ランナー1塁のケースでキャッチャーから牽制し、
アウトにするのは捕手の魅せ場の1つですよね。

ただ暴投になる可能性はゼロではありませんし、
早く投げ過ぎればディレードスチールをされてしまいます。

本記事ではキャッチャーからの1塁牽制のコツを7つ紹介します。

キャッチャーからの1塁牽制のポイントは、
二次リードが大きいランナーに気づかれないように狙うことです。

キャッチャーの1塁牽制の難しさ

キャッチャーからの1塁牽制とは、
ピッチャーの投球を捕球した後にキャッチャーからファーストに投げることです。

言葉にすると簡単なんですけど、意外と難しいプレーだと思います。

キャッチャーからの1塁牽制でランナーをアウトにできれば最高ですが、
暴投になったりディレードスチールされたりと悪い方向にいく可能性もあるからです。

その結果、相手チームに無駄な塁を与えるだけでなく、流れを渡してしまうかもしれません。

キャッチャーから1塁牽制をするときには、
高確率でアウトにできるタイミングとスローイングへの自信が必要です。

この2つが整ってないなら、キャッチャーからの牽制はやめておくべきだと思います。

アウトにできないタイミングで1塁牽制をするのは無駄なプレーですし、
スローイングに自信がなくて暴投になったらチームに迷惑をかけてしまいますからね。

そもそもキャッチャーの1塁牽制は、
してもしなくても問題のないプレーでもあります。

とはいえ、

キャッチャーからの1塁牽制でランナーをアウトにできれば、
自チームに勢いをもたせらせるのも事実です。

キャッチャーからの1塁牽制のコツを掴み、
数試合で1回あるかないかのビックプレーを完成させましょう!

キャッチャー1塁牽制の7つのコツ

それではキャッチャーからの1塁牽制のコツを7つ紹介します。

・タイミング

・1塁牽制しやすいコースを要求する

・タッチしやすいところに投げる

・勝負は1度きり

・フェイクを入れたら投げない

・無駄な1塁牽制をしない

・ディレードスチールに気を付ける

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

タイミング

1つ目のキャッチャー1塁牽制のコツはタイミングです。

キャッチャーの1塁牽制でランナーをアウトにできるタイミングは主に4つ。

①ランナーの二次リードが大きい

②ランナーの帰塁が遅い

③打者がバントの構えをしてる

④打者が空振りをした

このようなタイミングでキャッチャーは1塁牽制をするのがおすすめです。

特に②と③がアウトにしやすいタイミングだと思います。

帰塁の遅いランナーは鈍臭い可能性が高いですし、
バントのサインが出たらランナーの二次リードは大きくなりますからね。

バントの構えで見送ったり、
空振りをしたら絶好のチャンス!

キャッチャーからの1塁牽制を狙うときは、この4つのタイミングで狙うのがコツです。

他のキャッチャー牽制についてはこちらで解説してます。

1塁牽制しやすいコースを要求する

つぎのキャッチャー1塁牽制のコツは、投げやすいコースを要求することです。

キャッチャーの1塁牽制はしてもしなくてもOKなプレーなので、
暴投は絶対にダメですし、1塁牽制を意識しすぎてのパスボールなんて最悪中の最悪…。

キャッチャーの1塁牽制だけはエラーが許されません!

キャッチャーの1塁牽制をするならピッチャーに投げやすいコースを要求したり、
1塁牽制をするときには投げやすいコースだけにしたほうがいいですね。

投げにくいコースだとステップやモーションが
大きくなるのでアウトにできる確率も下がります。

ピッチャーに「高さはストライクでコースはボール」になる投球をしてもらえば、
ランナーの二次リードは大きくなります。

ピッチャーと協働で1塁ランナーを仕留めましょう!

キャッチャーのスローイングの基本はこちらで解説してます。

タッチしやすいところに投げる

キャッチャー1塁牽制のコツの3つ目は、タッチしやすいところに投げることです。

いくらモーションが早くても、どれだけスローイングが強くても、
ファーストがタッチしにくい位置ならアウトにはできません。

キャッチャーの1塁牽制はコンマ単位で判定が変わるからね。

キャッチャーから見て1塁ベースの左側(ランナーが帰塁する位置)の
上30センチくらいがキャッチャー牽制のドンピシャの位置です。

ランナーがベースに触る位置はランナーと送球がぶつかり、
ボールが逸れる可能性がありますからね。

ファーストがタッチしやすい1塁ベース左側の上30センチを狙って、
キャッチャーは1塁牽制をするといいですね!

