ボークを気をつけてるピッチャー

「ピッチャーのボークって、色々とあるから分かりづらい…」

「状況によってピッチャーのボークのルールが変わるからややこしい…」

こんな疑問を持ってる方に向けて、
ピッチャーのボークの種類やルールを簡単に分かりやすく解説します。

ピッチャーのボークが発生するのは牽制だけではないので、
そこもしっかりと抑えておきましょう!

ピッチャーがボークをしたら?

ピッチャーのボークと宣告した審判

ピッチャーがボークをしたらどうなるのか?

まずは根本的な部分を簡単に分かりやすく解説します。

ピッチャーがボークをすれば、ランナーは1つ進塁できます。

ランナー1塁なら2塁へ、ランナー3塁ならホームへ進みます。

ただ、ボークが適用されないケースもあるんですよね。

ピッチャーがボークをしながらもバッターが出塁して、
尚且つ、すべての塁上のランナーが進塁できた場合です。

このようなケースであれば、ボークのペナルティ(1つ進塁)は適用されません。

ランナーがいないときのボークをしたら?

ランナーがいないときにもボークはありえます。

投球モーションに入ってるのにボールを落としたり、
途中で転んたりするとボークになる可能性があるんだよね。

ランナーがいないときにボークになっても基本的にペナルティはなく
普通に仕切り直して新たなプレーを開始します。

ただ、ピッチャーの投げたボールがフェアゾーンから出た場合は、
投球として判断されるので1ボールがカウントされるんですよね。

ピッチャーの役割はこちらで解説してます。

ピッチャーのボークの種類

ピッチャーのボークは12種類あります。

そ、そんなにあるの?

それぞれまったく別のボークではなくて、

・投球する前

・投球モーション中

・牽制する時

・投球後

この4つのシーンで分けることができるので、
各シーンをイメージしながら、読んでみてくださいね!

それではピッチャーのボークを分かりやすく簡単に解説していきます。

プレートに触れないで投球動作に入る

ピッチャーのボーク1種類目は、「プレートに触れないで投球動作に入る」です。

これは投球する前のボークです。

ピッチャーはプレート(投球板)に軸足が触れる位置から投げないといけません。

プレートを無視するってことは、
「かなり前から」とか「かなり横から」でも投げれますからね!

プレートを無視した投球は圧倒的にバッターが不利になるので、
投球板の範囲内で投げる必要があるんですよね!

ボールを持ってないのにプレートに立つ

つぎのピッチャーのボークは、「ボールを持ってないのにプレートに立つ」です。

ボールを持たないでプレートに立つ?
そんなのありえないでしょ!

って、なると思うんですけど、ありえるんですよね!

それは隠し球をするときです。

ファーストやショートなどが隠し球をしてるときに、
なんとか隠し球を成功させたいと思いますよね?

そのときにランナーを騙そうとプレートの近くにいって、
立ってしまうとボークの判定をされてしまうんです。

隠し球をやってるときには、プレートの近くに寄らないようにしましょう!

投球する前に静止しない

3つ目のピッチャーのボークは、「投球する前に停止しない」です。

これはセットポジションに入ったときのボークです。

セットポジションに入ってから一呼吸を置かないで投げるとボークと判断されるので、
しっかりと静止してから投げるようにしましょう!

ランナーなしの状況でもセットポジションで投げてるなら注意したほうがいいですね。

ここまでが投球する前に考えられるピッチャーのボークです。

投球モーション中にボールを落とす

つづいてのピッチャーのボークは、「投球モーション中にボールを落とす」です。

ここからが投球中に考えられるピッチャーのボークです。

故意であろうと故意でなかろうとボールを落としたらボークと判断され、
ランナーがいる場合には1つの進塁を与えるペナルティが課せられます。

「やべっ、バランス崩した!」
それでもボールを落としたらボークだよ。

ランナーがいない状況ならボールがフェアゾーンを超えたらボールの判定、
フェアゾーンを越えなかったら仕切り直しです。

投球モーションに入ってから動作をやめた場合

5つ目のピッチャーのボークは、「投球モーションに入ってから動作をやめた場合」です。

投球モーションに入ったのに「やっぱり、や〜めた!」はボークなので、
一旦、投球モーションい入ったら必ず投げるようにしましょう!

ここまでが投球中に考えられるボークです。

1塁と3塁への偽投

つぎのピッチャーのボークは、1塁と3塁への偽投です。

ここからは牽制するときに考えられるボークです。

・ランナー1塁

・ランナー3塁

・ランナー1塁、3塁

このようなケースなら1塁や3塁への牽制ができるんですけど、
投げるフリだけするのはボークと判定されます。

1塁、3塁に牽制するときには必ず投げましょう!

3塁に偽投してからの1塁牽制はOKです!
その場合には必ず1塁に投げましょう!

