少年野球の硬式用エルボーガード

「硬式の少年野球のエルボーガードって、どう選べばいい?」

「おすすめの硬式野球のジュニア用エルボーガードはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さんお母さんに向けて、
硬式の少年野球のエルボーガードの選び方を解説します。

少年野球の球速でも硬球が身体に当たれば痛いですし、
当たり所が悪ければ大きな怪我につながってしまいます。

身体に石をぶつけられるようなものですからね…。

 

とくにヒジや腕に硬球が当たると痺れて一定の時間ボールを投げられなかったり、
下手したら1週間くらい投げるのが難しくなったりします。

そんなリスクを防いでくれるのが硬式用のエルボーガードです。

本記事では少年野球の硬式用エルボーガードの種類や選び方、
そしておすすすめのエルボーガードを紹介
していきます。

少年野球でも硬式用エルボーガードを装着し、守れるところをしっかりと守り、
お子さんに思い切ってバッティングをしてもらいましょう!

【少年野球】硬式用エルボーガードの種類

少年野球の硬式用エルボーガードには、大きく分けて2種類があります。

・ヒジと腕をガードするタイプ

・ヒジだけをガードするタイプ

少年野球の硬式用エルボーガードの形状は、この2タイプです。

また、素材は「硬いタイプ」と「ソフトタイプ」の2種類あります。

硬いタイプのエルボーガードはしっかりと衝撃を防いでくれますが、
少し重たく装着してるときに違和感があるので、慣れるまでに少し時間がかかります。

ヒジにエルボーガードを付けてる感がすごいんだよね。

 

一方、ソフトタイプは硬いタイプよりは衝撃を受けますが、
腫れたり、青あざになったりするようなレベルにはなりません。

全体的に軽いですし、装着してる感もそこまでないので、
バッティングするときに違和感が少ないのが特徴です。

【少年野球】初めての硬式用エルボーガードの選び方

硬式用エルボーガードの選び方

それでは少年野球の初めての硬式用エルボーガードの選び方です。

少年野球の硬式用エルボーガードはサイズが小さいので、
使えても中学生までがギリギリになります。

ジュニア用を高校生が装着しても、
ヒジや腕を守れないんだよね。

 

小学生〜中学生までしか使えない期間限定の硬式用エルボーガードになるので、
それを踏まえて選ぶといいですね!

守れる範囲

まず1つ目の少年野球の硬式用エルボーガードの選び方は、守れる範囲です。

・ヒジと腕をガードするタイプ

・ヒジだけをガードするタイプ

少年野球の硬式用エルボーガードには守れる範囲がこの2種類あります。

「ヒジと腕の両方を絶対に守りたい!」

このように思ってるならヒジ&腕をガードするタイプのほうがいいですが、
エルボーガードを初めて装着する場合、このタイプは慣れるまでに時間がかかります。

右バッターなら左腕、左バッターなら右腕にエルボーガードを装着したときに、
それぞれのヒジや腕に違和感があり、いつも通りのスイングをしにくいんです。

ひょっとしたら慣れてる間に、
少年野球の期間が終わってしまうかもしれません。

 

一方でヒジだけのタイプならヒジ&腕のタイプよりも違和感は少なくなります。

おすすめは小学生〜中学生まではヒジだけタイプにしておいて、
まずはエルボーガードに1日でも早く慣れて、バッティングに集中することです。

そうすれば高校野球になったときに、ヒジと腕を守れるタイプを違和感なく装着できます。

小学生〜中学生までは、
エルボーガードに慣れる期間にするイメージです。

 

守れる範囲が大きければ大きいほど良いというわけではなく、
バッティングにどのくらい影響を与えそうなのかもポイントです。

素材

つづいての少年野球の硬式用エルボーガードの選び方は、素材です。

・硬い素材

・ソフトな素材

少年野球の硬式用エルボーガードの素材はこの2種類ですが、
圧倒的にソフトタイプがおすすめです!

硬い素材のほうがボールの衝撃を受けないのは間違いないんですけど、
ソフトタイプでもヒジと腕をしっかりと守ってくれます。

また、プロ野球やメジャーリーグでもエルボーガードの主流はソフトタイプですし、
硬いタイプよりも断然軽いのでバッティングへの影響も少ないんです。

大谷翔平選手もソフトタイプだよね!

 

少年野球で初めての硬式用エルボーガードを選ぶなら、
ソフトタイプのヒジだけをバーするタイプをおすすめします。

「有名なメーカーのエルボーガードだから、これで良いのかな?」

間違ってもこんな風には選ばないようにしましょう。

いくら有名なメーカーの硬式用エルボーガードでも、
装着したときに違和感があれば、お子さんは装着しなくなります。

守れる範囲の大きさやメーカー名も選ぶときの大切なポイントですが、
1番重要なポイントはお子さんが違和感なく硬式用エルボーガードを装着できることです。

お子さんに合う硬式用エルボーガードを選びましょう!

