涼しくて機能的な半袖アンダーシャツ

野球用の半袖アンダーシャツはどれがいいの?
涼しくて機能的なアンダーシャツが良いんだけど…。

こんな風に迷ってる方に向けて、おすすめの半袖アンダーシャツを6つ紹介していきます。

涼しくて機能的な半袖アンダーシャツといえば、コンプレッション系です!

勝手にランキングベスト3を決めてるので、ぜひそちらもご参考にどうぞ。

涼しくて機能的な野球の半袖アンダーシャツ!

日本の夏は1年また1年と暑くなってきてます。
だからこそ、涼しくて機能的な半袖アンダーシャツを着たいですよね。

じゃあ、涼しくて機能的な野球の半袖アンダーシャツはどんなものなのか?

・コンプレッション系(涼しい)

・メーカーの作り方(機能的)

この2つがポイントになってきます。

涼しさを求めるなら「コンプレッション系」はマストですし、
機能的な要素を大切にしたいならメーカーの「作り方」に注目が必要です。

今回はその辺の話を含めながら、
6つのメーカーの半袖アンダーシャツを紹介します。

野球用ノースリーブアンダーシャツはこちらでお話してます。

涼しくて機能的な野球の半袖アンダーシャツ6選

それでは涼しくて機能的な野球の半袖アンダーシャツを厳選して6つ紹介します。

アンダーアーマー

 

まず1つ目はアンダーアーマーです。
これは鉄板でしょう!

むしろ鉄板すぎて、他の選手とカブりたくないから敬遠されがちにもなってるレベルです。

アンダーアーマーの何が凄いって、
日本に初めてコンプレッション系のアンダーシャツを持ち込んだことです。

コンプレッション系アンダーシャツの老舗、
いや大御所みたいなものなんです。

アンダーアーマーのコンプレッション系には「夏用」と「冬用」があります。

・ヒートギア(夏用)

・コールドギア(冬用)

細かい種類はたくさんあるんですけど、大まかにいうとこんな感じです。

なのでアンダーアーマーで半袖アンダーシャツを選ぶなら、
ヒートギア(夏用)を夏用を選びましょう!

汗を吸ってくれつつ、通気性も抜群なのでおすすめです!

デサント

 

つぎがデサント

野球道具でデサントって、あんまりイメージないかなぁ〜とは思います。
グローブもバットも他のメーカーが多いですからね…。

でもデサントのアンダーシャツは良いものが多いんですよね!
なのでアンダーシャツに拘りがある人って、意外とデサントが多かったりします。

またデサントのアンダーシャツの何が凄いって、
あの大谷翔平選手と共同開発してるものがあるんですよ!

これはもう間違いありません!

コンプレッション系って涼しくてテーピング的な機能があるので動きやすいんですけど、
慣れない人にはどこか窮屈だったりします。

それを大谷翔平選手と共同で考えた作り方で克服しています。
肩の突っ張りがなくなる作り方なので、とくにピッチャーにはおすすめです!

ただ!

デサントのすべてのアンダーシャツが大谷翔平選手との共同開発ではありません。
RELUXlFIT SHIRT」だけがそうなので気をつけてくださいね。

ミズノ

 

3つ目がミズノです。
言わずと知れたメーカーですよね。

ミズノの半袖アンダーシャツの特徴は、よく伸びるところです。

コンプレッション系のアンダーシャツを着たことある人なら分かると思うんですけど、
汗を少しでもかいたらめっちゃ着づらいですよね…。

背中のところでアンダーシャツがよく止まります…。

その点ミズノの半袖アンダーシャツは伸びやすいので着用時のストレスが少ないですし、
結構伸びるので肌感覚に近くなりパフォーマンが上がります。

この辺は今まで多くの野球選手を支えてきたミズノならではでしょう!
豊富のデータから生み出された発想だと思います。

初めてコンプレッション系の半袖アンダーシャツを着るなら、ミズノがおすすめです。
まず間違いないので!

また、すべてのミズノの半袖アンダーシャツがそうではありません。
ミズノの「バイオギア」を選びましょう!

アシックス

 

つづいてアシックスです。
アシックスもスポーツメーカーの老舗です。

ただ、どっちかって言うとスポーツはスポーツでもランニングのイメージが強いと思います。

アシックスのランシューは最高ですからね!

そんなアシックスの半袖アンダーシャツも優れものです。

コンプレッション系のアンダーシャツは脇の部分が擦れたり、肩が上げづらかったりします。
なのでアシックスは脇部分だけ特殊加工して改善してます。

またデザインもシンプルでカッコいいのも特徴です。

半袖アンダーシャツ1枚で練習をするとがある人にはアシックスをおすすめします!

「ミドルフィット」と「タイトフィット」があるので、「タイトフィット」を選びましょう!

エスエスケー

 

5つ目はエスエスケーです。
エスエスケーも野球用品としては有名ですよね。

バットもグローブもプロ野球選手に愛用されてます。

じゃあ、エスエスケーの半袖アンダーシャツはどうなのか?

これが意外といいんですよね!

なにが良いかってエスエスケーはいろんなタイプのアンダーシャツを開発してるんですよ!

完全なコンプレッション系だけでなく、
少しゆったりめのコンプレッション系のアンダーシャツもあったりします。

そのなかでも半袖アンダーシャツにおすすめなのは「SCB」です。
エスエスケーのなかでも「SCB」がコンプレッション系のアンダーシャツです。

大きな特徴は背中がメッシュになってるところ!

これが涼しくないわけないですよね!

涼しさを最優先にしたいならエスエスケーの「SCB」で決まりでしょう!

ゼット(プロステイタス )

 

最後はゼット(プロステイタス )。
ゼットも野球用品に力を入れてるメーカーです。

キャッチャーミットや防具は一級品だと思います。

そんなゼットの半袖アンダーシャツも優れものです。

一番の大きな特徴は伸縮性!
コンプレッション系は伸びにくいので、
デサントやアシックスは肩や脇腹の部分を特殊加工して解決してます。

一方でゼットのプロステイタス は
タテ、ヨコ、ナナメどこの部分でも伸縮できるコンプレッション系アンダーシャツなんです!

デサントやアシックスは部分最適ですが、
プロステイタス は全体最適とも言えますね。

なので色々な動作を求められるキャッチャーや内野手にはゼットのプロステイタス をおすすめします。

勝手にランキング3

夏におすすめの涼しくて機能的な半袖アンダーシャツをご紹介しました。

コンプレッション系で伸びやすい素材

これが夏におすすめの半袖アンダーシャツの特徴です。
今回ご紹介した6つのアンダーシャツはどれも当てはまってます。

なので甲乙つけがたいんですけど最後はやっぱり金額です!

コンプレッション系の寿命は普通のアンダーシャツと比べると短いですし、
夏は洗濯が追いつかないので何枚も用意したほうがいいですからね。

そうなると金額も選ぶときの重要項目だと思います。

なので「コンプレッション系」「伸縮性」「金額」の3つの視点で勝手にランキング3をしました。

1位:デサント

2位:アシックス

3位:プロステイタス

これが僕の勝手にランキング3です。

最後におすすめの購入の仕方は「練習用」と「試合用」で分ける方法です。

練習で使うと劣化が早いので安めにしておいて、
試合で使うのはちょっと金額が高いコンプレッション系の半袖アンダーシャツ。

こんな感じで使い分ければ長持ちしますし、試合でのモチベーションも上がります!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る