野球スポーツマスクの選び方とおすすめのマスク3選(少年野球対応)

「野球のスポーツマスクの選び方を知りたい!」

「野球におすすめのスポーツマスクはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球スポーツマスクについてお話します。

コロナ禍で野球の練習や試合でも極力マスクをつけたほうがいいんですけど、
息苦しかったり、ズレたり、耳のうしろが痛くなったりするのはイヤです。

違和感のないスポーツマスクで、
プレーに集中したいところです。

 

本記事では野球スポーツマスクを選ぶときのポイント、
そして野球におすすめのスポーツマスクを紹介します。

ご自身やお子さんに合う最適なスポーツマスクを選んで、
コロナ対策をしつつ、いつも通り思いっきり野球をしましょう!

〜先に結論を知りたい方へ〜

先に結論を知りたい方のために、イチオシの野球のスポーツマスクをお話します。

一番のおすすめはマクダビッドです。

ザムストのスポーツマスクは、ほぼパーフェクト。

耳の後ろは痛くなりませんし、ズレにくいのでプレーに集中できますし、
洗濯もできますし、UVカットもしてくれるので日焼けからも守ってくれます。

野球スポーツマスクの選び方

野球スポーツマスクの選び方です。

この6つのポイントで野球スポーツマスクを選べば、
ご自身やお子さんに合うオリジナルワンが見つかります。

呼吸しにくくないか?

1つ目の野球スポーツマスクの選び方は、呼吸がしにくくないかどうかです。

野球スポーツマスクで一番のポイントはここだね。

 

スリーベースヒットやランニングホームランを打った時、
守備時のランダウンプレーや外野に長打を打たれた時など。

全速力のあとにスポーツマスクが呼吸しにくかったら息を戻すのが大変ですし、
外して呼吸をしないといけないならスポーツマスクをつけてる意味がなくなります。

野球用スポーツマスクを選ぶときには、まず呼吸がしにくくないか確認しましょう。

ズレにくくないか?

野球スポーツマスクの2つ目の選び方は、ズレにくくないかです。

三遊間の深いゴロをショートがダイビングキャッチして、
1塁に投げようとしたらスポーツマスクがズレて目隠し状態になり、投げれなかった。

キャッチャーがピッチャーのワンバンド投球をブロッキングして、
上手く前で止めたんだけどスポーツマスクがズレて目隠し状態になり、ランナーに進塁された。

大切な試合だったら笑えません。

 

ガチガチに固定できる必要はありませんが、
ある程度ハードなプレーをしてもズレない野球スポーツマスクを選びましょう!

耳のうしろが痛くならないか?

つづいての野球スポーツマスクの選び方は、耳のうしろが痛くならないかです。

これは耳のうしろだけの話ではないんですけど、
スポーツマスクをつけてて顔の一部が痛くならないか確認します。

ちょっと痛いくらい大丈夫だと思うけど…

 

そう思うかもしれませんが、それは違います。

ちょっとした痛みが散漫なプレーにつながりますし、
最悪な場合、その散漫なプレーが原因で大きな怪我をする可能性もあるんです。

野球スポーツマスクを選ぶときには耳のうしろが痛くならないか、
顔に違和感がないのかをチェックします。

なるべく装着感のないスポーツマスクを選ぶのは大切です。

洗えるか?

野球スポーツマスクの4つ目の選び方は、洗えるかどうかです。

洗濯不可の野球スポーツマスクは滅多にないんですが、ちゃんと確認しましょう!

万が一、洗えない野球スポーツマスクだったら臭くなりますし、
不衛生ですし、何枚も用意する必要があります。

季節に適した素材になってるか?

つぎの野球スポーツマスクの選び方、季節に適した素材になってるかどうかです。

夏:UVカット、涼しい素材、メッシュ

冬:暖かい素材、首元まである形式、フリース

スポーツマスクには季節に適した素材があります。

 

使いたいシーズンに最適な素材を採用してるスポーツマスクを選びましょう。

少年野球におすすめのユニフォームパンツはこちらで紹介してます。

サイズ

最後5つ目の野球スポーツマスクの選び方はサイズです。

ちゃんと自分に合うサイズを選ばないと、
どれだけ機能的でズレなくて、痛くなくても効果が少なくなります。

野球スポーツマスクのサイズの計り方は、メーカーによって違います。

鼻筋から耳の中心までの長さ

鼻筋から首の付け根までの長さ

鼻の先端から耳たぶ下を経由して一周した長さ

いろいろなサイズの計り方があります。

野球スポーツマスクには様々なサイズがあるんだよね。

 

