少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方

「少年野球でスライディングパンツは必要なの?」

そう思われる方もいますが、スラパンは履いておくのをおすすめします。

トランクスタイプのパンツだと動きにくいですし、
少しでも無理なプレーをすれば破れる可能性が大です。

またボクサーパンツは動きやすいんですけど、
生地が薄いのでスライディングしたときに擦り傷が出来やすいんですよね。

プレーに集中するためにも余計な怪我をしないためにも、
スライディングパンツを履いておくのは転ばぬ先の杖になります。

今回は少年野球(ジュニア)スライディングパンツの種類と選び方
そしておすすめの少年野球(ジュニア)スライディングパンツをご紹介します。

パッド付きで生地が厚いスライディングパンツがおすすめです!

少年野球(ジュニア)スライディングパンツの履き方

まずはスライディングパンツの履き方です。

初めてのスライディングパンツは、
パンツの上から履くのか、それとも直で履くのか迷うよね〜

スライディングパンツは、直接履きます。

パンツの代わりにスライディングパンツを履く感じですね。

スライディングパンツの下にパンツを履くのはNGではありませんが、
トランクスなら動きにくいですし、ボクサーパンツは蒸れます。

基本的にスライディングパンツはパンツの代わりなので直接履きましょう!

最初は慣れませんが、徐々にフィットしていきます。

少年野球(ジュニア)スライディングパンツの種類

少年野球(ジュニア)スライディングパンツの種類は大きく分けて2つです。

・コンプレッション系タイプ

・ナイロン系タイプ

コンプレッション系のスライディングパンツは、
全体的にアンダーアーマーのようにピチっとしてるタイプ。

ナイロン系は普通の生地タイプで、
太もも部分はピチッとしますが股間部分はゆったりしてます。

あとはこの2つのタイプのなかに…、

・ファールカップ収納付き

・お尻や太もも部分にパッド付き

このような機能が付いてる感じですね。

コンプレッション系にもナイロン系にも、
ファールカップ収納付きタイプはあるよ!

スライディングパンツの丈の長さは太ももまでが主流です。

少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方

つづいて少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方を解説します。

・生地タイプ

・ファールカップ収納

・パッド(厚手)

・カラー

この4つのポイントで少年野球(ジュニア)スライディングパンツを選ぶのがポイントです。

生地タイプ

まず1つ目の少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方は生地タイプです。

生地タイプは「コンプレッション系」と「ナイロン系」があります。

初めてのスライディングパンツなら迷わずナイロン系がいいですね!

コンプレッション系は窮屈に感じると思いますし、
慣れないうちは履きにくいので普通のパンツに戻る可能も高いです。

これがコンプレッション系の良さなんですけどね!

ナイロン系のスライディングパンツにも慣れてきてから、
コンプレッション系のスライディングパンツに挑戦するのをおすすめします。

ファールカップ収納

つづいての少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方は、
ファールカップ収納の有無ですね。

「絶対にキャッチャーはやらせない!」

少年野球チームの監督からこんなことを言われてるなら、
ファールカップ収納が付いてないスライディングパンツでいいと思います。

でも、少年野球(ジュニア)は守備位置がコロコロ代わるのが一般的です。

明日からキャッチャーかぁ〜

いつキャッチャーを任されても良いように、
ファールカップ収納付きのスライディングパンツにしておきましょう!

ファールカップ収納が付いてるから動きにくいとか、
ちょっと金額が高くなるとか、そういうことは一切ありません。

ファールカップ収納付きスライディングパンツは、
オールポジションに対応する万能なスライディングパンツなんですよね!

ファールカップはこちらで解説してます。

パッド(厚手)

つづいての少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方はパッド(厚手)

少年野球(ジュニア)でスライディングパンツを履く大きな目的は2つあります。

①動きやすくする。

②擦り傷を作らない。

パッドは擦り傷を作らせないための重要なポイントです。

「パッドが付いてないなら普通のパンツと一緒」
こんなスライディングパンツもよくあります。

少年野球(ジュニア)では上手くスライディングできない場合が多く、
擦り傷を作りやすいのでパッド付スライディングパンツを選ぶのをおすすめしてます。

デザイン&カラー

最後4つ目の少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方はデザイン&カラーです。

スライディングパンツは人に見せるものではありませんが、
アンダーシャツを着替えるときにチラリと見えます。

ダサいと周りからイヤな一言を言われるかもしれないので、
誰かに見られても恥ずかしくないデザインを選ぶといいですね!

