キャッチャーのニークッションの効果と付け方とおすすめ

「キャッチャーのニークッションの効果は?」

「ニークッションの付け方を知りたい!」

「キャッチャーにおすすめのニークッションはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、
キャッチャーのニークッションについてお話します。

キャッチャーのニークッション(またの名をフットレスト or フットクッション)には、
ヒザの怪我をサポートしたり、防止したりできる効果があります。

ヒザに違和感のある人にとって、
最高のキャッチャー道具です。

 

ただ、キャッチャーのニークッションは各メーカーで特徴が違うんですよね。

本記事ではキャッチャーのニークッションの効果や付け方&付け心地、
そしてキャッチャーにおすすめののニークッションを紹介します。

キャッチャーの生命線であるヒザを守り、1日でも長く野球をしましょう!

〜最初に結論を知りたい方へ〜

最初に結論を知りたい方のために、
先にイチオシのキャッチャーのニークッションをお話します。

一番のおすすめはエスエスケーです。

クッションとして十分な厚さがありますし、金額もお手頃になってます。

一時的に装着したい方や試しに使ってみたいかたには最適です。

キャッチャーのニークッションとは?

キャッチャーのニークッションは、レガースの裏についてるクッションです。

フットレストとも言われたりするよ。

 

プロ野球で古田敦也選手がつけてからニークッションにスポットが当たり、
どんどん話題になっていきました。

ニークッションの効果

ニークッション(フットレスト)の効果は、ヒザの負担の軽減です。

キャッチャー防具をつけて構えるとヒザが太もも裏につきますが、
実はこの姿勢はヒザに結構な負担をかけてます。

うさぎ跳びの姿勢ですからね…。

 

うさぎ跳びの姿勢から立ったり座ったりするので、
1試合で100回以上は自重でスクワットしてることになります。

ヒザにダメージがないわけないよねw

 

キャッチャーのヒザへのダメージをニークッションをつければ軽減できるんです。

クッションの厚さ分だけヒザを曲げる角度が浅くなり、
キャッチャー座りのヒザの負担が少なくなりからね。

キャッチャーにおすすめのニークッション

キャッチャーにおすすめのニークッション(フットレスト)です。

この2メーカーのフットクッションを厳選しました。

ミズノ

まず1つ目のキャッチャーにおすすめのニークッションはミズノです。

ミズノのニークッション(フットレスト)は、オーソドックスなカタチをしてます。

The 長方形です。

 

しっかりと厚さもありますし、ヒザへの負担を軽減してくれます。

『キャッチャー防具をミズノで揃えている』

そんな風に思ってる人ならミズノのニークッションですね。

エスエスケー

つぎにキャッチャーにおすすめのニークッションは、エスエスケーです。

エスエスケーのニークッションのカタチはオーソドックスの長方形ですし、
他の部分も他社メーカーとそこまで変わりません。

でも、財布に優しいんですよね。

デザイン的にはちょっとダサいかもですが、
他の選手に見られる部分ではありません。

 

『試しに1回くらい付けてみたい!』

本格的につけるのではなく試しでつけてみたい人なら、エスエスケーがいいですね。

ニークッションの付け方

つづいてニークッションの付け方です。

基本的にニークッションはレガースの4本ベルトの下の2本につけます。

ニークッションには紐を通す部分が付いてるので、
そこにレガースの下の2本ベルトを通していく感じです。

違う仕様のニークッションもあるけどね!

 

そして、ニークッションを付けるとレガースの付け方も変わります。

基本的なレガースの付け方は真ん中の2本ベルトをクロスですが、
ニークッションを付けるとクロスできなくなります。

ニークッションを付けたのなら、上の2本ベルトをクロスにしましょう。

下2本ベルトにニークッション、
上の2本ベルトをクロスです。

 

このようにニークッション付きのレガースを装着すれば、
プレー中にズレることなく、ボールに集中できます。

基本的なキャッチャー防具の付け方はこちらで解説してます。

ニークッションの付け心地

実際のニークッション(フットレスト)の付け心地はどうなのか?

実は僕自身、高校時代にニークッションを付けていた時期がありました。

ちょっとヒザが痛かったんです…。

 

ニークッションを付ける前は正直な話、そこまで期待してませんでした。

クッションの厚さ分だけヒザを曲げないからって、
そこまで負担が減るとは思えなかったんです。

ところが、本当にヒザがラクになりました。

クッションの厚さ分だけヒザを動かす範囲が狭くなり、
ヒザを奥まで曲げる必要がなくなるので負担が減ったんだと思います。

・ヒザに爆弾を抱えてる人

・プレー中にヒザの違和感が出てくる人

・ヒザを怪我した経験がある人

こんな風にヒザに懸念がある人は、ニークッションの装着がおすすめです。

ほんと侮れません、ニークッション。

 

また「ニークッションを付けると、守備のとき走りにくいんじゃ…」と思いますよね。

でも、まったくそんなことはなく普通に走れますし、
キャッチャーフライやバント処理も問題なくできます。

軟式用キャッチャー防具の選び方はこちらで解説してます。

ヒザに違和感があるなら付けよう!

キャッチャーのニークッション(フットレスト)についてお話しました。

キャッチャーのニークッションには、ヒザへのダメージを軽減する効果があります。

ヒザに違和感や痛みがあるなら、迷わずにレガースにニークッションを付けましょう。

個人的にイチオシのキャッチャーのニークッションはエスエスケーです。

エスエスケーは十分な厚さがあるのに、コスパが抜群。

また「道具に頼るのは気が引ける…」と思うかもしれませんが、その考えはやめましょう!

ヒザを壊すと下手したら一生付きまとう怪我になりますし、
野球が2度とできなくなるかもしれません。

そんなのは絶対にイヤですよね。

 

ヒザに違和感を感じてるなら、
誰に何と言われようと思われようともレガースにニークッションを付けましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る