二塁送球タイムを上げるキャッチャー

「キャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツはある?」

「キャッチャーの二塁送球がなかなか速くならない…」

「肩がそこまで強くなくても二塁送球のスピードは速くなる?」

こんな風に思ってる方に向けて、
キャッチャーの二塁送球タイムのスピードを上げる7つのコツをお話します。

良いキャッチャーの条件である「二塁への送球タイム」。

コンマ1秒でも速くするためには、毎日の練習も大切ですが、
ボールを捕ってから握り変えて、スローイングするまでのコツはもっと大切です。

間違ったフォームや練習方法をしてたら、
セカンドの送球タイムは速くなりません。

 

本記事は高校時代にキャッチャーとして活動し、
二塁送球タイムが常時1.8秒くらいだった私が二塁送球タイムを上げる7つコツを解説します。

ランナーの盗塁を阻止するために、
キャッチャーの二塁送球タイムをコンマ1秒でも速くしましょう!

キャッチャーの二塁送球は肩の強さだけじゃない!

キャッチャーの二塁送球タイムのスピードを上げるには、肩の強さは大切です。

100キロしか投げれないキャッチャーと140キロ投げられるキャッチャーがいれば、
二塁送球タイムのスピードは当然、後者のキャッチャーのほうが速くなります。

ただ!

キャッチャーの二塁送球タイムは、肩の強さだけでは決まりません!

・ボールの捕り方

・ボールの握り変えの精度

・ステップ

・体重移動

・ボールの投げ方

・コントロール

これらのポイントもキャッチャーの二塁送球タイムを上げるには大切です。

『肩の強さを強化しつつ、これらのポイントも上達させる』

これが出来れば、キャッチャーの二塁送球タイムは速くなっていきます。

本記事ではこれらのポイントを上達させるコツを解説していきますので、
コンマ1秒でも二塁送球タイムのスピードを上げるための参考にしていただければと思います。

 

キャッチャーの肩を強くする方法はこちらで解説してます。

キャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツ

それではキャッチャーの二塁送球タイムのスピードを上げる7つのコツを解説します。

・右手の位置を決める

・身体の近くまでボールを引きつける

・ボールをしっかり捕る

・ボールの握り変えの精度を上げる

・安定したステップをする

・体重移動を意識する

・スナップスローで投げる

これらは私が高校〜大学まで真剣にキャッチャーをしていた中で気づいた、
キャッチャーの二塁送球タイムを上げるために大切なコツです。

どれも実用的です。

 

それでは1つずつ解説していきます。

右手の位置を決める

まず1つ目のキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、右手の位置を決めることです。

ランナー1塁のケースや左ピッチャーでランナー2塁のケースなど、
盗塁がありえそうな状況になったら盗塁阻止モードになると思います。

そのときに必ず右手の位置を決めておきましょう!

意外と右手の位置がバラバラだったりするんだよね。

 

盗塁がありそうなケースでの右手の位置は、身体の横に持ってくるのが基本です。

右足のスパイクを触るくらいが良いですね!

 

たまに盗塁がありえるケースでも右手を腰まで回してるキャッチャーを見ますが、
これだとキャッチャーミットと右手の距離が遠いので、握り変えするまでにロスが生まれます。

また、二塁送球の練習のときと試合で右手の位置が違うのであれば、
日頃の練習の成果を発揮できませんよね。

二塁送球タイムを上げたいなら日頃の練習から右手の位置を決めておいて、
その右手の位置で試合でも二塁送球をしましょう!

 

キャッチャーの右手の位置は、ケースバイケースで変えたほうがいいです。

身体の近くまでボールを引きつける

つぎのキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、
身体の近くまでボールを引きつけることです。

「ボールを捕りに行って握り替えする」よりも
「身体の近くでボールを捕って握り替えをする」のほうが、早く投げられます。

送球モーションをどれだけ速くできても、
ボールのスピードのほうが速いですからね!

 

ボールを引きつけて捕るときのポイントは、左ヒジと身体の使い方です。

・「インコース」や「真ん中付近」なら左ヒジを曲げて捕る。

・「アウトコース付近」なら右足主導で身体をボールの近くに持ってく。

このように左ヒジと身体をうまく使ってボールを引きつけて、
出来るだけ身体の近くでボールを取るようにしましょう!

「いかに身体の近くでボールを捕るか?」

これを常に考えながら練習するといいですね!

ボールをしっかり捕る

3つ目のキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、ボールをしっかり捕ることです。

これは当たり前のことなんですけど、ボールをしっかり捕るのは大切です。

気持ちが焦ってボールをポロっとしたら投げられませんし、
ボールを捕るポイントが悪いと握り替えのミスが起こりやすいです。

ボールを捕ってから!

これだけは忘れてはいけません。

野球のすべてのプレーはボールを捕ってから始まるしね!

 

当て捕り(※ミットを閉じないで捕ること)でも良いんですが難易度がかなり高いプレーなので、
ちゃんと練習をして100発100中できるようになってから試合で使いましょう!

