キャッチャーフライを打ったバッター

守備範囲なのにキャッチャーフライが捕れない…、なんてことありますよね。

プロ野球でもキャッチャーフライを見失ってるケースは見かけたりするので、
難しいのは間違いありません。

だけど、せっかくアウトをもらえるのに捕れないのは勿体ない!

今回はキャッチャーフライを捕るコツを解説します。

「反応をよくする方法」や「見えない時の対処法」もお話しするので、
ぜひ参考にしてもらえればと思います。

キャッチャーフライの特性

キャッチャーフライは内野フライや外野フライとは違って、
フライが戻ってくる特性があります。

キャッチャーフライの特性

キャッチャーフライにはバックスピンがかかりまくってるので、
ボールが最高地点に到達したら若干戻ってくるんです。

キャッチャーフライを捕るときには、
回転量が多いフライという認識を持っておいたほうがいいですね!

キャッチャーフライを捕るコツ

それではキャッチャーフライの捕るコツを解説していきます。

姿勢

キャッチャーフライを捕る姿勢は、基本的にホームベースに背を向けます。

キャッチャーフライを捕る姿勢

キャッチャーフライの特性で、ボールは戻ってきます。

キャッチャーの後ろにフライが上がった場合には、
ホームベースに背中を向ける姿勢になるといいですね!

ただ、三塁方向や一塁方向のファールは無理してホームベースに背を向ける必要はありません。

内野手が見えなくて衝突の恐れがあるし、
ボールから目が離れてしまうので落球する可能性もあります。

ホームベースよりも後ろのファールは背中をホームベースに向ける姿勢、
三塁側や一塁側ならそのまま捕球姿勢に入りましょう!

キャッチャーミットの向き

キャッチャーミットの向きは、面をしっかりと上(空)に向けましょう!

自然にキャッチャーミットを構えると45度くらいなので、
しっかりと手のひらを上に向けるといいですね!

キャッチャーフライは回転も多いですし、
ミットが上を向いてないと捕球できるスペースが小さくなります。

キャッチャーミットをしっかりと上に向けて捕球しましょう!

ヒザを柔らかくする

キャッチャーフライを捕るときには、ヒザを柔らかくしましょう!

身体が固くなってしまうとフライと衝突してしまいます。

両ヒザでボールの勢いを吸収するイメージで捕るといいですね。

胸キャッチ

落下地点ギリギリになる場合や思うようにキャッチャーフライを捕れないなら、
胸キャッチしてもOKです。

胸のプロテクターにミットを上に向けた状態でくっつけて落球するスペースをなくし、
フライがミットに収まったら胸のプロテクターにミットをかぶせる感じですね!

こ抱え込むように捕れば、落球する可能性は減ります。

キャッチャーフライの反応をよくする方法

キャッチャーフライの反応が遅れるのは、キャッチャーあるあるです。

「これさえ身につければ抜群に反応がよくなる」とか
「1日で早く反応ができるようになる」のような魔法もありません。

少しずつ反応を良くしましょう!

フライはマスクを取る

まず1つ目は「フライが上がったらマスクを取る」です。

内野フライでも外野フライでも、
上がった瞬間にマスクを取る習慣を身につけましょう!

そうすればフライが上がるときの感覚は身につくし、
視野も広くなるのでボールを目で追いやすいです。

三点立ち姿勢

つぎが三点立ち姿勢です。

両足裏がベッタリ地面についてると、どうしても反応は遅くなります。

徒競走と同じだよ!

右足のかかとは地面につけない「三点立ち姿勢」にすれば、
キャッチャーフライへの反応は上がります。

キャッチャーの三点立ち姿勢は下記ブログ記事で解説してます。

キャッチャーフライが見えない時の対処法

常にキャッチャーフライを見れるなら素晴らしいですが、見えない時はありますよね。

そんなときの対処法は2つです。

コースやタイミングで予測する

もしバッターが打つ瞬間に目を閉じるクセがあるなら、
コースやバッターのタイミングで予測するといいですね!

インコースでタイミングが早めなら「引っ張る方向」に、
インコースでタイミングが遅いなら「流し方向」にフライは上がります。

バッターが打つ瞬間に目を開くのは1日でなんとかなる問題ではありません。

ちゃんと見られるようになるまでは、
コースやタイミングでキャッチャーフライの方向を予測しましょう!

捕球時に目をつぶらない練習方法とコツは下記ブログ記事で解説してます。

周りの声を聞く

もう1つの方法は「周りの声を聞く」です。

ピッチャーや内野手の声を聞きましょう!

ただ「キャッチャー!」の掛け声だけだと、どこにフライが飛んでるのか分かりませんよね。

ピッチャーや内野手に「どこにフライが上がってるのか」まで指示を出してもらいましょう!

「うしろ!」や「右・左!」、「一塁線・三塁線」など、
具体的に声を出してもらえるようにするといいですね。

どんどん失敗しよう!

キャッチャーフライを捕るコツをお話しました。

キャッチャーフライを捕ること自体も難しいですが、落下地点に入るまでも難しいですよね。

プロ野球選手でも見失う場合があるくらいですから。

どんどん失敗しながら感覚を掴んでいきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る