キャッチャーミットのタイプ別の型付け方法とオイルの選び方

「キャッチャーミットの型付けって、どうやってやるの?」

「スタンダード型とボックス型で型付け方法は違うの?」

「キャッチャーミットの型付けをするときの最適なオイルはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーミットの型付け方法を解説します。

キャッチャーミットにはスタンダード型とボックス型という元々の型があるので、
それをベースに型付けをしていくのが一般的です。

それを無視してキャッチャーミットを型付けすると、
大きく型崩れしてしまいます。

 

本記事ではキャッチャーミットのそれぞれの型に合わせた型付け方法、
そして、その型を活かしつつ自分に合うポケットの深さにする方法を解説します。

また、キャッチャーミットを型付けするときにはグラブオイルも大切です。

どんなオイルを使うかで仕上がりは変わるので、
テキトーなオイルではなく、ご自身のキャッチャーミットに合うオイルを使いましょう!

キャッチャーミットの型付けは、キャッチャーにとってとても大切なステップです。

最適なオイルを使って、それぞれのタイプに合った型付けをし、
自分にとって最高なキャッチャーミットの形を作っていきましょう!

キャッチャーミットのタイプ

キャッチャーミットの型付けをするまえに、キャッチャーミットのタイプを確認します。

自分が捕りやすい型をつけようとしても、
キャッチャーミットのタイプが違ってたら上手く型付けはできません!

キャッチャーミットのそもそものタイプを把握してから型付けしましょう!

キャッチャーミットの型には、大きくわけて2タイプあります。

・スタンダードタイプ

・ボックスタイプ

この2タイプの大きな違いはポケットの位置です。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプはポケットの位置が親指(内側)にあります。

古田敦也選手や嶋基宏選手などのキャッチャーミットがスタンダード型です。

ポケットの位置が内側だとポケットが浅くなるので握り替えが早くなったり、
当てどりができたりするので、スローイングがしやすくなります。

ただポケットが狭いですし浅いので、キャッチング技術が求められます。

キャッチャーミットのスタンダード型とボックス型の違いはこちらで詳しく解説してます。

ボックスタイプ

ボックスタイプは、ポケットの位置が親指と人差し指の間(中央)にあります。

谷繁元信選手や小林誠司選手がボックスタイプを使ってます。

ポケットの位置がやや深くなりポケットも広くなるので、
捕球を重視したいキャッチャーや経験が浅いキャッチャー向けです。

キャッチャーの選び方は下記ブログ記事で解説してます。

タイプ別のキャッチャーミットの型付け方法

それではタイプ別の型付け方法を解説します。

・スタンダード型

・ボックス型

それぞれのキャッチャーミットの型に合う型付けをしましょう!

スタンダード型の型付け方法

まずは、スタンダード型キャッチャーミットの型付け方法です。

スタンダード型はポケットが内側になるので、親指の部分を中心に型付けします。

 

キャッチャーミットスタンダード型の型付け方法

スタンダード型の型付けポイントは、なるべく平たくすること!

小指側はなるべく折り曲げないようにして、
ウェブ部分はキャッチャーミット側に折り曲げましょう。

ウェブ部分の折り込み具合でポケットの深さが決まります。

 

ゲキ浅ポケットにしたい人は、あまり入れ込まないほうがいいですね!

キャッチャーミット・スタンダード型のウェブ部分の型付け方法

 

親指側が柔らかくなったら、練習で使っていいタイミングです。

キャッチボールから使い始めて、徐々にポケットを作っていきましょう。

キャッチャーミットのポケットの浅め深めのメリット&デメリットはこちらでまとめてます。

ボックス型の型付け方法

つづいてボックス型キャッチャーミットの型付け方法です。

ボックス型の型付け方法は、親指側と小指側の両方を折り曲げていきます。

キャッチャーミットボックス型の型付け方法

ボックス型の型付けポイントは、親指側と小指側をしっかりと折り曲げて「面」を作ること!

ウェブ部分は基本的にはイジらなくてOKです。

 

ウェブ部分を折り曲げてしまうと、ボックス型本来の特徴が消えてしまいます。

キャッチャーミットボックス型のウェブ部分の型付け方法

ボックス型のポケットは、長方形になるイメージで作っていきましょう!

