少年野球用(ジュニア)の軟式グローブの選び方

「少年野球用の軟式グローブは、どう選んだらいい?」

「初めての軟式グローブだから、失敗したくない!」

「おすすめの少年野球の軟式グローブはどれ?」

これから地元の少年野球チームにお子さんを入団させるお父さんとお母さんに向けて、
少年野球の軟式グローブについて解説します。

初めてのグローブ選びは迷ったあげく、お子さんに選ばせがちなんですけど、
この方法はあまりおすすめできません。

お子さんはめちゃくちゃ喜んでくれると思いますが、
「実際に使ってみたら全然ボールが捕れない…」なんてことがあるからです。

軟式用グローブとは言えど安い買い物ではないですし、
初めてのグローブだからこそお子さんに合うグローブを選んであげましょう!

「ボールが捕れた!」の積み重ねで野球が好きになり、
野球上達へと繋がっていきます。

 

本記事では初めての少年野球のグローブの選び方、
そしておすすめの少年野球の軟式軟式グローブを3つ厳選して紹介します。

ボールを捕りやすい軟式グローブの中から、お子さんに好きなデザインを選んでもらえば、
ちゃんとボールも捕れて、気に入ってくれます!

少年野球の軟式グローブの選び方

まずは少年野球の軟式グローブの選び方です。

・利き手

・サイズ

・オールラウンド用

・色

・メーカー

この5つのポイントで選べば、お子さんに合う軟式グローブが見つかります。

利き手

まず1つ目の少年野球の軟式グローブの選び方は利き手です。

野球は基本的に利き手でボールを投げるので、反対の手にグローブをつけます。

右利きなら左手にグローブ、
左利きなら右手にグローブをつけるんだよね!

 

利き手がはっきりしてるなら問題ないんですけど、
もし分からない場合には子どもにボールを渡すといいですね!

本能的に強くボールを投げられるほうの手で投げます。

手の大きさ

つぎの少年野球の軟式グローブの選び方は手の大きさです。

手の大きさに合うグローブを選びましょう!

子供が大人用のグローブを使っても
上手く操作をできませんからね!

 

少年野球の軟式グローブにはサイズがあります。

・Sサイズ:身長が135センチ未満

・Mサイズ:身長が135センチ〜160センチ

・Lサイズ:身長が160センチ以上

これが大まかな目安になってます。

小学校低学年ならSサイズ、小学校中学年以上からはMサイズが一般的ですね!

小学校低学年からMサイズでも悪くはないんですけど、
手の小さい子供にとっては大きすぎて上手く使えない場合があります。

ボールが上手く捕れないと野球を好きになれないので、
小学校低学年ならSサイズのグローブにしましょう!

Sサイズのグローブなら、
そこまで金額も高くないよ!

 

またLサイズなら中学生になっても使えるので、
SサイズのつぎにLサイズに切り替えるのもいいですね!

少年野球の守備手袋の選び方はこちらで紹介してます。

オールラウンド用

初めての少年野球の軟式グローブならオールラウンド用を選びましょう!

グローブにはそれぞれのポジションに合うタイプがあります。

・ピッチャー用グローブ:ウェブ部分からボールが見えない設計。

・キャッチャー用グローブ:ピッチャーのボールを捕るための設計。

・ファースト用グローブ:内野手の送球を捕るための設計。

・内野手用グローブ:やや小さめでグローブ操作がしやすい設計。

・外野手用グローブ:縦長でフライを捕れる範囲を大きくしてる設計。

こんな風にそれぞれのポジションに適したタイプのグローブがあります。

オールラウンド用は、
すべてのポジションに対応してます。

 

すでに希望のポジションがあるかもしれませんが、
少年野球チームに入ったらどこのポジションになるか分かりません。

好きなポジションよりも他のポジションに適正があったり、
チームの事情で監督やコーチにポジションを決められたり、
守りたいポジションにめちゃくちゃ上手い子がいたりと。

小学生の場合、どこを守るか野球をやってみないと分かんないんです!

オールラウンド用ならどこでも守れるので、
初めての軟式用グローブならオールラウンド用にしましょう!

内野手用のグローブでも外野はできるけど、
グローブが小さいから上手くフライを捕れないんだよね!

 

ちなみにキャッチャーミットやファーストミットなど、
特殊なカタチをしてるグローブはチームで用意してることが多いです。

色(カラー)

4つ目の少年野球の軟式グローブの選び方は色(カラー)です。

グローブの色にも1カラーや2カラーなどの種類がありますし、
紐だけ色が違うタイプもあったりしますが…、

2カラー以内のグローブにしましょう!

