キャッチャーのニークッションの効果

古田敦也選手が付けていたニークッション
またの名をキャッチャーのフットレスト

草野球でもたまにニークッションを付けてる
キャッチャーを見かけますよね。

一体どんな効果があるのかというと、
ヒザに違和感がある人には最高の道具なのです!

今回はキャッチャーのニークッションについてご紹介します。

キャッチャーのニークッションとは?

キャッチャーのニークッションは、レガースの裏についてるクッションです。
フットレストとも言われたりしてます。

プロ野球だと古田敦也選手がつけてましたよね。

それ以外の選手では見かけませんが…。

あまり使ってる選手はいないんですけど、実はニークッションは優れものです!

ニークッションの効果

それではニークッション(フットレスト)の効果をお話します。

ニークッションを付けると、ヒザへの負担が減ります。

普通のレガースでキャッチャー姿勢で座ると、ヒザが太ももの裏につきますよね。
実はこの姿勢がヒザに結構な負担をかけてるんです。

冷静に見てみるとキャッチャー道具を付けてなかったら、
うさぎ跳びの姿勢ですからね…。

その姿勢から立ったり座ったりするので、自重でスクワットしてるようなものです。

1試合で100回以上はスクワットしてるってことかぁ…。

でもレガースにニークッションを付ければ、
その厚さの分だけヒザを曲げる角度が浅くなります。

わずかの差ではあるんですけど、これがめちゃくちゃ変わるんですよね!

ニークッションの付け心地

じゃあ、実際のニークッション(フットレスト)の付け心地はどうなのか?

実は僕自身、高校時代にニークッションを付けていた時期がありました。

ちょっとヒザが痛かったので…。

正直な話をすると、付ける前はそこまでニークッションに期待をしてませんでした。

だって、ニークッションの厚さ分ヒザを曲げないでいいからって、
そこまで負担が減るとは思えなかったんです…。

ところがなんですよ、
だい〜ぶ、ヒザがラクになったんですよね!

ここまで変わるものなのか…。

なのでヒザに爆弾を抱えてる人試合中や練習中にヒザが痛くなる人は、
ぜひニークッションを付けてみてください!

ほんと侮れません、ニークッション。

ニークッションは走りにくいんじゃ…」と思うかもしれませんが、普通に走れます。
そこは安心してください。

おすすめのニークッション3選

最後におすすめのニークッション(フットレスト)を3つご紹介していきます。

ぶっちゃけ…、機能面はそこまで変わらないので、
ニークッションのカタチ金額で決めるのがおすすめです。

久保田スラッガー

個人的に1番おすすめのキャッチャーのニークッション(フットレスト)は、
久保田スラッガーです。

 

ニークッションのカタチがヒザ裏にフィットするんですよね!

他のメーカーだと長方形ですが、
久保田スラッガーは三角柱みたいになってます。

この形だからこそキャッチャー姿勢で座ったときに、
ひざ裏にフィットしつつ、体勢もラクにできるんですよね!

今後ニークッションのお世話になりたいキャッチャーには、
久保田スラッガーのニークッションが最適です。

ミズノ

つぎがミズノです。

 

ミズノのニークッション(フットレスト)は、オーソドックスなカタチです。

モロ長方形!

キャッチャー防具をミズノで揃えてるなら、
バランス的にミズノなのかなぁ〜と思います。

メーカーのバランスなんて気にしない!
とにかくヒザをラクにしたい人なら、久保田スラッガーでしょう!

エスエスケー

最後3つ目のおすすめニークッション(フットレスト)は、エスエスケーです。

 

エスエスケーのニークッションのカタチはオーソドックスの長方形ですし、
他の部分も他社メーカーとそこまで変わりません。

一番お財布に優しいんです!

デザイン的にはちょっとダサいかもですが、他の選手に見られる部分ではありません。

デザインを気にしなくて、
とにかく安いニークッションが欲しい人ならエスエスケーで決まりです。

ニークッションの付け方

ニークッション(フットレスト)を付けるときには、レガースの付け方は変わります。

基本的なレガースの付け方は真ん中クロスです。
このほうがズレないですし、ヒザに紐が食い込まないので痛くなりません。

でも、この付け方だとニークッションを付けられません。

ニークッションを付けるときには、上の2本をクロスしましょう!
そして下の2本でニークッションを付けます。

ニークッションに紐を通す部分が付いてるので、そこに下の2本を付ける感じです。
これがニークッションの付け方です。

基本的なキャッチャー防具の付け方はこちらで解説してます。

ヒザに違和感があるなら付けよう!

キャッチャーのニークッション(フットレスト)の効果をお話しました。

ヒザに違和感があったり、ヒザが痛むんだったら、
迷わずにレガースにニークッションを付けましょう!

「道具に頼るのは気が引ける…」なんて思うかもしれませんが、
その考えはやめたほうがいいです。

ヒザを壊すと下手したら一生付きまとう怪我になる可能性があります。
野球が2度とできなくなるかもしれません。

そんなのは絶対にイヤですよね!

なのでヒザに違和感を感じてるなら、
誰に何と言われようと思われようともレガースにニークッションを付けましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る