野球用の肘サポーター(アームスリーブ)の選び方

「野球用の肘サポーター(アームスリーブ)って、どれが良い?」

「プロ野球選手が付けてるアームスリーブのメーカーは?」

「そもそもアームスリーブって、どんな効果があるの?」

こんな風に思ってるに向けて、
野球用の肘サポーター(アームスリーブ)の選び方を解説します。

プロ野球選手が愛用してるアームスリーブは、
カッコいいだけではなく機能性としても抜群!!

着脱がめちゃくちゃ簡単なのにサポート性は高いですし、
コンプレッション系アンダーシャツと同じ効果を得られますからね。

春〜秋の野球にアームスリーブはマストでしょう!

ただ、色んなメーカーのアームスリーブがあるので迷います…。

ということで本記事では7メーカーのアームスリーブを比較し、
それぞれの特徴機能性などをまとめています。

自分に合う最適なアームスリーブを見つけて、パフォーマンスを向上させましょう!

野球用の肘サポーターを付けるメリット

まずは野球用の肘サポーター(アームスリーブ)を付けるメリットからお話します。

・小さいエネルギーで力を発揮できる

・簡単に装着ができる

・高いサポート力がある

アームスリーブには3つのメリットがあるんです!

少ないエネルギーで力を発揮できる

まず1つ目は「少ないエネルギーで力を発揮できる」です。

アームスリーブを肘に装着すると締め付けられます。
つまり、テーピングと同じ効果を得られるんですよね。

小さいエネルギーでベストなパフォーマンスができます!

 

アンダーアーマーなどのコンプレッション系のアンダーシャツと同じ機能ですね。

小さなエネルギーでプレーに必要なパワーを発揮できるので、
疲労軽減になったり、怪我防止になったりします。

簡単に装着ができる

つぎが装着が簡単なところです。

コンプレッション系アンダーシャツと同じ機能なら、
アームスリーブじゃなくて良いんじゃ…?

 

そう思いますよね。

じゃあ、どうしてプロ野球選手たちはアームスリーブを付けるんでしょうか?

それは装着が簡単だからです!

コンプレッション系のアンダーシャツを着たことある人なら分かると思いますが、
身体に汗をかいてる状態だと着にくいですよね。

自分で着られないから「うしろ(背中)のほう引っ張って!」と頼む光景は、
コンプレッション系あるあるですw

 

また試合中にコンプレッション系のアンダーシャツに着替える時にはプレッシャーがかかります。

着替えがスムーズにできなくて守備につくのが遅くなったら、
めちゃくちゃ情けない気持ちになりますからね…。

でもアームスリーブなら腕だけなので装着が簡単ですし、ストレスも減ります!

コンプレッション系アンダーシャツよりも手軽に装着できるのは、
アンダーソックスの大きなメリットですね。

高いサポート力がある

最後3つ目は「サポート性が高い」です。

コンプレッション系のアンダーシャツと比べると、
アームスリーブの方が「サポート性が高い」です。

コンプレッション系のアンダーシャツの生地って薄いですよね

スライディングしたら一発で破れた経験あるよね。

 

でも、アームスリーブの生地は若干厚いので破れにくいんです。

また高いサポート性があるので、
コンプレッション系のアンダーシャツよりもパフォーマンスの向上にも繋がってます。

野球用の肘サポーターの選び方

それでは野球用の肘サポーター(アームスリーブ)の選び方です。

いろんなタイプがありますが、長めのコンプレッション系にしましょう!

・一部よりも肘全体をカバーする。

・コンプレッション系で肘に密着させる。

長めのコンプレッション系アームスリーブなら疲労軽減になりますし、
小さな力でも十分なパフォーマンスを発揮できるようになります。

実際にプロ野球選手もこのタイプをよく使ってます。

カバーできる範囲が多いほど、ケアできる部分も増えますからね!

 

ただ!

アームスリーブにはバスケットボール用バレーボール用もあるので、
購入するときには気をつけてください。

基本的には同じ作りなんですけど、どうせ選ぶなら野球用のほうが良いです!

野球用アームスリーブのメーカーを比較!

野球用アームスリーブを販売してるメーカー7社を比較しました。

・アンダーアーマー

・ファイテン

・マクダビット

・2XU (ツータイムズユー)

・エボシールド

・アディダス

・ミズノ

聞き馴染みのないメーカーも含まれてるかと思いますが、
どれも優秀なアームスリーブになってます。

なので、あとはアームスリーブに何を求めるかですね!

自分に合うオリジナルワンを見つけるために、7社をじっくり見ていきましょう!

アンダーアーマー

まずはアンダーアーマーのアームスリーブです。

「コンプレッション系」を日本に初めて持ち込んだアンダーアーマー。
そのアンダーアーマが出してるコンプレッション系のアームスリーブは鉄板です!

十分な長さもありますし、デザインも悪くはありません。

 

ただ、やっぱり高いです。
他のメーカーなら両手分を購入できる金額で、片手分しか買えませんから…。

アンダーアーマーで野球道具を揃えたい。

・アームスリーブを本気で使いたい。

こんな風に思ってる人はアンダーアーマーのアームスリーブですね!

逆に「試しに買ってみるか!」くらいなら、
別にアンダーアーマじゃなくても良いと思います。

ファイテン

次にファイテンのアームスリーブです。

「チタンネックレス」や「パワーテープ」など。
プレイヤーのパフォーマンスを向上させる商品が多いのがファイテン。

そんなファイテンのアームスリーブも、長めのコンプレッション系です。

そしてファイテンならではの特徴があります。

生地全体にアクアチタンが入ってるので、心身をリラックスさせる効果があるんだとか!

