キャッチャーのスローイングの基本

キャッチャーのスローイングの基本を解説していきます。

盗塁阻止やピックオフプレーはキャッチャーの醍醐味!

緊迫した試合展開でキャッチャーがビシッと二塁送球してアウトにすれば流れが変わりますし、
完璧にランナーを刺されば相手チームは簡単に次の塁を狙ってこなくなります。

何よりカッコいいよね!

今回はキャッチャーのスローイングの基本である捕り方や投げ方、
そして握り替えのコツをお話します。

キャッチャーの魅せ場で輝けるように基本をまずはマスターしましょう!

キャッチャーのスローイングの基本的な考え方

スローイングしてるキャッチャー

具体的な方法をお話するまえに、キャッチャーのスローイングの基本的な考え方をまとめます。

強く低く投げる

まず1つ目は強く低く投げるです。

二塁送球でも三塁送球でもピックオフプレーでも、
キャッチャーのスローイングは強く低く投げるが基本です。

ノーバウンド送球でも山なりなら到達スピードが遅いのでアウトにできませんし、
無理して投げてたらスローイングは安定しません。

ワンバウンドでも良いので、強く低く投げましょう!

投げる目標はベースにする

2つ目はベース付近に投げるです。

ベース付近に投げれば内野手は捕りやすいですし、
ランナーにタッチしやすいのでアウトになる確率が上がります。

ただ…ベース付近でも逆球はダメです。

内野手がタッチしにくいのですし、
その分だけ遅くなります。

ランナーにタッチしやすいベース付近に投げましょう!

送球モーションが優先

送球モーションを優先しましょう!

二塁に速いボールを投げたい気持ちは大切ですが、
それを意識しすぎてモーションが遅くなってるなら良くはありません。

重要なのは捕ってからベースに到達するタイムだよ!

そうなると素早いモーションで強いボールを投げることが求められます。

スローイング動作を早くするのを優先して、
そのあとに速いボールを投げられるように練習しましょう!

ランナーが盗塁してこないのが理想

キャッチャーとしての最高の理想は「相手ランナーが盗塁してこない」です。

そんな状況を作れればピッチャーはバッターに専念できますし、
キャッチャーも暴投のリスクがなくなるので得点を奪われる可能性もグッと下げられます。

そんな状況を作り出すためには、

・試合前ノック

・各イニングでのセカンド送球

この2つの場面で鋭い送球をしましょう!

「このキャッチャーは走らないほうが良いな。バントが手堅いな!」

こんな風に相手チームに思わせることができたら有利に試合を進められます。

二塁に送球するときの捕り方のコツ

それでは二塁に送球するときの捕り方のコツを解説します。

基本的な捕り方なので、しっかりとマスターしましょう。

ボールを引き付ける

まず1つ目はボールを引きつけるです。

二塁に送球するときにはボールを捕りにいきがちですが、
できるだけ引き付けてるようにするといいですね!

右腕に近いほうが握り変えを失敗するリスクは減りますし、
「左腕を戻す速さ」と「ボールの速さ」だと圧倒的に後者のほうが速いです。

引きつけた分だけ捕って投げるまでを速くできます!

無意識だとボールを捕りにいってしまうので、
意識的にボールを引き付けるようにしましょう!

身体をボールに寄せる

ボールが反れた場合には身体ごとボールに寄せましょう。

先程のボールを引き付ける意識と同じなんですけど、
構えてた位置から離れてるボールを手だけで捕りに行くと左腕が伸びた状態になります。

そうなると送球モーションが遅くなるんですよね。

ボールが反れた場合には、身体ごとボールに寄せるようなイメージで捕りましょう!

出来るだけ半身でボールを捕る

送球モーションに速く移るために、出来るだけ半身の姿勢でボールを捕りましょう!

ボールを投げるときには必ず半身の姿勢になってたり、
左肩を相手に見せる状態で投げてますよね。

最初から半身姿勢でボールを捕ったほうが送球動作は速くなります。

”甲斐キャノン”で有名な甲斐選手は「捕るときに左足を出す」と話してるんですけど、
左足を出すことで自然と半身姿勢になれるからっていうのもあると思います。

また僕が尊敬してやまない古田選手の二塁送球はバックステップなんですけど、
これも右足を引くことで半身姿勢にスムーズに移行してるんです。

いきなり甲斐選手や古田選手のマネをして
二塁送球をするのはやめたほうがいいよ!

相当な練習やスキル、肩の強さが求められるので、
まずは出来るだけ半身姿勢で捕るのをマスターするといいですね!

ステップは投げる方向にする

4つ目はステップは投げる方向にするです。

これは二塁送球でも三塁送球でも同じです。

サイドステップだとコントロールが悪くなるし、
古田選手のようなバックステップだと相当な肩の強さが必要になります。

二塁なら二塁に、三塁なら三塁に向かってステップすると良いですね!

