少年野球の半袖アンダーシャツの種類と選び方とおすすめ4選

「少年野球の半袖アンダーシャツの種類と選び方を知りたい!」

「夏におすすめのジュニア向け半袖アンダーシャツはどれ?」

そんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球の半袖アンダーシャツについてお話します。

猛暑のなかの少年野球で活躍するのが半袖アンダーシャツですが、
いろんな種類があり、涼しさや機能性が違います。

生地だけで大きく変わります。

 

本記事では少年野球の半袖アンダーシャツの種類と選び方、
そして厳選したおすすめのジュニア向け半袖アンダーシャツをご紹介します。

涼しさと機能性を備えた半袖アンダーシャツで熱中症対策をしながら、
少しでも快適に夏の練習や試合を頑張ってもらいましょう。

〜先にイチオシをご紹介〜

先にイチオシの少年野球の半袖アンダーシャツをお話します。

一番のおすすめはアンダーアーマーです。

アンダーアーマーはコンプレッション系の老舗で、
涼しくて機能性もバツグンな半袖アンダーシャツです。

身体を軽く締め付けるコンプレッション系が苦手ではないなら、
夏の少年野球の半袖アンダーシャツはアンダーアーマーをおすすめします。

少年野球の半袖アンダーシャツの種類

少年野球の半袖アンダーシャツの種類です。

この2つにジュニア向け半袖アンダーシャツは種類があります。

素材

少年野球の半袖アンダーシャツには素材に種類があります。

コンプレッション系

ゆったり系

コンプレッション系はアンダーアーマーに代表されるピチっとしたアンダーシャツ

ゆったり系は冬のアンダーシャツのような身体を締め付けないタイプです。

プロ野球選手が着用してるのは、
コンプレッション系だよ。

 

コンプレッション系はサポーター効果もあるので、小さな力でパフォーマンスを発揮できます。

首元タイプ

首元タイプにも少年野球の半袖アンダーシャツには種類があります。

丸首

ハイネック

タートルネック

丸首タイプが圧倒的に涼しいんですけど首元を日焼けしますし、
猛暑の日の練習では熱中症の原因にもなるんですよね。

タートルネックは日焼け防止になりますが、
ちょっと暑すぎです。

 

個人的にはハイネックがバランスが良いのでおすすめしてます。

少年野球の半袖アンダーシャツの選び方

少年野球の半袖アンダーシャツの選び方です。

コンプレッション系かゆったり系かが大きな分かれ目ですが、
身体への締め付けが苦手ではないならコンプレッション系をおすすめしてます。

というのも、コンプレッション系は速乾性と機能性がバツグンだからです。

圧倒的に涼しい

汗をかいても、水をかけてもすぐ乾く

着替える頻度が少なくなる

少ない力で大きなパワーを出せる

コンプレッション系なら真夏の練習の休憩中に水浴びしても、
練習が再開するころには、ほぼ乾いてます。

大袈裟でもなんでもなく、本当だよ。

 

またコンプレッション系アンダーシャツはサポーター効果もあります。

「サポーター効果は求めてない…」と思うかもしれませんが、
本来サポーターは小さい力で大きなパワーを発揮するために付ける道具です。

肩やヒジを締め付けて、パワーを出すイメージです。

 

コンプレッション系も身体を少し締め付けることでテーピングと同じ効果を発揮し、
小さな力でも大きなパワーを発揮できる仕組みになってます。

コンプレッション特有の身体への軽い締め付けが苦手ではない限り、
夏の半袖アンダーシャツはコンプレッション系の一択です。

クールダウンのときは、
ゆったり系がおすすめだよ。

 

プレー中に汗を拭ける少年野球用のリストバンドはこちらで紹介してます。

少年野球におすすめの半袖アンダーシャツ

それでは少年野球におすすめの半袖アンダーシャツです。

コンプレッション系の半袖アンダーシャツを2つ、
ゆったり系の半袖アンダーシャツを2つ厳選しました。

アンダーアーマー

まず1つ目の少年野球におすすめの半袖アンダーシャツはアンダーアーマーです。

コンプレッション系アンダーシャツを日本に初めてもたらしたのがアンダーアーマーなので、
もはや説明不要の機能性を持っています。

コンプレッション系の老舗です。

 

「涼しくて機能性バツグンな半袖アンダーシャツを着させたい!」

こんな風に思ってるなら、アンダーアーマーの半袖アンダーシャツです。

サイズはジャストサイズをまずは購入してみて、
2着目から好みに合わせて大きめや小さめにするのをおすすめします。

夏でも着られる少年野球におすすめの七分袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

ミズノ

つぎの少年野球におすすめの半袖アンダーシャツはミズノです。

日本メーカーを代表するミズノのコンプレッション系アンダーシャツは、
ハイネックなのが大きな特徴です。

真夏の練習の日焼けで、どうしても守れないのは首のうしろです。

帽子をかぶってても、
首のうしろが日焼けして痛くなるんだよね。

 

ミズノのコンプレッション系の半袖アンダーシャツはハイネックなので、
首のうしろの日焼けを防いでくれます。

また、アンダーアーマーよりも身体への締め付けも緩やかです。

「身体への締め付けがあるアンダーシャツにはちょっと抵抗がある。」

そんな風に思ってるならミズノの半袖アンダーシャツで決まりです。

ゆったり系

「コンプレッション系はちょっと…」

と言う方にはミズノのゆったり系半袖アンダーシャツをおすすめします。

ゆったり系のミズノの半袖アンダーシャツは胸と背中の部分がメッシュ加工です。

一般的な半袖アンダーシャツと比べると
圧倒的に涼しいです。

 

コンプレッション系と比較すると速乾性や涼しさ、機能性は劣りますが、
他の一般的な半袖アンダーシャツよりかは快適なのでおすすめです。

少年野球におすすめのノースリーブアンダーシャツはこちらで紹介してます。

デサント

最後4つ目の少年野球におすすめの半袖アンダーシャツはデサントです。

(※ゆったり系の半袖アンダーシャツです)

デサントの夏用の半袖アンダーシャツの特徴は超ハイネック!

ミズノのゆったり系アンダーシャツよりも首元が長いので、
首のうしろの日焼けから完璧に守ってくれます。

ミズノみたいにメッシュ加工ではないんだよね〜

 

「涼しさや速乾性も大切だけど、日焼け対策を最優先したい」

このように思ってる方なら、デサントの半袖アンダーシャツでしょう。

夏用ジュニア向けアンダーシャツの種類はこちらで解説してます。

イチオシの少年野球の半袖アンダーシャツ

少年野球の半袖アンダーシャツについてお話しました。

夏用の半袖アンダーシャツは涼しさと機能性を備えたコンプレッション系がおすすめです。

圧倒的な清涼感

異次元の速乾性

着替える頻度を少なくできるので洗濯物を減らせるエコ性

少ない力で大きなパワーを出せる機能性

ゆったり系では得られない圧倒的なメリットがありますからね。

ご紹介した4つの少年野球の半袖アンダーシャツのなかで、
イチオシはアンダーアーマーのジュニア向け半袖アンダーシャツです。

コンプレッション系といえばアンダーアーマーですし、
涼しくて機能性を求めるならアンダーアーマーしかありません。

お子さんに最適な夏の半袖アンダーシャツを選んで、
熱中症対策をしつつ、元気に練習を頑張ってもらいましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る