右手の位置が高いキャッチャー

「キャッチャーの右手の位置は、どこにすればいい?」

「キャッチャーの右手の最適な位置を教えてほしい!」

「ランナーなしとランナーありのケースでキャッチャーの右手の位置は違うの?」

こんな風に思っている方に向けて、キャッチャーの右手の位置を解説します。

キャッチャーの右手は「腰のうしろ」「右足のスパイク」「脇腹の横」などなど、
さまざまな位置におくことができるので迷うと思います。

おすすめのキャッチャーの右手の位置は、ケースバイケースで決めることです。

・ランナーなし

・ランナーあり

・点差

・相手チームの作戦…etc

このような試合の状況によって、右手の位置を変えたほうがプレーをしやすくなります。

本記事ではケースバイケースでのキャッチャーの右手の位置、
そして右手の位置に迷ったときの決め方を解説します。

右手の位置を意識するだけでも、次のプレーは変わります。

常に最適な位置に右手を置き、ベストプレーをできるようにしましょう!

キャッチャーの右手の位置は背中が正解?

少年野球ではキャッチャーの右手の位置は、背中(腰のうしろ)が良いと教わるケースが多いです。

私もそう教わりました。

 

これは「右手を怪我しない!」ことが最優先されてるからなんです。

ファールボールやショートバウントしたボールが右手に当たると痛いですし、
爪とか指に当たるとボールを投げられなくなる可能性もあります。

そのリスクを避けるために、少年野球では右手を腰のうしろに回すように指導してるんですよね。

少年野球は、安全第一だからね!
そのほうが良いと思うよ。

 

でも、中学生や高校生になったら野球のレベルが一気に上がります。

なのでキャッチャーが右手を背中に回してると、対応できなくなるんです。

ランナーの足が速くなるので盗塁阻止はむずかしくなりますし、
ピッチャーのボールも速くなるのでショートバウント処理に追いつけなくなります。

中学生以上になったら右手の位置は腰のうしろまで回さず、
スパイクや脇腹くらいの位置にしましょう!

「小学生のキャッチャーは右手を背中、中学生以上なら背中まで右手を回さない。」

こんな風に覚えておくといいですね!

キャッチャーの基本的な構え方はこちらで解説してます。

キャッチャーの右手の位置はどこ?

それではキャッチャーの右手の位置はどこに置けばいいのか?

これはケースバイケースで変えたほうがいいんですよね。

具体的には「ランナーの盗塁があるか、ないか?」で、
キャッチャーは右手の置く位置を変えていきます。

・ランナーなし

・ランナー1塁

それではこの2つのケースに分けて解説していきます。

ランナーなしでの右手の位置

まずはランナーなしのキャッチャーの右手の位置です。

ランナーが塁上にいないときのキャッチャーの右手は、
右足のスパイクを触るくらいの位置にしましょう。

右肩の正面をピッチャーに向ける感じです。

 

この位置であれば、ショートバウント処理するときに右肩がスムーズに動きます。

右手を背中に回すと右肩がやや後ろになるので、
右肩でショートバウント処理に対応しようとするときにワンテンポ遅れます。

右肩が正面を向いてれば、右肩を動かす範囲が小さくなるので早く対応できるんです。

キャッチャーの基本の右手の位置は、スパイクを触るくらいの位置にしましょう!

ランナー1塁での右手の位置

つづいてランナーが1塁にいるケースでのキャッチャーの右手の位置です。

ランナーが1塁にいる場合には、キャッチャーの右手の位置は腰の横をおすすめしてます。

ランナーなしでの右手の位置よりも、
少し上げる感じです。

 

ランナーが1塁にいるケースでは、盗塁が考えられますよね。

キャッチャーの右手を腰の横に置いておけば、盗塁阻止の確率は上がります。

というのも、キャッチャーミットと右手の位置が近くなるので、
ボールの握り替えを早くできるようになるからです。

キャッチボールでも右手をぶら下げた状態より、
グローブのすぐ横にしたほうが握り替えしやすいですし、速くできますよね。

なのでランナーが1塁にいて盗塁がありそうなケースでは、
キャッチャーは右手を腰の横の位置に持ってきましょう!

ただ、1つだけ留意点があります。

キャッチャーの右手を腰の横に持ってくると、
ショートバウント処理のときに右手の「ヒジから手」までを使えません。

ショートバウントの処理範囲が小さくなるってことだよ。

 

キャッチャーの右手を腰横に持ってきてる場合には、
通常よりもショートバウント処理への意識を少し高くするといいですね!

キャッチャーの右手の位置に迷ったときの考え方

キャッチャーの右手の基本的な位置のおさらいです。

ランナーがいない場合(基本的な右手の位置):スパイク周辺

ランナーがいる場合(盗塁がありえるケース):腰の横

これらがケースバイケースでのキャッチャーの右手の位置ですが、
試合の状況によっては迷うときがきます。

たとえばランナー3塁・1塁がそうです。

盗塁を警戒して右手を腰の横に持ってくるのか、
それともパスボール対策で右手をスパイク周辺に置いておくか。

右手を腰の横に持ってくれば盗塁阻止の可能性は上がりますが、
ワイルドピッチやパスボールへの対応が少し弱くなりますよね。

一方で右手をスパイクの位置にすればショートバウント処理は問題なくできますが、
ボールの握り変えが難しくなり、盗塁阻止の難易度は上がります。

どこの位置に右手を持ってきたらいいの?

 

こんな風に迷ったときは、試合の状況で決めるしかありません。

点差のある状態ならアウト優先になりますし、
点差がない状態や負けてる状態なら得点を与えないことが優先になります。

なので点差があるなら盗塁阻止よりもバッター勝負に集中したほうがいいですし、
ギリギリの試合展開なら盗塁阻止を狙うしかないんですよね。

キャッチャーの右手の位置は基本的には盗塁がありそうかなさそうかで決めればOKですが、
迷ったときには試合の状況を考えて、どちらかに決めましょう!

状況に応じて位置を変えよう!

キャッチャーの右手の位置について解説しました。

ランナーがいない場合(基本的な右手の位置):スパイク周辺

ランナーがいる場合(盗塁がありえるケース):腰の横

キャッチャーの右手の位置は、このように状況に応じて変えるのがおすすめです。

もちろん、1球1球で右手の位置を変えるのも問題ありません。

たとえばランナー1塁のケースでもストライク&ボールのカウントを考えて、
盗塁がなさそうなら右手を腰の横に持ってきて、ショートバウンド処理に集中してもいいですよね。

基本はありますが、相手チームの作戦やピッチャーの調子、
試合の点差などを考えて、キャッチャーは右手を最適な位置に持ってきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る