少年野球(ジュニア)のアイシングセットの選び方

少年野球でアイシングはいるの?

結論から言うと、練習量によって変わってきます。

超ハードな練習をしたり何球もボールを投げたりしたらアイシングすべきですし、
もし、そこまで練習をしてないならアイシングの必要はありません。

時と場合にとってアイシングは判断したほうがいいですね!

ただ、アイシングをするときにはいくつか注意点があるので、
正しいアイシングの仕方で身体のケアをしましょう!

少年野球にアイシングは必要なのか?

少年野球のアイシングの必要性について、いろんな意見がありますよね。

血行が悪くなるから自然治癒のほうがいい!

炎症を起こしてるから、冷やしたほうがいい!

個人的にはどっちも合ってると思ってて、
大切なのは「どこまで炎症を起こしてるのか?」なんですよね。

たとえばブルペンで30球くらいしか投げてないなら、
そこまで肩やヒジは炎症してないので自然治癒で十分です。

逆に70球以上投げたならアイシングしたほうがいいと思います。

ただ、翌日にそこまで投げないとか1週間くらい間が空くとか、
肩やヒジを酷使した後に十分な休養を取れるならアイシングの必要性は少なくなります。

アイシングは炎症を起こした箇所の熱をとり、
肩やヒジを通常モードにさせ、回復を早くするための手段です。

休養時間が十分になるなら、無理してアイシングする必要はありません。

・何球投げたのか?(※肩やヒジをどのくらい使ったか?)

・投げたあとの休養はどのくらいあるのか?

この2つで少年野球でアイシングが必要かどうかを判断するといいですね!

少年野球の正しいアイシングの仕方

少年野球の正しいアイシングの仕方

少年野球の正しいアイシングの仕方を解説します。

アイシングするかどうか?

まずアイシングするかどうかですが、前述の方法で判断します。

・何球投げたのか?(※肩やヒジをどのくらい使ったか?)

・投げたあとの休養はどのくらいあるのか?

そこまでボールを投げてないならアイシングは必要ないですし、
試合で70球以上投げたとか、練習で投げ込みをしたならアイシングしましょう!

とくに明日も投げる場合はしたほうがいいですね!

ただ、翌日がノースローだったり十分な休養があったりするなら、
アイシングはマストではありません。

肩やヒジの疲労度と休養時間のバランスで判断するといいですね!

アイシングするタイミング

アイシングするタイミングは、軽いキャッチボールをしたあとですね。

試合で投げて軽くキャッチボールしてからアイシング、
ブルペンで投げ込みをして軽いキャッチボールをしてからアイシング。

このタイミングですね。

アイシングする場所

アイシングする場所は、基本的にヒジです。

・氷のう

・アイシングセット

この2つを使って、肩とヒジをアイシングします。

ボールが当たったとかならビニール袋に氷と水をいれて、
該当場所に直接当てて冷やせばOKです。

ほんとは氷のうのほうがいいけどね!
低温やけどの可能性がないから。

でもボールを投げすぎたとかヒザを酷使したとかなら、
ちゃんとアイシング専用のサポーターと氷のうを使ったほうがいいです。

確実に熱を取りたい箇所に氷のうを当てられますし、安定感も抜群ですからね!

アイシングする時間

アイシングする時間は、10分〜20分以内にします。

「肩やヒジを十分に冷やさないといけない!

こんな風にアイシングを誤解してる人が割と多いんですけど、
アイシングの目的は肩やヒジを冷やすことではありません!

炎症を起こしてるであろう肩やヒジの熱を冷ましてあげることです。

過剰な冷やしすぎは、逆に回復が遅くなります。

10分〜20分くらい肩やヒジを通常モードに戻すイメージでアイシングしましょう!

アイシングしたあとは軽いストレッチ

アイシングしたあとは軽いストレッチをしましょう!

アイシングで肩やヒジを通常モードに戻せても、やっぱり冷えてます。

冷えてると回復しにくいので、
肩やヒジ、肩甲骨まわりを軽くストレッチするといいですね!

アップ時にしてるストレッチを5〜6割くらいの強度で行うのがおすすめです。

少年野球のプロテインについてはこちらで解説してます。

少年野球におすすめのアイシングセット

少年野球におすすめのアイシングセットをご紹介します

ジュニア用・肩のアイシングサポーター

肩だけをケアしたいなら、おすすめの少年野球アイシングセットはこちらです。

 

ザムストは聞き馴染みのないメーカーだと思いますが、
医療メーカーで、しかも整形外科の製品に特化してます。

アイシングサポーターだけじゃなく、
色んなサポーターを作ってるメーカーなんだよね!

また、アイシングサポーターと氷のうが付いてるので、
これさえ購入しておけばアイシングができるんですよね!

ジュニア用・肩ヒジのアイシングサポーター

肩もヒジもアイシングしたいなら、おすすめの少年野球アイシングセットはこちらです。

 

エスエスケーは野球用品メーカーでお馴染みですよね!

エスエスケーのアイシングセットは、氷のうではなくアイスパックで冷やします。

氷のうだと「氷と水を入れて、少し溶かして〜」と
工程がありますが、アイスパックは冷やしておくだけです!
かなり便利です!

アイシングサポーターとアイスパックは付いてるので、
こちらのアイシングセットも購入したらすぐに使えます。

キャッチャーのアイシング方法はこちらで解説してます。

正しい方法でケアしよう!

少年野球のアイシングの仕方を解説しました。

少年野球のアイシングはハードな練習をしたら必要ですし、
そこまで肩やヒジを酷使してないなら必要ありません。

肩やヒジをどのくらい使ったのか、その後の休養はどのくらいあるか。

少年野球ならこれを判断基準にしたほうがいいですね!

正しい方法でケアしてあげましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る