少年野球(ジュニア)サングラスの選び方

「少年野球用のサングラスの選び方を知りたい!」

「ジュニア用のおすすめのスポーツサングラスはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球(ジュニア)のサングラスについてお話します。

紫外線の強い日の練習は皮膚だけではなく、目も守ったほうがいいです。

「子どもだし、まだ少年野球だし…」と思いがちですが、
紫外線は白内障や翼状片の原因になります。

一気に白内障や翼状片になるわけではありませんが、
目のケアをしておかないと若年層から症状が出てしまう可能性があるんです。

お子さんの目を守るために、
少年野球からサングラスを装着しましょう!

 

本記事では少年野球のサングラスの規定とジュニア向けサングラスの選び方、
そして規定をクリアしてるおすすめのジュニア用サングラスを3つ紹介します。

お子さんに合うサングラスを見つけて、目を守り、思いっきり野球をしてもらいましょう!

〜最初に結論を知りたい方へ〜

最初に結論を知りたい方のために、
イチオシの少年野球のサングラスを先にお話します。

一番のおすすめはナイキです。

サングラスの質は完全にオークリーですが、子どもは壊す可能性がありますよね。

そうなると少し高めのオークリーだとショックが大きいです。

一方でナイキはオークリーより質は劣りますが、
軽くて紫外線カット率が高いので、金額を含めると一番良いかなと思います。

少年野球のサングラスの規定をチェック

少年野球のサングラスの規定からお話します。

少年野球ではサングラスの装着はOKです。

公益財団法人「全日本軟式野球連盟」がサングラスの装着許可を明言してます。

サングラスは、大会本部の承認なしに使用できる。

意外と知られてないんですが、
規定では2017年からサングラスの許可はされてるんです。

しかも2016年まではミラーレンズ(太陽の光を反射するレンズ)は禁止でしたが、
2017年からミラーレンズ禁止の文言も規定からは外れてます。

つまり、規定ではサングラスの細かいルールは設定されてないんです。

ただ!

所属するチーム地方連盟ではサングラスを禁止にしてるケースがあります。

地方連盟が禁止してるケースはほぼ0だけど、
所属チームの方針でサングラス禁止は多々あるよ。

 

サングラスを購入するまえに監督やコーチに話を聞いておくといいですね!

少年野球のサングラスの選び方

それでは少年野球のサングラスの選び方です。

この3つのポイントで選べば、目を守ってくれつつ、
お子さんも気に入ってくれるサングラスが見つかります。

素材

まず1つ目の少年野球サングラスの選び方は素材です。

・レンズが割れにくい

・フレームが折れにくい

この2つのポイントをチェックするといいですね。

野球少年は元気一杯なので簡易なものだとすぐに壊れますし、
万が一、ボールがサングラスに当たってレンズが割れたら目に危険が及びます。

レンズの割れにくさ、フレームの丈夫さは必ずチェックしたいですね。

紫外線カット率

つづいての少年野球サングラスの選び方は紫外線カット率です。

サングラスによって紫外線をカットできる割合は違うので、
できるだけ目に優しいサングラスを選びたいですね。

少年野球でサングラスを装着する目的は、紫外線カットがメインになりますからね。

デザインを気にするのは、機能性をチェックしてからです!

デザイン

最後3つ目の少年野球サングラスの選び方はデザインです。

あまりにもカッコ悪いと装着してくれませんし、
派手すぎると恥ずかしがってサングラスを付けてくれません。

①壊れにくい形状

②紫外線カット

この2つをクリアしてるサングラスの中から、
子どもにデザインを選んでもらうといいですね!

そうすればサングラスの目的を果たしつつ、子どもも喜んで装着してくれます。

少年野球の規定をクリアしてるおすすめのサングラス

少年野球の規定をクリアしてるおすすめのサングラスです。

この3メーカーのジュニア用サングラスを厳選しました。

ローリングス

1つ目の少年野球の規定をクリアしたおすすめサングラスは、ローリングス

ローリングスのサングラスは少年野球での定番です。

ローリングスのジュニア用サングラスの特徴は、
紫外線対策がバッチリというところ!

地面からの反射光を取り除いたり、UVA&UVBを100%カットしてたりと、
いろんな角度から目に優しいのがローリングスのジュニア用サングラスです。

レンズの強度も高いので、粉々になることはありません。

 

『サングラスをつけさせるなら、とにかく機能性を重視!』

こんな風にとにかく目を守りたいなら、ローリングスのサングラスです。
(※若干、サイズが大きめなのでお気をつけください)

ナイキ

つぎの少年野球の規定をクリアしたおすすめサングラスは、ナイキです。

世界的なスポーツメーカーのナイキのジュニア用サングラスは、
軽さが大きな特徴です。

とにかく軽くて、しかもアジア人の顔に合わせてあります。

それなら海外メーカーでも安心だね!

 

また、UVA &UVBを100%カットしてます。

『紫外線から目を守りつつ、軽さも重視したい!』

こんな風に付け心地を重視するなら、ナイキの少年野球用のサングラスで決まりです。

オークリー

最後3つ目の少年野球の規定をクリアしたおすすめサングラスは、オークリーです。

スポーツ用サングラスの権化であるオークリー。

オークリーのジュニア用サングラスの特徴は、強度がかなり強いところです。

長く使えるのがブランドの証だよね〜

 

また、サングラスってボールが見えにくくなるイメージがあると思いますが、
オークリーのサングラスは逆に見えやすくなります。

太陽の光、紫外線などを抑えつつ、
クリアに見えるのがオークリーサングラスです。

ちょっと値段は高いですが、品質は間違いありません。

 

『強度が高くて、ボールを見やすいサングラスが良い!』

こんな風に野球用サングラスの本質を求めるなら、オークリーです。

メガネ用ストッパー

少年野球でサングラスを装着するときにはメガネ用ストッパーはあったほうがいいです。

野球の練習中にサングラスが外れたら怪我する可能性がありますし、
プレー中にズレたら気が散ってエラーをしてしまいます。

このリスクをなくしてくれるのがメガネ用ストッパーです。

メガネ用ストッパーは耳のうしろでサングラスを固定してくれるので、
サングラスが外れたり、ズレたりする可能性を極限まで下げてくれます。

何かあってからでは遅いので、メガネ用ストッパーはつけたいですね。

メガネ用ストッパーは消耗品なので、まとめ買いがおすすめです。

イチオシのジュニア向けサングラス

少年野球(ジュニア)サングラスの選び方を解説しました。

・割れにくい素材

・紫外線カット

・カッコ良い

この3つのポイントで選べばお子さんに合うジュニア向けサングラスが見つかります。

ご紹介した3つの少年野球サングラスはどれも優秀ですし、特徴がありますが、
個人的なイチオシはナイキのジュニア向けサングラスです。

サングラスの質だけで言えば完全にオークリーです。

ですが、ちょっと高めなのとお子さんが壊す可能性もあるので、
トータル的に考えるとナイキが一番良いかなと思います。

紫外線カットしてくれて、とにかく軽いので、プレー中も気になりません。

目も肩やヒジと同様に消耗品です。

目が悪くなったら野球をする上で不利になるので、
サングラスを装着して少年野球の時期から目を守りましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る