ピックオフプレー

キャッチャーのピックオフプレーについて解説します。

キャッチャーのピックオフプレーが決まれば、試合の流れを一気に自チームに引き寄せられます。

でも内野との連携がミスるとランナーが進塁しますし、
下手したら点を与えるプレーになるんですよね。

今回は、ピックオフプレーの注意点ケース別の動きもお話していきます。

ピックオフプレーの目的

キャッチャーのピックオフプレーの目的は、「ランナーをアウトにする」です。

キャッチャー牽制の目的はランナーを進塁させない、
ランナーのスタートを遅らせることなんですけどピックオフプレーは違います。

ピッチャーや内野手と連携してランナーを油断させ、キャッチャーが仕留めるプレーです。

ピックオフプレーのサインを出したなら、
キャッチャーはアウトにするのを第一目的にしましょう!

キャッチャー牽制は下記ブログ記事で解説してます。

ピックオフプレーの基本的な考え方

ケース別のピックオフプレーの動きをお話するまえに基本的な考え方を解説します。

ランナーに二次リードを大きくさせる

まずは「ランナーの二次リードを大きくさせる」を意識しましょう。

どれだけキャッチャーが良い送球をしても、
ランナーのリードが大きくなければアウトにできません。

「ピッチャー」「内野手」「キャッチャー」の連携が大きなポイントです。

バントしそうなケースで効果的

キャッチャーのピックオフプレーは、バッターがバントしそうなケースで効果的です。

バントのケースだとランナーは次塁でアウトになりたくないので、
二次リードが大きくなります。

そこを狙いましょう!

バントがなさそうなケースでもピックオフプレーをしてもOKですが、
ランナーの二次リードが大きくならないので、あまり狙い時ではありません。

ピッチャーはギリギリのボール球を投げる

ピッチャーが「どんなボールを投げるか」もポイントです。

ランナーは投球を見てスタートするかどうかを判断するので、
明らかに高いボールだと二次リードはそこまで大きくとりません。

ショートバウンドなら次の塁を狙う可能性はあるよ!

ピックオフプレー時の理想的な投球は「アウトコースのギリギリのボール球」です。

高さはストライクでコースは少し外れてるボール

ピックオフプレーのピッチャーのベストボールはこれですね!

このコースならランナーの二次リードは大きくなりますし
キャッチャーも投げやすいです。

この3つの基本的な考え方を意識して、ピックオフプレーを仕掛けましょう!

ケース別のピックオフプレーの動き

それではケース別のピックオフプレーの動きを解説します。

ランナー1塁

ランナー1塁のピックオフプレーは、キャッチャーがファース送球してアウトを狙います。

相手バッターがバントの構えをしたら、ピックオフプレーのチャンスです。

このケースは、「ピッチャー」「キャッチャー」「ファースト」「セカンド」でメインで動きます。

①ピッチャーは「高さはストライク、コースはボール球」の投球をする

②ファーストはピッチャーの投球に合わせて前進する(バントシフト)

③セカンドはファーストを見ながら、ファーストベースへカバーに行く

④キャッチャーはファーストへ送球する

こんな風にランナー1塁のピックオフプレーは動きましょう。

ランナー1塁のピックオフプレーの動き

ポイントは3つです。

・ファーストは、バントされてもOKくらいのダッシュをする。

・セカンドは、存在を消しながらファーストベースに行く。

・キャッチャーはベースの上に投げる。

この3つを意識して、ピックオフプレーをやってみよう!

ショートは「セカンドベースのカバー」へ、サードは「バントダッシュ」です。

キャッチャーの1塁牽制はこちらで解説してます。

ランナー2塁

ランナー2塁でのピックオフプレーは、キャッチャーがセカンド送球してアウトを狙います。

相手バッターがバントの構えをしてたり、
バントがありそうな雰囲気ならピックオフプレーのチャンスです。

「ピッチャー」「キャッチャー」「ショート」「セカンド」「サード」がメインで動きます。

①ピッチャーは「高さはストライク、コースはボール球」の投球をする

②ショートはピッチャーの投球に合わせて、サードカバーに行く

③サードもピッチャーの投球に合わせて前進する(バントシフト)

④セカンドはセカンドベースにカバーに行く

⑤キャッチャーはセカンドへ送球する

こんな風にランナー2塁のピックオフプレーは動きましょう。

ランナー2塁のピックオフプレーの動き

ポイントは4つです。

・ショート主導で動いたほうがいい。

・サードはバントされてもOKくらいのダッシュをする。

・セカンドは息を潜めて、セカンドベースカバーにいく。

・ファーストのポジションニングが大切。

このケースだとショートからサードベースへのカバー距離が1番長いので、
ショート主導でプレーするのをおすすめします。

ショートが走りだしてからピッチャーは投げる、
これくらいが丁度いいと思います。

ランナー2塁のピックオフプレーは、ファーストのポジショニングが重要です!

相手バッターがバントしなかったら問題ないんですけど、
もしバントした場合ファーストがバントシフトしてると1塁ベースがガラ空きになります。

ピックオフプレーを仕掛けたら、
相手バッターはバントしないとは限らないよね!

このケースでのファーストは相手バッターのバント角度を見て、
絶妙なポジショニングをとる必要があるんですよね!

キャッチャーのピックオフプレーの注意点

つぎにキャッチャーのピックオフプレーの注意点です。

バントされる場合もある

まず1つ目は「バントされる場合もある」です。

ピックオフプレーでピッチャーはギリギリのボール球を投げるので、
相手バッターはバントしてくる可能性はあります。

それも頭に入れましょう!

テンパってエラーしたりフィルダースチョイスしたりしないように気をつけましょう!

ただ内野手の動きはバントシフトなのでピックオフプレーができなくても、
次塁でアウトを狙えるチャンスです。

キャッチャーの的確な指示の見せ所ですね!

無理して投げない

つぎが「無理して投げない」です。

ランナーの二次リードが大きくないなら無理して投げなくてもOKです!

明らかにセーフなのに、暴投したら大変だからね…。

また上手く握り替えができなかった時も投げないでいいです。

ランナーの二次リードがめちゃくちゃ大きいなら話は別ですが、
ピックオフプレーは「アウト・セーフ」がギリギリのタイミングです。

握り替えをミスったら間に合わないので、下手に投げるよりもキープしましょう!

キャッチャーのスローイングの基本はこちらで解説してます。

ランナーの動きを見て投げる

最後3つ目は「ランナーの動きを見て投げる」です。

キャッチャーの送球はランナー1塁のケースならファーストに、
ランナー2塁のケースならセカンドにが基本です。

でも、ランナーがキャッチャーの送球を見て次の塁に走ることもあります。

一瞬でもいいのでランナーの動きを見て、
送球するといいですね!

ポイントは、ランナーの身体の重心を観察することです。

身体の重心が戻る方向にあるのか、進塁方向にあるのかをチェックしましょう!

ランナーにフェイクをかけられたらお手上げですが、できることはやっておくべきですね!

ピックオフプレーで攻めの守備を!

キャッチャーのピックオフプレーを解説しました。

キャッチャーのピックオフプレーでランナーをアウトにできれば、
自チームは勢いに乗るし、相手チームにはダメージを与えられます。

ピックオフプレーで攻めの守備をしきましょう!

ピックオフプレーは「ピッチャー」「内野手」「キャッチャー」の共同作業なので、
連携やコミュニケーションを常日頃から大切にするといいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る