少年野球のベルトの種類と選び方を知ってる人

「少年野球用のベルトに種類ってあるの?」

「少年野球のベルトの選び方を知りたい!」

「おすすめのジュニア用の野球ベルトはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球のベルトの選び方について解説します。

今では少年野球のベルトにも様々な種類があります。

素材が違ったり、形状が違ったりするんです。

 

どれが良いのか迷ってしまうんですけど、ご紹介する3つのポイントで選べば、
お子さんにも最適で、経済的でもある野球用ベルトを選べます。

本記事では少年野球ベルトの種類(素材と形状)や選び方、
そしてジュニア用の野球ベルトのおすすめを紹介していきます。

お子さんに合う最適な野球ベルトを選んで、怪我するリスクを下げつつ、
守備やバッティングでどんどん活躍してもらいましょう!

少年野球のベルトの種類〜素材〜

まずは少年野球のベルトの種類・素材編から解説します。

・天然皮革(本革)

・人工皮革(合成皮革)

・ゴム(ストレッチ素材)

・メッシュ

主にこの4つが少年野球ベルトの素材として使われてるので、
それぞれの素材の特徴をお話していきます。

天然皮革(本革)

まず1種類目の少年野球ベルトの素材は、天然皮革(本革)です。

実は、天然皮革(本革)が採用されてる少年野球のベルトもあります。

天然皮革(本革)の少年野球ベルトの特徴は、使えば使うほど馴染んで、
身体へのフィット感があがっていくところです。

天然皮革(本革)が伸びやすいですからね。

 

ただ、天然皮革(本革)なので水に弱く、放置しておくと劣化が早くなるので、
天然皮革(本革)のスパイクのように本格的な手入れが必要になります。

野球少年では手入れが厳しいと思いますし、親御さんも忙しいと思うので、
あまりおすすめできる素材ではないですね。

人工皮革(合成皮革)

つづいての少年野球ベルトの素材の種類は、人工皮革(合成皮革)になります。

野球ベルトで一般的なのが人工皮革(合成皮革)です。

人工皮革(合成皮革)の特徴は、水に強くて耐久性もあり、軽いところです。

天然皮革(本革)レベルではないけど、
人工皮革(合成皮革)も年々伸びやすくなってきてるよ!

 

また、ヘッドスライディングやスライディングキャッチしても
人工皮革(合成皮革)ベルトなら切れにくいですし、雨や泥にも強いので手入れも簡単にできます。

少年野球ベルトの場合には、天然皮革(本革)よりも人工皮革(合成皮革)がおすすめです。

ゴム(ストレッチ素材)

3種類目の少年野球ベルトの素材は、ゴム(ストレッチ素材)です。

野球ベルトは天然皮革(本革)や人工皮革(合成皮革)が主流でしたが、
脇腹から腰のうしろまでがゴムになってるものも登場してます。

ゴム製の野球ベルトの特徴は、うしろ腰周りのフィット感です。

サイズさえ調整すれば、
ゴムなので抜群のフィット感を発揮してくれます。

 

ただ、少年野球ベルトのゴム製ベルトは種類が少ないですし、
サイズもそこまで対応してないのが残念なところになります。

メッシュ

最後4種類目の少年野球ベルトの素材は、メッシュです。

このメッシュ素材はコア・テクノロジー株式会社の開発した野球専用ベルト、
コアエナジーにだけ採用されています。

メッシュ素材の特徴は、ゴム素材と同じくストレッチ性があるところです。

身体へのフィット感が抜群だよ!
多くのプロ野球選手が愛用してるみたい!

