少年野球のズボンをたくさん持ってる人

「少年野球のユニフォームパンツは、どう選べばいい?」

「子どもが少年野球を始めるんだけど、ズボンだけでも色んな種類があるのね…。」

「野球のジュニア用ズボンのおすすめはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)の種類と選び方を解説します。

年々、野球のズボンの機能性は上がっています。

ズボンの丈の長さやフィット感、破れやすいところの補強など、
いろんなポイントで野球のユニフォームパンツは進化してるんですよね。

だからこそ、どれが1番良いのか迷ってしまいます。

 

本記事では少年野球のズボンの種類と選び方、
またおすすめのジュニア用ユニフォームパンツを紹介します。

お子さんにフィットしつつ、親御さんも洗濯や費用面で苦労しない、
そんな素晴らしい少年野球用ズボンを見つかります。

練習用と試合用ズボンの違い

 少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)の具体的な話をする前に、
練習用と試合用のズボンの違いを解説します。

野球の練習用と試合用のズボンの違いは「メーカーロゴのあるなし」です。

練習用のズボンには足の左付け根部分にメーカーのロゴがありますが、
試合用では原則メーカーのロゴのないズボンを履かないといけません。

ただ、所属する少年野球チームによっては試合のズボンに、
メーカーのロゴが入ってても問題のない場合もあります。

この辺りは監督やコーチに確認しましょう!

 

もし所属する少年野球チームが試合でもロゴ付きパンツでもOKなら、
そこまで練習用と試合用で意識する必要はありません。

他のポイントで少年野球用のズボンを選びましょう!

ちなみに、高校野球の試合ではメーカーのロゴ付きパンツは完全にNGです。

野球の練習用と試合用のズボンではこのような違いがあるので、
購入するまえにチームに確認しておくといいですね!

メーカーのロゴは、糸切バサミで取れることが多いよ!

【少年野球】ズボン(ユニフォームパンツ)の種類

それでは少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)の種類です。

大人用を含めると野球のユニフォームパンツは結構な種類がありますが、
少年野球の試合でも練習でも履けるズボンは4種類のみになります。

・レギュラータイプ

・レギュラーフィットタイプ

・ショートタイプ

・ショートフィットタイプ

この4タイプが少年野球でもOKのズボンです。

ロングタイプやストレートタイプ、フレアタイプなど他にも野球ズボンはありますが、
ほとんどの場合、これらのタイプは少年野球での着用は禁止になってるはずです。

ですので、この4タイプのなかから少年野球のズボンを選びましょう。

レギュラータイプ

1つ目の少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)の種類はレギュラータイプです。

レギュラータイプの少年野球ズボンは丈(長さ)がくるぶしくらいまであるので、
それをヒザ下くらいまでまくり上げて、ふくらはぎを出すようにして履きます。

これは昔も今もある一般的な野球ズボンだよ。

 

また、ゆったり設計なのでキツいとかはありません。

レギュラーフィットタイプ

つぎの少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)の種類はレギュラーフィットタイプ

これはレギュラータイプを進化させたバージョンです。

レギュラータイプと丈(長さ)は同じでくるぶしくらいまでありますが、
ズボンの設計が少しピチッとしてます。

コンプレッション系アンダーシャツと同じイメージです。
あそこまでピチピチにはなりませんが。

 

スタイリッシュに見えるのがポイントですね。

ショートタイプ

3つ目の少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)の種類はショートタイプです。

ショートタイプのズボンはレギュラータイプよりも丈(長さ)が短くなってます。

レギュラータイプはくるぶしくらいまでの丈がありますが、
ショートタイプはヒザ下くらいまでしか丈がありません。

なので、ショートタイプのズボンを履くときには、
レギュラータイプのようにヒザ下までまくり上げる必要がないんですよね。

ズボンの設計はレギュラータイプと同じで、ゆったり系になります。

ショートフィットタイプ

最後4つ目の少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)の種類はショートフィットタイプ

ショートフィットタイプのズボンは、
レギュラーフィットタイプの丈(長さ)が短いバージョンです。

ショートタイプとショートフィットタイプの丈の長さは
同じだよ!