ファイテン愛好家なら、ファイテンのアームスリーブで決まりですね!

マクダビッド

3つ目はマクダビッドのアームスリーブです。

マクダビッド?どこそれ?」そう思う方もいますよね。

あまり有名ではないメーカーなんですけど、
バッターが手首に巻いてるサポーター(リストガード)を販売してる会社です。

プロ野球だと山田哲人選手とか、
高校野球でも手首に巻いてる打者が増えたよね。

 

そんなマクダビッドですが、実は最初の商品が「ヒザ用のサポーター」でした。

つまり、創業当時からサポーターに深く関わったということ。
ここが他のメーカーと大きく違う部分です。

サポーターの販売は後回しにするメーカーが多いですからね…。

 

名前をあまり聞かない「マクダビッド」ですが、サポーターの実力は本物!

・メーカーの知名度ではなく商品力を重視したい!

・本気のアームスリーブが欲しい。

本物を追求したい人なら、マクダビッドで決まりでしょう!

2XU(ツータイムズユー)

4つ目は、2XU(ツータイムズユー)のアームスリーブです。

「2XU(ツータイズユー)」もあまり聞き馴染みがないですよね。

プロ野球だと鳥谷敬選手がアンダーシャツを着てるよ。

 

決して有名ではないですがコンプレッション系には強く、
他ブランドの2倍のパワーを発揮し、軽くて柔軟性もあります!

・コンプレッション機能を重視したい。

・サポートよりもパフォーマンスの向上のために使いたい。

こんな風に思ってるなら、「2XU(ツータイズユー)」です。

逆にライトな感覚で使ってみたい人は金額が高いので、
別のアームスリーブのほうがいいと思います。

エボシールド

5つ目は、エボシールドのアームスリーブです。

エボシールドは、知ってる人は知ってると思います。

有名なメジャーリーガー、
プロ野球では柳田悠岐選手や鈴木誠也選手、岡本和真選手など
錚々たるメンバーが愛用してるメーカーです。

 

とくにエルボーガードが愛用されてます。

エボシールドのアームスリーブの特徴はデザイン。

アームスリーブの中には派手なデザインもあるんですけど、
エボシールドのデザインくらいが丁度いいです。

・オシャレに野球をしたい。

・エボシールドのエルボーガードを既に使ってる。

・機能面も大切だけどデザインにも拘りたい。

こんな方ならエボシールドのアームスリーブでしょう!

アディダス

6つ目は、アディダスのアームスリーブです。

アディダスのアームスリーブもカッコいい!

ワンポイントでアディダスは最高にかっこいい!

 

金額もお手頃なのが嬉しいポイント!

またコンプレッション系ではなくニット系の素材なので、
リストバンドの代わりにもなります。

・サポーター機能だけでなく、リストバンドの代わりにもしたい!

・他の人とカブらないデザインのアームスリーブが良い!

ユニフォームのワンポイントにしつつ、
アームスリーブを着用したいならアディダスで決まりです。

ミズノ

最後7つ目は、ミズノのアームスリーブです。

イチロー選手が愛した「ミズノ」。

そんなミズノのアームスリーブは野球に特化してるのが特徴です。

今までの3つは野球専用ではありません。

 

「ミズノ」のアームスリーブは、
スローイングの負担を減らすために肘や肩をサポートしてくれます。

まさに野球選手のために作られた商品!

・ちょっと試しにアームスリーブを着けてみるか!

・野球道具はミズノでしょ!と思ってる方

・日本のメーカーが安心する方。

こんな人ならミズノです!

勝手にランキング

野球用の肘サポーター(アームスリーブ)の選び方と7つのメーカーを比較しました。

野球用の肘サポーターを選ぶときには、長めのコンプレッション系にしましょう!

・一部よりも肘全体をカバーする。

・コンプレッション系で肘に密着させる。

この2つのメリットがあることで疲労軽減や怪我防止しつつ、
小さな力で力を発揮できるアームスリーブの機能性を最大限にできます。

今回ご紹介した7つのメーカーのアームスリーブはどれも優秀ですが、
独断と偏見で勝手にランキングをつけましたので、最後にご紹介します。

1位:マクダビッド

 

2位:2XU(ツータイズユー)

 

3位:ミズノ

「マクダビッド」を1位にした理由は、トータル的なバランスが1番だからです。

疲労軽減や怪我防止をしつつ、パフォーマンスを向上させてくれ、
金額もそこまで高くありません。

また、サポーター1つで会社を大きくしたのは抜群のサポーター力があるからですし、
マクダビットは山田哲人選手にも愛用してます。

初めてのアームスリーブや失敗しなくないなら、マグダビッドでしょう!

2位の「2XU(ツータイズユー)」は7メーカーのなかでコンプレッション系に強いです。

怪我防止や疲労軽減ではなくパフォーマンス向上を一番の目的にするなら、
「2XU(ツータイズユー)」の他に選択肢はありません。

3位の「ミズノ」は安心安全の日本メーカーですし、
7メーカーのなかで唯一の野球専用のアームスリーブです。

海外メーカーはちょっと怖い人なら、ミズノで決まりです。

自分に合うアームスリーブを見つけて、最高のプレーをしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る