親指を突き指しそうなキャッチャー

「親指を突き指しないキャッチャーの捕り方は?」

「親指が痛いんだけど、おすすめのサポーターを知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、親指を突き指しないキャッチャーの捕り方を解説します。

キャッチャーで親指を突き指してしまう主な原因は、
「キャッチャーミットの角度」と「ボールの捕り方」の2つです。

キャッチャーミットの角度が悪かったり、
ボールを捕るまでの動作や捕り方が良くなかったりすると親指を突き指します。

つまり、この2つさえ修正すれば、親指の突き指からおさらばできるのです。

小学生や中学生のころはよく突き指してましたが、
高校生くらいからはほとんどしなくなりました。

 

本記事ではキャッチングで親指を突き指してしまう理由や
親指を突き指しないキャッチャーの捕り方、そして親指サポーターについて解説します。

キャッチャーをしてて親指を突き指すると痛いです。

守備だけではなくバッティングにも悪影響を与えるので、
親指を突き指しないキャッチングを身につけ、常に手がベストな状態でプレーしましょう!

〜親指に違和感がある方へ〜

すでに親指を突き指してたり、違和感があったりする方のために、
先に僕のイチオシの親指プロテクターをお話します。

一番のおすすめはマクダビッドです。

サポーターだけでなく、アームスリーブやリストガードなど、
多くのプロ野球選手に愛用されてるメーカーになります。

そのマクダビッドの親指プロテクターは装着が簡単ですし、
着け心地も機能性も抜群なので、イチオシです。

キャッチャーが親指を突き指する理由

まずはキャッチャーが親指を突き指する理由をお話します。

親指を突き指してしまうキャッチャーは、
この2つのポイントにクセがある場合が多いです。

キャッチャーミットの角度

キャッチャーが親指を突き指してしまう1つ目の理由は、キャッチャーミットの角度です。

キャッチャーミットの角度が悪いから親指を突き指してしまいます。

とくに多いのがキャッチャーミットの頭が下がってしまってるケースです。

キャッチャーミットの頭は、ミットのウェブの位置だよ!

 

【キャッチャーミットの頭が下がってる捕り方】

キャッチャーミットの頭が下がってる構え方

こんな感じでキャッチャーミットのウェブの位置が地面と平行に近いと、
ボールを捕るときの親指の角度が悪いので、親指を突き指しやすいんです。

キャッチャーミットの頭を下げると親指が「真横~下」の角度になります。

右下45度くらいでしょうか。

 

これだと親指がボールの勢いに負け、反対方向に追いやられ、突き指します。

とくに低めのボールは絶望的!

キャッチャーミットの角度には気をつけましょう。

ボールの捕り方

2つ目のキャッチャーが親指を突き指してしまう理由は、ボールの捕り方です。

ボールを捕る瞬間に左手首を動かすクセがあると親指を突き指しやすくなります。

高めのボールを捕った瞬間に左手首を下に折り曲げたり、
低めのボールを捕った瞬間に左手首を上に折り曲げたりと。

フレーミングをしてるイメージなのか、
ボールを捕った瞬間に左手首を動かすキャッチャーがいます。

ですが、左手首を曲げるのがフレーミングではありませんし、
この捕り方が親指を突き指する原因になるんです。

理由はキャッチャーミットの頭を下げるのと同じで、
ボールを捕るときの親指の角度が良くないからです。

左手首を下に折り曲げると、
親指の位置が右下になります。

 

ボールとタイミングがうまく合えば問題ありませんが、
少しでもタイミングがズレると親指の角度が悪いので、突き指します。

ボールを捕った瞬間に左手首を動かすのはやめましょう。

フレーミングについてはこちらで詳しく解説してます。

親指を突き指しないキャッチャーの捕り方

それでは親指を突き指しないキャッチャーの捕り方を解説します。

ポイントは2つです。

この2つのポイントを意識すれば、滅多に親指を突き指しません。

人差し指の角度を1時方向にする

親指を突き指しないキャッチャーの捕り方の1つ目のコツは、人差し指の角度です。

キャッチャーミットを構えるときに人差し指の角度を1時方向にすれば、
親指を突き指しにくくなります。

【キャッチャーミットの構え方のイメージ】

人差し指を2時の方向にしたキャッチャーミットの構え方

親指を1時の方向にしてキャッチャーミットを構えれば、
親指が右下の位置には絶対になりませんからね。

右上75度くらいになるよ!