 

ただ、残念なのがコアエナジーには完全な少年野球サイズはありません。

中学生サイズから対応してるので身体の大きい小学生、
中学校に入るまえに野球ベルトを変えたい人には最適ですね。

少年野球のベルトの種類〜形状〜

つづいては少年野球のベルトの種類・形状編です。

・ストレート型

・カーブ型

・伸縮性型

一般的な少年野球ベルトの形状はストレート型、そしてカーブ型と伸縮性型がある感じです。

それでは1つずつの形状の特徴をお話します。

ストレート型

まず1種類目の少年野球ベルトの形状は、ストレート型です。

ストレート型は文字通り、一般的なベルトと同じように真っ直ぐの形状になってます。

特徴はなく、従来通りのベルトの役割をしてくれます。

「ベルトのユニフォームパンツ(ズボン)がずり落ちないようにするため」ですね。

カーブ型

つぎの少年野球ベルトの形状は、カーブ型です。

この形状はミズノのパワーベルトが当てはまります。

野球ベルトの形状をカーブ型にすることで腰回りを安定させ、
腰部分に厚みを持たせることで、腰痛防止をしてるのが特徴です。

ただ、カーブ型はサイズ調整ができず、サイズも大きめしかないのが残念なところになります。

伸縮性型

最後3つ目の少年野球ベルトの形状は、伸縮性型です。

これはゴム(ストレッチ素材)やメッシュ素材のベルトになります。

両脇腹から腰回りにかけてゴム素材になってたり、全体的に伸びやすい素材を採用したりすることで、
どんな動きにもフィットしてくるのが特徴です。

サイズさえあえば、一番身体にフィットする形状になってます。

少年野球のベルトの選び方

それでは少年野球のベルトの選び方を解説します。

・チームカラー(デザイン)を確認する

・どんな効果を得たいか決める

・いつまで使えそうか考える

この3つのポイントで選べば、お子さんに最適な少年野球ベルトを選べます。

チームカラー(デザイン)を確認する

まず1つ目の少年野球ベルトの選び方は、チームカラー(デザイン)を確認することです。

一般的な少年野球のベルトは黒(ブラック)ですが、
チームによってはユニフォームカラーとベルトの色を合わせています。

ちなみに私の少年野球チームは緑でした。

 

チームカラーにベルトの色を合わせてる場合、
違う色のベルトにしてしまうと公式戦に出られい可能性があるんですよね。

まずはチームカラーを確認してから、少年野球ベルトを選びましょう!

どんな効果を得たいか決める

つづいての少年野球ベルトの選び方は、どんな効果を得たいか決めることです。

一般的なベルトは、ユニフォームパンツ(ズボン)が落ちないようにするためであり、
他には何の効果もありません。

従来のベルトの役割だね。

 

一方でカーブ型の少年野球ベルトは腰回りを安定させたり、腰痛防止になったり、
伸縮性のあるベルトはどんな姿勢になってもフィット感を生み出してくれます。

このようにベルトの素材や形状で得られる効果が違うんですよね。

少年野球ベルトを選ぶときには、どんな効果を得たいのかを明確にしましょう!

いつまで使えそうか考える

最後3つ目の少年野球ベルトの選び方は、いつまで使えそうか考えることです。

これはチームカラーにも関係してきます。

 

所属する少年野球チームのベルトの色が黒(ブラック)なら、
中学校でも使える可能性は高いですが、それ以外だと使えない場合が多いです。

地元の少年野球チームはベルトの色が緑だったので、
そのあと緑色のベルトを使うことはありませんでした。

 

今の少年野球チームでしか使わなそうな色のベルトなら、
そこまで機能的なベルトにする必要はありませんよね。

また、小学生まで使うのか、中学生まで使うのかも決めたほうがいいですね。

小学生までしか使わないなら一般的なベルトかちょっと機能的なものでいいですし、
中学生まで使いたいならちょっと機能的なものや抜群の機能性のあるものがおすすめです。

ベルトも使えばボロボロになるけど、
見栄えが悪くなるだけで、機能性は下がらないよ!

