バント処理してるキャッチャー

キャッチャーのバント処理は簡単そうですが、意外と奥が深いです。

・ボールを捕るまでの足の運び方

・ボールの捕り方

・ボールを捕ったあとのステップ

・スローイング

これらの一連の動きをスムーズに速くしないと、タッチプレイのときにセーフになります。

今回はキャッチャーのバント処理の基本ケース別での処理方法
そして相手バッターのバットでボールが見えない時の対処法を解説します。

キャッチャーのバント処理方法の基本

まずはキャッチャーのバント処理方法の基本を解説します。

掛け声

まずは掛け声です。

自分(キャッチャー)が捕るにしても、
ピッチャーや内野手に任せるにしても、大きな声で指示を出す。

これがバント処理では、とても大切です。

逆に一番最悪なのは、お見合いになって誰も対応できないこと!

タダでランナーに塁を与えてしまいますからね…。

一瞬の判断なのでむずかしい部分ではありますが、
自信をもって誰が捕るのか大きな声で指示しましょう!

バントの構えをしたら意識を前に

相手バッターがバントの構えをしたら意識を前にもっていきます。

一歩目のスタートを早くするイメージだね!

この意識があるのとないとでは、対応スピードがホント変わります。

ドシッと座っていたら、バントへの反応が確実に遅れますからね…。

相手バッターがバントの構えをしたら、気持ち分だけ腰を浮かせるのがおすすめです!

ステップ(ボールを捕るまで)

バント処理で一番大切なのは、「ボールをどのように捕るか」です。

これは内野ゴロでもそうですよね。

捕る位置や捕り方が悪いとボールを握り損ねたり、
送球ステップのバランスが悪くなったりします。

スローイングに移行しやすいポジションで捕球しましょう!

両肩をスッと下ろした位置で捕るといいですね。

ステップの合わせ方は「大股⇒細かいステップ」がおすすめです。

ボールが遠い位置に転がったら大股で一気に距離を縮めて、
そこから細かいステップで微調整するイメージです。

近くのボールなら最初から細かいステップで合わせましょう!

ボールの捕り方

ボールの捕り方は、キャッチャーミットを添えて両手で捕るのが基本です。

ミットを壁にして、右手で捕るイメージだよ。

そうすれば確実にボールを握れます。

ただ、バントが絶妙だった場合は片手で捕りにいくのもありです。

ギャンブルプレーですが、確実に捕るよりもアウトにする意識を持っておきましょう。

送球ステップ(ボールを捕ったあと)

ボールを捕ったあとのステップは右足⇒左足です。

右足にしっかりと体重を乗せてから、左足を投げる方向に出して投げましょう!

右足をステップする位置は、ボールを捕った位置付近がおすすめです。

ボールを捕った位置に右足を持ってこれば、
ステップが安定します。

逆に良くないのは、バックステップやノーステップです。

肩に自信があったとしても、送球が安定しません。

捕る位置が悪くてステップできない状況ならしょうがないですが、
送球を安定させるために「右足⇒左足」のステップを守りましょう!

スローイング方法

スローイングは、スナップスローです。

右手を耳の後ろくらいに持ってきて投げましょう!

1つだけ注意点があります。

キャッチャーがバント処理をするとき、
投げる方向に対して身体が正面を向いてしまうことが多いです。

とくに2塁に投げるときだね。

身体が開いた状態だと強いボールを投げられないので、
左肩を投げる方向に向けてからスローイングするように意識しましょう。

そうすれば強いボールが投げられるますし、スローイングも安定します。

キャッチャーのスローイングの基本はこちらで解説してます。

ランナー1塁でのキャッチャーのバント処理方法

まずはランナー1塁でのキャッチャーのバント処理方法を解説します。

ランナー1塁でのバントのセオリーは、「1塁側に転がす」です。

ファーストがボールを捕ったら反転する必要があるので、
スローイングが安定しないことが多いからです。

ランナー1塁でのケースは、ファースト側バントをイメージしましょう!

