送球を妨害されてるキャッチャー

相手バッターがキャッチャーの送球を妨害した場合、キャッチャーへの送球妨害が適用されます。

キャッチャーは相手バッターに送球を妨害されたら、
審判にアピールしないといけないよ!

ただ、どこからが送球妨害なのか分かりづらいですよね。

今回はキャッチャーの送球妨害が適用されるケースを解説します。

・キャッチャーの送球がバットに当たった場合

審判が邪魔で送球できなかった場合

この2のケースについてもお話します。

ポイントは「どんな状況であれ、キャッチャーはベストプレーすること」です!

送球妨害とは?

送球妨害とは、バッターやランナーが守備陣の送球を邪魔するプレーです。

では、どこからが送球妨害なのか?

審判の判断の裁量が大きいんですけど、一定の判断基準はあります。

・バッターボックス内からバッターの足は出てないか?

・ランナーが走路から大きく外れてないか?

こんな風に基準はあるんですけど、最終ジャッジするのは審判です。

自分が送球妨害だと判断して、プレーを中断するのは絶対にやめましょう!

送球妨害ルールを知ってるとアピールしたくなりますが、
もし送球妨害と判断されなかったら最悪です…。

バッターやランナーが送球を邪魔してきたとしても、ベストプレーをしましょう!

キャッチャーの送球妨害が適用されるケース

それではキャッチャーの送球妨害が適用されるケースをまとめていきます。

バッターが盗塁阻止の邪魔をした

バッターが盗塁阻止の邪魔をした場合、キャッチャーの送球妨害が適用されます。

・バッターが空振りしたあとに、ホームベース側に足を出す。

・キャッチャーが捕球したあとに、バッターがスイングする。

こんな風にバッターがキャッチャーの送球方向や送球動作の邪魔をしたら、
送球妨害と判断される場合が多いです。

でも審判はプレーが切れてから判断するから、
送球できるならしたほうがいいね!

もしキャッチャーの二塁送球の妨害が適用された場合、
基本的にはバッターにペナルティが発生します。

【ケース①】

ランナー1塁|カウントは『0ボール0ストライク~3ボール2ストライク』までの場合。

バッターがアウトになり、盗塁を試みたランナーは一塁に戻る。

ex)1アウトでランナー1塁の場合、2アウトランナー1塁から試合開始。

【ケース②】

ランナー1塁|バッターが三振した場合。

1塁ランナーがアウトになる。※バッターにペナルティを与えられないから。

ex)1アウトでランナー1塁の場合、バッター三振とランナーアウトで3アウトになり、チェンジ。

【ケース③】

キャッチャーの守備妨害を適用されたけど、ランナーが二塁でアウトになった場合。

バッターへのペナルティはなし。

ex)0アウトランナー1塁、カウント0ボール1ストライクだった場合、ランナーが盗塁アウトで1アウト。バッターは0ボール2ストライクから試合再開

こんな風にケースによってランナーがアウトになったり、
守備妨害が取り消されたりします。

ただ、いずれのケースもキャッチャーが盗塁阻止するのがベスト!

ランナーなしの状態で試合を再開できますからね!

バッターが三振アウトになるケース以外は、キャッチャーは盗塁阻止を狙いましょう!

バント処理

バント処理でもキャッチャーの送球妨害が適用されるケースがあります。

・バントしたバッターが故意にキャッチャーの送球を妨害した場合

たとえばランナー1塁の送りバントでキャッチャーの1塁送球を明らかに邪魔したり、
スクイズ時にキャッチャーが3塁に投げるのを妨害したりする場合ですね。

バント処理でもキャッチャーの送球妨害は
十分にありえます!

バント処理時でキャッチャーの送球妨害が適用された場合には、
基本的にはホームに近いランナーとバッターがアウトになります。

ただバッターが普通に一塁に走ってたり、
バッターボックス内での行動ならキャッチャーの送球妨害は適用されません!

この辺の判断は審判が行います。

キャッチャーはバント処理をバッターに邪魔されたとしても、
併殺を狙ったり、確実にアウトを取りにいったりするといいですね!

キャッチャーの投げたボールがバットに当たったら?

ごく稀にキャッチャーの送球がバッターのバットに当たってしまうことがあります。

この場合は、

・バッターが故意にキャッチャーの送球にバットを当てたら、バッターがアウト。

・バッターが意図せずキャッチャーの送球がバットに当たったら、インプレー。

(※インプレー=プレー続行)

「故意」か「故意でない」かは審判の判断だね。

とはいえ、送球がバットに当たるのはキャッチャーの送球ミスです!

よっぽどバッターが邪魔をしない限りは…。

送球するときにはバッターのバットの位置を頭に入れておくといいですね!

審判が邪魔でキャッチャーが投げられなかったら?

これも極々稀ですが、審判が邪魔でキャッチャーが上手く投げられない場合もあります。

明らかに審判が邪魔ではない限り、インプレーです。

もし審判がキャッチャーの送球を妨害したと判断したら、
審判ボークが適用されカウントは適用でランナーは元の塁に戻されます。

とはいえ審判はプレー中「ベース」と同じ存在なのでボールが当たったり、
送球の邪魔だったりしても基本的にはインプレーです。

審判が邪魔で投げづらかったりしても、キャッチャーは工夫して投げたほうがいいですね!

ベストプレーをしよう!

キャッチャーの送球妨害が適用されるケースを解説しました。

「盗塁阻止」や「バント処理」でキャッチャーの送球妨害が適用されるケースがあります。

でも、最終ジャッジは審判です。
バッターに多少の邪魔をされたとしても、キャッチャーはベストプレーしましょう!

また送球がバットに当たったり、審判が邪魔で投げづらかったりするのは、
キャッチャーのミスです。

送球する可能性があるケースなら、
バッターと審判の位置をしっかりと把握しておきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る