少年野球(ジュニア)リストバンドの選び方

リストバンドをつける野球少年も増えてきました。

「少年野球にリストバンドなんて、まだ早い!」なんて声もありますが、
セルフイメージが上がりますし、汗拭きとしても効果的なので全然ありだと思ってます。

プロ野球選手の服装に近づけるほど、
セルフイメージは上がるんだよね!

そこで今回は少年野球のリストバンドの選び方を解説していきます。

所属してる野球連盟によってはリストバンド禁止だったりするので、
そこを確認してから購入するようにしたいですね。

練習中につけるのは監督から許可がでればOKです!

また、少年野球におすすめのリストバンドも紹介していきます。

【少年野球】リストバンドの種類

まずは少年野球のリストバンドの種類です。

リストバンドには「生地」と「長さ」で、それぞれのタイプがあります。

リストバンドの生地

リストバンドには大きくわけて、2つの生地タイプがあります。

・タオル生地(分厚い)

・コンプレッション系(薄い)

よく付けられてるのはタオル生地のリストバンドですね。

汗をよく吸ってくれるよ〜!

プロ野球選手がよく付けてるのはコンプレッション系のリストバンド

タオル生地のような汗の吸収力はありませんが、
コンプレッション系アンダーシャツをリストバンドにした感じなので
十分に汗を拭けますし、サポーターとしても機能するんですよね。

しかも!
オシャレでカッコいいデザインが多い!

プロ野球選手のようなリストバンドをつけてセルフイメージを上げたいなら、
コンプレッション系リストバンドで決まりだと思います!

リストバンドの長さ

リストバンドには、さまざまな長さのタイプもあります。

・ショート(5センチくらい)

・ミディアム(8センチ〜10センチくらい)

・ロング(10センチ以上)

メーカーによって若干の差はありますが、大体この3タイプの長さがあります。

短いリストバンドほど金額も安い傾向にあるんですけど、
真夏の練習だと短いリストバンドでは足りません…。

少年野球でリストバンドをつける場合には、
カッコつけだけではなく汗拭きという大義名分は必ず必要になってきます。

短すぎるリストバンドではなく、ミディアム以上をつけるといいですね!

【少年野球】リストバンドの選び方

少年野球のリストバンドの選び方は3つです。

・体質

・リストバンドをつける目的

・デザイン

この3つで自分に合うリストバンドを選ぶのがおすすめです。

体質を考える

少年野球のリストバンドを選ぶときの1つ目のポイントは体質です。

汗っかきなら「タオル生地×ミディアム以上の長さ」で、
リストバンドを両手につけるのがおすすめです。

プレー中のタオルの代わりだからね!
両手のほうが汗を拭けるよ!

逆にそこまで汗をかかないなら、

・「コンプレッション系×ミディアム以上の長さ」で片手

・「コンプレッション系×ミディアム以上の長さ」で両手

・「タオル生地×ミディアム以上の長さ」で片手

これくらいで十分ですね!

片手か両手かの判断方法は、利き手の違和感で決めるのをおすすめします。

利き手にリストバンドをつけて、
投げにくいならつけないほうがいいですね!

コンプレッション系なら利き手につけても違和感ないことが多いので、
片手だけ買ってみて、利き手につけて試してみるのをおすすめします。

リストバンドをつける目的

少年野球のリストバンドを選ぶときの2つ目のポイントは目的です。

リストバンドを付ける目的はプレー中の汗を拭くためです。

ここは絶対に忘れないようにしよう〜!

ですが、もしヒジに違和感があったり痛めてたりするなら、
手首からヒジまでの長さがあるアームスリーブをおすすめします。

アームスリーブはコンプレッション系リストバンドの長さが
ヒジまであるタイプです。

汗を拭けるので基本的にリストバンドは必要なくなりますし、
リストバンドをつけるにしてもタオル生地系の一択になります。

リストバンドを付ける目的を整理してから選びましょう!

アームスリーブについてはこちらで詳しく解説してます。

好きなデザインを選ぶ

少年野球のリストバンドを選ぶときの最後のポイントはデザインです。

どうせリストバンドをつけるなら、カッコいいデザインにしましょう!

カッコいいデザインのリストバンドをつければセルフイメージがあがり、
自信を持ってプレーできたりします。

自分の好きなデザインや
憧れのプロ野球と同じデザイン、
ユニフォームに合うデザインがいいですね!

ただ、リストバンドを付ける目的はプレー中に汗を拭くためです。

「体質」と「付ける目的」をクリアしてるリストバンドの中から、
カッコいいデザインのリストバンドを選びましょう!