1カラータイプだったら、
ピッチャーでも問題なく使えます。

 

また肝心のグローブの色ですが、

・ブラック系

・オレンジ系

・ブラウン系

・ライム系(イエロー)

この4つのカラーから選ぶといいですね!

赤、青、白は公式戦で使えない可能性が高いんだよね!

 

これからピッチャーもやる可能性があるので、
ブラック系、オレンジ系、ブラウン系、ライム系で2カラー以内にするといいですね!

メーカー

最後5つ目の少年野球の軟式グローブの選び方はメーカーです。

少年野球用の軟式グローブには様々なメーカーがあります。

まったく聞いたことのないメーカーから、
野球道具といえばこのメーカーまであります。

 

まったく聞かないメーカーのグローブは安いですし、
使い勝手もそこまで悪くはないんですけど消耗&劣化が早いんですよね…。

買い換える予定で購入するなら聞き馴染みのないメーカーでも良いですが、
長く大切に使って欲しいなら信頼と実績のあるメーカーにしましょう!

グローブの作り、革の質がしっかりしてるからね!

 

Mサイズ以上なら大人になっても使えるので、
せっかく購入するなら安心のメーカーが個人的にはおすすめです。

少年野球用の軟式バットの選び方はこちらで解説してます。

おすすめの少年野球用の軟式グローブ

それではおすすめの少年野球の軟式グローブを厳選して3つ紹介します。

・サイズ

・オールラウンド用

・色

・メーカー

先ほど解説した4つのポイントをクリアしてるグローブです。

あとはお子さんに合うサイズで選びましょう!

アシックス

まず1つ目のおすすめの少年野球の軟式グローブはアシックスです。

アシックスと言えばシューズなんですけど、野球用品にも力を入れてて、どれも優秀です。

・ダルビッシュ有選手

・大谷翔平選手

・鈴木誠也選手

実際に超有名野球選手たちがアシックスを愛用してますし、
ミズノのシェア率には及びませんが、失敗しない国内メーカーの1つです。

そして、アシックスのグローブは大谷翔平選手モデル

プロモデルのグローブを使ってるだけで、
テンションが上がるんだよ〜!

 

サイズの目安は小学校2年生〜3年生(身長135cm未満)です。

初めてのグローブが大谷翔平選手モデルなら、
大谷翔平選手のようなスーパースターになってくれるかもしれません!

ローリングス

つぎのおすすめの少年野球の軟式グローブは、ローリングスです。

ローリングスは、アメリカ発の老舗メーカー。

国外メーカーですし野球用品以外があまりないので聞き馴染みがないかもしれませんが、
アメリカ(メジャーリーグ)では主流メーカーの1つです。

ヤンキースの永久欠番である名ショートのデレク・ジーター選手も愛用してましたし、
メジャーリーグのゴールドグラブ賞を設立したのもローリングス。

ローリングスのグローブにかける想いは本物です。

 

ローリングスのこちらのグローブもオールランド用で、
ピッチャー用のウェブになってるので、どこのポジションでも守れます。

サイズの目安は小学校4年生〜6年生(135センチ〜160センチ)です。

ミズノ

最後3つ目のおすすめの少年野球の軟式グローブはミズノです。

ミズノは言わずと知れた国内メーカーですよね!

イチロー選手や松井秀喜選手などトップ選手が愛用するメーカーであり、
野球用品の売上シェアもNo. 1!

多くの野球人に愛されてるメーカーです。

 

ミズノのグローブもオールラウンドで、
グローブからボールが見えないウェブになってるのでどこでも守れます。

サイズの目安は小学校5年生〜6年生(160センチ以上)なので、中学生になっても使えます。

少年野球用のおすすめのリュックはこちらで紹介してます。

イチオシのジュニア向け軟式グローブ

少年野球の軟式グローブについて解説しました。

・利き手

・サイズ

・オールラウンド用

・色

・メーカー

少年野球の軟式グローブを選ぶときには、この5つのポイントで決めましょう!

個人的なイチオシは、アシックスです。

オールラウンド用ですし、みんな大好き大谷翔平選手モデルですからね。

身長が高くなければ、アシックスが無双だと思います。

初めての少年野球のグローブ選びはお父さんやお母さんが機能性をチェックして、
それをクリアしてる中からお子さんに選んでもらうのがベストです。

自分に合うグローブで、しかもカッコ良かったら毎日キャッチボールをしたくなりますし、
少年野球の練習や試合が待ち遠しくてしょうがなくなると思います。

ボールをちゃんと捕れて、野球を好きになれるグローブを選んであげてください!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る