キャッチャーからの3塁牽制は投げる位置が少し違います。

勝負は1度きり

つづいてのキャッチャー1塁牽制のコツは、勝負は1度きりです。

キャッチャーの1塁牽制は、
1ランナーに付き1回までが限度だと思ったほうがいいよ!

1回キャッチャー牽制をしたらランナーは警戒するので、
2回目以降を投げてもアウトにできる可能性はガクっと下がるからです。

ランナーを仕留めるなら1発勝負なので集中しましょう!

一度きりの確率を上げるキャッチャーの握り変えの練習方法はこちらで解説してます。

フェイクを入れたら投げない

5つ目のキャッチャー1塁牽制のコツは、フェイクを入れたら投げないことです。

これは勝負は1度きりに似てるんですけど、
フェイクを入れるだけでもランナーは十分に警戒してくれます。

スローイングモーションが早いキャッチャーなら尚更だよ!

フェイクを入れたのならキャッチャー牽制ではアウトにしにくいです。

もちろん、勝負は1度きりでもフェイクでもそうですが、
ランナーが警戒してない様子だったらキャッチャー牽制してOKです!

キャッチャーの2塁牽制はこちらで解説してます。

無駄な1塁牽制はしない

つぎのキャッチャー1塁牽制のコツは、無駄な1塁牽制はしないことです。

意味のないプレーはやめましょう!

キャッチャーの1塁牽制でアウトにできたら最高ですが、
暴投やファーストのエラーがありえるリスクの高いプレーでもあります。

アウトにできないタイミングで投げるなどの
無駄なキャッチャーの1塁牽制はしないようにしましょう!

キャッチャーのピックオフプレーはこちらで解説してます。

ディレードスチールに気を付ける

最後7つ目のキャッチャー1塁牽制のコツは、ディレードスチールに気を付けることです。

キャッチャーの1塁牽制は暴投やファーストのエラーに繋がるだけでなく、
ランナーにディレードスチールの機会を与えてしまうプレーでもあります。

ディレードスチールもありえる!

キャッチャーから1塁牽制をするときには、これを常に意識しましょう!

ランナーをまったく見ないで1塁牽制は危険すぎるよ!

ランナーにディレードスチールに対応するコツは、
1塁牽制をするときにランナーの体重の重心を見ること。

一瞬でOKです。

右足に体重がかかってるなら2塁に進む可能性がありますし、
逆に左足に体重がかかってるなら1塁に帰塁する可能性が高いです。

ランナーが2塁に進みそうな可能性があるなら、ワンテンポ遅らせるといいですね!

一瞬でも間を作ればランナーがディレードスチールを仕掛けても2塁送球できますし、
逆をつかれて帰塁するランナーならワンテンポ遅らせても十分にアウトにできます。

ランナーをまったく見ないで1塁牽制するのだけはやめましょう!

ディレードスチール対策はこちらで詳しく解説してます。

ランナーに気づかれないように1塁牽制をしよう

キャッチャーの1塁牽制のコツを解説しました。

今回ご紹介した7つのコツを実践できれば、
キャッチャーの1塁牽制でアウトにできる確率は上がりますし、無駄なプレーも減ります。

キャッチャー牽制をするときには、ぜひ意識してみてください。

最後にキャッチャー牽制の最大のコツをお伝えします。

それは「ランナーに気づかれないようにすること」です。

ランナーにキャッチャーからの1塁牽制はないと思わせることができれば、
キャッチャーの1塁牽制でアウトにできる確率はグンっと上がります。

1塁ランナーをいかに油断させられるか?ってことですね。

ランナーに隙ができればキャッチャーの有利な状況になるので、
1塁ランナーを油断させておいて1塁牽制で仕留める。

キャッチャーの醍醐味を楽しんでください!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る