キャッチャー牽制

「キャッチャー牽制にコツってあるの?」

「1塁へのキャッチャー牽制、なかなかアウトにできないだよね。」

「キャッチャー牽制をするときに注意したほうがいいことは?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャー牽制のコツを解説します。

ランナー1塁やランナー2塁のケースで、
飛び出したランナーをキャッチャー牽制でアウトにする瞬間、カッコいいですよね!

数試合に1回出るか出ないかのプレーではありますが、
試合の流れが大きく変わるときもあります。

でも、キャッチャー牽制は簡単なプレーではないですよね。

 

キャッチャー牽制をしてもなかなかアウトにできなかったり、
ディレードスチールを狙われたり、内野手と意思疎通できてなくて投げられなかったり。

キャッチャー牽制でタッチアウトは花形プレーですが、成立させるのは難しいと思います。

本記事ではランナーの心理状況やケース別の相手チームの考えられる作戦を念頭に入れた、
キャッチャー牽制のコツを解説していきます。

数試合に1回出るか出ないかのキャッチャー牽制ではありますが、
確実にランナーを仕留められるようにコツを掴みましょう!

 

キャッチャー牽制をする目的

まずはキャッチャー牽制をする目的をお話します。

・ランナーをアウトにする

・ランナーの進塁を防ぐ

・ランナーの二次リードを小さくする

キャッチャー牽制をする目的は、主にこの3つです。

ランナーをアウトにする

キャッチャー牽制をする第一目的は、ランナーをアウトにすることです。

これはOKですよね!

 

1塁ランナーや2塁ランナーが飛び出してたら素早くスローイングして、
タッチアウトを狙うのがキャッチャー牽制の一番の目的になります。

ランナーの進塁を防ぐ

つづいてのキャッチャー牽制の目的は、ランナーの進塁を防ぐことです。

これが意外と忘れがちだね。

 

ランナー2塁のケースで、どれだけ鋭いスローイングをしても、
ランナーがキャッチャーの送球方向を見てから3塁に進塁したら意味がありませんよね。

キャッチャー牽制なんてしないほうが良かった…」と言われてしまいます。

キャッチャー牽制の目的はランナーをアウトにすることなんですけど、
ランナーを進塁させない意識も持ちましょう!

ディレードスチールもありえますからね。

ランナーの二次リードを小さくする

最後3つ目のキャッチャー牽制の目的は、ランナーの二次リードを小さくすることです。

ランナーの二次リードが大きければ大きいほど、
次のプレーで進塁される確率が上がってしまいます。

その二次リードをキャッチャー牽制で小さくさせましょう!

たとえばランナー2塁のケースで二次リードが大きいランナーに対して、
キャッチャー牽制をしてたか、してなかったかで結果が変わる場合もあります。

キャッチャー牽制をしてなかったら1ヒットで悠々とホームに帰ってきますが、
キャッチャー牽制をしてればギリギリでアウトにできるかもしれないんです。

ランナーはキャッチャー牽制を警戒するからね。

 

どんなランナーでもキャッチャー牽制をされたら、
意識レベルでも無意識レベルでも二次リードを取りづらくなります。

キャッチャー牽制の目的は、次のプレーでランナーをアウトにするための伏線でもあるのです。

キャッチャー牽制のコツ

それではキャッチャー牽制のコツを解説します。

・まずはボールを捕る

・バッターがバントの構えをしたら狙う

・ランナーの一次リードが大きかったら狙う

・バッターが空振りしたら狙う

・うしろのランナーを狙う

この5つがキャッチャー牽制でアウトにするためのコツです。

スローイング方法についてはこちらの記事で解説してます。

まずはボールを捕る

キャッチャー牽制の1つ目のコツは、まずはボールを捕ってからです。

監督やコーチからも口酸っぱく言われてると思います。

 

キャッチャー牽制をしようと焦ってパスボールをしたら元も子もありませんし、
そもそもボールを捕れなかったらスローイングはできませんよね。

野球のすべてのプレーは、ボールを捕ってからスタートします。

キャッチャー牽制も同様なので、まずはボールを捕るのが最初のコツです。

バッターがバントの構えをしたら狙う

つぎのキャッチャー牽制のコツは、バッターがバントの構えをしたら狙うことです。

キャッチャー牽制でアウトを取れる確率が1番高いケースは、
相手バッターがバントの構えをしているときになります。

バントの時はランナーの二次リードが大きくなりますからね。

 

・ランナー1塁

・ランナー2塁

・ランナー1、2塁

このようなケースで相手バッターがバントの構えをしてから空振りしたり、
ボールを見送ったりしたら、すぐにランナーを確認するといいですね!

二次リードが大きかったら、
キャッチャー牽制のチャンスだよ!

 

あとは焦らず、落ち着いてスローイングすれば、アウトにできます。

また、こういうケースはピックオフプレーも効果的です。

ピックオフプレーについては下記ブログ記事で解説してます。

ランナーの一次リードが大きかったら狙う

3つ目のキャッチャー牽制のコツは、ランナーの一次リードが大きいときに狙うことです。

ランナーの一次リードが大きい時もキャッチャー牽制のチャンス!

必然的に二次リードも大きくなりますからね。

 

このケースでのキャッチャー牽制のポイントは、ピッチャーに投球してもらうコースです。

高さはストライクでコースはボール球」を投げてもらいましょう!

このボールならスローイングしやすいのでキャッチャー牽制にも盗塁にも対応できますし、
ランナーもそこまで警戒しないのでアウトにできる確率は高くなります。

ランナーの一次リードが大きい場合にはピッチャーにサインを出して、
積極的にキャッチャー牽制を狙うといいですね!

