ディレードスチールをしたランナー

キャッチャーのディレードスチールの阻止方法を解説します。

数試合で1回あるかないかのディレードスチール。

ディレードスチールを決められると凹みますよね。

ディレードスチールを阻止するコツは、いつも通りのプレーをすることです!

ディレードスチールとは?

まずディレードスチールついておさらいしましょう。

ディレードスチールとは、スタートするタイミングを遅らせた盗塁のことです。

通常の盗塁と比較すれば分かりやすいよ!

通常の盗塁はピッチャーが投球モーションに入った瞬間にランナーはスタートしますが、
ディレードスチールでは投球モーションのタイミングでスタートしないんです。

ランナーがディレードスチールをするタイミングは、

・ピッチャーがボールを投げてから。

・キャッチャーがピッチャーに返球するとき。

こんな風にスタートが遅いので、普通に考えれば無謀な作戦です。

スタートが遅いということは、
次塁に到達するのも遅れますからね。

それなのになぜランナーはディレードスチールをするのか?

それは守備陣の隙をつきたいからです!

キャッチャーは予期せぬタイミングで盗塁されると送球の準備ができないですし、
二遊間もベースカバーに遅れます。

このちょっとした隙を狙って、盗塁を成功させたいんですよね。

ディレードスチールとは、わざとスタートを送らせて守備陣の意表をつく盗塁なんです。

ディレードスチールが考えられるケース

それではディレードスチールが考えられるケースをお話します。

2つのケースで、ディレードスチールはよくされます。

頭の中に入れておくといいね!

盗塁が厳しい時

まず1つ目は盗塁が厳しい時です。

「ピッチャーのクイックが速くて牽制も上手い。」

「しかもキャッチャーのスローイングも良い」

こんなバッテリーが相手だったら、ランナーは盗塁なんてしようと思わないですよね。

普通に走ってもアウトになる確率が高いからね!

そんな時にランナーはディレードスチールを仕掛けてきます。

次塁を奪うには、バッテリーや内野陣の意表をつくしかないですから!

とくに左ピッチャーで打席に左バッターのケースは要注意です。

キャッチャーは左バッターでランナーが見えにくいので、
そこをランナーは狙ってきます。

また「僅差の試合」や「試合の終盤」など、
相手チームがどうしても得点圏にランナーを進めたい時にも注意したいですね。

ランナー3塁・1塁のケース

次がランナー3塁・1塁のケースですね。

1塁ランナーがスタートを遅らせ1・2塁間で挟まれて、
その隙に3塁ランナーがホームを狙ってきます。

1塁ランナーがディレードスチールをするってことです!

・ヒットを打つのが難しいピッチャー。

・下位打線でヒットを期待できない。

・調子の悪いバッターが打席に入ったとき。

・とにかく1点が欲しいとき。

・走塁が上手そうなランナー。

こんな状況でランナー3塁・1塁なら、ディレードスチールを頭に入れておきましょう!

アウトカウントによってディレードスチールがある可能性は若干変わりますが、
ランナー3塁・1塁なら注意しておいた方がいいですね。

キャッチャーのディレードスチール阻止方法

それではディレードスチールの阻止方法を解説します。

先程ご紹介した、

・ランナー1塁のケース(※盗塁が厳しいとき)

・ランナー3、1塁のケース

この2つのケースに分けてお話します。

ランナー1塁(※盗塁が厳しい場面)での阻止方法

まず、盗塁が厳しいランナー1塁でのディレードスチール阻止方法です。

このケースでの1番のポイントは「準備」です。

盗塁があるかもしれないと意識しましょう!

・ボールを捕ったあとすぐ投げられるように握り替えをする。

・ピッチャーへの返球をしっかりして肩を作る。

・セカンドとショートにディレードスチールの警戒を呼びかける。

ディレードスチールは、バッテリーや二遊間に隙があるからランナーは狙ってきます。

常に準備してランナーを警戒してれば、
なかなかディレードスチールを仕掛けてきません。

ランナー1塁のケースでは、常に盗塁を警戒しましょう!

ディレードスチールされても、落ち着いて投げれば十分アウトにできます。

ランナーのスタートは遅いですし、
狙いはキャッチャーの送球ミスや二遊間のベースカバーの遅れですからね。

いつも通りスローイングすればOKです。

キャッチャーのスローイング方法はこちらで解説してます。

ランナー3塁・1塁での阻止方法

つぎにランナー3塁・1塁のディレードスチール阻止方法です。

このケースのポイントは、最悪「ランナー3塁・2塁はOK」だと決めておくこと!

というのも…、ランナー3塁・1塁って、相手チームからするとチャンスです。

単打でも点が入りますからね。

それなのにディレードスチールを仕掛けるってことは、
バッターがヒットを打つ確率がかなり低いからです。

ランナー3塁・2塁にしたところで相手バッターをそこまで恐れる必要はないし、
そんな弱気のチームに流れが行くことはあまりありません。

1塁ランナーを深追いして3塁ランナーをホームに返すくらいなら、
1塁ランナーには2塁に進塁してもらいましょう!

またディレードスチールをした1塁ランナーをアウトにしたいなら、
すぐにボールを投げないのがポイントです。

すぐにボールを投げると、
その瞬間にランナーがホームに突入してくるからね!

3塁ランナーのリード具合を確認してから投げましょう!

あとボールを持ったまま2塁ベースに走って行くのも効果的です。

そうすればランナーは1塁に戻るしか選択肢はありませんからね。

何事もなかったかのように、
ランナー3塁・1塁のままにできます。

ただ、キャッチャーが2塁ベースに行くとホームがガラ空きになるので、
ピッチャーにホームをカバーしてもらいましょう!

このケースでディレードスチールされるとテンパりがちですが、
冷静に対処するといいですね!

いつも通りのプレーをしよう!

キャッチャーのディレードスチール阻止方法を解説しました。

ディレードスチールはバッテリーや守備陣の隙を狙った奇襲なので、
隙を見せないのが一番です!

それでもディレードスチールを仕掛けられたら、いつも通りのプレーをすればOKです。

ディレードスチールって言ってもスタートの遅い盗塁なので、
普通に投げればアウトにできます。

テンパらずにいつも通りのプレーを心がけましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る