野球のスリーフィートラインの意味を解説します。

・スリーフィートラインの寸法(長さ)
・スリーフィートラインでアウトにできるルール

この2つについてもお話します。

キャッチャーが覚えておくべきルールの1つなので、
しっかりとチェックしておきましょう!

スリフィートラインとは?

スリーフィートラインとは、1塁線の横に引かれてるラインです。

野球のスリーフィートライン

ホームベースと一塁ベースの間からスリーフィート分だけ離して、
そこから1塁ベースと平行してラインを引いてます。

スリフィートラインの寸法(長さ)

スリーフィートラインの寸法(長さ)は、文字通りスリーフィートです。

1フィートは30.48センチだよ!

スリーフィートは、91.44センチですね!

1塁線から約1メートル離して引いたラインが、スリーフィートラインです。

スリーフィートラインは1塁だけではない!

グラウンドに引かれてるスリーフィートラインは1塁線だけです。

でもスリーフィートラインがあるのは1塁だけではなく、
1・2塁間、2・3塁間、3・本塁間にもあります。

見えないスリーフィートラインですね!

また、1塁線のスリーフィートラインと他の塁間のスリーフィートラインには、
大きく違う部分があります。

それは6フィートラインということです。

1・2塁間、2・3塁間、3・本塁間のスリーフィートライン

1・2塁間、2・3塁間、3・本塁間は各ベースから次のベースの直線を軸に、
左右に3フィートずつのラインがあるんですよね!

スリーフィートラインの意味

野球のスリーフィートラインの意味は、ランナー走路の左右の限度です。

基本的に塁間を一直線で走ったほうが速いんですけど、
塁間で挟まれたときには左右にも動いたほうがセーフになる確率が上がります。

でも、ランナー走路に左右の限度がなかったらどこまででも逃げられますよね。

タッチされたくないから、とりあえずライトまで走るか!

大袈裟ですが、こんなこともできちゃうわけなので、
ランナー走路を左に3フィート、右に3フィートを限度にしてるんですよね。

ただ、1塁線のスリフィートラインは意味が少し違います!

1塁線は挟殺プレーがありませんからね。

1塁のスリーフィートラインの意味は、守備妨害の境界線なんです。

たとえばキャッチャーがゴロを1塁ベースに投げようとしたとき、
ランナーが1塁線よりフェアグランド側を走ったら邪魔で投げづらいですよね。

また、バッターが振り逃げをしてキャッチャーが1塁側に後逸したとき、
ランナーが1塁線よりファール側に走ったらファーストと送球がカブります。

1塁線のスリーフィートは、打者ランナーの守備妨害の境界線の役割をしてるんですよね!

スリーフィートラインでアウトにできるルールとは?

スリフィートラインでアウトにできるルールがあります。

キャッチャーは覚えておきましょう!

実は、ランナーが3フィートを超えたらアウトになるんですよね!

なのでランダウンプレー(挟殺プレー)の時には一直線でランナーを追うだけではなく、
ちょっと斜めに走って左右の3フィートラインから出してしまうのもありです。

左右に1メートルずつくらいだからね!
相撲する感覚でランナーを走路から外してもいいよね!

そのときには審判に「スリーフィート」と大きな声でアピールしましょう。

審判がスリーフィートと判断してくれればランナーはアウトなので、
タッチする必要がなくなります。

とくに3・本塁間のランダウンプレー(挟殺プレー)は1ミスが1得点になるので、
スリーフィートラインで確実にランナーをアウトにするのがおすすめです!

キャッチャーが覚えたほうがいい他のルールはこちらで解説してます。

ランナーの動きを見て瞬時に判断しよう!

野球のスリーフィートラインの意味を解説しました。

スリーフィートラインとは、ランナー走路の左右の上限です。
上限がなかったらどこまででも逃げられますからね。

スリーフィートといっても約1メートルなので、
ランナーの動きを見てオーバーしてたらすぐに審判にアピールしましょう!

そうすればランダウンプレーをミスする可能性はゼロになりますし、
次のランナーもアウトにできるかもしれません。

瞬時に的確な判断をして、ランナーをアウトにしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る