープンスタンスで構えてるバッターへのセオリー」を勉強して試合で試してみたり、「ノーアウトランナー2塁での初球の入り方」などをいろいろと考えてみたりと。

ピッチャーのレベルが上がることで、キャッチャーの楽しさが日に日に増していったんですよね。

そして、それが目に見える結果に繋がったときの感覚は、もう、、、最高という言葉では足りませんね笑

ただ、その分だけ「キャッチャーのミス1つで試合に負ける」という苦い経験もたくさんしました。

「なんであの時、カーブを要求したんだろう…」とか「なんだあの時、タイムをとって間を作れなかったんだろう…」など。

今でも昔バッテリーを組んでたピッチャーに会うと言われることはあるし(※冗談な感じで笑)、ごく稀に自分でもふと思い出すことはあったりします。

そんな苦い経験ができるのもキャッチャーというポジションならではだと思います。

「良い思い」も「苦い思い」もできる「キャッチャー」が僕は大好きだし、その魅力をどんどん伝えていきたいと思ってます。

そんな僕が運営するサイト「キャッチャー目線」をぜひ愛してやってください!

【好きな捕手】 古田敦也

【好きな変化球】 ストレート

【好きな瞬間】見逃し三振、盗塁したランナーをスライディングする前にアウトにした時