おすすめの軟式野球用キャッチャー防具

キャッチャー防具を選ぶときに迷うのが…、

機能性を優先するのか、それともカッコよさを優先するのか?
ですよね。

なので今回は、その両方を兼ね備える軟式野球用キャッチャー防具をご紹介していきます。

多くのメーカーがキャッチャー防具を販売してますが、厳選して3つだけにしました。

機能的なキャッチャー防具の選び方

キャッチャー道具を選ぶときには、まず機能性を確認しましょう!

キャッチャー防具の軽さ

キャッチャー道具を選ぶときには、まず軽さを確認しましょう。

どれだけ丈夫でも、どれだけ身体を守る範囲が大きくても、どれだけカッコよくても…。
キャッチャー防具が重かったら動きにくいです。

ギリギリのキャッチャーフライやバント処理の時にキャッチャー防具が重いと遅れます。

まずは重たくないか?
これを確認しましょう!

足のレガースの範囲

つぎがレガースで守られてる範囲です。

今ではヒザ上まであるキャッチャー用レガースが主流ですが、
一昔前だとヒザまでしかないレガースもあります。

ヒザまでしかないレガースだと、
ピッチャーからのショートバウントがヒザ上に直撃するんですよね。

これが結構痛い!

なのでキャッチャー用レガースは、ヒザ上まで守られてるものを選びましょう!

胸用プロテクターの吸収性と肩パッド

3つ目が胸用プロテクターの吸収性肩パッドです。

プロテクターの吸収性がないと、ショートバウントを身体で止めたときに遠くに転がります。
なので吸収性が高いプロテクターを選びましょう!

また肩パッドは「両方」ついてたほうがいいです。
怪我防止になりますし、両肩でもショートバウントを止められます。

胸用プロテクターの吸収性と肩パッドの数。
この2つは確認ポイントです!

マスクとヘルメットの軽さ

最後はマスクとヘルメットの軽さです。

マスクとヘルメットも軽いほうがいいです。
重いヘルメットやマスクを着用してると、首や肩が疲れます。

キャッチャーは負担の多いポジションなので、
なるべく軽くて丈夫なものがおすすめです。

またキャッチャー用マスクとヘルメットの選び方については、下記ブログ記事で解説してます。

キャッチャー防具はカッコよさも大切

キャッチャー防具を選ぶときには機能性が大切ですが、カッコよさも同じくらい大切です。

・セルフイメージが上がる。

・相手チームが警戒してくれる。

カッコいいキャッチャー防具は、この2つのメリットをもたらしてくれます。

とくに相手チームが警戒してくれるのが大きいです。
ユニフォームの着方もそうなんですけど、カッコいい姿って野球が上手そうに見えます。

これと同じで、カッコいいキャッチャー防具を付けてると凄いキャッチャーに見えるんですよ!

ツバ付きヘルメットやプロ野球選手ご用達のキャッチャー防具だと只者ではない感がでます。
それを相手チームが感じとってくれれば、盗塁をあまりしてこなかったりするんです!

セルフイメージは上がるし、相手チームが警戒してくれるので、
カッコいいキャッチャー防具を選びましょう!

ただ…似合ってないと逆効果になるので、そこは注意が必要です。

軟式用のおすすめキャッチャー防具3選

それでは軟式用のおすすめキャッチャー防具を3つご紹介します。

同じメーカーでも違うタイプのキャッチャー防具を販売してます。
それを踏まえて3つのキャッチャー防具を厳選しました。

ZETT

1つ目はZETT(ゼット)です。

ZETT(ゼット)を選んだ理由は3つ。

・胸のプロテクターが柔らかい

・両肩パッド

・3つのなかで金額が一番安い

一番のポイントは、金額が安いところです。
30,000円をきってますからね!

ただ、レガースがあまりカッコよくないんです…。

機能的には十分なんですけど、他の2つと比較するとチープです。
なので個人的なおすすめ度は、3つの中で3番目です。

素敵なキャッチャー道具ではあるんですけどね!

スラッガー

2つ目のおすすめキャッチャー防具はスラッガー

スラッガーを選んだポイントは、4つです。

・胸のプロテクターが柔らかい

・両肩パッド

・レガース部分もカッコいい

・金額もそこそこ

プロテクターは柔らかさそうなのでボールを吸収しそうですし、
レガースは足の正面だけではなく、横も少しカバーできてるのもGOODポイントです。

金額もそこまで高くないのも嬉しいところ!

ただ、個人的にはマスクが気になりますね。
このタイプのマスクは、ユニフォームのポケットに収納できないので、持ち運びが不便です。

なので個人的におすすめ度は3つ中で2番目です。

MIZUNO(ミズノ)

最後3つ目はMIZUNO(ミズノ)です。

MIZUNO(ミズノ)を選んだ理由は3つです。

・プロテクターが柔らかい

・両肩パッド

・レガースのヒザ上部分が機能的

・レガースがカッコいい

プロテクターは柔らかそうですし、両肩にパッドがあるので申し分ありません。

MIZUNO(ミズノ)のキャッチャー防具のポイントはレガースですね。
カッコいいですし他の2つと比較するとパーツが細かいので動きやすいのは間違いない!

でも、やっぱり3つのなかで一番金額が高いんです。

良いものは高いんですね、やっぱり。

ただ、それを踏まえても個人的なおすすめ度は、3つの中で1番です。
1度購入すれば、長く使えますしね!

機能的でカッコいいキャッチャー防具をつけよう!

機能的でカッコいい軟式野球用キャッチャー防具のおすすめ3選をご紹介しました。

機能的だけでも、カッコいいだけでもダメです。
機能的でカッコいいキャッチャー防具を身につけましょう!

セルフイメージは上がりますし、相手チームが勝手に警戒してくれます。
キャッチャーはミットだけでなく、防具にこだわるのも大切です。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る