振り逃げするバッター

振り逃げのルールを解説します。

キャッチャーが覚えておくべきルールのなかに振り逃げがあります。

振り逃げは、アウトカウントやランナーの状況によって成立したり、成立しなかったりします。

この違いを明確に理解しておかないといけません!

せっかく三振なのにバッターをアウトにできなかったり、
最悪なケースだと相手チームに点を取られたりするんですよね!

今回は、振り逃げの条件やアウトカウントなど状況ごとの振り逃げの対処法を解説します。

振り逃げとは?

まずは、振り逃げのルールをおさらいします。

3ストライク目をキャッチャーがノーバウンドで完全捕球すれば、
バッターはいかなるときも振り逃げはできません。

バッターが振り逃げをできるのは、3ストライク目を…、

・キャッチャーが捕れなかった場合

・投球がショートバウントした場合

この2つのケースでのみ、相手バッターは振り逃げができます。

3ストライク目にショートバウントが来たら、
腕を伸ばしてノーバウンドで捕るようにするといいですね!

片手だと後逸しそうだったら、身体で止めましょう!

ちなみに…、バッターがスイングしなくても振り逃げはできます!

バッターがノーバウンドのストライクボールを見逃して、
キャッチャーが後逸した場合には振り逃げをできるんです。

バッターが空振りしようが見送ろうがキャッチャーがストライクボールを捕球できなかったり、
投球がワンバンドしたりすると振り逃げはできるんですよね!

キャッチャーはしっかりと捕りましょう!

キャッチャーのワンバウントの捕り方は下記ブログ記事で解説してます。

振り逃げの条件

バッターは投球がワンバンドしたり、キャッチャーが捕球できなかったりしたら振り逃げできます。

でも、いつでも振り逃げができるわけではありません。

他にも条件があるんですよね。

「ランナーの状況」や「アウトカウント」によって、
3ストライク目がワンバンドしても振り逃げできないケースもあります。

キャッチャーはしっかりと覚えて、余分なプレーをしないようにしましょう!

ランナーの状況

1塁にランナーがいない場合、バッターは振り逃げをできます。

アウトカウントは関係ないよ!

1塁にランナーがいなければバッターは振り逃げできるんです!

逆に、ランナーが1塁にいる場合には基本的に振り逃げをできません。

この「基本的に」を抑えておいてください!

キャッチャーが後逸したら1塁ランナーは進塁できますが、バッターはアウトです。

アウトカウント

ランナーが1塁にいたら、バッターは振り逃げをできません。

でも、ツーアウトなら話は変わります!

ツーアウトなら1塁にランナーがいても、
振り逃げをできるんだよね!

ツーアウトなら3ストライク目がワンバウンドならバッターにタッチしたり、
ランナーがいるならランナーをアウトにしたりする必要があるんですよね。

また「ツーアウト、ランナー1塁」「ツーアウト、ランナー1塁・2塁」
「ツーアウト、ランナー満塁」などの振り逃げのはフォースプレーになります。

振り逃げなんですけど
「バッターが打った状況と同じ」ということです。

「ツーアウト、ランナー1塁」ならセカンドベースを踏めばアウトですし、
「ツーアウト、ランナー1・2塁」ならセカンドベース、サードベースを踏んでもアウトです。

「ツーアウト、満塁」なら、どのベースでもアウトにできます。

ワンバンドを身体の前で止めれたなら、
ホームベースを踏むといいですね!

ややこしいですが…、
ツーアウトで3ストライク目がワンバンドになったらアウトを取らないといけない。

これを覚えておけばOKです。

振り逃げをアウトにする方法

振り逃げするバッターをアウトにする方法は3つです。

・バッターにタッチする。

・1塁にボールを投げる。

・ダートサークルからバッターを外に出す。

この3つの方法で、振り逃げしたバッターをアウトにできます。

バッターにタッチするときは、
ダートサークルを意識するといいですね!

またランナーがいる状態で振り逃げされたら、ランナーでアウトを取りにいってもOKです。

フォースアウトや中途半端な走塁をしてるランナーを狙ういいですね!

冷静に対応しよう

振り逃げの条件をお話しました。

振り逃げの条件は、実はいろいろとあって複雑です。

でも振り逃げのルールを知っておかないと、「いざ」というときにテンパってしまいます。

あらかじめ予習しておいて、冷静に対応できるようになりましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る