少年野球用竹バッドの練習効果

少年野球でも竹バットで練習して意味あるの?

竹バットで練習して効果があるなら取り入れたい!

そう思ってる親御さんに向けて少年野球用(ジュニア)竹バットの練習効果、
竹バットの種類や選び方をお話していきます。

竹バットで練習すればバッティングが必ず良くなるわけではありませんが、
バットの芯で捉える練習としては効果的です。

おすすめの少年野球用(ジュニア)竹バットも紹介するので、ご参考にどうぞ!

少年野球で竹バッドの練習効果はある?

少年野球で竹バットの練習効果はあるの?

ここが気になるところだと思うんですけど、結論から言うと効果はあります!

竹バット練習で得られる効果は色々とありますが、
バットの芯でボールを捉える大切さが分かるのが1番の効果です。

金属バットは根本でも打球が飛びますが、竹バットでは飛びません。

とくにピッチャーのボールが遅くて弱い少年野球の場合、
金属バットの根本でも長打を打てることがありますよね。

でも中学生や高校生になるとピッチャーのボールが強くなったり、
軟球から硬球に変わったりして、金属バットの根本ではほぼ確実に打てなくなります。

なので少年野球の頃から芯で打つ練習を竹バットでやっておけば、
野球のレベルが高くなっても打てる確率が上がるんですよね!

また金属バットはどんなスイングでもある程度は打てるので、
バッティングのときに変なクセが付いてしまう可能性があります。

金属バットの恩恵で、
ドアスイングでも打球は飛びますからね!

その点、竹バットは正しいスイングができないと打てないので、
クセのないバッティングフォームを身につけるのにも効果的です。

少年野球でも竹バット練習をすれば、
芯で打つ感覚や綺麗なバッティングフォームが身につくのでおすすめします。

竹バッドの種類

竹バットは主に4種類あります。

・一般的な長さ

・長尺の竹バット(素振り用)

・重たい竹バット(素振り&実打用)

一般的な長さの竹バットは、少年野球用バットと同じ長さ&重さです。

長尺の竹バットは100㎝を超える長さがあるタイプで、
マスコットバットの代わりにもなる1キロくらいの重たい竹バットもあります。

少年野球用(ジュニア)竹バッドの選び方

少年野球用(ジュニア)竹バットの選び方です。

何の目的でどんなシーンで竹バットを使いたいのか?

これを考えてから、少年野球用(ジュニア)竹バットを選びましょう!

今の少年野球用(ジュニア)バットの代わりに使いたいなら、
竹バットの選び方は他のバットと選び方は同じです。

バットの長さの目安は「片腕を横に広げて中指の先から胸の中央までの距離」、
重さの目安は「今のバットと同じくらいか少し重たく感じるくらい」で良いと思います。

マスコットバットの代わりに竹バットを使うなら、選び方はマスコットバットと一緒です。

長さの目安は今使ってる少年野球用(ジュニア)バットと同じか少し長いくらいで、
重さの目安は実打するなら軽め、素振りだけなら重ためでも良いと思います。

また、竹バットはどのメーカーでも基本的には品質は同じなので、
長さと重さをメインに選ぶのがおすすめです。

他のバットの選び方はこちらでお話してます。

おすすめの少年野球用(ジュニア)竹バッド

それではおすすめの少年野球用(ジュニア)竹バットをご紹介します。

ザナックス

1つ目のおすすめの少年野球用(ジュニア)竹バットはザナックスです。

ザナックスには小学生に適した竹バットがあります。

・小学校4年生〜5年生向け(78㎝、平均680g)

・小学校5年生〜6年生向け(80㎝、平均710g)

こんな風に細かく分かれてるので竹バットを選びやすいですし、
他のメーカーで選ぶときにもザナックスの長さと重さを参考にするといいですね!

少年野球用(ジュニア)竹バットを販売してるメーカーは、
意外と少ないんだよね。

初めての竹バットなら無難にザナックスにしておくのをおすすめします。

久保田スラッガー

つぎのおすすめの少年野球用(ジュニア)竹バットは久保田スラッガーです。


久保田スラッガーには少年野球用(ジュニア)竹バットはありませんが、
こちらの竹バットは83cmで平均730gなので小学校の高学年なら問題ありません。

少し重たく感じると思いますが、中学生になっても使えます。

竹バットは折れにくいので寿命が長いです!

 

また竹バットは折れてなければ試合でも使えるので、
練習だけでなく練習試合とかで使ってもいいですね!

竹バット以外のトレーニングバットはこちらで紹介してます。

竹バットは早ければ早いほうがいい!

今回は、少年野球用(ジュニア)竹バッドの練習効果を解説しました。

少年野球なら金属バットの根本でも打球が飛んでいきますし、
クセの強いスイングでもある程度は打ててしまいます。

でも野球のレベルが上がると、それでは打てなくなるんですよね。

金属バットの恩恵を受けてバッティングフォームに変なクセがつかないように、
竹バット練習を早めに取り入れてバットの芯で打つ練習をしましょう!

バットの芯で打つ技術が上がれば、野球のレベルが高くなっても対応できる可能性は高いです。

軟球でも硬球でも竹バット練習は早めに取り組みましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る