座る位置が適切なキャッチャー

キャッチャーの座る位置の決め方を解説します。

キャッチャーの座る位置は、打者のバッターボックス内の立ち位置で微妙に変える必要があります。

座る位置が後ろすぎるとピッチャーが投げづらくなったり、
逆に前に座ると打撃妨害(インターフェア)になったりします。

またコースを構えるときにも座る位置によって、
ピッチャーの投げやすさやは変わってくるんですよね。

今回は、キャッチャーの座る位置の目安をお話していきます。

キャッチャーの座る位置の決め方と目安

キャッチャーの座る位置の決め方を「前後」と「左右」に分けて解説します。

前後の座る位置の決め方と目安

まずキャッチャーの座る位置の「前後」は、
打者のバッターボックス内での立ち位置スイングの軌道で判断します。

バッターが前のほうに立ってるなら座る位置を前にしたり、
後ろのほうに立ってるなら下がるといいですね!

目安は、キャッチャーミットを伸ばしてバッターの軸足に届くくらいです。

この位置ならバッターが余程のドアスイングでない限り、
バットがキャッチャーミットには当たりません。

左右の座る位置の決め方と目安

インコースやアウトコースの座る位置は、意図をもって決めます。

・カウントを整えたい場合は、コースギリギリではなく中央寄りに座る。

・厳しいコースを要求したい場合は、コースギリギリに座る。

・コースを外れるボール球を要求したい場合は、座る位置もコースから外す。

こんな風に座る位置を微妙に変えるだけで、
ピッチャーの意識も変わります。

漠然とコースの座るのではなく、意図をもって座る位置を決めるといいですね!

キャッチャーの打撃妨害(インターフェア)

適切な位置に座らないのキャッチャーの打撃妨害(インターフェア)になる可能性があります。

・キャッチャーミットがバットに当たる

・ホームベース上で捕球する

・ホームベースより前にでる

これらのケースはキャッチャーによる打撃妨害です。

キャッチャーミットがバットに当たる

キャッチャーミットがバットに当たると、打撃妨害(インターフェア)です。

バッターが極度のドアスイングの場合だったり、
故意にバッターが打撃妨害を狙ってたりする場合もあります。

気をつけよう!

ホームベース上で捕球する

ホームベース上で捕球するのも打撃妨害です。

スクイズや盗塁を警戒してると、ついつい前でボールを捕りたくなりますが、
ボームベースの上で捕るのはやめましょう!

警戒しててもボールがホームベースを通過してからです!

ホームベースより前にでる

ホームベースより前に出るのも、キャッチャーの打撃妨害です。

余程のことがない限り、考えられないけどね!

ピッチャーがセットポジションに入ってる状態でランナーが走ったならありえます。

キャッチャーがピッチャーにセットポジションを外すように指示を出すときに、
ホームベースより前に出てしまう可能性はありますよね。

ピッチャーに立って牽制の指示を出す場合には、気をつけましょう!

打撃妨害(インターフェア)に注意しよう!

キャッチャーの座る位置の決め方と目安を解説しました。

キャッチャーの座る位置が悪いとピッチャーが投げにくかったり、
打撃妨害(インターフェア)になったりします。

バッターの立ち位置やスイングの軌道を観察しながら、ベストポジションを見つけましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る