少年野球におすすめのバッティング手袋はこちらで紹介してます。

【少年野球】おすすめの硬式用エルボーガード

それでは少年野球におすすめの硬式用エルボーガードを4つ紹介します。

ヒジだけをガードするソフトタイプ

ヒジだけをガードする硬めタイプ

・ヒジと腕を両方ガードするソフトタイプ

この3つのタイプでおすすめの硬式用エルボーガードを紹介していきます。

ローリングス

1つ目の少年野球におすすめの硬式用エルボーガードはローリングスです。


ローリングスのエルボーガードはヒジだけをカバーするソフトタイプなので
初めてのエルボーガードでも違和感はかなり少ないです。

また、ヒジだけカバーできるエルボーガードは小さすぎる場合が多いんですけど、
ローリングスのエルボーガードのサイズは大きめになってます。

デザインもおしゃれ!

 

「初めてのエルボーガードだし、早く慣れさせてあげたい!」

「ソフト素材でヒジだけタイプが良いけど、守れる範囲は広いほうがいい!」

こんな風に思ってるなら、ローリングスのエルボーガードでしょう。

個人的に1番おすすめの少年野球の硬式用エルボーガードです。

ミズノ

つぎの少年野球におすすめの硬式用エルボーガードはミズノです。


ミズノのエルボーガードもヒジだけをカバーするタイプですが、
素材は硬いタイプになってます。

素材が硬いタイプのエルボーガードなので慣れるまでに時間はかかりますが、
ソフトタイプよりもボールが当たったときの衝撃は少ないです。

サイズが小さいので軽いです!

 

「ソフトタイプだとボールの衝撃が大きいんじゃ…。」

「当たったか分からないくらいの防御力が高いエルボーガードがいい!」

「ソフトタイプは、やっぱり不安。」

そんな風に思ってる方なら、ミズノのエルボーガードがいいですね!

アシックス

3つ目の少年野球におすすめの硬式用エルボーガードはアシックスです。


アシックスのエルボーガードはヒジと腕の両方をカバーするタイプで、
素材はソフト系のハードタイプになってます。

外側がソフトで、中がハードってことだよ!

 

ヒジも腕も絶対にカバーしたい人にはおすすめです。

ただ、残念なところは装着がめんどうなところ。

ヒジだけカバーするタイプはマジックテープ1つですが、
アシックスのヒジ&腕をカバーするタイプはマジックテープが2つあります。

たった1つのマジックテープの差なんですけど、
試合のときは地味にイヤになるんですよね。

 

守備が終わってからすぐの打席だと時間がないので、早く装着できる練習をしましょう!

「ヒジと腕は確実に守りたい!」

「高校生からヒジ&腕タイプにするなら、今から慣れさせておきたい!」

こんな風に思ってるなら、アシックスのエルボーガードが最適です。

ザナックス

最後の少年野球におすすめの硬式用エルボーガードはザナックスです。


ザナックスのエルボーガードもヒジと腕の両方をカバーするタイプで、
素材はソフト系のハードタイプになってます。

ザナックスは、アシックスよりもゴツくないのが大きな特徴です。

アシックスだけでなく他のメーカーもヒジ&腕のエルボーガードは、
ゴツくなりがちでバッティングのときに最初はかなりの違和感があります。

その点、ザナックスは軽量タイプなので、そこまでの違和感はないんです。

マジックテープは2つだから装着はめんどくさいよ。

 

「ヒジも腕も絶対に守りたい!」

「ヒジも腕も守りたいけど、なるべく軽いやつが良い!」

そんな風に思ってるなら、ザナックスのエルボーガードをおすすめします。

リストガードはこちらで紹介してます。

エルボーガードは装着のしやすさも大切!

少年野球で初めての硬式用エルボーガードの選び方を解説しました。

・ヒジと腕をガードするタイプ

・ヒジだけをガードするタイプ

硬式用エルボーガードにはこの2タイプがありますが、
初めて装着するならヒジだけを守るソフト系素材のエルボーガードがおすすめです。

このタイプなら初めてのエルボーガードでも違和感が少ないので、
慣れるまでに時間はかからないと思います。

また、エルボーガードは装着のしやすさも大切です。

日本プロ野球やメジャーリーグなら守備から攻撃に切り替わるとき、
時間があるのでエルボーガードをゆったりと装着できます。

でも、小学野球の場合には審判からのプレッシャーがあるので、
悠長にエルボーガードを準備してる時間はありません。

ここにマジックテープ1つの差がでてくるので、装着のしやすさも大切にしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る