少年野球(ジュニア用)の守備手袋を選びときのポイント

「少年野球(ジュニア用)の守備手袋って、どう選べばいい?」

「そもそも少年野球に守備用手袋は必要なのかな?」

こんな風に思ってる方に向けて、少年野球(ジュニア用)の守備手袋の選び方を解説します。

少年野球でも守備手袋は装着したほうがいいです。

捕球時のボールの衝撃を和らげてくれますし、
手首にボールが当たったときに怪我の防止になるからです。

『守備のときに手を負傷して、いつも通りにバッティングができない…』

こんな事態にならないように守備手袋を付けましょう!

少年野球(ジュニア用)守備手袋のサイズの測り方おすすめメーカーも紹介するので、
お子さんにベストな守備用手袋を見つけてください。

少年野球に守備手袋は必要なのか?

「少年野球で守備手袋は必要なのか?」

こんな風に思ってる方もいると思います。

少年野球レベルで怪我するような速いはあまりないので、
守備手袋なんて要らないのではと思うのも当然です。

ただ、少年野球でも守備手袋は装着したほうがいいです!

たしかに少年野球レベルで怪我しそうな速いはあまりありませんが、
守備のときの怪我のリスクは打球だけではありません。

上手くゴロを捕れずにボールが手首に当たったり、
ランナーのスライディングが思いっきりグローブに直撃したり。

速い打球だけではなく捕球時やランナーとの接触時にも怪我のリスクはありますし、
夏場は汗をかくのでグローブのなかで手が滑って守備中に外れることもあります。

速い打球以外にも守備時には色々とリスクがあるので、少年野球でも守備手袋は必要です!

また、お気に入りの守備手袋を装着すればセルフイメージが上がり、
いつもよりも動きが良くなったりもします。

少年野球(ジュニア用)の守備手袋の選び方

それでは少年野球(ジュニア用)の守備手袋の選び方を解説します。

・サイズ

・パッドの付き方

・マジックテープの位置

・素材

・デザイン

この5つのポイントで選べば、最適な守備手袋を選べます。

サイズ

まず1つ目はサイズです。

少年野球(ジュニア用)の守備手袋やバッティンググローブを選ぶときに、
ついつい成長期だからと今のサイズよりも大きいものを選びがちです。

でも、守備手袋はジャストサイズにしましょう!

守備手袋がブカブカだとグローブのなかで手が落ち着きませんし、
手首の部分があまりにも長いとみっともないです。

守備手袋はバッティンググローブと比べて消耗スピードは遅いので、
今のジャストサイズが大きくても0.5㎝くらいにしましょう。

パッドの付き方

つぎがパッドの付き方です。

守備手袋とバッティンググローブの大きな違いはパッドの有無です。

守備手袋にはパッドが付いてるので打球の衝撃を和らげ、
手が痺れる可能性を極限まで抑えてくれます。

少年野球レベルでは怪我するような速い打球は滅多にありませんが、
パッドが十分に付いててもまったく問題はありませんよね。

なのでパッドがしっかりと付いてる守備手袋を選びましょう!

マジックテープの位置

野球のリストガードの効果

少年野球(ジュニア用)の守備手袋を選ぶ時の3つ目のポイントは、
マジックテープの位置です。

守備手袋にはマジックテープの位置が2パターンあります。

・手の甲側

・手のひら側

一般的な守備手袋は手の甲側にマジックテープがあります。

左手首を確実に守りたいなら、
手のひら側にマジックテープが付いてる守備手袋を選びましょう!

マジックテープの厚さ分だけ打球の衝撃を和らげてくれます。

素材

つづいての選ぶ時のポイントは素材です。

守備手袋やバッティンググローブの素材には「天然皮革」と「人工皮革(合成皮革)」があります。

・天然皮革:フィット感は抜群だが、高価で洗濯はできない。

・人工皮革(合成皮革):天然皮革よりフィット感は劣るが、安価で洗濯はできる。

ざっくり言うとこんな違いがありますが、
少年野球(ジュニア用)の守備手袋は「人工皮革(合成皮革」にしましょう!

守備手袋はグローブの中でつけるので蒸れます。
とくに夏場は手にも汗をかくので守備手袋が臭くなるのが早いです。

それなのに守備手袋を洗濯できなかったら致命的ですし、
バッティンググローブよりもグリップ力は求められません。

なのでウォッシャブルな守備手袋にしましょう!

デザイン

少年野球(ジュニア用)守備手袋の最後の選び方はデザインです。

守備手袋やバッティンググローブを選ぶとき、
真っ先にデザインを考えてしまう気持ちは十分にわかります。

でもデザインを最優先にして機能性を後回しにしたら、
最終的に守備手袋を付けなくなる可能性があります。

「この守備手袋を付けても付けなくても変わらないから要らない。」

せっかく守備手袋を購入したのに装着しなくなったら悲しいので、
先ほどの4つの選び方をクリアしてるものでカッコいいデザインを選びましょう!

