少年野球(ジュニア)夏用の半袖アンダーシャツの選び方

年々、暑くなってる夏。

「少年野球をやってる子どもに涼しくて快適なアンダーシャツを着せたい!」

「夏用のアンダーシャツも種類が多すぎて、どれが良いのかわからない…。」

そんな風に思ってる少年野球の親御さんに向けて、
少年野球・夏用の半袖アンダーシャツの選び方をお話します。

猛暑のなかの少年野球の練習を少しでも涼しく快適に過ごすためには、
どのようなアンダーシャツを選ぶのかがポイントです。

半袖のアンダーシャツでも涼しくないのもありますし、
着替えを頻繁にしなと追いつかないのもあります。

 

本記事では涼しくて快適な夏用の半袖アンダーシャツの選び方、
そして少年野球の夏用半袖アンダーシャツのおすすめもご紹介します。

お子さんに涼しさと機能性を備えた夏用の半袖アンダーシャツを着てもらって、
熱中症対策をしながら、少しでも快適に練習を頑張ってもらいましょう!

夏用の半袖アンダーシャツの種類

夏用の半袖アンダーシャツには大きく分けて2種類あります。

・コンプレッション系

・ゆったり系

コンプレッション系とはアンダーアーマーに代表されるピチっとしたアンダーシャツ、
ゆったり系は冬のアンダーシャツのような身体を締め付けないアンダーシャツです。

多くのプロ野球選手が着用してるのは、
コンプレッション系ですね!

【少年野球】夏用の半袖アンダーシャツの選び方

それでは少年野球・夏用の半袖アンダーシャツの選び方をお話します。

身体への締め付けに抵抗感がないなら、コンプレッション系にしましょう。

コンプレッション系は速乾性機能性がバツグンなんですよね!

・圧倒的に涼しい

・汗がすぐ乾く

・水をかけてもすぐ乾く

・着替える頻度が少なくなる

・少ない力で大きなパワーを出せる

ゆったり系のアンダーシャツよりもコンプレッション系のほうが圧倒的に速乾性があります。

真夏の練習の休憩中にコンプレッション系アンダーシャツ1枚になって、
水浴びしたとしても練習が再開するころには、ほぼ乾いてます。

大袈裟でもなんでもなく、本当です!

練習途中の水浴びは、熱中症対策にはもってこいだよ!

 

またコンプレッション系アンダーシャツは、テーピングの役割も果たします。

「別にテーピングの効果は求めてない…」と思うかもしれませんが、
本来、テーピングとは小さい力で大きなパワーを発揮するために付けます。

肩やヒジを締め付けて、パワーを出すイメージです。

 

コンプレッション系も身体を少し締め付けることでテーピングと同じ効果を発揮し、
小さな力でも大きなパワーを発揮できる仕組みになってるんですよね!

ただ、慣れないうちは身体が少し締め付けられるのに抵抗があるかもしれません。

そのときには5回くらいはコンプレッション系のアンダーシャツを着てみて、
それでも慣れなかったらゆったり系のアンダーシャツにするといいですね!

日常でも身体を少し締め付ける衣類を着ないからね。
最初は違和感があるんだよね。

 

夏の練習はとにかく涼しい半袖アンダーシャツに越したことはないので、
まずはコンプレッション系を着ましょう!

プレー中に汗を拭ける少年野球用のリストバンドはこちらで紹介してます。

おすすめの少年野球・夏用の半袖アンダーシャツ

それではおすすめの少年野球・夏用のアンダーシャツを4つ紹介します。

コンプレッション系の半袖アンダーシャツを2つ、
ゆったり系の半袖アンダーシャツを2つご紹介していきます。

アンダーアーマー

まず1つ目のおすすめ少年野球・夏用の半袖アンダーシャツは、
アンダーアーマーです。

コンプレッション系のアンダーシャツの定番!

