キャッチャー牽制

キャッチャー牽制のコツを解説します。

キャッチャー牽制でアウトにできたらカッコいいですよね!

数試合に1回出るか出ないかのプレーなので、試合の流れにも大きく影響していきます。

キャッチャー牽制のコツはランナーの心理状況相手チームの作戦を考えることです。

キャッチャー牽制をする意味

まずはキャッチャー牽制をする意味をお話します。

ランナーをアウトにする

第一目的は、ランナーをアウトにすることです。

これはOKですよね!

ランナーの進塁を防ぐ

キャッチャー牽制には、ランナーの進塁を防ぐ意味もあります。

これが意外と忘れがちだね。

鋭いスローイングで二塁にキャッチャー牽制をしても、
ランナーが送球方向を見て3塁に進塁されたら意味がありません。

アウトにする意識は大切なんですけど、
キャッチャー牽制するときにはランナーを進塁させない意識も持ちましょう!

ランナーの二次リードを小さくする

最後3つ目は「ランナーの二次リードを小さくする」です。

ランナーの二次リードが大きければ大きいほど、
次のプレーで進塁される確率が上がってしまいます。

キャッチャー牽制をしてランナーの二次リードを小さくしましょう!

目に見える大きなプレーではありませんが、
クロスプレーなどギリギリのプレーのときにキャッチャー牽制が活きてくるんですよね。

ランナーのリードを半歩でも一歩でも小さくするために、
キャッチャー牽制をしましょう!

キャッチャー牽制のコツ

それではキャッチャー牽制のコツを解説します。

キャッチャー牽制をするときには、

ランナーの心理状況

・相手の作戦を想定しておく

この2つがポイントです。

まずは捕ってから!

1つ目のコツは「まずは捕ってから!」です。

キャッチャー牽制しようと焦って、パスボールをしたら元も子もありません。

ボールを捕ってからプレーは始まるので、忘れないようにしましょう!

バントの構えをしたら狙え

つぎのコツが「バントの構えをしたら狙う」です。

キャッチャー牽制の定番は、相手バッターがバントの構えをしたときです。

バントの時はランナーの二次リードが大きくなります。

・ランナー1塁

・ランナー2塁

・ランナー1、2塁

このようなケースで相手バッターがバントの構えをしてから空振りしたり、
ボールを見送ったりしたら、すぐにランナーを確認するといいですね!

二次リードが大きかったら、
キャッチャー牽制のチャンスだよ!

また、こういうケースはピックオフプレーも効果的です。

ピックオフプレーについては下記ブログ記事で解説してます。

一次リードが大きかったら狙え

3つ目のコツは、ランナーの一次リードが大きいときも狙うことです。

ランナーの一次リードが大きい時もキャッチャー牽制のチャンス!

ピッチャーに「高さはストライクでコースはボール球」を投げてもらって、
キャッチャー牽制をするといいですね!

このボールならキャッチャー牽制を投げやすいですし、
盗塁されたときにもスムーズに送球動作に入れます。

バッターが空振りしたら狙え

つづいてのコツは、バッターが空振りしたときを狙うことです。

ランナーは次の塁でアウトになりたくないので、
バッターが振り出したら二次リードが大きくなります。

バッターが空振りをしたら、すぐにランナーを確認するクセをつけましょう!

キャッチャーの2塁牽制はこちらで解説してます。

後ろのランナーを狙え!

最後5つ目のコツは、後ろのランナーを狙うことです。

・ランナー1、2塁

・ランナー1、3塁

このようなケースだと後ろのランナーは気を抜いてることが多いですし、
大きめのリードをしてる場合も多々あります。

ファーストと連携して、後ろのランナーを狙うのも面白いです!

結構アウトにできたりするので!

キャッチャー牽制のNG事項

最後にキャッチャー牽制のNG事項をお話していきます。

無理して投げない

まず1つ目は、「無理して投げない」です。

・握り替えが上手くいかなかった。

・ランナーがそこまでリードしてなかった。

こんな場合には無理して投げなくてOKです!

キャッチャー牽制は常にランナーがいる状態なので、暴投したらランナーが進塁してしまいます。

とくにランナー3塁で暴投したら最悪だよ…。

試合の流れが変わるので、無理して投げないようにしましょう!

ディレードスチールをされる

2つ目は、ディレードスチールです。

キャッチャー牽制は、基本的にランナーが戻るほうに送球をしますよね。

ランナー1塁ならファーストへ、
ランナー2塁ならセカンドへ。

ですが、まれにディレードスチールをされることもあります。

ランナーのリードが大きい場合には、
ランナーの動きを見てからキャッチャー牽制しましょう!

進塁させなければ合格だからね!

ディレードスチールの対処法は下記記事で詳しく解説してます。

内野と意思疎通できてないのに投げる

3つ目は、「内野と意思疎通できてないのに投げる」です。

キャッチャー牽制をするときには、内野との意思疎通が大切!

いきなり投げて内野が反応できなかったら、エラーに繋がります。

内野に投げることを伝えておいたり、アイコンタクトで「キャッチャー牽制するよ」と伝えましょう。

キャッチャーの1塁牽制はこちらで解説してます。

ランナーの1歩目を遅らせればOK

キャッチャー牽制のコツをお話しました。

キャッチャー牽制でランナーをアウトにできれば最高ですが、
ランナーのスタートを遅らせれば、キャッチャー牽制としては合格です。

チャンスがあれば、どんどん投げて、相手ランナーにプレッシャーをかけましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る