そうすれば守備手袋を付けなくなる可能性は減ります。

先ほどの4つのポイントをクリアしてる守備手袋を複数見せてあげて、
その中からお子さんにデザインを選んでもらうのがベストですね!

少年野球(ジュニア用)の守備手袋サイズの測り方

少年野球(ジュニア用)の守備手袋サイズの測り方は、バッティンググローブと同じです。

①手の直径:手のひらの下から中指の先端まで

②手の幅:親指の付け根から小指の下側を経由して、一周まわし親指の付け根の後まで

この2つ箇所の手のサイズを測りましょう!

【①手の直径】

手のサイズの測り方

【②手の幅】

手のサイズの測り方

この2箇所の手サイズを把握しておけば、守備手袋のサイズ選びには困りません。

ブカブカだと守備手袋の機能性が半減するので、
手にフィットするジャストサイズを選びましょう!

大きくても0.5㎝くらいがいいですし、
手のサイズよりも1㎝ほど大きくなる場合は小さめにしたほうがいいですね。

守備手袋は1㎝大きいだけでも、結構ブカブカになります。

少年野球のバッティンググローブの選び方はこちらで解説してます。

少年野球(ジュニア用)守備手袋のおすすめメーカー

少年野球(ジュニア用)守備手袋のおすすめメーカーを4つ紹介します。

・ミズノ

・アシックス

・ウィルソン

・ゼット

この4メーカーがおすすめです。

(※ご紹介する4メーカーとも洗濯が可能です)

ミズノ

1つ目の少年野球(ジュニア用)守備手袋のおすすめメーカーはミズノです。

 

ミズノの少年野球(ジュニア用)守備手袋はトータル的にバランスが良いです。

パッドの付き方は十分なので捕球時の衝撃を和らげてくれますし、
マジックテープは手首側にあるので手首にボールが当たっても大打撃にはなりません。

また、デザインもいい感じ!

機能性もデザイン性も両方とも兼ね備えてるのがミズノの守備手袋です。

初めての少年野球(ジュニア用)守備手袋ならミズノでしょう!

よっぽどミズノが嫌いではない限り…。

アシックス

つづいてがアシックス

 

アシックスの守備手袋もトータル的にバランスが良いです。

パッドの付き方は申し分ないですし、デザインもシンプルですし、
マジックテープも手首側にあるので手首の怪我防止になってます。

ミズノの少年野球(ジュニア用)守備手袋との違いはパッドの付き方。

アシックスの守備手袋のほうがミズノよりも
パッドが広範囲に付いてるのでボールの衝撃吸収度は上です。

ただ、ミズノよりもデザインがちょっと…。

ボールの衝撃度を抑えるのを第一優先にしたいと思ってる方は、
アシックスの守備手袋にしましょう。

また、大谷翔平選手に憧れてる野球少年もアシックスがいいですね!

大谷翔平選手はアシックスを愛用してるので。

ウィルソン

3つ目の少年野球(ジュニア用)守備手袋のおすすめメーカーはウィルソンです。

 

ウィルソンはメジャーリーガー達に長く愛されているアメリカのメーカー。

ウィルソンの守備手袋は、他のメーカーよりも滑りにくいのが大きな特徴です。

夏の練習や試合では手に汗をかくので、
守備手袋のグリップ力が弱いとグローブのなかで手が滑ってしまいます。

その可能性を極限まで抑えてるのがウィルソンの守備手袋です。

また、マジックテープは手首側についてるので手首の怪我防止になってます。

ただパッドが薄いですしデザインもアメリカナイズになってるので、
グローブのなかで手を滑らせたくない人はウィルソンの守備手袋ですね!

そこまで手に汗を掻かないなら、ミズノかアシックスでも十分に滑りません。

ゼット

最後のおすすめの少年野球(ジュニア用)守備手袋メーカーはゼット

ゼットの守備手袋の大きな特徴はパッドです。

他3メーカーの守備手袋よりもパッドが分厚いので、
打球の衝撃を和らげる機能性はダントツで1位になります。

ただマジックテープが手の甲側なので、手首を守ってくれてません。

デザインや手首の怪我防止ではなく、何よりも打球の衝撃度を抑えたい!

そんな方ならゼットの守備手袋ですね。

少年野球の軟式グローブの選び方はこちらで解説してます。

守備手袋でパフォーマンスをあげよう!

今回は少年野球(ジュニア用)の守備手袋の選び方を解説しました。

・サイズ

・パッドの付き方

・マジックテープの位置

・素材

・デザイン

この5つのポイントで選べば、最適な守備手袋が見つかります。

いくつかおすすめの守備手袋のメーカーを紹介しましたが、
どれを選ぶかは優先順位で決めましょう!

バランスの良さを求めるなら「ミズノ」「アシックス」、
グリップ力なら「ウィルソン」、打球の衝撃度を和らげるなら「ゼット」。

この基準で選べば、自分に最適な守備手袋に出合えます。

オリジナルワンの守備手袋を選んで、守備のパフォーマンスを上げましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る