 

この角度なら親指を突き指する可能性は限りなくゼロなので、
ボールを捕るときに意識してみてください。

慣れないうちは人差し指の角度が下がりがちになったり、上がりがちになったりします。

「人差し指は1時の方向」と常に念じながら、
身につくまでは人差し指の角度に敏感になりたいですね。

キャッチャーミットを構えるときの人差し指の角度はこちらで解説してます。

ボールの捕り方のイメージを変える

2つ目の親指を突き指しないキャッチャーの捕り方のコツは、ボールの掴み方です。

キャッチングはボールを捕りにいくイメージではなく、
ボールが来るところで掴むイメージにします。

ボールが来る位置にキャッチャーミットを持ってきて、その場で包み込むイメージですね!

この捕り方なら親指の角度は右下にはならないので突き指する可能性は限りなくゼロですし、
その場で包み込むイメージでキャッチングしたほうが良い音もなります。

低めのボールと高めのボールは捕り方は、
ちょっと違います。

 

とはいえ、低めのボールを捕った位置で包み込むように捕球すると、
どうしてもキャッチャーミットが下がります。

低めのボールは、そのボールよりも低い位置から捕りにいくイメージがおすすめです。

ボールの位置よりのさらに下からキャッチャーミットを出して
キャッチャーミットを上げながら捕球する感じです。

ポイントは、ボールを捕りにいく過程でミットを上げること。

この感覚が掴めれば、フレーミングが上手くなります。

また高めのボールの場合は、上から押さえつけて捕るようなイメージで、
ボールよりも高い位置から捕りにいきます。

このイメージでボールを捕れれば、
わざわざキャッチャーミットを下げなくていいんだよね!

 

その場でボールを包み込んで捕れそうなら、そのイメージで捕球して、
低め・高めのボールは紹介したイメージにすれば親指を突き指することは滅多にありません!

親指が痛いならサポーターを付けよう!

キャッチャーをしててい親指を突き指したなら、サポーターを付けましょう!

完治するまえに突き指を繰り返したり、
何度も親指を突き指するととクセになります。

そうなったら面倒なので、躊躇なく親指サポーターをつけたほうがいいです。

個人的なイチオシはマクダビッドのサポーターです。

マクダビッドはプロ野球選手が愛用するサポーターメーカーですし、
親指専用のプロテクターさえあれば、親指の突き指も怖くはありません。

また、キャッチャーは突き指でなくても親指が痛くなる場合があります。

何球もボールを捕ってると握力の疲労が
親指に出るんですよね、きっと。

 

親指専用のプロテクターは怪我のフォローだけではなく、怪我防止にもなります。

ハードなキャッチャー練習をしてたり、親指に違和感があったりするなら、
親指のプロテクターをするのがおすすめです。

また本格的にキャッチャーをするなら、
親指のプロテクターを1つくらいは持っておきたいですね。

転ばぬ先の杖だね。

正しく捕れば親指を突き指しない

親指を突き指しないキャッチャーの捕り方を解説しました。

キャッチャーが捕球するときに突き指してしまうのは、
「キャッチャーミットの角度」か「ボールの捕り方」が主な原因です。

・人差し指の角度

・ボールの掴み方

この2つを意識した捕り方であれば、ほぼ確実に親指を突き指しません。

実際に僕自身もこの2つを意識してから、親指の突き指とおさらばできました!

もし、すでに親指を突き指してたり親指に痛みがあったりするなら、
躊躇せずサポーターを付けましょう。

プレーに集中できないですし、バッティングにも悪影響を与えますし、
何より親指の突き指がクセになったら最悪です…。

親指のケガはキャッチャーにとって大打撃なので、迷わずサポーターを装着しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る