キャッチング練習をしてるキャッチャー

キャッチャーのキャッチングの練習方法って、なかなか見当たりませんよね。

僕も中学生や高校生のころ、キャッチングを上手くしようと思ってたんですけど、
実際にどのように練習したらいいか分かりませんでした。

なので自分でオリジナルのキャッチング練習方法を5つ考えたので、
ぜひ参考にしていただければと思います。

自分で言うのも何ですが…、僕はキャッチングに自信あり人間です。

元プロ野球選手の後輩(ピッチャー)にも
褒めてもらいました!

キャッチングスキルを向上させて、ワンランク上のキャッチャーをを目指しましょう!

理想のキャッチングを決める

まずは理想のキャッチングを決めましょう!

決めるときのポイントは審判目線です。

審判がキャッチャーミットの位置を見たときに、
ストライクだと思えるようなカタチにするといいですね!

捕球したあとのキャッチャーミットのカタチによって、審判の印象は変わります。
キャッチャーミットを見て外れてると思ったら、審判はボールと判断します。

審判はボールの通過位置で判断しますが、
迷ったときにはキャッチャーミットを参考にします。

キャッチャーミットを見た審判がストライクだとコールできるカタチにしましょう!

練習するときのポイントは、誰かに審判役をやってもらうこと。

このカタチは見やすい?」とか「このカタチだとストライクに見える?」など、
審判役に聞きながら理想のキャッチングを追い求めるといいですね!

余裕ができたら、捕ったあとの身体の使い方にも着手しましょう!

身体の位置によっては、審判が見にくい場合があります。

キャッチャーミットのカタチと捕球したときの姿勢を意識して、
理想のキャッチングを身につけていきましょう!

キャッチングの基本はこちらで解説してます。!

イメージトレーニング

つぎがイメージトレーニングです。

一発で理想のキャッチングでは捕れないので、まずはイメージを完璧にしましょう!

キャッチャーミットをつけて構えて「このボールが来たらこう捕る」とイメージしながら、
身体に覚えさせるのがおすすめです。

「鏡の前」や「夜の窓の前」でやると分かりやすいよ!

また、キャッチャーミットがなくても左手があればできるので、家でも一人でもできます。

「低めのボールが来たら…」

「高めのボールが来たら…」

「コースギリギリのボールが来たら…」

いろんなコースを意識しながら、キャッチングのイメージトレーニングをしましょう!

キャッチャーミットのビタ止めのコツはこちらで解説してます。

キャッチボール

3つ目のキャッチング練習方法は、キャッチボールです。

野球をするときには必ずキャッチボールをするので、
いつもキャッチングの練習ができるってことです!

とくに投球間(18.44メートル)まではキャッチングを意識するといいですね!

いい感じにコースが散らばりますし、
球速も緩やかなのでイメージトレーニングしたあとのキャッチング練習には最適です。

またボールをキレイに捕るとキャッチボール相手も喜ぶので、一石二鳥。

遠投やクイックスローのときはダメですが、
投球間の距離なら理想のカタチを目指してキャッチングの練習をしましょう!

ブルペン

4つ目の練習方法は、ブルペンです。

キャッチング練習のなかで1番実践に近いので、
1球も無駄にしないようにしましょう!

ブルペンではキャッチャーミットのカタチだけではなく、音にもこだわるといいですね。

・キャッチャーミットのどの位置で捕ったら良い音がなるのか。

・変化球はどう捕ったら良い音がなるのか。

・逆球のときに良い音を鳴らすにはどうすればいいのか。

少なくても、この3つくらいは意識してブルペンでキャッチング練習をしましょう!

また、ブルペンで投げ終わったピッチャーに、
捕球後のキャッチャーミットのカタチについて感想をもらうのもおすすめです。

「審判にもピッチャーにも綺麗に見えるキャッチング」

これが究極のキャッチングです。

キャッチャーミットの良い音の鳴らし方はこちらで解説してます。

手首のストレッチ

最後5つ目のキャッチング練習方法は、手首のストレッチです。

キャッチングを向上させるのに左手首の柔軟性は、ホント大切です!

コンマ何秒でボールに最適なキャッチャーミットの角度を決めないといけないので、
左手首の俊敏性が求められます。

これはキャッチングだけでなく、
ワンバウンド処理にも共通する考え方です。

左手首の可動域を広げるためにグルグルと手首を回したり、
手首を上下や左右に振ったり
するといいですね!

怪我防止にもなるよ!

手首ストレッチは自宅でも一人でもできるキャッチング練習方法なので、
1日のなかで定期的にやるのがおすすめです。

期間をかけて、ゆっくりと左手首を柔らかくしましょう!

良いキャッチングの確率を上げる

キャッチャー(捕手)のキャッチングを向上させる5つの練習方法をご紹介しました。

プロのキャッチャーがプロたる所以は、良いキャッチングの確率が高いからです。

僕が尊敬してやまない現役時代の古田敦也選手のキャッチングは、
本当にミスがないです。

どのくらいの割合で良いキャッチングができるか?

試合で出来ないと意味がありませんが、練習でできなければ試合では絶対にできません。

まずは日々のキャッチング練習のなかで、良いキャッチング割合を増やしましょう!

そして試合でもできるように改善するといいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る