バント処理をしてるキャッチャー

「キャッチャーゴロやバント処理の練習方法は?」

「キャッチャーゴロの上手な処理方法を知りたい!」

「自宅や1人でも出来るバント処理練習ってあるの?」

こんな風に思ってるかたに向けて、キャッチャーのバント処理方法を解説します。

キャッチャーのバント処理やキャッチャーゴロの守備範囲が広がれば、
ピッチャーの負担を減らせますし、捕殺数も増えていきます。

でも、キャッチャーゴロやバント処理の練習ってあまりしないですよね。

全体ノックでちょろっとするくらいですかね。

 

そのためキャッチャーゴロの処理を上手くできなかったり、
バント処理のステップが合わなかったりすることも多くなると思います。

本記事ではキャッチャーのバント処理の基本やキャッチャーゴロの練習方法、
そして自宅や1人でも出来るバント処理の練習方法を解説していきます。

キャッチャーゴロやバント処理はキャッチャーの守備のなかで、
唯一、動きながらのプレーです。

ランナーの進塁を防げれば相手チームにプレッシャーを与えられるので、
自信をもってキャッチャーゴロをさばけるようになりましょう!

キャッチャーのバント処理の基本

キャッチャーゴロやバント処理の練習方法を紹介するまえに、
キャッチャーのバント処理の基本をお話します。

・バントゴロへの入り方を意識する。

・ボールを捕ってから。

・出来るだけ右手を添えて捕球する。

・しっかりと体重移動をする。

・スナップスローで投げる

キャッチャーゴロやバント処理のときには、この5つを意識しましょう!

とくに「キャッチャーゴロへの身体の入れ方」は大切です。

「ランナーは何塁にいる?」
「どこにバントされた?」

 

試合状況によってキャッチャーゴロのフィールディングは変わるので、
頭のなかを整理してから練習をするといいですね!

 

キャッチャーのバント処理の基本は下記ブログ記事で詳しく解説してます。

キャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法

それではキャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法を紹介します。

・ケースノック

・ノック

・自分でボールを転がす

・ボールを置いておいて投げる

・シャドーフィールディング

ケースノックやノックはチームの全体練習、
他の練習は1人でもできますし、工夫すれば自宅でも出来るバント処理練習です。

ケースノック

キャッチャーゴロやバント処理が上手くなる1つ目の練習方法は、ケースノックです。

定番の練習方法ですが、一番実践に近いんですよね。

 

ノッカーはバッターボックスからゴロを転がしてくれますし、
ピッチャーと内野手も揃ってますし、ランナーもいます。

キャッチャーのためのノックではないから
何球も練習はできないけど、それも実践感覚に近いよね!

 

ケースノックのときには集中して、キャッチャーゴロを処理しましょう。

そのなかで課題が見つかったら、その他の練習方法で改善するといいですね!

ノック

2つ目のキャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法は、ノックです。

ケースノックよりは実践に遠いですが、
意識的に取り組むことでケースノック並の練習になります。

・ピッチャーや内野手も動いてるイメージをする。

・バッターランナーやランナーの走塁をイメージする。

・細かい設定をイメージして、自分にプレッシャーをかける。

とくに「ランナーの走塁」は、イメージしたほうがいいですね!

1塁に投げるときにはバッターランナーに当たらないようにしたり、
2塁や3塁ならランナーがスライディングする方向に送球したりと。

バント処理をアウトにするためのスローイングを心がけましょう!

自分でボールを転がす(1人でもできる練習)

つづいてのキャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法は、「自分でボールを転がす」です。

キャッチャーポジションで構えて、そこから自分でボールを転がして、
両手で捕って、スローイングする練習になります。

パートナーがいれば投げる方向に立ってもらえばいいですが、
パートナーがいないならネットスローでOKです。

ネットスローのほうが難易度は高いよ!

 

この練習方法のポイントは、「自分で転がしてから、捕りに行くまでのタイミング」です。

実践ならバントが転がってから動きだすので、それをイメージして、
ボールを転がしてからワンテンポ遅らせて捕りにいきしましょう!

また、ノックのときの同様にランナーの走塁や試合展開をイメージするといいですね。

ボールを置いて投げる(1人でもできる練習)

キャッチャーゴロやバント処理が上手くなる4つ目の練習方法は、「ボールを置いて投げる」です。

バント処理できる範囲にボールを置いて、キャッチャーポジションで構え、
そこから捕りにいって投げる練習です。

これもパートナーがいれば捕ってもらって、
いない場合はネットスローにするといいですね!

 

自分でボールを転がす練習よりも実践的ではないですが、バント処理の感覚を掴むには最適です。

・どのくらいの歩幅でボールまで近づくのか。

・自分にとってベストな捕球姿勢はどれなのか。

・どのようにステップすれば、体重移動がスムーズになるか。

・どの範囲までそのままの姿勢で投げて、どの範囲からターンして投げるか。

・踏ん張った状態で強いボールを投げるにはどうすればいいか。

これらを意識して取り組めば、バント処理の型が出来上がっていきます。

シャドーフィールディング(1人でできる練習方法)

最後5つ目のキャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法は、シャドーフィールディングです。

キャッチャーポジションで構えて、
どの位置にバントされたのかをイメージして動き出す練習になります。

ボールもキャッチャーミットも必要ないから、
いつでもどこでもできるよね。

 

練習するときのポイントは、実践を強くイメージすることです。

・捕球姿勢

・ステップ

・体重移動

・スローイングのフィニッシュ姿勢

この4つを意識したり、
ボールを置いて投げる練習で紹介したポイントをイメージしたりするといいですね!

また、フィールディング練習のお供に最適な道具はタオル

タオルをボール代わりに投げる感じですね。

 

タオルを持ったままキャッチャーポジションで構えて、
バント処理の動作をして、最後にタオルを振ります。

腕の振りはスムーズになるし、
タオルの音がバロメーターになるよ!

 

バント処理はキャッチャーの守備のなかで唯一動きながらのプレーなので、
スムーズに強く投げられるようにしましょう。

キャッチャーのバント処理は攻めの姿勢で!

キャッチャーゴロやバント処理が上手くなる練習方法をご紹介しました。

・ケースノック

・ノック

・自分でボールを転がす

・ボールを置いておいて投げる

・シャドーフィールディング

 キャッチャーのバント処理やキャッチャーゴロの対処法は、
練習する機会が少ないので、意識的に取り組むといいと思います。

また、キャッチャーのバント処理は攻める姿勢が大切です。

「アウト1つ取れれば良いよね」

この意識も悪くはありませんが「隙あらばランナーの進塁を防いでやる!」、
このくらいの攻める気持ちでキャッチャーゴロを対処しましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る