ビタ止めキャッチングできるキャッチャー

「捕球したときにキャッチャーミットがどうしても動く…。」

そんな課題を持ってるキャッチャーに向けて、
ビタ止めキャッチングの5つのコツを解説します。

ご紹介する5つのコツを再現できれば、ビタ止めできます!

ポイントは「左ひじ」と「捕球イメージ」です。

どうしてキャッチャーミットが動くのか?

ピッチャーのボールを受けるときに、どうしてキャッチャーミットが動いてしまうのか?

これを考えてるのがビタ止めキャッチングの一歩目です!

細かい原因はいろいろとありますが大きな原因は、
ピッチャーのボールの威力にミットが負けてるからです。

・ストレートの球威に押される。

・変化球の変化量に負けてる。

ストレートにしろ変化球にしろボールの威力に負けてるから、
キャッチャーミットが流れたり、垂れたりします。

ボールの威力に負けなければ、ビタ止めキャッチングはできます!

ご紹介するコツはピッチャーのボールの威力に負けないキャッチングをするためのコツです。
ぜひ再現していただき、ビタ止めキャッチングをマスターしてください。

キャッチングの基本はこちらで解説してます。

ビタ止めキャッチングの5つのコツ

ビタ止めキャッチしてるキャッチャー

それではキャッチャーのビタ止めキャッチングの5つのコツを解説します。

構え方のコツ」が2つ、「捕り方のコツ」が3つあります。

左ひじの角度

まず1つ目のコツは左ひじの角度です。

左ひじの角度がキャッチャーミットと水平になってるとボールの威力に負けます。

左脇が開いてる状態ですね!

遅いボールならこの状態でもビタ止めキャッチングはできますが、
140キロを超えるボールだと確実に流れます。

キャッチングはキャッチャーミットだけではなく左腕全体でやります。
左脇を閉めて、キャッチャーミットと左ひじの角度を30度くらいにして構えましょう!

キャッチボールのときに
胸でキャッチャーミットを構える角度だね!

この角度であればボールの威力に負けませんし、
もし負けそうになってもキャッチャーミットは前後に動くだけです。

キャッチャーの基本的な構え方はこちらで解説してます。

キャッチャーミットの角度

つぎがキャッチャーミットの角度です。

キャッチャーミットを構えたときに親指が地面と水平になってたり、
キャッチャーミットの頭の部分が下がってたりするとボールの威力に負けてミットが動きます。

この構え方だと左脇が開いてしまうんですよね。

キャッチャーミットの角度も意識しましょう!

それさえ気をつければ自然と左ひじのポジションが決まります。

キャッチャーミットの角度は、人指し指を1時くらいにするといいですね。

この角度なら自然と左脇が閉まるし、
左ひじをクッションのように使えるのでビタ止めキャッチングができます。

縦捕りと横捕りキャッチングの使い分けはこちらで解説してます。

ボールの軌道を予測する

3つ目のコツはボールの軌道を予測するです。

ここからは捕り方です。

ストレートでも変化球でもボールの軌道を予測してキャッチングしましょう!

・ストレートならこれくらいボールが伸びそう。

・変化球ならこの位置くらいで変化が終わりそう。

キャッチャーミットが流れてしまう原因のなかには、
ボールとキャッチャーミットの位置のズレがあります。

ボールの軌道に対してキャッチャーミットを正確に合わせれてないから、
ボールの威力に負けてミットが動くんですよね。

ボールの軌道を予測して、そこにキャッチャーミットを持っていきましょう!

キャッチャーミットの良い音の鳴らし方はこちらで解説してます。

ボールを引きつける

4つ目は、ボールを引きつけるです。

ボールを捕りにいくのではなく、引き付けて止める!

これがビタ止めキャッチングのイメージです。

ボールを捕りにいくとキャッチャーミットは高確率で動きます。
左手が動きすぎると、どうしてもブレるんですよね。

ボールの軌道を予測したらギリギリまで引きつけて、
捕球ゾーンに入ったらポンっと止めるイメージでキャッチングしましょう!

キャッチングの練習方法はこちらで解説してます。

包み込むイメージで捕球する

最後5つ目は、包み込むイメージで捕球するです。

ボールを掴むのではなく、そっと包んであげるイメージで捕りましょう!

ボールを掴みにいくと左手に力が入るので、
ボールの威力と左手が反発します。
壁あてと同じ感じですね。

左手がスポンジになったイメージで捕りましょう!

①ボールの軌道を予測する。

②ボールをギリギリまで引きつける。

③包み込むイメージで捕球する。

この3つがビタ止めキャッチングを成功させる捕り方です。

キャッチャーミットを動かさず綺麗に捕ろう!

今ビタ止めキャッチングできる5つのコツをご紹介しました。

キャッチングするときにキャッチャーミットが流れてしまうのは、
ボールの威力にミットが負けてしまってるからです。

ボールの威力と戦うのではなく、
キャッチャーミットで吸収してあげるイメージで捕球しましょう!

今回ご紹介したコツは、そのためのものです。

キャッチャーミットを動かさずに綺麗にビタ止めして、
ピッチャーや審判のテンションをあげましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る