コンプレッション系のアンダーシャツを日本に初めてもたらしたのがアンダーアーマーなので、
もはや説明がいらないくらいのだと思います。

コンプレッション系の老舗ですね!

 

「コンプレッション系のアンダーシャツは着たことない」

「失敗しないコンプレッション系のアンダーシャツを着させたい」

こんな風に思ってるなら、アンダーアーマーの夏用のアンダーシャツです。

 

サイズ選びですが、まずはジャストサイズを購入してみて、
2着目から好みに合わせて大きめや小さめにするのをおすすめします。

ミズノ

つぎのおすすめ少年野球・夏用の半袖アンダーシャツはミズノです。

日本メーカーを代表するミズノのコンプレッション系アンダーシャツ。

ミズノのコンプレッション系の半袖アンダーシャツの特徴はハイネック。

真夏の練習でどうしても守れないのは首のうしろです。

帽子をかぶってても、
首のうしろが日焼けして痛くなるんだよね。

 

ミズノのコンプレッション系の半袖アンダーシャツはハイネックなので、
首のうしろの日焼けを少しは防いでくれます。

また、アンダーアーマーよりも身体への締め付けも緩やかです。

「首のうしろの日焼けから守ってあげたい!」

「身体への締め付けがあるアンダーシャツにはちょっと抵抗がある。」

そんな風に思ってるなら、ミズノの半袖アンダーシャツで決まりです!

 

どうしてもコンプレッション系はちょっと…、
と言う方にはミズノのゆったり系半袖アンダーシャツが良いと思います

ゆったり系のミズノの半袖アンダーシャツは、胸と背中の部分がメッシュ加工!

一般的な半袖アンダーシャツと比べると
圧倒的に涼しいんですよね!

 

コンプレッション系と比較すると速乾性や涼しさはどうしても劣りますが、
他の一般的な半袖アンダーシャツよりかは快適なのでおすすめです。

デサント

最後4つ目のおすすめ少年野球・夏用の半袖アンダーシャツはデサントです。

こちらはゆったり系の半袖アンダーシャツになります。

デサントの夏用の半袖アンダーシャツの特徴は、超ハイネック!

ミズノのゆったり系アンダーシャツよりも首元が長いので、
首のうしろの日焼けをほぼ完璧に守ってくれます。

ただ、ミズノのようにメッシュ加工ではないんだよね〜

 

「涼しさや速乾性も大切だけど、日焼け対策を最優先したい」

このように思ってる方なら、デサントの半袖アンダーシャツでしょう!

ゆったり系の半袖アンダーシャツで涼しさを求めるならミズノ、
首うしろの日焼けをほぼ完璧に防ぎたいならデサント。

こんな基準で選ぶといいですね。

夏用アンダーシャツは涼しさと機能性!

少年野球・夏用の半袖アンダーシャツの選び方を解説しました。

夏用の半袖アンダーシャツは涼しさと機能性を備えたコンプレッション系がおすすめです。

・圧倒的な清涼感

・異次元の速乾性

・着替える頻度を少なくできるので洗濯物を減らせるエコ性

・少ない力で大きなパワーを出せる機能性

ゆったり系では得られない圧倒的なメリットがあります。

ただ、身体を締め付けられるのに抵抗がある野球少年もいます。

なのでまずはコンプレッション系の半袖アンダーシャツを5回くらい着てみて、
それでも慣れなかったら涼しいゆったり系アンダーシャツにするといいですね!

ゆったり系の半袖アンダーシャツを選ぶときのポイントは2つ。

「涼しさ or 首元の日焼け防止」

どちらを優先したいのかを決めてから選ぶといいですね!

涼しさを追求したいならメッシュ加工のアンダーシャツ、
日焼けから首を守りたいならハイネックのアンダーシャツ。

夏の練習は本当に身体が熱くなるので、少しでも快適な半袖アンダーシャツを着てもらって、
熱中症対策をしつつ、元気に練習を頑張ってもらいましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る