二塁送球をする前からミスをしてしまうとチームの士気が下がります。

 

キャッチャーのキャッチングについてはこちらで解説してます。

ボールの握り替えの精度を上げる

つづいてのキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、
ボールの握り替えの精度を上げることです。

二塁に低くて強いボールを投げるためには、
ボールをしっかりと握ることがマストになってきます。

練習で100発100中くらい出来ないと試合では上手くいかないので、
毎日コツコツ握り変えの練習をして精度を上げていくといいですね。

また、キャッチャーの握り替え方法には「横から」と「縦から」があります。

・「横から」は、ミットの横から右手を入れてボールを握りかえる方法。

・「縦から」は、ミットの下から右手を入れてボールを握りかえる方法。

どちらの方法にもメリット&デメリットはありますが、おすすめは「縦から」です。

というのも、いつでもキャッチャーミットの完璧な位置では捕球できませんよね。

その場合に「縦からの握り変え」をマスターしておけば、
キャッチャーミット内のボールの位置が悪くても、下から握り変えれば対応できます。

「横からの握り変え」では、
ボールを握り変えられる範囲が狭くなるんですよね。

 

ボールを握り替えのときには、
キャッチャーミットの下から右手を入れて握り変えるイメージにしてみましょう!

キャッチャーの握り替えの練習方法はこちらで解説してます。

安定したステップ(足の運び方)をする

5つ目のキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、
安定したステップ(足の運び方)をすることです。

ノーステップでも二塁送球はできますが、
安定して速い二塁送球タイムを維持するには安定したステップはマストになってきます。

プロ野球選手もちゃんとステップしてるよね!

 

キャッチャーの二塁送球のステップについては色んな理論がありますが、
さまざまなステップ方法を試した結果、左足主導でステップするのが1番速いです。

・左ヒザを前に出す

・右足が前に出てくる

・左足をついて投げる

左足を踏み出すのではなく左ヒザを前のほうに出すと、
自然と右足が前に出てくると思います。

極端に言うと左ひざで前につんのめる姿勢になり、
そこから前にジャンプするイメージです。

 

このステップ方法のポイントは、左足のつま先です。

左足のつま先が開いてしまうと身体の開きも早くなり、
強いボールを投げられなかったり、ボールがシュート回転になったりします。

ピッチャーの踏み出す足と同じように、つま先をなるべく開かないようにしましょう!

 

二塁送球がシュートしてしまう人はこちらをご覧ください。

体重移動を意識する

つぎのキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、体重移動を意識することです。

先ほど紹介したステップは、送球モーションをかなり速くできます。

ですが、左足主導で動き出すので前のほうに体重がいきやすく、
そのままの状態で投げてしまうと下半身をうまく使えないんですよね。

そうなると体重移動がうまくいかず強いボールを投げられないので、
二塁送球するときには右足にしっかりと体重を乗せる意識を持ちましょう!

『右足に体重を乗せて、左足は投げる方向に!』
これがステップの鉄則だよ。

 

また、左肩を向ける方向もポイントです。

左肩を投げる方向に向けないと上手く体重移動できなかったり、
身体の開きが早くなったりして、送球姿勢のバランスが崩れます。

右足への体重移動を左肩を向ける方向、この2つを意識するといいですね!

スナップスローで投げる

最後7つ目のキャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツは、スナップスローで投げることです。

スナップスローとはピッチャーのように腕を一周回して投げるのではなく、
腕をトップの位置に持っていき、そのままヒジを使いながら投げます。

腕のトップの位置は「右耳の少し後ろくらい」になるよ!

 

プロ野球のキャッチャーのなかで、抜群にスナップスローが上手いのは小林誠司選手です。

右耳のうしろ辺りに右手を持ってきて、そのまま振り下ろすように投げてますよね。

小林誠司選手のスナップスローは芸術的と言っていいくらいのレベルなので、
二塁送球タイムもコントロールも球界屈指なのです。

肩も鬼のように強いですけどねw

 

間違っても腕を一周回して投げるのではなく、
小林誠司選手のようなスナップスローで二塁送球をしましょう!

そうすれば二塁の送球タイムスピードは上がり、コントロールも安定します。

 

キャッチャーのスローイングの基本はこちらで解説してます。

二塁送球の練習をするときのポイント

キャッチャーの二塁送球を速くするには練習が大切なんですが、
正しい方法で練習をしないと練習のための練習になってしまいます。

二塁送球をするときのポイントは3つです。

・キャッチャー道具をつける

・本番に近い環境をつくる

・常に試合をイメージする

この3つを守って練習したほうが効果は出やすくなります。

たとえばキャッチャー防具をつけなくても練習はできます。

でも、試合でキャッチャー防具を装着しないのはありえませんし、
キャッチャー防具をつけない状態なら二塁送球は速くなって当然です。

身体が軽いからね!

 

あとは、どれだけ本番に近い環境で試合をイメージしながら練習できるかです。

パートナー練習のときには惰性にならないように工夫したほうが良いですし、
試合で使わないリスクのあるプレーを練習しても意味はありません。

大切なのは、試合で速い二塁送球をすることですよね!

目的を忘れずに、試合で結果を出すための練習をしましょう!

あとは反復練習あるのみ!

キャッチャーの二塁送球タイムのスピードを上げるコツをお話しました。

キャッチャーの二塁送球タイムは、肩を強くしただけでは速くなりません。

・右手の位置を決める

・身体の近くまでボールを引きつける

・ボールをしっかり捕る

・ボールの握り変えの精度を上げる

・安定したステップをする

・体重移動を意識する

・スナップスローで投げる

これらの7つのコツも大切になってきます。

ただ、今回ご紹介した7つのコツは1日や2日で掴めるものではなく、
何回も何回も反復練習をして、ようやく出来るようになっていきます。

『安定して速いスローイング』を目指して、日々の練習に取り組みましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る