座る位置が適切なキャッチャー

「キャッチャーの座る位置って、どこ?」

「キャッチャーの座る位置がイマイチわからない…。」

「どうやってキャッチャーの座る位置を決めたらいい?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーの座る位置を解説します。

キャッチャーズボックス内であれば、どこで構えても問題はありません。

でも、キャッチャーの座る位置がうしろすぎるとピッチャーは投げづらいですし、
逆に座る位置が前すぎると打撃妨害(インターフェア)になる可能性があります。

またコースを構えるときにもキャッチャーの座る位置によって、
ピッチャーの投げやすさやは変わってくるんですよね。

ただ、キャッチャーの座る位置には目安がありません…。

 

本記事ではキャッチャーの座る位置の決め方、
そして打撃妨害(インターフェア)しない構え方について解説します。

ピッチャーが投げやすくて打撃妨害をしない位置に座って、
常にベストなプレーをできるようにしましょう!

キャッチャーの座る位置の決め方と目安

早速、キャッチャーの座る位置の決め方と目安です。

・前後

・左右

この2つのポイントでキャッチャーの座る位置の決め方と目安を解説します。

キャッチャーの前後の座る位置の決め方と目安

まずキャッチャーの座る位置の前後の決め方と目安です。

キャッチャーの座る位置の前後は、
打者のバッターボックス内での立ち位置スイングの軌道で判断します。

バッターがバッターボックスの前のほうに立ってるなら座る位置も前に、
逆に後ろのほうに立ってるなら、いつもより下がって座るといいですね。

この前後の目安は、バッターの軸足の位置で判断します。

 

キャッチャーミットを目一杯伸ばしたときに、
バッターの軸足にキャッチャーミットが届くくらいの位置に座りましょう!

この位置を目安にしておけば、バッターが余程のドアスイングでない限り、
バットがキャッチャーミットには当たりません。

キャッチャーの左右の座る位置の決め方と目安

つづいてキャッチャーの座る位置の左右の決め方と目安です。

インコースやアウトコースなどキャッチャーの左右の座る位置は、
投球の意図を考えてから決めます。

・カウントを整えたい場合は、コースギリギリではなく中央寄りに座る。

・厳しいコースを要求したい場合は、コースギリギリに座る。

・コースを外れるボール球を要求したい場合は、座る位置もコースから外す。

このようにキャッチャーの左右の座る位置は、
ピッチャーにどんなボールを投げてもらいたいかで決めましょう。

そうすればコースのサインだけでは伝わらない意図をピッチャーに伝えられますし、
ピッチャーも意識してピッチングしてくれるようになります。

1番良くないのは漠然と左右の位置を決めることだよ。

 

「ピッチャーにどんなボールを投げてもらいたいか?」

キャッチャーの座る位置の左右はこれを考えてから決めるといいですね!

 

キャッチャーのサインの出し方はこちらで解説してます。

キャッチャーの打撃妨害(インターフェア)

キャッチャーの座る位置を決めるときに、
注意しないといけないのは打撃妨害(インターフェア)です。

キャッチャーの打撃妨害(インターフェア)には、おもに3種類あります。

・キャッチャーミットがバットに当たる

・ホームベース上で捕球する

・ホームベースより前にでる

これらはキャッチャーによる打撃妨害になるので気をつけましょう!

キャッチャーミットがバットに当たる

まず1つ目のキャッチャーの打撃妨害(インターフェア)は、
キャッチャーミットがバットに当たることです。

これはバッターが極度のドアスイングだった場合にありえますし、
意図的にキャッチャーミットにバットを当てようとするバッターもいます。

「キャッチャーミットにバットが当たるなんて、どんなスイングしてるんだ?」

そう思うのが普通ですし、明らかにバッターのミススイングだと個人的にも思いますが、
キャッチャーの打撃妨害だとジャッジされるので気をつけましょう!

ホームベース上で捕球する

つぎのキャッチャーの打撃妨害(インターフェア)は、
ホームベース上で投球を捕球することです。

普通にプレーしてればありえませんが…。

 

スクイズや盗塁などを警戒してるときに少しでも速くスローイングをしようと、
ついついボールを前で捕りたくなりますよね。

そういう場面では、ひょっとしたらホームベース上で投球を捕球してしまう可能性はあるので、
必ずボールがホームベース上を通過してからキャッチングしましょう。

また、ボールを捕りに行くよりも引きつけたほうが結果的に次のプレーを早くできるので、
普段から「ボールを捕りに行かない!」と決めておけば、この打撃妨害にはなりません。

ボールを引きつけて捕球する感覚を身につけましょう!

キャッチャーのスローイング方法はこちらで解説してます。

ホームベースより前にでる

最後3つ目のキャッチャーの打撃妨害(インターフェア)は、ホームベースより前に出ることです。

これも普通にプレーしてたら、滅多にありえません。

ただ、ピッチャーがセットポジションに入ってる状態で、
1塁ランナーや2塁ランナーが走ったとしたら考えられるプレーです。

この場合、キャッチャーはピッチャーにセットポジションを外すように指示を出します。

そのときにキャッチャーがホームベースよりも前に出てしまう可能性はありますし、
ピッチャーが気づかずにホームに投げてしまう場合もあります。

そうなったら打撃妨害と判断されても仕方ないです。

 

ピッチャーに声をかけるときは、どんなときもホームベースより前には出ず、
座っていた位置からそのまま立って声やジェスチャーで伝えましょう!

打撃妨害(インターフェア)に注意しよう!

キャッチャーの座る位置について解説しました。

キャッチャーの座る位置が悪いとピッチャーが投げにくかったり、
審判に打撃妨害(インターフェア)だと判断されたりしてしまいます。

・前後:バッターの軸足が目安

・左右:投球の意図が目安

このようにキャッチャーの座る位置の目安を決めておいて、
そこからベストな座る位置を決めるといいですね!

また、キャッチャーの座る位置で1番気をつけるべきことは打撃妨害(インターフェア)です。

少しでも打撃妨害(インターフェア)になりそうだったら、
半足分くらい後ろに下がってから座るのをおすすめします。

とはいえ…、
ビビりすぎて座る位置が遠くなりすぎてもいけません。

 

バッターの立ち位置やスイングの軌道を観察しながら、
キャッチャーはベストの座る位置を見つけましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る