キャッチャーミットのポケットの深さはスタンダード型が浅め、
ボックス型は深めなので、ある程度キャッチャーミットを選んだ時点で決まります。

ただ、型付け方法によってポケットの深さは変えられるんですよね。

スタンダード型キャッチャーミットでもポケットは深くできますし、
逆にボックス型キャッチャーミットでもポケットを若干浅くできます。

キャッチャーミットのポケットの深さの調整方法はこちらで解説してます。

キャッチャーミットのオイルの選び方

キャッチャーミットのオイルの選び方です。

キャッチャーミットを型付けするときに、どんなオイルを使うのかは大切になってきます。

キャッチャーミットに合わないオイルを使うと柔らかくならないですし、
型付けするときにはオイルを頻繁に塗るので重たくなる原因になります。

ご自身のキャッチャーミットに合うグローブオイルを選びましょう!

また、キャッチャーミットを型付けする段階でのオイルの使い方は、

・最初にキャッチャーミット全体にオイルを塗る。

・オイルがキャッチャーミットに浸透するまで天日干しする。

・キャッチャーミットのオイルが馴染んだら型付けする。

・キャッチャーミットの革に潤いがなくなったら適宜オイルを塗る。

この流れで型付けするときにはオイルを使うのがおすすめです。

この方法ならオイルを塗りすぎず、
重たくなるのを防ぐことができます。

 

それではキャッチャーミットの型付けにおすすめのオイルを紹介します。

キャッチャーミットの手入れ方法、オイルの塗り方はこちらで詳しく解説してます。

キャッチャーミットと同じメーカーのオイル

まず1つ目のキャッチャーミットにおすすめのオイルは、
キャッチャーミットと同じメーカーのオイルです。

ミズプロならミズノ、プロステならゼット、
ハタケヤマならハタケヤマのオイルといった感じです。

 

というのも、キャッチャーミットとオイルの相性が良いんです!

各種メーカーは作ってるグローブに合わせてオイルを作ってるので、
キャッチャーミットに合うのも同じメーカーのオイルなんですよね。

ハタケヤマのオイル

つづいてのキャッチャーミットにおすすめのオイルはハタケヤマです。

キャッチャーミットと言えば、ハタケヤマ

キャッチャー用の守備手袋は、
キャッチャーの気持ちしか考えてない一品です。

 

そのハタケヤマはオイルも至高です!

オイルを塗って天日干しをしたあとの仕上がりは、
他のオイルと比べて、程よくしっとりしていながらも重さを感じさせません。

オイルのなかには、しっとりするものの重たくなるもの多いので、
その点だけでもハタケヤマのオイルはキャッチャーミットに最適なんですよね。

また、ハタケヤマ以外のキャチャーミットでも馴染んでいくので、
オイル選びに迷ってるならハタケヤマにしましょう!

僕自身、高校時代にハタケヤマのオイルに出合ってから、今もずーっと愛用してます。

キャッチャーにおすすめの守備用手袋はこちらで紹介してます。

キャッチャーミットの型付けは自分でやったほうがいい!

キャッチャーミットのタイプ別の型付け方法とオイルの選び方を解説しました。

スタンダード型とボックス型ではキャッチャーミットの型付け方法は違うので、
ご自身のキャッチャーミットに合う型付けをしていきましょう!

また、キャッチャーミットの型付けは自分でやるのをおすすめします。

キャッチャーミットを購入した店舗でもやってくれますが、
担当者がキャッチャー経験のない人だと仕上がりがイマイチですし、
機械を使ってるお店だとキャッチャーミットにシワが入ったりします。

実際に高校時代にキャッチャーミットの型付けを頼んだら、
シワが入ってたんですよね…。

 

せっかくキャッチャーミットを買ったのにシワが入るとテンションが激下がりしますし、
キャッチャーミットの型付け段階で入ってしまったシワは治りません!

なので中学生くらいからはキャッチャーミットの型付けは、自分でやったほうがいいですね。

小学生なら親御さんが手伝いながらキャッチャーミットの型付けをしてあげましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る