ストライクゾーン

野球のストライクゾーンの定義と範囲を解説します。

キャッチャーをするなら、正しいストライクゾーンを知っておくのは大切です。

配球&リードを組み立てるときに、
ストライクゾーンを広く使えた方がいいからね!

「コースの境界線」は各バッターで変わりませんが、「高さの境界線」は変わります。
その辺もしっかりと押さえておくといいですね。

またコントロールの良いピッチャーなら、
ストライクゾーンの奥行きを使った配球&リードの組み立てもできます。

ストライクゾーンの定義(野球規則)

まずは野球規則のストライクゾーンの定義です。

バッターの肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンはバッターが打つための姿勢で決定されるべきである。
「注」投球を待つバッターが、いつもと異なった打撃姿勢をとってストライクゾーンを小さく見せるためにかがんだりしても、球審は、これを無視してそのバッターが投球を打つための姿勢に従って、ストライクゾーンを決定する。

公式野球規則

表現がちょっと難しいので、
あとで分かりやすくストライクゾーンの範囲を解説します。

ここで押さえておいて欲しいのは、

・ストライクゾーンは「空間」

・バッターが打つときの姿勢でストライクゾーンは決まる。

この2つです。

ストライクゾーンは「空間」

ストライクゾーンは「空間」です。

空間内を通過すればストライクになります。

コースが外れてる」とか「高さが外れてる」なども、
ストライクゾーンの空間を通過してないということです!

これをまずは押さえましょう!

バッターの打つときの姿勢でストライクゾーンは決まる

もう1つは「バッターの打つときの姿勢でストライクゾーンは決まる」です。

「ストライクゾーン」と「バッターの構え」は関係ありません!

バッターが小さく構えたとしても、ボールを打つときに立ち上がった姿勢になれば、
それを基準にストライクゾーンは決まります。

バッターがしゃがんだり、めっちゃ小さく構えたりしても
ストライクゾーンは変わらないから気にしないでいいよ!

ストライクゾーンの範囲

それではストライクゾーンの範囲を解説します。

・横

・高さ

この2つに分けてお話します。

横の範囲

横のストライクゾーンの範囲は、ホームベースの右端から左端までです。

【ストライクゾーンの横の範囲】

ストライクゾーンの横の範囲

これはOKですよね!

ホームベースの両端を限度として、その間を通過すればストライクです。

高さの範囲

ストライクゾーンの範囲のポイントは、「高さ」です。

野球規則だと「肩の上部と〜ユニフォームのズボンの上部と〜水平ラインのラインを上限…」と、
ちょっとややこしい説明になってます。

これをすっごくシンプルに説明すると、
「バッターのお腹(オヘソよりちょっと上)までが高さのストライク範囲」です。

「肩」と「ベルトの位置」の間ってことだね!

低めのストライクの範囲は「ヒザ」です。

ポイントはヒザの下部ってところです!

ヒザ上ではないので注意しましょう!

【高さのストライク範囲】

高さのストライク範囲

ストライクゾーンの範囲の「横」はどんなバッターでも変わりません。
ホームベースを基準にしてますからね!

でも「高さ」は、バッターを基準にしてるので変化します。
身長が低い人よりも高い人のほうが、高さのストライクゾーンは広いってことです!

ここはキャッチングする上で、大切なポイントなので覚えておきましょう!

ストライクゾーンの「高さ」と「コース」の境界線

次にストライクゾーンの「高さ」と「コース」の境界線です。

ぶっちゃけ、審判によって境界線は変わります。

審判も人間だから、しょうがないよね!

なので、ルール的な部分でストライクゾーンの境界線の話をします!

「高さ」の境界線

高さの上限は「バッターのおへそからちょっと上まで」です。

ボールがその範囲をホームベース上で通過すればギリギリストライクになります!

ポイントは「バッターのヒッティングポイントではない」ってことです。
ホームベース上で、高さの範囲の上限を完全通過してればいいんです!

バッターボックス内での打者の立ち位置は、
関係ありません。

「ホームベースの頭からお尻まで」の間で、通過してればギリギリストライクです。

「横」の境界線

つぎにストライクゾーンの「」の境界線です。

横の境界線は、ホームベースにかすればストライクです!

【ストライクゾーンの「横」の境界線】

ストライクゾーンの「横」の上限

ポイントは「完全通過ではなくてもOK」なところ!

ホームベースの両端をかすってさえいれば、ストライクです。

ストライクゾーンの奥行きの活用方法

ここからが本題です。

ストライクゾーンの奥行きを活用できれば、配球&リードの幅がホント大きくなります。

ストライクゾーンの奥行きとは「ホームベースの頭からお尻」です。

とくに「ホームベースの両端の後ろ」を使えると、
めちゃくちゃ有利です。

【ホームベースの奥行き】

ストライクゾーンの奥行き

ただストライクゾーンの奥行きを使うには、ピッチャーの力量が求められます。

・変化量

・抜群のコントロール

この2つが必要ですからね!

ストライクゾーンの奥行きを使えるようになると、ピッチャーも大分ラクになります。

バッターもかなり打ちづらいですし、
何より投球の幅が広がりますからね!

奥行きのあるピッチングをするために、日頃からピッッチャーと練習に取り組みましょう!

ストライクゾーンを上手く活用しよう!

ストライクゾーンの定義と範囲を解説しました。

配球&リードする上で、
ストライクゾーンの「高さ」と「コース」の境界線を把握しておくのは大切です。

ストライクならアピールしないといけないからね!

「ストライクならストライク」「ボールをボール」と審判に判定してもらうために、
ちゃんとストライクゾーンを覚えましょう!

また、ストライクゾーンの奥行きを活用できたらピッチングの幅が広がります。

かなり難易度が高いんですけど取り組みがいはあるので、
ピッチャーと一緒に練習しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る