 

ショートタイプとショートフィットタイプの違いは、フィット感です。

ショートタイプはレギュラータイプと同じゆったりとした設計になってますが、
ショートフィットタイプはレギュラーフィットタイプと同じでピチっとした設計になってます。

ショートフィットタイプのズボンは丈が短めのフィット感があるタイプってことです。

【少年野球】ズボン(ユニフォームパンツ)の選び方

少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときのポイントは5つです。

・サイズ

・動きやすさ

・丈夫さ

・洗濯のしやすさ

・お手頃な価格

それでは1つずつ詳しく解説します。

サイズ

少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときの1つ目のポイントはサイズです。

これはOKだと思います。

 

お子さんの身長に合うサイズを選びましょう!

日本のメーカーなら身長に合わせて購入すれば、
よっぽどでない限り、サイズが合わないことはないです。

動きやすさ

つぎの少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときのポイントは動きやすさです。

一般的なレギュラータイプのズボンでも動きにくいことはありません。

私自身も小学生のときにはレギュラータイプのユニフォームパンツでしたし、
ほとんどの野球少年がレギュラータイプのズボンで練習をしてます。

でも、動きやすさでいうとフィットタイプのほうがいいですね。

・レギュラーフィットタイプ

・ショートフィットタイプ

これはアンダーシャツでもそうなんですけど、
ピチッとしてるほうが身体をスムーズに動かせます。

ピチッとしてたほうが身体との一体感が生まれるからです。

 

なので、動きやすいズボンを優先するならフィットタイプにしましょう!

ただ、フィットタイプがお子さんに合わない可能性もあるので、
1着フィットタイプを購入して、感想を聞いてから再度購入するか決めたほうがいいと思います。

丈夫さ

3つ目の少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときのポイントは丈夫さです。

野球のズボンは、野球道具のなかで1番と言っていいくらいの消耗品になります。

走塁のときにスライディングをしたり、守備のときに足から滑り込んだりすると
ユニフォームパンツのヒザやお尻部分の布が徐々に削られていきます。

そして、ある日突然、破れてしまうのです。

 

その都度、布を補強したり、縫い合わせたりすれば良いんですが、
多忙な日常生活のなかで、そこまでしてあげられるほど時間はありませんよね。

ですので、少年野球のズボンを選ぶときには丈夫さを重視しましょう!

・ヒザパッド付き

・お尻パッド付き

少年野球のズボンにはヒザやお尻にパッドがあらかじめ付いてるタイプもあります。

動きやすくてサイズの合うズボンで最初から補強されてるタイプがあれば、
そっちを選ぶのがおすすめです。

野球用ズボンが最初から補強されてるということは、怪我防止にも繋がります。

ズボンが破れてると、
その辺りはほぼ確実に擦り傷になります。

洗濯のしやすさ

つづいての少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときのポイントは洗濯のしやすさです。

少年野球のズボンは、本当によく汚れます。

そのまま洗濯機に入れられれば良いんですが、砂や土が付いてることが多いので、
何もせずに少年野球のズボンを洗濯機に入れると故障の原因になるんですよね。

なので、少年野球のズボンは「予洗い」が必要になってきます。

ただ、この少年野球用ズボンの予洗いも結構大変な作業になるので、
洗濯のしやすい少年野球ズボンにしておくのがおすすめです。

今は砂や土を簡単に落とせる少年野球のズボンが登場してます。

なるべく負担にならないような少年野球のユニフォームパンツを選ぶといいですね!

お手頃な価格

最後5つ目の少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)を選ぶときのポイントはお手頃な価格!

いくら丈夫なものを選んでも、少年野球のズボンは消耗品です。

破れても布を補強したり、縫い合わせたりすれば問題なく履けますが、
動きにくくなるので怪我に繋がる可能性があります。

なので、少年野球のズボンはある程度の期間で入れ替えが必要なんですよね。

そうなると金額が高めの少年野球ズボンだと
大変なことになります。

 

『動きやすくて、丈夫で、お手頃な価格!』

これが少年野球のズボンの正しい選び方だと思います。

【少年野球】ズボン(ユニフォームパンツ)のおすすめはコレ!