ランナーのいない塁への牽制や偽投

7つ目のピッチャーのボークは、ランナーがいない塁への牽制や偽投です。

ランナーがいない塁への牽制や偽投は遅延行為と見なされ、
ボークの判定をされてしまいます。

テンパってもランナー状況だけは常に確認するといいですね!

牽制方向に足をまっすぐに伸ばさなかった場合

つづいてのピッチャーのボークが、
牽制する方向に足をまっすぐ伸ばさなかった場合です。

・左ピッチャーの1塁牽制

・右ピッチャーの3塁牽制

この2つのケースならプレートから軸足を外さなくても、
反対の足を牽制する方向にまっすぐ踏み出せば牽制ができます。

左ピッチャーなら右足を踏み出して1塁牽制、
右ピッチャーなら左足を踏み出して3塁牽制だね!

でも、反対の足が牽制する方向にまっすぐでなかったらボークと判断されます。

どこまでがセーフでどこからがボークなのか明確な基準はないので、
プレートを外さずに牽制するときには牽制方向にまっすぐに足を踏み出しましょう!

軸足をプレートの前に外す

9つ目のピッチャーのボークは、「軸足をプレートの前に外す」です。

これは2塁牽制のときに当てはまるんですけど、
軸足をプレートの前に外して2塁牽制するのはボークです。

プロではOKみたいな話もあるんですけど、野球規則ではボークになってます。

2塁牽制をするときにはプレートから軸足を外すか、
ターンをして2塁に反対の足をまっすぐ踏み出しましょう!

ここまでがピッチャーが牽制するときに考えられるボークです。

構えてない打者への投球

つぎのピッチャーのボークが構えてない打者への投球です。

「クイックピッチ」と呼ばれる反則投球でもあります。

バッターが足場を作ってたりサインを見てたりして、
まだ構えてないのに投球するのはボークです。

ちゃんとバッターが構えてから投げるようにしましょう!

ただバッターが1度構えてから途中で構え直した場合、ボークは適用されないので、
そのまま投球してもOKです。

また、ランナーがいない状況でクイックピッチと判断された場合、
ど真ん中のストライクでもボールと判定されます。

キャッチャーボックスから足が出てる捕手への投球

11個目のピッチャーのボークは、
キャチャーボックスから足の出てる捕手に投球した場合です。

バッターボックスのうしろに引かれてるラインから足が出てるキャッチャーに
投球してしまうとボークです。

キャッチャーボックス

正式にはキャッチャーボークと呼ばれるものです。

キャッチャーボークについてはこちらで詳しく解説してます。

遅延行為

最後のピッチャーのボークは、遅延行為です。

・ランナーなしのケースなら12秒以内。

・ランナーありのケースなら20秒以内。(所属する団体で変わる可能性あり)

こんな感じでピッチャーが投球するまでに制限時間があるので、
時間オーバーすると投球してなくてもボールと判断されます。

計測がスタートする時間は、
投手がボールを持ってる状態で、打者が構えた瞬間からだよ!
そこから◯秒以内に投げないといけないんだよね。

制限時間を何度もオーバーしたり、何度もストレッチして時間をかけてたりすると、
審判が痺れを切らしてボークと判断します。

ピッチャーのボークは牽制以外もある

ピッチャーのボークは牽制以外にもありますし、
色々と種類があるのでパニックになりがちだと思います。

今まで説明したボークをグループ分けしました!

【投球する前のボーク】

・プレート(投球板)に触れないで投球する。

・ボールを持ってないのにプレートに立つ。

・セットポジションで静止しない。

【投球モーション中のボーク】

・ボールを落とす。

・投球モーションを途中でやめる。

【牽制のボーク】

・1塁と3塁への偽投。

・ランナーがいない塁への牽制や偽投。

・牽制する方向に足をまっすぐ踏み出さない。

・軸足をプレートの前に外す。

【投球後のボーク】

・構えてない打者への投球

・キャッチャーボックスから足が出てる捕手への投球

【その他】

・遅延行為

こんな感じでピッチャーのボークをグループ分けすると、
少しは覚えやすいですし、理解もしやすいと思います。

そして意外とピッチャーのボークって牽制以外のケースが多いことも分かりますよね。

ピッチャーのボークは牽制以外にもあるので、
そこもしっかりと抑えておくといいですね!

ピッチャーはボークに注意しよう!

ピッチャーのボークの種類やルールを分かりやすく解説しました。

ピッチャーのボークには色々とありますが、
ボークと判定されると無条件でランナーに進塁されてしまいます。

ピッチャーは細心の注意までとは言いませんが、気をつけるといいですね!

また意外と牽制以外のほうがボークはあるので、
それも頭の片隅にいれてベストピッチングしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る