夏の少年野球でも涼しいおすすめの長袖アンダーシャツ5選

「夏の少年野球でも涼しい長袖アンダーシャツはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
夏の少年野球でも涼しい長袖アンダーシャツについてお話します。

夏は暑いのでノースリーブや半袖アンダーシャツが一般的なんですけど、
日焼け対策のために長袖アンダーシャツを着させるのもありです。

日焼けしたらシャワーが痛いし、
将来、シミになる可能性もあるからね。

 

しかし、普通の長袖アンダーシャツは生地が分厚いので熱中症になります。

そこで本記事では夏の少年野球でも涼しい長袖アンダーシャツの種類と選び方、
そして夏におすすめのジュニア向け長袖アンダーシャツを紹介します。

夏の少年野球は涼しさも日焼け対策もできる長袖アンダーシャツを着て、
練習中も練習後のお風呂やシャワーも気持ちよくしてもらいましょう。

〜先にイチオシをご紹介〜

先にイチオシの夏の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツをお話します。

一番のおすすめはアンダーアーマーです。

日本の野球界に初めてコンプレッション系を持ち込んだ老舗メーカーなので、
機能性は抜群ですし、ハイネックなので首元も日焼け防止になってます。

金額は少し高めですが、春夏秋冬で着られるのでトータル的なコスパは抜群です。

夏でも涼しい長袖アンダーシャツの種類

夏でも涼しい長袖アンダーシャツの種類は、コンプレッション系です。

コンプレッション系とは、アンダーアーマーのような身体にピタっとするタイプ。

長袖なので一見暑そうには見えるんですけど、
コンプレッション系は生地が薄くて速乾性があるので夏でも涼しいです。

ゆったり系は生地が薄くないですし、
速乾性が弱いので暑くなります。

 

夏でも涼しい長袖アンダーシャツを選びたいなら、コンプレッション系の一択です。

夏の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方

夏でも涼しい長袖アンダーシャツはコンプレッション系です。

ただ、色んなメーカーがコンプレッション系の長袖アンダーシャツを販売しており、
それぞれ機能性や形状も微妙に違います。

この3つのポイントで夏の少年野球の長袖アンダーシャツを選べば、
お子さんに合う最適なアンダーシャツが見つかります。

機能性

1つ目の夏の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方は機能性です。

コンプレッション系はメーカーによって機能性の特徴が違います。

肩周りを動かしやすくしてる

抜群の伸縮性でフィット感を生み出す

UVカットをしてくれる

メーカーによってこだわりの機能性があるんだよ。

 

夏のジュニア向け長袖アンダーシャツを選ぶときには、どの機能性を最優先にしたいか決めるといいですね。

首元

つづいての夏のジュニア向け長袖アンダーシャツの選び方は首元です。

夏の少年野球の長袖アンダーシャツの首元は主にこの3つあります。

丸首

ミドルネック

ハイネック

丸首は抜群に涼しいですが首のうしろを日焼けしますし、
ハイネックは少し暑く感じますが、首のうしろの日焼け防止になります。

ミドルネックは中間です。

 

夏のジュニア向け長袖アンダーシャツを選ぶときには、
首の日焼け対策をするかどうかも決めておくといいですね。

生地の厚さ

最後3つ目の夏の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方は生地の厚さです。

アンダーアーマーに限った話ですが、アンダーアーマーには2種類の生地があります。

ヒートギア

コールドギア

ヒートギアは薄い生地の涼しい夏用のコンプレッション系
コールドギアは少し生地が厚くなってて冬用のコンプレッション系です。

夏のアンダーアーマーはヒートギアだよ。

 

プレー中に汗を拭ける少年野球用のリストバンドはこちらで紹介してます。

夏の少年野球におすすめのアンダーシャツ

それでは夏の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツです。

この5メーカーから涼しくて機能的な長袖アンダーシャツを厳選しました。

アンダーアーマー

1つ目の夏の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツはアンダーアーマーです。

アンダーアーマーはコンプレッション系アンダーシャツの先駆者なので、
年々コンプレッションの機能性も上がっています。

もはや説明不要です。

 