キャッチャーが捕って二塁でアウトにできそうなら、
先ほど紹介したバント処理方法の基本を守って投げるといいですね。

ポイントは、キャッチャーがボールを捕って1塁に投げる場合です。

バッター走者と投げる方向がカブることが多いので、
その場合はステップして送球範囲を確保しましょう!

ステップを1塁側に寄せすぎるとバッター走者とカブりまくる可能性があるので、
ピッチャー方向寄りにステップして投げるのがおすすめです。

ランナー2塁でのキャッチャーのバント処理方法

つぎにランナー2塁でのキャッチャーのバント処理方法です。

ランナー2塁でのバントのセオリーは、「3塁側に転がす」です。

サードがボールを捕ったら反転するカタチになるので、
その分だけ送球が遅くなるからだよ。

ランナー2塁のケースでは、3塁側に転がるのをイメージしましょう!

またランナー2塁のケースはタッチプレイなので、
フォースアウトよりもスローイングの精度が求められます。

サードがタッチしやすい位置にドンピシャが理想です!

3塁がセーフになったらランナー1塁・3塁になるので、
確実にアウトにできるタイミングで、丁寧な送球を心がけましょう!

ポイントは、ボールを捕るまでのステップ(足の運び方)です。

直線的にボールを捕りに行くと前かがみになりすぎて投げづらくなります。

【足の運び方のイメージ】

ランナー2塁でのキャッチャーのバント処理方法

気持ちファールゾーンから捕りに行くイメージでステップをして、
前かがみになりすぎないようにするといいですね!

このステップであれば、3塁へのスローイングがしやいと思います。

キャッチャーのセーフティーバントの処理方法

最後にキャッチャーのセーフティーバントの処理方法です。

このケースでのバントのセオリーはありません。

1塁側・3塁側の両方に対応できるようにするといいね!

ポイントは、3塁側にセーフティーバントをされた場合です。

ランナー2塁での3塁側バントとはステップ(足の運び方)が違います。

キャッチャーのセーフティーバント処理方法

3塁側に身体の正面を向けてボールを捕って、反転してファーストに投げましょう。

直線的に足を運んで捕って投げるのも悪くはありませんが、
ステップが膨らみすぎたり、スローイングの体重移動がしづらかったりします。

逆に3塁側に身体の正面を向けるように捕りに行けば、
ほぼ直線でボールまで寄れますし、そのあとの送球ステップもスムーズにいきます。

このステップは、ランナー1塁のケースでサード側にバントされたときも同様です。

セカンドに投げても間に合わない場合には、
3塁側に身体の正面を向ける姿勢でボールを捕ってファーストに投げましょう!

バットでボールが見えない時の対処法

バッターがバントするとき、キャッチャーにボールを見えないようにする場合もあります。

これは相手バッターが上手いだけなので、
どうしようもありませんし、ルール違反でもありません。

キャッチャーが対処しましょう!

バットでボールが見えないときの対処法は2つです。

・アウトコース側に上半身だけ移動させる

・目線を上げたり、下げたりする

バント時にボールが見えないときは、この2つのどちらかで対処するといいですね!

おすすめは「アウトコース側に上半身だけ移動させる」です。

キャッチャーミットや構える位置はそのままで、
顔だけアウトコース側に寄せてボールを見るイメージです。

そうすればボールを見れますし、ある程度の対応はできます。

キャッチャーのバント処理は「大胆かつ繊細に!」

キャッチャーのバント処理方法とバットでボールが見えない時の対処法を解説しました。

相手バッターがバントしてきたとき、キャッチャーが捕って進塁を防ぐとチームは盛り上がります。

逆に進塁を阻止しようしてフィルダースチョイスになったら、相手チームに一気に流れがいきます。

なのでキャッチャーのバント処理は、「大胆かつ繊細に!」がいいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る