バッターが空振りしたら狙う

つづいてのキャッチャー牽制のコツは、バッターが空振りしたときを狙うことです。

ランナーは次の塁でアウトになりたくないので、
バッターが振り出したら二次リードを大きくとります。

良いランナーほど、
バットの振り出して二次リードをとるよ!

 

なので、バッターが空振りをしたらチャンス!!

ランナーが通常時よりも大きなリードになってる可能性が高いので、
そこをキャッチャー牽制でアウトを狙いにいきましょう。

また、ランナーがいる状況でバッターが空振りをしたら、
その瞬間にランナーを確認するクセをつけておくといいですね。

キャッチャーの2塁牽制はこちらで解説してます。

うしろのランナーを狙う

最後5つ目のキャッチャー牽制のコツは、うしろのランナーを狙うことです。

・ランナー1、2塁

・ランナー1、3塁

この場合のうしろのランナーとは、1塁ランナーになります。

 

なぜ、うしろのランナーを狙うのか?

それはこのようなケースだとうしろのランナーは気を抜いてることが多いですし、
油断して大きめのリードをしてる場合も多々あるんですよね。

なのでファーストとサインを決めておいて、うしろのランナーを狙ってみましょう!

結構アウトにできます。

 

ただ、うしろのランナーを狙えば必然的にホームに近いランナーは次の塁を狙ってきます。

そこは注意しましょう!

キャッチャー牽制のNG事項

キャッチャー牽制はアウトにできれば最高にカッコいいプレーですが、
ときには自チームを追い込んでしまうプレーにもなります。

監督やコーチ、チームメイトから「余計なプレーを…」なんて言われないように、
キャッチャー牽制のNG事項もしっかりと頭に入れておくといいですね。

・無理して投げない。

・ディレードスチールをされない。

・内野手と意思疎通できてないなら投げない。

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

無理して投げない

まず1つ目のキャッチャー牽制のNG事項は、無理して投げないようにすることです。

・握り替えが上手くいかなかった。

・ランナーがそこまで大きなリードしてなかった。

こんな場合には無理して投げないようにしましょう。

キャッチャー牽制は常にランナーがいる状態なので、暴投になればランナーが進塁してしまいます。

とくにランナー3塁で暴投したら最悪だよ…。

 

キャッチャー牽制が暴投になれば試合の流れが大きく変わるので、
投げる前に少しでも違和感があったのなら、無理して投げないようにしましょう!

ディレードスチールをされない

2つ目のキャッチャー牽制のNG事項は、ディレードスチールをされないようにすることです。

キャッチャー牽制の送球方向は、基本的にランナーが戻るベースになります。

ランナー1塁ならファーストへ、
ランナー2塁ならセカンドへ。

 

これがキャッチャー牽制の基本的な送球方向なのですが、
この基本の裏をかいて、ランナーがディレードスチールをする場合もあります。

ランナーはわざとリードを大きめにとってキャッチャー牽制を誘い、
キャッチャーがスローイングしそうなら帰塁するフリをして進塁する感じです。

ランナーをアウトにするためのキャッチャー牽制なのに進塁されたら意味がないので、
ランナーのリードが大きすぎる場合にはランナーの動きを見てから投げましょう!

迷った場合には、ランナーが進塁する方向にスローイングすればOKです。

進塁させなければ合格だからね!

 

キャッチャー牽制だからと投げる位置を決めておくのではなく、
ランナーの動きを見て、スローイングする場所を変えられる柔軟さを持ちましょう!

ディレードスチールの対処法は下記記事で詳しく解説してます。

内野手と意思疎通できてないなら投げない

最後3つ目のキャッチャー牽制のNG事項は、内野手と意思疎通できてないなら投げないことです。

キャッチャー牽制は、とにかく内野との意思疎通が大切!

キャッチャーがアウトに出来ると思って投げても、
内野手が反応できなかったら、エラーに繋がりますよね。

「内野手がベースに入ってなくても、ベースに投げろ!」
と言う人がいますが、その考え方は思いやりがなさすぎですし、
エラーになったら最悪です。

 

キャッチャー牽制の目的がランナーをアウトにすることなので、
常にギリギリのプレーになるのは仕方のないことではあります。

でも内野手との意思疎通ができてないと分かってて、
無理してキャッチャー牽制をするほどのリスクを負うプレーでもありません。

キャッチャー牽制はしてもしなくても良いプレーだからね。

 

キャッチャー牽制をするときにはあらかじめ「こんなケースなら投げるかも」と伝えておいたり、
アイコンタクトで「キャッチャー牽制するよ」と内野手に伝えておくといいですね。

もし、それでも内野手と意思疎通ができてないと思ったら、キャッチャー牽制はやめましょう!

 

キャッチャーの1塁牽制はこちらで解説してます。

ランナーの1歩目を遅らせればOK

キャッチャー牽制のコツをお話しました。

・まずはボールを捕る

・バッターがバントの構えをしたら狙う

・ランナーの一次リードが大きかったら狙う

・バッターが空振りしたら狙う

・うしろのランナーを狙う

これら5つのポイントを意識すれば、キャッチャー牽制でアウトにできる確率は上がります。

キャッチャー牽制でランナーをアウトにできれば最高です!

でも、ランナーのスタートを遅らせれば、キャッチャー牽制としては合格です。

無理して投げないようにしながら、チャンスがあればキャッチャー牽制をして、
相手ランナーやチームにプレッシャーをかけましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る