また、カラーは黒系にしておきましょう!

スライディングパンツはユニフォームの下に履いてますが、
少年野球の練習でも少しずつ汚れていきます。

白のスライディングパンツだと汚れが目立つので、迷わず黒を選ぶといいですね!

洗濯も少しはラクになるよ!

少年野球(ジュニア)におすすめのスライディングパンツ

それではおすすめの少年野球(ジュニア)スライディングパンツです。

・コンプレッション系タイプ

・ナイロン系タイプ

この2タイプの生地に分けて「ファールカップ収納付き」で「パッド付き(厚手)」で、
カラーに黒があるもの」だけを4つ紹介します。

コンプレッション系タイプのスラパン

コンプレッション系タイプのスライディングパンツで、
少年野球(ジュニア)におすすめなのはアンダーアーマーデサントです。


アンダーアーマーは「125cm~165cm」、デサントは「130cm~160cm」に対応。

アンダーアーマーはコンプレッション系を日本に持ち込んだメーカーなので、
コンプレッション系の素材、機能性は間違いありません。

お腹のゴムの部分が黄色なのは、
アンダーアーマーっぽくていいですよね。

コンプレッションのスラパンと決めてるなら、アンダーアーマーでしょう!

デサントの少年野球(ジュニア)スライディングパンツは、
コンプレッション系なのにパッド(厚手)が厚めなのが特徴です。

コンプレッション系はどうしてもパッドが薄くなるけど、
デサントはしっかりしてるんだよね!

「コンプレッション系が良いんだけど、薄いから破れそうだし、擦り傷できそう…。」

そんな不安をお持ちならデサントをおすすめします!

※アンダーアーマーもデサントも「ファールカップ収納付き」で「パッド付き(厚手)」です。

ナイロン系タイプのスラパン

ナイロン系タイプのスライディングパンツで、
少年野球(ジュニア)におすすめなのはゼットアシックスです。


ゼットは「130cm~160cm」、アシックスは「120cm~160cm」に対応。

ゼットの少年野球(ジュニア)スライディングパンツの特徴はパッド(厚手)。

4つの中で一番ぶ厚いパッドがスラパンに付いてるので、
とにかく擦り傷を防ぎたい人には最適です。

パッドが厚くても、動きにくいとかはありません!

アシックスの少年野球(ジュニア)スライディングパンツの特徴はサイズです。

アシックスは「120cm」から対応してるスラパンがあるので、
まだ成長途中の子どもでもスライディングパンツを履けます。

この辺りは、さすがの老舗メーカーだよね!

もちろん、機能性も問題ありません!

安心安全の老舗の日本メーカーが良い人は、アシックスでしょう!

※ゼットもアシックスも「ファールカップ収納付き」で「パッド付き(厚手)」です。
アシックスの120cm〜130cmにはファールカップ収納が付いてません。

スライディングするならスラパンを履こう!

少年野球(ジュニア)スライディングパンツの選び方を解説しました。

スライディングをするならスラパンを履いたほうがいいですね!

スライディングって意外と擦り傷を作りやすしですし、
普通のパンツとスラパンでは動きやすさが全然違います。

転ばぬ先の杖としてスライディングパンツを履きましょう!

少年野球(ジュニア)スライディングパンツには様々な種類があるので、
子どもに合うスラパンを選んであげたいですね!

初めての少年野球(ジュニア)スライディングパンツなら、

・ナイロン系

・ファールカップ収納付き

・パッド付き(厚手)

・ベース色はブラック

こちらをクリアしてるスラパンを選ぶのがおすすめです。

このタイプの少年野球(ジュニア)スライディングパンツを1つ持っておくだけで、
オールポジション対応できますし、擦り傷を作りにくいですし、洗濯も少しはラクです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る