rキャッチャーミットの選び方

どれも同じように見えるキャッチャーミット。

でも実は…、

・型(カタチ)

・大きさ

・ポケットの深さ

・革

よくよく見ると、これらが違います。

なので自分のプレースタイルに合うキャッチャーミットをちゃんと使うことが、
捕球技術や送球技術を上げる一歩目なんですよね!

今回は自分に合うキャッチャーミットの選び方を解説します。

4つのポイントを理解してから、キャッチャーミットを購入しましょう!

どんなキャッチャーになりたい?

キャッチャーミットを選ぶまえに、どんなキャッチャーになりたいのかを明確にしましょう!

ここをはっきりさせない状態でキャッチャーミットを選んだら後悔します。

このプレースタイルの捕手なら、このキャッチャーミットが最適!

っていうのがあります!

・捕球重視型

・送球重視型

・ニュートラル型

まずはこの3つのタイプで考えみるといいですね!

「どんなキャッチャーになりたいか?」
「何を最優先にしたいか?」

この2つを軸に決めるのがおすすめです。

捕球重視型キャッチャー

まず1つ目が捕球重視型キャッチャーです。

・投球をポロポロしたくない。

・良い音を鳴らしたい。

・ワンバウンド処理範囲を広げたい。

こんな風に思ってるなら、このタイプに当てはまります。

キャッチャーの1番の仕事はピッチャーに気持ちよく、
思い切って投げてもらうことです。

それを最優先したいなら捕球重視型のキャッチャーを目指しましょう!

キャッチングは下記ブログ記事で解説してます。

送球重視型キャッチャー

つぎが送球重視型キャッチャーです。

・肩が強い。

・スローイングに自信がある。

・キャッチャーからの送球がチームの武器。

こんな感じなら送球重視タイプですね!

盗塁を阻止したり、キャッチャー牽制したり、ピックオフプレーをしたり…。
このようなプレーでランナーをアウトできたら、自チームに流れが一気にきます!

ガンガン投げてアウトを狙いたいなら送球重視型が最適です。

スローイングについては下記ブログ記事で解説してます。

ニュートラル型

最後3つ目はニュートラル型です。

捕球も送球も重視したいならニュートラル型でしょう!

これを言ったら元も子もないですが、キャッチングもスローイングも大切です。

でも「どっちつかず」になる場合もあります。

キャッチャーとしての平均値は高いけど、
武器はないみたいな感じです。

なので、キャッチャーミットの型付けを工夫するのがおすすめです。

キャッチャーミットの型付け方法は下記ブログ記事で解説してます。

キャッチャーミットを選ぶときの4つのポイント

それではキャッチャーを選ぶときの4つのポイントを解説します。

・キャッチャーミットの型(カタチ)

・ポケットの深さ

・大きさ

・革

この4つのポイントで自分に合うキャッチャーミットを選んでいきます。

キャッチャーミットの型(カタチ)

まず最初に確認するのはキャッチャーミットの型(カタチ)です。

キャッチャーミットの型は大きくわけて2つあります。

・スタンダード型

・ボックス型

この2つの大きな違いはポケットの位置です。

スタンダード型のキャッチャーミットのポケットは親指寄りにあります。

【スタンダード型のポケットの位置】

スタンダード型キャッチャーミットのポケットの位置

一方でボックス型のキャッチャーミットは中央にポケットがあります。

【ボックス型のポケットの位置】

ボックス型キャッチャーミットのポケットの位置

スタンダード型はポケットが浅くなる傾向がありますし、
ボックス型はポケットが深くなる傾向があります。

ボックス型キャッチャーミットは、
捕球面を長方形のボックスみたいに型付けしますからね!

送球重視ならスタンダード型、捕球重視ならボックス型を選ぶのが一般的です。

キャッチャーミットのタイプ別(スタンダード型・ボックス型)の型付け方法はこちらで解説してます。

ポケットの深さ

2つ目がポケットの深さです。

ポケットの深さはキャッチャーミットの元々の型で大体決まってきます。

スタンダード型なら浅めですし、ボックス型なら深めです。

でもキャッチャーミットの型付け方法で、ポケットの深さは多少は調整できます。

ボックス型でもポケットを少し浅くできます!

基本的には送球重視はポケットが浅め、捕球重視はポケットが深め、
ニュートラル型はポケットの深さを型付けの段階で調整する感じです!

ポケットの深さによってボールの握り替えのしやすさ、
捕球のしやすさは大きく変わります。

自分のプレースタイルに合うポケットの深さにしましょう!

キャッチャーミットのポケットの深さを調整する型付け方法はこちらで解説してます。

大きさ

3つ目はキャッチャーミットの大きさです。

キャッチャーミットの大きさは同じだと思われがちですが、
小さめや大きめなどのサイズがあります。

・小さいキッチャーミットは操作性が高い

・大きいキャッチャーミットはピッチャーが見やすい

それぞれの大きさで違いもあるので、目指すキャッチャー像が大切になってきます!

ちなみに炭谷銀仁朗選手のキャッチャーミットは小さめですが、
小林誠司選手のキャッチャーミットは大きめです。

プロ野球チーム・巨人の捕手陣のキャッチャーミットは下記ブログ記事でまとめてます。

最後4つ目はキャッチャーミットの革です。

キャッチャーミットには天然革合成革あります。

天然革は使い込むと手に馴染むので使いやすくなりますが、水や泥に弱いです。

一方で合成革は手にフィットしにくいですが、水や泥に強いです。

なのでプロ野球選手だと、晴天時と雨が降りそうな時でキャッチャーミットを変えることが多いんですよね。

ただ、2種類を用意するのは厳しいので予算と相談しましょう!

タイプ別のおすすめキャッチャーミット

それではタイプ別のおすすめキャッチャーミットをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

経験が浅いキャッチャー向け

キャッチャー経験が浅いなら、捕球重視のキャッチャーミットがおすすめです。

ピッチャーのボールをポロポロせずにしっかりと捕るのが、
キャッチャーの1番の役割ですし、初めの1歩ですからね!

大きめのボックス型キャッチャーミット」がいいと思います。

小回りは良くないですが、的が大きいですし、ポケットも深いので捕球力が上がります。

送球を武器にしたいキャッチャー向け

送球を武器にしたいなら小さめのスタンダード型キャッチャーミットがおすすめです。

キャッチャーミットが小さいと捕球ポイントが狭いので握り替えがしやすいですし、
全体的に軽さを感じるので小回りもききます。

またスタンダード型はポケットが浅いので当てどりができれば、
送球モーションもグンっと早くなります。

 

ただ、捕球が難しくなります…。

ポロポロしないように気をつけましょう!

バランスを保ちたいキャッチャー向け

送球も捕球も大切にしたいなら、2つのタイプがおすすめです。

・大きめのスタンダード型キャッチャーミット

・小さめのボックス型キャッチャーミット

それぞれの型をキャッチャーミットの大きさでカバーするイメージです。

大きめのスタンダード型キャッチャーミットはポケットが浅いのでやや送球重視
小さめのボックス型キャッチャーミットはポケットが深いのでやや捕球重視になります。

あとは「どちらかと言えばこっちを優先したいな!」で決めるといいですね!

自分に合うキャッチャーミットは大切!

キャッチャーミットの選び方を解説しました。

捕球や送球のスキルを上げるために、
自分に合うキャッチャーミットを見つけるのは大切です。

①目指すキャッチャー像を明確にする。

②キャッチャーミットの特性を理解する。

③自分に合うキャッチャーミットを購入する。

そしてキャッチャーミットを愛しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る