振り逃げするバッター

「野球の振り逃げのルールがイマイチよく分からない…」

「アカウントとランナーの状況で、振り逃げができないこともあるの?」

「振り逃げが出来るときと出来ないときをまとめてほしい!」

こんな風に思ってる方に向けて、野球の振り逃げのルールを解説します。

野球には空振り三振をしても出塁できる可能性を秘めてる振り逃げというルールがあります。

でも、バッターはいつでも振り逃げができるわけではなく、
アウトカウントやランナーの状況で振り逃げをできないケースがあるんですよね。

振り逃げが出来るケースと出来ないケースを覚えておかないと、
守備のときに無駄なプレーをしてランナーに進塁される可能性があります。

本記事では野球の振り逃げのルールやアウトカウントやランナーの状況による振り逃げの条件、
そして振り逃げしたバッターをアウトにする方法をお話します。

せっかくピッチャーが三振を奪ったのにバッターをアウトにできないのは残念すぎますし、
ランナーがいる状況で判断を誤れば、振り逃げで相手チームに点を取られる可能性もあります。

そんな状況にならないように、振り逃げのルールは明確にしておきましょう!

野球の振り逃げとは?

まずは、振り逃げのルールをおさらいします。

3ストライク目をキャッチャーがノーバウンドで完全捕球すれば、
バッターはいかなるときも振り逃げはできません。

バッターが振り逃げをできるのは3ストライク目を、

・キャッチャーが捕れなかった場合

・投球がショートバウントした場合

この2つのケースでのみ、バッターは振り逃げをできます。

また、振り逃げは「バッターが空振りしないとできない!」と思われがちですが、
実はバッターは3ストライク目をスイングしなくても振り逃げをできるんですよね。

バッターがノーバウンドのストライクボールを見逃して、
キャッチャーが後逸した場合には振り逃げはできます。

つまり、バッターが空振りしても見送ってもがキャッチャーがストライクを捕球できなかったり、
投球がワンバンドしたりすると振り逃げはできるんです!

なのでキャッチャーは3ストライク目のボールは確実にキャッチしたり、
ショートバウントなら腕を伸ばしてノーバウンドで捕るようしたり、
それが難しそうだったら、身体でしっかりと止めるようにしましょう!

 

キャッチャーのワンバウントの捕り方は下記ブログ記事で解説してます。

野球の振り逃げの条件

バッターは3ストライク目にワンバンドした投球を空振りしたり、
キャッチャーがストライクを捕球できなかったりしたら振り逃げができます。

でも、この2つが揃えばいつでも振り逃げができるわけではありません。

他にも条件があるんですよね。

・ランナーの状況

・アウトカウント

この2つの状況によって、バッターは振り逃げをできないケースがあります。

守備側はちゃんと覚えておきたいね!

 

とくにキャッチャーが振り逃げの対応をするので、
しっかりと覚えて、余分なプレーをしないようにしましょう!

ランナーの状況

まずはランナーの状況での振り逃げが出来るケースと出来ないケースからお話します。

1塁にランナーがいないなら、アウトカウント関係なく、バッターは振り逃げができます。

逆に、ランナーが1塁にいる場合には基本的に振り逃げをできません。

アウトカウントによって出来る場合があります。

 

また1塁にランナーがいる場合、バッターは基本的に振り逃げはできませんが、
キャッチャーがボールを後逸したら1塁ランナーは進塁をできます。

ランナーがいる状況ならキャッチャーはボールをうしろに逸らさないようにしましょう!

アウトカウント

つづいて、アウトカウントによる振り逃げができるケースと出来ないケースです。

先ほどお話した通り、ランナーが1塁にいたらバッターは基本的に振り逃げをできませんが、
アウトカウントがツーアウトなら話は変わってきます。

アウトカウントがツーアウトなら、1塁にランナーがいてもバッターは振り逃げをできるんです!

なので、ツーアウトならキャッチャーは投球がワンバウンドしたらバッターにタッチしたり、
ランナーがいるならランナーをアウトにしたりする必要があります。

また「ツーアウト、ランナー1塁」「ツーアウト、ランナー1塁・2塁」
「ツーアウト、ランナー満塁」などのバッターの振り逃げはフォースプレーです。

振り逃げなんですけど、
「バッターが打った状況と同じ」ということです。

 

たとえば「ツーアウト、ランナー1塁」ならセカンドベースを踏めばアウトですし、
「ツーアウト、ランナー1・2塁」ならセカンドベース、サードベースを踏んでもアウトです。

そして「ツーアウト、満塁」だったら、どのベースでも踏めばアウトにできます。

満塁だったら、ホームベースを踏むといいね!

 

野球の振り逃げのルールは少しややこしいですが…、

ツーアウトで3ストライク目がワンバンドになったら、アウトを取らないといけない。

これさえ覚えておけばOKです!

振り逃げをアウトにする方法

最後に振り逃げするバッターをアウトにする方法です。

ランナーの状況やアウトカウントによっては、
振り逃げしたバッターでアウトを取る必要はありません。

でも振り逃げの場合は、基本的にバッターをアウトにするほうが簡単です。

バッターはキャッチャーの目の前にいますからね。

 

振り逃げしたバッターをアウトにできる方法は3つあります。

・バッターにタッチする。

・1塁にボールを投げる。

・ダートサークルからバッターを外に出す。

バッターへのタッチや1塁にボールを投げるのはご存知の方は多いですが、
実はバッターをダートサークルから外に出すだけでもアウトにできるんです。

バッターがダートサークルから出れば、
タッチも1塁への送球もしなくていいんだよ。

 

なのでキャッチャーはバッターをタッチしにいくとき、
ダートサークルの外に出すようなイメージで追いかけるといいですね。

もちろん、ランナーでアウトを取りにいってもOKです。

ツーアウト満塁ならホームベースを踏めばアウトを取れますし、
中途半端な走塁をしてるランナーがいれば狙っても良いと思います。

基本的には振り逃げしたバッターでアウトを狙いつつ、
それが難しかったり、他の方法のほうが簡単だったらそこでアウトを取りましょう!

振り逃げには冷静に対応!

野球の振り逃げのルールをお話しました。

野球の振り逃げが成立するのは、バッターが3ストライク目を…

・キャッチャーが捕れなかった

・投球がショートバウントした

このような場合にバッターは振り逃げをできます。

ただ、ランナーが1塁にいたらバッターは基本的に振り逃げをできなかったり、
ランナーが1塁にいてもツーアウトなら振り逃げはできたりと。

野球の振り逃げの条件は、実はいろいろとあって複雑です。

なので覚えるのがめんどくさいんですけど、
振り逃げの条件を明確に覚えておかないと、「いざ」というときにテンパります。

よくあるのが、
「バッターでしかアウトを取れない」という誤解です。

 

3ストライク目のボールを大きく後逸した場合には、
ランナーをアウトにするほうが簡単なケースは多々あります。

野球の振り逃げのルールをちゃんと予習しておいて、冷静に対応できるようになりましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る