キャッチャー(野球用)のマスクとヘルメットの選び方

「野球のキャッチャーマスクとヘルメットは、どう選べばいい?」

「ホッケー型キャッチャーマスクのメリットを知りたい!」

「おすすめのキャッチャーマスクとヘルメットはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球用キャッチャーマスクとヘルメットについてお話します。

キャッチャーマスクとヘルメットにはいくつか種類がありますし、
一見変わらないように見えますが、実は年々進化してます。

それぞれの種類にメリットとデメリットがあるので、
選び方を間違えれば自分に合わないマスクとヘルメットを装着することになります。

カッコよさだけで選べば、
機能性が良くなかったりしますからね。

 

本記事ではキャッチャーマスクとヘルメットの種類と選び方、
そして厳選したおすすめのキャッチャーマスクとヘルメットを紹介します。

自分に合うキャッチャーマスクとヘルメットを装着し、
ベストプレーをしてチームを勝利に導きましょう!

キャッチャーマスクの種類

まずは野球用キャッチャーマスクの種類です。

・スロートガード別マスク

・スロートガード一体型マスク

・ホッケー型マスク(※キャッチャーマスクとヘルメットが一体)

キャッチャーマスクには、3種類があります。

スロートガード別のマスク

1種類目のキャッチャーマスクは、スロートガード(※喉ものを防御)が別タイプ

これが一般的な野球用のキャッチャーマスクです。

上記のようなマスクに、下記のようなスロートガードをつければ完成です。

 

キャッチャーマスクは、このタイプが一般的です。

お尻ポケットからキャッチャーマスクをぶら下げたい人は、
このタイプがいいですね!

スロートガード合体型マスク

2種類目はスロートガード合体型マスク

これからのキャッチャーマスクのトレンドになりそうなタイプです。

ただ、スロートガードが一体になってるので、
キャッチャーマスクをお尻からぶら下げることができないんですよね。

マスクをお尻からぶら下げたい人はやめたほうがいいね。

 

全体的に軽いマスクが多いので、軽さを重視したい人にはかなりおすすめです。

ホッケー型キャッチャーマスク

最後3種類はホッケー型キャッチャーマスクです。

キャッチャーマスクとヘルメットが一体になってます。

メジャーリーグのキャッチャーがよく使ってるタイプですね!

日本のプロ野球だと阿部慎之助選手が使ってました。

 

ホッケー型キャッチャーマスクの特徴は、
装着する手間が省けて、他の種類よりも頑丈なところです。

ただ、かなり重たいのがデメリットです。

キャッチャーマスクの選び方

それではキャッチャーマスクの選び方です。

・キャッチャーマスクを外すタイミング

・キャッチャーマスクの持ち運び

・キャッチャーマスクの重さ

この3つを基準にして選べば、ご自身に合うキャッチャーマスクが見つかります。

キャッチャーマスクを外すタイミング

キャッチャーマスクを選ぶときの1つ目のポイントは、
キャッチャーマスクを外すタイミングです。

キャッチャーゴロやキャッチャーフライなどのプレー中に
キャッチャーマスクを外すのか外さないのかを決めましょう。

キャッチャーフライをイメージして、
考えてみるといいですね!

 

キャッチャーマスクを外してプレーしたいならホッケー型はNGですし、
基本的に装着したままにするならホッケー型でもありです。

キャッチャーフライの捕り方はこちらで解説してます。

キャッチャーマスクの持ち運び

つぎのキャッチャーマスクを選び方は、キャッチャーマスクの持ち運びですね。

ブルペンでの立ち投げや試合前のキャッチボールなど、
この時にキャッチャーマスクをどうしたいか問題です。

キャッチャーマスクを地面に置くのがイヤで、
お尻ポケットからぶら下げたいならスロートガード有りのキャッチャーマスク一択になります。

逆にキャッチャーマスクを地面に置くのがイヤではないなら、
スロートガードなしのキャッチャーマスクやホッケー型でもOKです。

キャッチャーマスクの重さ

最後3つ目のキャッチャーマスクの選び方は、キャッチャーマスクの重さです。

これはシンプルに「軽いほうが良い」か「そこまでこだわらない」かになります。

軽いキャッチャーマスクが良いならホッケー型はNGですし、
そこまでこだわらないならホッケー型も選択肢の1つです。

キャッチャーマスクは試合中ずーっとかぶってないといけないですし、
プレー以外でも持ち運びはあるので、そこを考慮するのをおすすめします。

キャッチャーヘルメットの種類

つづいてキャッチャーヘルメットの種類です。

・つばなしヘルメット

・つばありヘルメット

野球用キャッチャーヘルメットには、この2種類あります。

つばなしヘルメット

1種類目のキャッチャーヘルメットは、つばなしヘルメットです。

小学校~高校でよく使われてるのはこれですね。

 

キャッチャーマスクのゴムを後ろのストッパー部分に止める感じです!

つばありのヘルメット

2種類目のキャッチャーヘルメットは、つばありのヘルメットです。

日本のプロ野球や大学野球でよく使われてるのは、こっちですね!

つばありのキャッチャーヘルメットは、
なんか上手そうに見えるよね。

 

つばありのヘルメットはプロ野球選手が使うタイプなので、
セルフイメージを上げたいなら、つばありのヘルメットはおすすめです。

キャッチャーヘルメットの選び方

最後にキャッチャーヘルメットの選び方です。

キャッチャーヘルメットは、「軽さ」で選びましょう!

そのほうが首への負担が少なくすみます。

「つばあり or つばなし」は好みでOKです!

 

マスクを取ったり外したりがめんどうなら、アイスホッケー型をおすすめします!

軟式用キャッチャー防具の選び方はこちらで解説してます。

おすすめのキャッチャーマスクとヘルメット

野球のキャッチャーマスクとヘルメットについて解説しました。

・キャッチャーマスクを外すタイミング

・キャッチャーマスクの持ち運び

・キャッチャーマスクの重さ

この3つのポイントでキャッチャーマスクとヘルメットを選べば、
自分に合う最適なものが見つかります。

個人的にイチオシのキャッチャーマスクは、スロートガード一体型です。

キャッチャーマスクの持ち運びが少し面倒にはなりますが、
とにかく軽いですし、慣れてしまえば最強だと思います。

そして個人的にイチオシのキャッチャーヘルメットは、つばありヘルメットです。

つばありヘルメットは、もうダントツですね。

キャッチャーマスクをつけるときはつばをうしろに回しますが、
キャッチャーマスクをつけないときにつばを前にしたフォルムがカッコよすぎです。

プロ野球のキャンプ中みたいだよね!

 

機能的でセルフイメージも上がるキャッチャーマスクとヘルメットを装着して、
チームを勝利に導いていきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る