最後に少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)のおすすめを紹介します。

・ショートフィット:汚れが落ちやすいタイプ

・ショートフィット:ヒザ2重加工タイプ

・ショート:汚れが落ちやすいタイプ

基本的に少年野球のパンツはショート系がおすすめです。

レギュラータイプのようにヒザまでまくり上げる必要はないので履きやすいですし、
洗濯する範囲も狭くなりますからね。

ですので、あとはショート系ズボンで何を優先するかがポイントです。

それでは少年野球におすすめのズボン(ユニフォームパンツ)を3つ紹介します。

アシックスのショートフィットタイプ

少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)のおすすめの1つ目は、
アシックスのショートフィットタイプです。

アシックスのショートフィットタイプの最大の特徴は、汚れが落ちやすいところです。

ズボンの繊維の表面がナノレベルで結合加工されてるので、
他のズボンよりも泥や土が水だけでも落ちやすくなってます。

ただ、頑固な汚れは水だけじゃ無理だけどね。

 

ショートフィットタイプのなかで汚れが落ちやすいのはアシックスだけです。

また素材が軽量で柔らかく、ストレッチ性も高いので、
身体にフィットしつつ、動きやすいズボンになってます。

『洗濯の負担をとにかく軽くしたい!』

そう思ってる方なら、アシックスのショートフィットタイプでしょう!

ローリングスのショートフィットタイプ

2つ目の少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)のおすすめは、
ローリングスのショートフィットタイプです。

ローリングスのショートフィットタイプの特徴は、ヒザの2重加工です。

ショートフィットタイプは身体にフィットさせる設計なので、
基本的にヒザを2重加工してるものが少ないんですが、ローリングスはしてくれてます。

ヒザを2重加工してくれてるので、他のメーカーよりもヒザが破れにくいです。

またローリングスのショートフィットタイプは立体3D形状を採用してるので、
こちらもアシックスと同様にストレッチ性があり動きやすくなってます。

加工の仕方はメーカーによって違うけど、
ほとんどがストレッチ性があって動きやすいよ!

 

『よくスライディングするからヒザは2重加工しててほしい!』

こんな風に思ってるかたなら、ローリングスのショートフィットタイプで決まりです。

ゼットのショートタイプ

最後3つ目の少年野球ズボン(ユニフォームパンツ)のおすすめは、ゼットのショートタイプです。

ショートフィットタイプは身体に密着するタイプなので、
合わない野球少年もいると思います。

でも、レギュラータイプはヒザ上までまくり上げないといけないですし、
単純に洗濯しないといけない範囲も広いです。

そこでゼットのショートタイプズボンの登場!

ゼットのショートタイプはレギュラータイプのようにゆったりしてるので、
身体への密着が苦手な野球少年でも抵抗なく履けます。

また、ゼットのショートタイプは泥汚れを防止する加工がされてるので、
アシックスと同じように汚れが落ちやすいんです!

なんでも落ちるわけではありませんが…。

 

『ショートフィットタイプはうちの子には合わなさそう…』

『ショートフィットタイプで汚れが落ちやすいズボンはないの?』

そんな風に思ってるなら、ゼットのショートタイプがいいですね!

どれだけ丈夫でもズボンのヒザ部分は破れる!

余談ですが、野球のズボン(ユニフォームパンツ)はどれだけ丈夫と言っていても、
スライディングをしたり、練習で履き続けたりしたらヒザ部分は破れます。

こればかりはしょうがないんです。

 

でも、ヒザ部分が破れたからと言って新しいのを買っていたらキリがありません。

なのでヒザ部分が破れたらパッドをつけて補強するといいですね!

上記のパッドを破れた位置に縫い付ければ、問題ありません。

ヒザ部分でもお尻部分でもOKだよ!

 

ただ何枚もパッドを貼り付けたり、縫い方が悪かったりすると、
ヒザの部分の可動域が狭くなり、動きにくくなります。

その結果、怪我に繋がる可能性はあるので、その辺りは気をつけてくださいね!

イチオシのジュニア向けズボンはコレ!

少年野球のズボン(ユニフォームパンツ)について解説しました。

・サイズ

・動きやすさ

・丈夫さ

・洗濯のしやすさ

・お手頃な価格

この5つのポイントで少年野球のズボンを選べば、
お子さんにもお母さんにも合うジュニア向けユニフォームパンツが見つかります。

ご紹介した少年野球のズボンはどれもおすすめですが、
個人的にイチオシのジュニア向けユニフォームパンツはアシックスです。

ショートフィットなのでお子さんは動きやすいですし、
丈が短く、汚れが落ちやすい素材なので洗濯もしやすくなってます。

まさにお子さんにもお母さんにも最適なズボンなのでイチオシです。

お子さんが動きやすくて、洗濯もしやすくて、
お手頃な野球用ズボンで思いっきり野球をしてもらいましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る