基本のステップ動作は「右→左」です。

ボールがきたら半身姿勢になりながら右足を一足分くらい前にだして、
捕球ができたら左足を前に出して投げるイメージ。

右足と左足を投げる方向に踏み込めてたら、
綺麗な送球フォームになりコントロールが安定します。

三塁送球の投げ方はこちらで解説してます。

右手は身体の横にセットしておく

最後5つ目は右手の位置です。

少しでも送球モーションを速くするために右手は身体の横にセットしましょう!

ランナーがいないなら右手は後ろでも良いんですけど、
ランナーがいるなら常に身体の横にセットしておくと良いですね!

キャッチャーの右手の位置は下記ブログ記事で詳しく解説してます。

キャッチャーの基本的な投げ方

つぎにキャッチャーの基本的な投げ方です。

ポイントは3つです。

①右手を右耳の少し後ろに持ってくる。

②手の甲は外側に向ける。

③ヒジ主導で投げる。

この3つのポイントを意識すれば早く投げられますし、必要以上に肩やヒジを痛めません。

肩から投げる「担ぎ投げ」だと故障リスクが上がります。

この基本的な投げ方が綺麗なのは小林誠司選手です。

ご覧いただくと分かると思いますが小林誠司選手のフォームは、
右手の甲を外側に向けながら右耳後ろくらいに持ってきて、ヒジから投げてますよね。

これだけ綺麗なフォームなので送球が逸れないし、強くて低いボールを投げられるんです。

握り替えのコツ

最後にキャッチャーの握り替えのコツを解説します。

キャッチャーミットと右手の距離を縮める

1つ目はキャッチャーミットと右手の距離を縮めるです。

握り替えが上手くいかないケースのほとんどは、
キャッチャーミットと右手の距離が遠いときです。

逆球やワンバウンド、高いボールのときに
握り替えをミスしやすいよね。

なのでキャッチャーミットと右手の位置を意識しましょう!

捕り方のコツ」でもお話しましたが、

・ボールを引きつけて捕る

・身体をボールに寄せる

この2つを意識すれば距離を縮められます。

捕球したあとにキャッチャーミットを下げずに、
右耳の横にミットを持ってくると握り替えしやすくなります。

右手はミットの下から入れる

2つ目は右手はキャッチャーミットの下から入れるです。

ボールを捕ってから握りかえるときには、
右手をキャッチャーミットの下から入れるといいですね!

キャッチャーミットの上から右手を入れると、
ウェブが邪魔して上手く握り替えができないことが多いです。

キャッチャーミットの下から右手をいれれば、
上手く握れる確率は高くなります。

ただ、この場合もキャッチャーミットを下げるのではなく、
右手を気持ち下げて握り変えをしましょう!

キャッチャーの二塁送球タイムを上げるコツはこちらで解説してます。

どんな握りでも投げられるようにする

3つ目は、どんな握りでも投げられるようにするです。

いつも完璧に握り替えをするのは至難の業です。

なので、どんな握りでも投げられるようにするのがベストですし、
握り替えがミスった場合でも二塁に暴投はしないくらいの感覚は身につけておくべきです。

握り替えを上手くやるのがゴールではなく、ランナーをアウトにするのが目的です!

どんな握り方でも投げられる練習もしましょう!

二塁送球がシュートしてしまう人はこちらの記事をどうぞ!

キャッチャーミットのポケットを浅くする

最後4つ目はキャッチャーミットのポケットを浅くするです。

キャッチャーミットの型は人それぞれ好みがあると思いますが、
ポケットを浅くすれば握り替えを速くできます。

理由は単純で「深いところ」よりも「平らなところ」のほうがボールを握りやすいですよね。

またプロ野球選手は「捕るイメージより当てるイメージ」ってよく言ってます。

あくまでもイメージですw

さすがにプロ野球選手の感覚に近づくには相当なスキルがいるので、
まずはミットを浅くして上手く握り替えられるようにすると良いですね!

握り替えを速くする練習方法は下記記事をご参考にどうぞ。

キャッチャーミットのポケットの深さを調整する方法はこちらで解説してます。

まずは基本をマスターしよう!

キャッチャーのスローイングの基本を解説しました。

プロ野球選手のマネをして座って二塁送球をしたり、
バックステップでスローイングしたい気持ちは分かります。

カッコいいですもんね!
(僕も中学生のころはよくやってましたw)

だけどプロ野球選手は基本があった上でのオリジナルのスローイングなので、

・捕り方

・投げ方

・握り変え

まずは地道にこれらを練習して基本をマスターしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る