ハイネックなので首元の日焼け防止になりますし、
汗の吸収力が抜群なのに乾くのも速いんです。

「信頼と実績のあるコンプレッション系の長袖アンダーシャツがいいかな。」

こんな風に思ってるなら、アンダーアーマー以外の選択肢はありません。

少年野球におすすめのアームスリーブはこちらで紹介してます。

ミズノ

つぎの夏の少年野球におすすめのジュニア向け長袖アンダーシャツはミズノです。

ミズノのジュニア向け長袖アンダーシャツの特徴は、UVカットをしてくれる生地です。

さすが日本メーカーのミズノだね。

 

首元がハイネックなのも抜け目がないですし、動きやすさも速乾性もあります。

「子どもに日焼け対策を極限までさせたい。」

そんな風に思ってるかたは、ミズノのジュニア向け長袖アンダーシャツですね。

少年野球におすすめのノースリーブアンダーシャツはこちらで紹介してます。

ゼット

3つ目の夏の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツはゼットです。

ゼットのプロステータスはゼットの上位ブランドなんですけど、
トータル的なバランスが良いのが特徴です。

コンプレッション系はどうしても金額が高くなりがちですが、
お財布に優しいですし、機能性も遜色がありません。

金額が安いと機能性がイマイチだったり、
機能性は良いけど金額が高かったりします…。

 

また、ハイネックなので首元も日焼けしません。

「機能性も日焼け対策もバランスの良いコンプレッション系アンダーシャツはどれ?」

こんな風に思ってるならゼットのジュニア向け長袖アンダーシャツで決まりです。

夏におすすめの七分袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

アシックス

つづいての夏の少年野球におすすめのジュニア向け長袖アンダーシャツはアシックスです。

大谷翔平選手が愛用してるアシックスのジュニア向け長袖アンダーシャツの特徴は、
首元の加工がプレーヤー目線すぎるところです。

コンプレッション系の首元は「丸首」「ミドルネック」「ハイネック」、
主にこの3パターンしかありませんが、アシックスは一味違います。

なんと首の前が「丸首」で首のうしろが「ハイネック」になってるんです。

涼しさと日焼け防止の二刀流だよ。

 

また、アシックスのジュニア向け長袖アンダーシャツもUVカットをしてくれます。

「涼しくて日焼け対策もできる長袖アンダーシャツを着させたい。」

そんな風に思ってるなら、アシックスのジュニア向け長袖アンダーシャツがおすすめです。

少年野球の半袖アンダーシャツの選び方はこちらで解説してます。

エスエスケー

最後5つ目の夏の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツはエスエスケーです。

エスエスケーのジュニア向け長袖アンダーシャツの特徴は、
あまりピチピチになりすぎないところです。

コンプレッション系アンダーシャツは着にくいほどピチピチなのが一般的ですが、
エスエスケーのコンプレッション系は少しゆとりがあります。

ピチピチが苦手な子には最適です。

 

また、丸首なので他のコンプレッション系よりも圧倒的に涼しいです。

「着やすくて、涼しさ抜群の長袖アンダーシャツを着させたい。」

こんな風に思ってるなら、エスエスケーのジュニア向け長袖アンダーシャツです。

他の夏用のジュニア向けアンダーシャツはこちらで解説してます。

勝手にランキング

夏の少年野球でも涼しいおすすめの長袖アンダーシャツについてお話しました。

夏の野球でも涼しい長袖アンダーシャツはコンプレッション系です。

あとは「機能性」「首元」「生地の厚さ」の3ポイントで選べば、
お子さんに最適な夏の長袖アンダーシャツが見つかります。

ご紹介した5つの長袖アンダーシャツはどれも優秀ですが、
独断と偏見で勝手にランキングにしました。

1位:アンダーアーマー

やっぱり1位はアンダーアーマーです。

コンプレッション系をいち早く日本に持ち込んだメーカーですし、
機能性や速乾性などは他メーカーよりも優れてますからね。

金額は少し高いですが、それ以上の効果を発揮してくれます。

2位:ゼット

第2位はトータル的にバランスが良いゼット。

コンプレッション系アンダーシャツには寿命があるので、
金額と機能性のバランスが良いのは重要なポイントです。

3位:アシックス

首元が涼しくて、日焼け防止ができるのは大きいですね。

涼しさと日焼け防止を兼ね備えてるのはアシックスしかないですし、
UVカットもしてくれるので理想的な仕様になってます。

お子さんに合う最適なジュニア向け長袖アンダーシャツを見つけて、
夏の野球を少しでも快適にプレーしてもらいましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る