少年野球用アームスリーブの選び方

少年野球にアームスリーブって必要?

必要ならジュニア用アームスリーブを探したいけど、種類とか選び方がさっぱりわからない…

こんな疑問を持ってる親御さんに向けて、
少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方をお話します。

・少年野球でアームスリーブを付ける意味

・少年野球用(ジュニア)アームスリーブの種類

・少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方

・おすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブ

これらについても解説するので、お子さんに合うアームスリーブを見つけてくださいね。

少年野球でアームスリーブを付ける意味

まずは少年野球でアームスリーブを付ける意味からお話します。

怪我防止

1つ目の少年野球でアームスリーブを付ける意味は怪我防止です。

アームスリーブはテーピング的な役割を持ってるので、
少しのエネルギーで大きな力を発揮できるようになります。

テーピングの役割は、疲労軽減もあります。

 

小さな力で十分なスローイングができて疲労軽減にもなるため、
ヒジへの負担が少なくなり、結果的に怪我防止につながります。

日焼け防止

つづいての少年野球でアームスリーブを付ける意味は日焼け防止です。

アームスリーブは基本的に半袖アンダーシャツを着る時期に装着します。

冬はコンプレッションのアンダーシャツが
アームスリーブ代わりになるからね!

 

半袖アンダーシャツの時期は腕の日焼けをしやすいくなりますが、
アームスリーブを装着すれば日焼けを防止できるんですよね。

UVカットのアームスリーブがあります。

 

また汗をかいても着脱が簡単ですし、洗ってもすぐに乾くので、
少年野球の夏場の練習にはマストのアイテムなんですよね!

セルフイメージが上がる

少年野球でアームスリーブを付けることでセルフイメージが上がります。

プロ野球選手がアームスリーブを装着するシーンが増えましたよね。

野球少年はいつだってプロ野球選手に憧れてるので、
プロ野球選手と同じアームスリーブを付けるだけでテンションが上がります。

そして、プロ野球選手に近づいた感覚になれるんですよね!

こんな風にセルフイメージが上がればプレーの質は上がり、
野球に対するモチベーションもアップさせることもできます。

少年野球用(ジュニア)アームスリーブの種類

少年野球用(ジュニア)アームスリーブには大きく分けて2種類あります。

・パッド付アームスリーブ

・パッドなしアームスリーブ

この2つの違いは怪我をしてるかどうかです。

パッド付アームスリーブはサポート力が高いので、
ヒジを怪我してたり、古傷がある人に向いてます。

昔の肘サポーターに近いイメージだね!

 

パッドなしアームスリーブは肘を怪我してないけど、
パフォーマンスを向上させたい人に向いてます。

少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方

それでは少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方です。

アームスリーブの装着目的は主に2つあります。

・ヒジを怪我から守りたい。

・パフォーマンスを向上させたい。

この2つの使用目的に合わせてアームスリーブを選ぶのがおすすめです。

ヒジを怪我から守りたい場合

ヒジの怪我を悪化させたくない場合の少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方は、
サポート力をメインにしたほうがいいですね!

・コンプレッション系

・パッド付き

・ヒジだけをカバーしてるタイプ

この3つをクリアしてるアームスリーブなら、
サポート力が高いので怪我を悪化させにくいです。

ただ、ボールを投げる以上は悪化するリスクがゼロにはならないので、
あまり無理をせずに、なるべくノースローで練習したほうがいいと思います。

パフォーマンスを向上させたい場合

パフォーマンスを向上させたい場合の少年野球用(ジュニア)アームスリーブの選び方は、
機能性をメインにしたほうがいいですね!

・コンプレッション系

・パッドなし

・手首〜二の腕くらいまでをカバーしてるタイプ

プレーの質の向上したいなら、この3つをクリアしてるアームスリーブです。

小さな力で十分なパフォーマンスを発揮できますし、
疲労軽減にもなるタイプです。

 

実際にプロ野球選手が装着してるアームスリーブは、このタイプになります。

ただ、1点だけ選ぶときに注意点があります。

アームスリーブは野球用だけではなくバレーボール用やバスケットボール用など、
他のスポーツ用もあります。

同じスポーツですが、動き方が違うので野球用を選びましょう!

おすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブ

最後におすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブをご紹介します。

各メーカーのSサイズがジュニア用です。

マクダビッド

1つ目のおすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブはマクダビッドです。

マクダビッドは聞いたことのないメーカーだと思いますが、
実は創業当初からサポーターを作ってるメーカーなんですよね。

また山田哲人選手などが手首に巻いてるサポーターもマクダビッド!

マクダビッドは老舗のサポーターメーカーであり、
プロ野球選手にも愛用されてるので信頼と実績は申し分ありません。

このアームスリーブはパフォーマンスアップする用だね!

 

メーカーの知名度ではなくパフォーマンス向上の機能性を求めるなら、
マクダビッドのアームスリーブで決まりです。

またヒジが痛いなら、こちらのアームスリーブ。

見た目はゴツいですが、動かしにくいとかありません。

パッド部分が細かくなってるからフィット力は抜群です!

 

また見た目通りの保温性がありますが、想像以上にムレにくいのも特徴です。

ヒジが痛いとか怪我をしてるなら、こちらのアームスリーブですね。

アンダーアーマー

つづいてのおすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブはアンダーアーマーです。

コンプレッション系といえばアンダーアーマー!

そのアンダーアーマーが出してるアームスリーブも信頼と実績があります。

練習でアンダーアーマーのアンダーシャツを着てて、
フィット感を気に入ってるならアームスリーブも合います。

フィット感や安心感も大切だからねぇ〜。

 

アンダーアーマーのフィット感を気に入ってて、
パフォーマンス向上が目的ならアンダーアーマーのアームスリーブですね!

2XU(ツータイムズユー)

最後3つ目のおすすめの少年野球用(ジュニア)アームスリーブは2XU(ツータイムズユー)です。

2XU(ツータイズユー)もあまり聞き馴染みがないと思います。

決して有名ではないんですけどコンプレッション系に強く、
自社調べではありますが他ブランドの2倍のパワーを発揮するんですよね!

もちろん、軽くて動かしやすいです。

2XUのアンダーシャツを鳥谷敬選手が着てます。

 

パフォーマンス向上のための機能性をとことん求めるなら、
2XU(ツータイズユー)以外にありません。

パフォーマンス向上 or 怪我防止で選ぼう!

少年野球用(ジュニア)アームスリーブ(肘サポーター)の選び方を解説しました。

少年野球用アームスリーブを選ぶときには、

パフォーマンスを向上させたい。

・ヒジの怪我から守りたい。

この2つのポイントで選ぶのがおすすめです。

またアームスリーブのデザインはカッコいいほうが良いんですけど、
あまりにも派手なデザインだと試合で使えない場合があります。

『一番に機能性を考えて、その中から好きなデザインを選ぶ。』

この流れで少年野球用アームスリーブを選びましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る