機能性や快適性を得るために、正しいサイズの野球スポーツマスクを装着しましょう。

野球におすすめのアームスリーブはこちらで紹介してます。

野球におすすめのスポーツマスク(少年野球対応)

野球におすすめのスポーツマスクです。

色んなメーカーのなか、この3メーカーを厳選しました。

少年野球(ジュニア)のスポーツマスクは、
各メーカーの「子ども用」や「XS/SM」、「SM/MD」が当てはまります。

ザムスト

1つ目の野球におすすめのスポーツマスクはザムストです。

ザムストのスポーツマスクは、ほぼ完璧です。

呼吸の快適性を第一優先にした設計なので息のしづらさはほぼないですし、
耳の部分には伸縮素材を採用してるので痛くもないし、ズレにくくなってます。

バレーの動きでもズレないってことは相当です。

 

ただ、メッシュ素材なのでコロナ対策が少し心配なのと、
肌に合う合わないがあるので、そこは注意が必要です。

「とにかく呼吸のしやすいスポーツマスクをつけたい!」

「軽いて付けてる感覚を忘れるようなスポーツマスクがいい!」

こんな風に思ってる人なら、ザムストのスポーツマスクでしょう。

(※サイズは2種類のみです)

野球におすすめのリストガードはこちらで紹介してます。

アンダーアーマー

つぎの野球におすすめのスポーツマスクはアンダーアーマーです。

アンダーアーマーのスポーツマスクも、ほぼ完璧です。

立体構造になってるので呼吸がしやすいですし、
鼻の部分のノーズブリッジが調整可能なのでフィット感も抜群。

フィルターは3重構造になってるのでコロナ対策も十分です。

おまけにUVカットもしてくれるよ。

 

ただ、ダイビングキャッチをしたり、ヘッドスライディングをしたら、
多少ズレてしまう設計にはなってます。

「普段も使えるスポーツマスクがいい!」

「野球の練習時に使えるスポーツマスクが欲しい!」

こんな風に思ってる人なら、アンダーアーマーのスポーツマスクですね。

(※サイズの計り方は鼻筋から耳の中心までの長さです)

野球アップシューズの選び方はこちらで解説してます。

マクダビッド

最後3つ目の野球におすすめのスポーツマスクはマクダビッドです。

ひょっとしたらマクダビッドはあまり聞いたこのないメーカーかもしれませんが、
野球のリストガードを販売してるメーカーです。

山田哲人選手のリストガードがマグダビッドです。

 

マクダビッドの野球スポーツマスクの特徴は、
少し呼吸がしづらいですけど他の部分は完璧なところです。

スポーツマスクを固定する方法が耳掛けタイプではなく、
2本ベルトの首と頭のうしろで固定するタイプなのでハードなプレーでもズレません。

また、口をカバーしてる範囲が大きいのでコロナ対策はバッチリですし、
UVカットもしてくれますし、もちろん洗濯はできます。

そして、嬉しいのがスポーツマスクを装着しながら飲料水を飲めるところ。

1度マクダビッドのスポーツマスクを付ければ、野球中は外さなくていいんです。

『野球に最適なスポーツマスクをつけたい!』

『メーカーよりも機能性でスポーツマスクを決めたい!』

こんな風に思ってる方なら、マクダビッドのスポーツマスクで決まりです。

(※サイズの計り方は鼻の先端から耳たぶ下を経由して一周した長さです)

野球におすすめのトレーニングシューズはこちらで紹介してます。

イチオシの野球スポーツマスク

野球スポーツマスクについてお話しました。

呼吸しにくくないか?

ズレにくくないか?

耳のうしろが痛くならないか?

洗えるか?

季節に適した素材になってるか?

サイズは合ってるか?

この6つのポイントで野球スポーツマスクを選べば、
自分に合う最適な野球スポーツマスクが見つかります。

イチオシはマクダビッドです。

少し呼吸のしにくさはあるものの、それ以外がパーフェクトです。

耳は痛くならないですし、コロナ対策はバッチリですし、
洗濯もできますし、UVカットもしてくれます。

おまけに装着しながら飲料水も飲めるのでイチオシです。

プレーの邪魔をしないスポーツマスクを装着して、
コロナ対策をしつつ、思いっきり野球をしましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る