キャッチャーミットのタイプ別の型付け方法とオイルの選び方

キャッチャーミットの型付けってどうやるの?

今回はそんな疑問を持ってる方に向けて、
キャッチャーミットの型付け方法を解説していきます。

キャッチャーミットには、そもそものタイプ(型)があります。
基本的にはそれに合うように型付けをしながら、自分に合わせる感じがおすすめです!

またキャッチャーミットを型付けするときにはグラブオイルも大切です。

どんなオイルを使うかで、仕上がりは変わるんですよね!

最適なオイルでキャッチャーミットを型付けしましょう。

キャッチャーミットのタイプ

キャッチャーミットの型付けをするまえに、キャッチャーミットのタイプを確認します。

自分が捕りやすい型をつけようとしても、
キャッチャーミットのタイプが違ってたら上手くいきません!

なので、そもそものタイプを把握してから型付けをしていきます。

・スタンダードタイプ

・ボックスタイプ

この2タイプの大きな違いはポケットの位置です。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプはポケットの位置が親指(内側)にあります。

古田敦也選手や嶋基宏選手などのキャッチャーミットがスタンダード型です。

ポケットの位置が内側だとポケットが浅くなるので握り替えが早くなったり、
当てどりができたりするので、スローイングがしやすいです。

ただポケットが狭いですし浅いので、キャッチング技術が求められます。

ボックスタイプ

ボックスタイプはポケットの位置が親指と人差し指の間(中央)にあります。

谷繁元信選手や小林誠司選手がボックスタイプを使ってます。

ポケットの位置がやや深くなりポケットも広くなるので、
捕球を重視したいキャッチャーや経験が浅いキャッチャー向けです。

キャッチャーの選び方は下記ブログ記事で解説してます。

タイプ別の型付け方法

それではタイプ別の型付け方法を解説します。

スタンダード型の型付け方法

スタンダード型はポケットが内側なので、親指の部分を中心に型付けします。

 

キャッチャーミットスタンダード型の型付け方法

スタンダード型の型付けポイントは、なるべく平たくすること!

小指側はなるべく折り曲げないようにして、
ウェブ部分はキャッチャーミット側に折り曲げましょう。

ウェブ部分の折り込み具合でポケットの深さが決まります。

ゲキ浅ポケットにしたい人は、あまり入れ込まないほうがいいですね!

キャッチャーミット・スタンダード型のウェブ部分の型付け方法

 

親指側が柔らかくなったら、練習で使っていいタイミングです。

キャッチボールから使い始めて、徐々にポケットを作っていきましょう。

ボックス型の型付け方法

ボックス型の型付け方法は、親指側と小指側の両方を折り曲げていきます。

キャッチャーミットボックス型の型付け方法

ボックス型の型付けポイントは、親指側と小指側をしっかりと折り曲げて「面」を作ること!

ウェブ部分は基本的にはイジらなくてOKです。

ウェブ部分を折り曲げてしまうと、ボックス型本来の特徴が消えてしまいます。

キャッチャーミットボックス型のウェブ部分の型付け方法

ボックス型のポケットは、長方形になるイメージで作っていきましょう!

キャッチャーミットのオイルの選び方

最後にキャッチャーミットのオイルの選び方です。

キャッチャーミットを型付けするときにオイルを頻繁に塗ってしまうと重たくなる原因になります。

おすすめは一番最初にキャッチャーミット全体にオイルを塗って、
一度天日干しをして、その後に型付けをする方法です。

この方法だとオイルが馴染みますし、型付けもしやすくなります。

キャッチャーミットと同じメーカーのオイル

定番はキャッチャーミットと同じメーカーのオイルです。

相性が良いんですよね!

【ミズノ】グローブオイル

【ゼット】グローブオイル

【アシックス】グローブオイル

各種メーカーは、作ってるグローブに合わせてオイルを作ってます。

なのでキャッチャーミットに合うのも同じメーカーのオイルなんですよね。

ハタケヤマのオイル

キャッチャーミットと言えば、ハタケヤマ

キャッチャー用の守備手袋は、キャッチャーの気持ちしか考えてない一品です。

そのハタケヤマはオイルもおすすめです!

オイルを塗って天日干しをした後の仕上がりは他のオイルと比べて、
程よくしっとりしていながらも重さを感じさせません。

オイルのなかには、しっとりするものの重さを感じることも多いので、
その点ハタケヤマのオイルは抜群!

またハタケヤマのキャチャーミットでなくても馴染むので、
迷ってるならハタケヤマのオイルからをおすすめします!

僕も高校時代にハタケヤマ のオイルに出合ってから、今もずーっと愛用してます。

キャッチャーミットの型付けは自分でやったほうがいい!

キャッチャーミットのタイプ別の型付け方法とオイルの選び方を解説しました。

キャッチャーミットの型付けは自分でやるのをおすすめします。

キャッチャーミットを購入した店舗でもやってくれますが…。

担当した人がキャッチャー経験がない人だと型付けされると仕上がりがイマイチだし、
機械を使ってるお店だとミットにシワが入ったりします。

せっかくキャッチャーミットを買ったのに、シワが入るとテンションが激下がりします。

小学生だと1人でやるのは難しいですが、中学生くらいからは自分でやったほうがいいですね!

キャッチャーミットの手入れ方法はこちらで解説してます。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る