三塁送球をしようとしてるキャッチャー

ランナーに三盗されるのはピッチャーの責任とよく言われます。

ランナーがピッチャーのモーションを完璧に盗まれない限り、
三盗セーフは厳しいですからね…。

でもキャッチャーと3塁ベースの距離は近いので、
明らかにセーフでなければキャッチャーは三盗を刺さないといけません!

一気にピンチが拡大しますしね。

今回は、キャッチャーの三塁送球の投げ方を解説します。

ポイントはボールの捕る位置でステップの位置も変えることです。

三盗はピッチャーだけの責任?

ランナーに三盗されるのはピッチャーの責任だとよく言われます。

どうして?

キャッチャーから三塁の距離って近いので、
ランナーは普通にスタートしても確実にアウトになりますよね。

それでもランナーが三盗できるのは

・ピッチャーの投球モーション

・投げる間

・クセ

・牽制のタイミング

これらを見抜いたからなんですよね!

だから、三盗はピッチャーの責任だと言われます。

ただ、キャッチャーが投げても間に合わないケースならピッチャーの責任ですが、
そこまでピッチャーのモーションが盗まれるケースってありません。

キャッチャーがドンピシャのボールを投げれば、アウトにできるケースのほうが多いと思います。

三盗はピッチャーだけの責任ではなく、キャッチャーにも責任があるんです。
キャッチャーはドンズバのボールを三塁に投げられるようにしましょう!

キャッチャーの基本的な三塁送球の投げ方

まずキャッチャーの基本的な三塁送球の投げ方を解説します。

送球の基本は投げる方向に「左足」と「左肩」を向けます。

一塁に投げるならファーストに、
二塁に投げるならセカンドに足と肩を向けるよね!

これは三塁送球でも一緒なんですけど、ちょっと特殊です。

左バッターならスムーズにステップができますが、
右バッターの場合だと打者が邪魔で投げづらいですよね…。

なのでキャッチャーが三塁送球をする場合には、

①ボールを捕ったら右足を左足の後ろに持ってくる。

②左足を三塁方向にステップする。

③左肩を三塁方向にしっかり向ける。

④低くて強いボールを投げる

これが三塁送球の基本的な投げ方です。

【三塁送球のステップの位置】

キャッチャーの三塁送球の基本的な投げ方

こんな風に右足を左足の後ろにステップして、左足を三塁に方向に向けます。

ポイントは右足の使い方!

右足のステップした位置が左足の真うしろよりも右足側にあると、
右バッターが邪魔になって泣けづらいです。

右足のステップする位置は、「左足のうしろ」か「左足よりも左」にしましょう!

そうすれば右バッターをステップでかわして、スムーズに投げられます。

キャッチャーのスローイングの基本はこちらで解説してます。

三塁送球はボールの位置でステップを変えよう!

これはキャッチャーの三塁送球の応用編です。

基本的な三塁送球の投げ方をマスターできたら、
挑戦しましょう!

右打者のインコースや真ん中のボールなら、基本的な三塁送球の投げ方がベストです!

でも右打者のアウトコースにボールがきた場合
どれだけ右足を左足方向にステップできたとしても投げづらいですよね。

ボールとの距離があるので思いっきり右足を左足の方向に持ってきたとしても、
どうしても右バッターが邪魔になります。

その場合には、右足を前にステップするのがおすすめです。

【右バッターのアウトコース時の三塁送球のステップ】

キャッチャーの三塁送球の応用編

こんな風にステップできれば右打者の前に身体をいけるので投げやすくなるので、
バッターに邪魔をされる可能性はガクッと下がります。

ポイントはボールを引きつけること!

これは三塁送球の基本的な投げ方でもそうなんですけど、
ボールを捕りにいくとステップが遅くなりますし、ボールの位置に合わせたステップがしにくいです。

ボールを引き付けて捕れば、ボールの位置に合わせた三塁送球のステップができます。

キャッチャーの二塁送球はこちらで解説してます。

キャッチャーの三塁送球の守備妨害が適用されるケース

キャッチャーの三塁送球は投げづらいので、
「これって守備妨害なんじゃ…」と思う瞬間は多々あると思います。

でも残念ながらほとんどの場合、守備妨害は適用されません。

(3)バッターがバッターボックスの外に出るか、あるいは何らかの動作によって本塁でのキャッチャーのプレイ及びキャッチャーの守備または送球を妨害した場合。

野球規則:バッターの反則行為

ここからも分かるように、

・バッターがバッターボックスから出る。

・不自然な動作をしてキャッチャーの送球を妨害する。

この2つのケースでしか三塁送球の守備妨害を適用されないんですよね。

バッターの何らの動作は審判判断になるので曖昧です。

ただ打者がバッターボックス内にいるなら、
ほとんどの場合キャッチャーの送球妨害は適用されません!

キャチャーがステップで打者を上手くかわす必要があります。

またバッターが普通に構えていて、
キャッチャーの送球が打者のバットに当たった場合、基本的にはインプレーです。

ボールが遠くにいったなら、全力で追いかけよう!

キャッチャーへの送球妨害についてはこちらで詳しく解説してます。

三塁送球はステップが超大切!

キャッチャーの三塁送球の投げ方を解説しました。

キャッチャーの三塁送球はステップが超大切です!

右足の位置さえちゃんとステップできればスローイングは安定しますし、
右バッターが邪魔にならずにボールを投げられます。

ボールを引き付けて、右足をベストな位置にステップする。

これができるように練習を積みかさねましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る