【少年野球】リストバンドの注意点(禁止事項)

少年野球でリストバンドをつけるときには注意点(禁止事項)があります。

リストバンドを装着してはいけないポジションや
所属してる団体(県連盟)やチームによって禁止されてる場合があります。

①ピッチャーはリストバンドNG。

②バッティンググローブと一体型のリストバンドはNG

③所属する団体(県連盟)によっては野手もNG。

④チームの方針で禁止になってる場合もある。

ピッチャーがリストバンドを付けるのは、
ゆる〜い草野球以外はすべてアウトなのでやめましょう!

他の注意事項は所属してる団体(県連盟)の規約やチームの方針を確認したほうがいいですね!

所属してる団体(県連盟)がリストバンドを禁止してたとしても、
試合で装着できないだけで練習ではつけることは可能です。

ただ所属してるチームの方針がリストバンドを禁止にしてるなら、
練習中でも装着することではできません。

なのでリストバンドを購入するときには注意しましょう!

少年野球におすすめの半袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

少年野球におすすめのリストバンド

それでは少年野球におすすめのリストバンドをご紹介していきます。

タオル生地系のリストバンド

タオル生地系で少年野球におすすめのリストバンドは「ナイキ」と「アシックス」です。

 

ナイキとアシックスはシンプルなデザインなので飽きがこないですし、
カラーバリエーションが多いのもグッドポイントです。

また両方のリストバンドのサイズは以下の通りです。

・ナイキのリストバンドの長さ:約13センチ

・アシックスのリストバンドの長さ:約11センチ

※紹介してる商品のサイズ

初めてリストバンドをつけるなら13センチは長く感じるかもですが、
実際、真夏の練習だったらこれくらい大きくでもまったく問題ありません。

ただ長いは長いですし、少年野球だと重たく感じることも多いので、
初めてのリストバンドなら無難にアシックスを選ぶのもありですね!

リストバンドは使っていくと生地が伸びてくるので、
消耗品だと考えれば選びやすいかなぁ〜と思います。

コンプレッション系リストバンド

コンプレッション系で少年野球におすすめのリストバンドは、
アンダーアーマー」「アシックス」「ローリングスです。



 

アンダーアーマーとアシックスはシンプルなデザインなので、
どんなユニフォームでも合いますね。

ロゴのゴールドがカッコいい〜!

「周りの野球少年とリストバンドがカブりたくない!」
「せっかく付けるんだからプロ野球選手っぽいやつがいい!」

そんなオシャレ番長ならローリングスのリストバンドでしょう!

コンプレッション系ならではのデザインになってます。

3つリストバンドのサイズは以下の通りです。

・アンダーアーマーのリストバンドの長さ:約15センチ

・アシックスのリストバンドの長さ:約10センチ

・ローリングスのリストバンドの長さ:約10センチ

※紹介してる商品のサイズ

コンプレッション系は長めタイプをおすすめします。

タオル生地系のような吸収力がない欠点を長さで補ますし、
コンプレッション系の効果の恩恵も受けやすくなるので!

リストバンドの付け方

リストバンドの付け方です。

①ロゴの上下を確認する。

②ロゴの頭が手首側に来るようにして手を通す。

③手首の付け根から3センチくらい上にあげる。

これが基本的なリストバンドの付け方です。

守備用手袋やバッティング手袋を付けてるなら、
マジックテープとリストバンドがカブらない位置にしましょう!

あとは自分が汗をふきやすいベスポジを見つける感じです。

長袖アンダーシャツでもリストバンドを付けたい場合は、
アンダーシャツの素材に気をつけたほうがいいですね!

普通のアンダーシャツでリストバンドをつけるとゴワつくので、
あまりおすすめできません。

ダサいしね…w

アンダーアーマーのようなコンプレッション系アンダーシャツなら付けても問題ないです。

コンプレッション系は汗を拭ける部分が少ないので、
リストバンドで汗を拭くように使うのをおすすめします!

プレー中の汗を拭こう!

少年野球のリストバンドの選び方と注意点(禁止事項)をお話しました。

ベンチにいるときや休憩のときにはタオルで汗を拭けますが、
プレー中にはそうもいきません。

アンダーシャツで汗を拭くのもありですが、
夏場は半袖の場合が多いので、そこまで汗を拭ける部分がないんですよね。

なのでリストバンドをつけて、プレー中の汗を拭くようにしましょう!

顔に汗がついてると気が散る場合も結構ありますので。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る