 

いつまで使うのか明確にすれば、どこまでの機能性が必要なのかを決められます。

おすすめの少年野球のベルト

最後におすすめの少年野球のベルトを紹介します。

・一般的な少年野球ベルト

・ゴム製の伸縮性のある少年野球ベルト

・切れるまで使える少年野球ベルト

・機能性が高いベルト

この4種類に分けて、少年野球におすすめのベルトをご紹介します。

一般的な少年野球ベルト

おすすめの一般的な少年野球のベルトは、エスエスケーです。

エスエスケーの少年野球ベルトは、
従来通りのユニフォームパンツ(ズボン)が下がらないだけのベルトです。

大きな機能はありませんが、本来のベルトの役割はしっかりしてますし、
他のメーカーの一般的なベルトよりも少し柔らかいのでフィットします。

「チームカラーが特徴的で、少年野球でしか使わなそう。」

「一般的なベルトが良いんだけど、少しでも柔らかいほうがいい。」

こんな風に思ってるならエスエスケーの少年野球ベルトがいいですね!

ゴム製の伸縮性のある少年野球ベルト

つづいてのおすすめの少年野球のベルトは、SeaLandです。

SeaLandの少年野球ベルトはゴム製なので伸縮性があるので、
いろんな体勢になっても身体にフィットします。

ただ、ゴム製なので締め付けはあまり感じられません。

ゴムパンツと同じイメージですね。

 

「硬いベルトだと子どもが少し痛がる…」

「身体に抜群にフィットするベルトが良い!」

そんな風に思ってるならSeaLandの少年野球ベルトでしょう!

切れるまで使える少年野球ベルト

3つ目のおすすめの少年野球のベルトは、アシックスです。

アシックスの少年野球ベルトは構造は一般的なベルトと同じですが、
仕様がアップグレードしており、ハイクラスになっています。

バックルがゴールドになっており、合成皮革ですが柔らかく、
質感もしっかりとしてるので、長く使えるんですよね。

「良いベルトを購入して、長く使ってもらいたい」

「他の選手とは少し違うベルトを装着させて、セルフイメージをあげたい」

こんな風に思ってるならアシックスの少年野球ベルトが最適です。

機能性が高いベルト

最後4つ目は機能性の高い少年野球ベルトを2つ紹介します。

まず1つ目の機能性の高い少年野球ベルトは、ミズノです。

ミズノの少年野球ベルトはパワーベルトと呼ばれているもので、
形状をカーブ型にさせ、腰部分が一般的なベルトよりも分厚くなってます。

それらにより腰回りを安定させ、腰痛防止にもなるんですよね。

「姿勢を安定させて、パフォーマンスを向上させたい」

「少年野球のときから怪我防止は万全にしておきたい」

こんな風に思ってるなら、ミズノのパワーベルトでしょう!

そして、もう1つの機能性の高い少年野球ベルトは、コアエナジーです。

コアエナジーは今までのベルトよりも遥かに高い金額ですが、
相応の機能性を持ち合わせています。

コアエナジーの機能性を簡単に説明すると、伸縮性のあるパワーベルトです。

伸びやすい素材を採用してるので伸縮性がありつつ、
サポーター機能もあるので腰回りや骨盤、体勢を安定させてくれます。

機能性が抜群ということだね!

 

ただ、コアエナジーは大きめのサイズしかありません。

小学校の高学年だったり、来年には中学生になる予定だったり、
身体が一回り大きい子だったりしか装着できないので注意してください。

「中学生を見据えて、機能的なベルトを選びたい」

「機能性が抜群の少年野球ベルトを装着させたい」

そんな風に思ってるなら、コアエナジーをおすすめします。

コアエナジーが機能性が抜群なのは間違いないですが、
少し金額が高いので、パワーベルトから始めてみるのもいいですね!

ミズノのパワーベルトについてはこちらで詳しく解説してます。

無理なく装着できるベルトにしよう!

少年野球ベルトの種類と選び方を解説しました。

・チームカラー(デザイン)を確認する

・どんな効果を得たいか決める

・いつまで使えそうか考える

この3つのポイントで少年野球ベルトを選べば、
お子さんに最適で、経済的なものが見つかります。

あとはお子さんが無理なく装着できるベルトを選びましょう!

よっぽどのことがない限り、合成皮革のベルトでOKだと思いますが、
稀に身体に合わず、ゴム製のベルトのほうが装着しやすい場合があります。

少年野球ベルトを選ぶまえに普通のベルトをお子さんに装着させてみて、
違和感がないか確認してから素材を選ぶのがおすすめです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る