野球のタイムのルール

「1試合でタイムを取れる回数は何回?」

「1回のタイムに時間制限は?」

「延長戦に入った場合、タイムは何回増えるの?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球のタイムのルールをお話します。

知ってるようで知らなくて、
覚えようとも思えないのが野球のタイムに関するルールですよね。

1試合に何度もあるプレーではないしね。

 

でも、野球のタイムのルールを知らないがゆえに
タイムを取りたいときに取れなかったりします。

本記事では野球のタイムの1試合で取れる回数と1回当たりの時間制限、
そして延長戦になった場合のルールについて解説します。

また、覚えておきたい野球タイムのルールもお話しするので、
試合をするときにお役立てください。

※9イニング制での一般的なタイムのルールです。少年野球などの場合は、
所属してる団体のルールを確認しましょう。

野球のタイムの種類

まずは野球のタイムの種類です。

①ちょっとしたタイム

②選手交代のタイム

③攻撃側のタイム

④守備側のタイム

野球のタイムにはこの4種類があります。

ちょっとしたタイム

まず1つ目の野球のタイムの種類は、ちょっとしたタイムです。

・スパイクの紐がほどけた

・ユニフォームが出ている

・二塁打を打った時にフットガードなどをランナーコーチに渡す

選手がこのような状態になったときに審判にタイムをリクエストし、
少しの間プレーを止められます。

ちょっとしたタイムの1試合での回数制限はありませんし、
時間制限もありませんが、なる早で済ませます。

選手交代のタイム

つづいての野球のタイムの種類は、選手交代のタイムです。

・代打

・代走

・ピッチャー交代

監督がこのような作戦を実行したいときに、
審判に審判にタイムを要求します。

ピッチャー交代以外は、
これも一瞬のタイムだね。

 

こちらも1試合での回数制限はありませんし、
時間制限もありませんが、なる早で済ませます。

ただ、ピッチャー交代のときは投球練習が始まる前であれば、
少しだけ時間をとっても問題ありません。

あまりにも長いと注意されます。

 

ピッチャーの投球練習が始まったあとに内野手を集めたり、
監督や伝令がマウンドに行ったりするなら守備側のタイムになります。

代走や代打に伝令したい場合も攻撃側のタイムとなり、
単純な選手交代のタイムではなくなります。

守備側のタイム

3つ目の野球のタイムの種類は、守備側のタイムです。

・守備側の試合の流れが悪く、間を入れたい

・交代したピッチャーと少し打ち合わせをしたい

このような場合に守備側は審判にリクエストすれば、
タイムをとることができます。

守備側のタイムは上記2つのタイムとは違って、
1試合の回数制限時間制限他のルールもあるんですよね。

本記事で守備側のタイム、
攻撃側のタイムについて詳しくお話します。

攻撃側のタイム

最後4つ目の野球のタイムの種類は、攻撃側のタイムです。

・打席に入る前のバッターに作戦を細かく伝えたい

・代打や代走に伝令をしたい

このような場合に攻撃側は審判にリクエストすれば、
タイムをとることができます。

攻撃側のタイムも守備側のタイムと同様に、
1試合の回数制限時間制限があります。

ここもあとで詳しく話すね!

野球のタイム|1試合の上限回数

それでは野球のタイムの1試合の上限回数です。

・守備側のタイム:3回まで

・攻撃側のタイム:3回まで

※9回までのタイムの上限回数です。延長戦に入ると変わります。

ちょっとしたタイム、選手交代のタイムには回数制限はありませんが、
守備側のタイムと攻撃側のタイムには回数制限があります。

守備側のタイム:3回まで

守備側の1試合の回数は3回までです。

9回までなら、それ以上は取れません。

 

ポイントは、守備側のタイムの定義です。

・マウンドに2人以上の野手が集まった場合

・交代したピッチャーが投球練習を始めたあとに2人以上集まった場合

・伝令がフェアゾーンに入った場合

このようなケースが守備側のタイムとしてカウントされます。

あとは球審がピッチャーと野手が打ち合わせしてると判断したときに、
1回の守備側のタイムにする場合もあります。

まずは注意されるけどね。
それでもやめなかったらカウントされるよ!

 

キャッチャーがタイムをとるタイミングはこちらで紹介してます。

攻撃側のタイム:3回まで

攻撃側の1試合の回数も3回までです。

・打席に入ってるバッターに伝令を送った場合

・代打や代走に伝令を送った場合

このような行為は攻撃側のタイムとカウントされます。

時間を取ってでも
伝令を送りたいかどうかですね!

 

ポイントは2つあります。

1つ目は守備側がタイムを取ってるときの攻撃側の伝令はカウントされません。

ただ守備側のタイムが終わってるのに、
攻撃側の伝令が続いてるなら当然カウントされます。

もう1つはバッターをベンチにまで戻すのは禁止です!

ペナルティはないけどね。

野球のタイム|1回の時間制限

つづいて野球のタイムの1回あたりの時間制限です。

こちらは守備側も攻撃側も同じ30秒間です。

審判が「タイム」とコールしてから30秒以内までに済ませましょう!

30秒を超えてもペナルティはありませんが、
審判に物凄いプレッシャーをかけらます。

やりすぎると警告される可能性はあります。

 

タイムのときのキャッチャーの声かけはこちらで紹介してます。

覚えておきたい野球タイムの2つのルール

野球のタイムは回数と時間を覚えておけば、基本的に困ることはありません。

ただ、この2つのタイムのルールは覚えておくのをおすすめします。

・延長戦の特別ルール

・投手の自動交代ルール

それでは1つずつ解説します。

延長戦の特別ルール

まず1つ目の覚えておきたい野球タイムのルールは、延長戦の特別ルールです。

延長戦に入ったら、守備側も攻撃側も1イニングにつき1回だけタイムを取れます。

ポイントは2つです。

・それまでの回数は関係なし

・1イニングに1回だけ

9回までにタイムを1回しか取ってなくても、
延長戦に入ったら1イニングにつき1回だけしか取れません。

残りの2回を使う場面はもうないんだよね。

投手の自動交代ルール

つぎの覚えておきたい野球タイムのルールは、投手の自動交代ルールです。

1イニング内に同じ投手で2回タイムを取った場合、
そのピッチャーは自動的に交代になるルールがあります。

意外と知られていないタイムのルールです。

 

これは監督や伝令、選手の誰がタイムを取っても同じです。

たとえば監督が1回タイムをとって、その後にキャッチャーがタイムをとったら、
1イニングに合計2回のタイムなのでピッチャーは自動的に交代しないといけません。

うっかりタイムはあるあるなので、気をつけましょう!

タイムを上手く使おう!

野球のタイムのルールについて解説しました。

・守備側のタイム:3回まで、30秒以内

・攻撃側のタイム:3回まで、30秒以内

・延長戦ルール:1イニングに1回のみ、30秒以内

このように野球のルールには回数にも時間にも制限があります。

この30秒3回のルールを上手く使えば、チームのピンチを乗り越えられたり、
ここ一番での作戦を決められます。

タイムを上手く活用して、チームを勝利に導きましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る