キャッチャーボークと判断する審判

ピッチャーだけではなく、キャッチャーにもボークがあります。
「捕手ボーク」なんて言われてますが、聞き馴染みがないかもしれません。

でもキャッチャーボークが原因でサヨナラ負けした高校野球の試合もあります。

一生悔いが残る負け方だよね…。

そんなことにならないようにキャッチャーボークのルールや取られる理由を解説します。

捕手ボークはルールさえ知ってれば防げます。
相手ランナーに無駄な進塁を許さないように覚えておきましょう!

キャッチャーボークとは?

キャッチャーボークとは、文字通りキャッチャーがボークすることです。

ランナーがいるケースで審判が捕手ボークと判定すると、
投手ボークと同様にランナーは1つ進塁できます。

・1塁にランナーがいたら2塁に。

・3塁にランナーがいたらホームに。

・塁上にランナーがいない場合にはカウントがボールに。

こんな判定をされます。

ただ捕手ボークだったとしてもバッターがヒッティングした場合には、審判判断になります。

そんなケースはあまりないので、
ピッチャーでもキャッチャーでもボークをしたら相手に進塁を許すとだけ覚えておけばOKです!

捕手ボークは審判の裁量が大きいので、
曖昧な部分も多いのが現実です。

キャッチャーボークのルール

それではキャッチャーボークのルールを解説します。

8.05L 投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球
故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。

【注】
〝キャッチャースボックスの外にいる捕手〟とは、捕手がキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。従って故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば本項が適用される。

ポイントは、キャッチャーボックスから両足を出さないこと。

「キャッチャーボックス」とは、
バッターボックスの真ん中くらいからキャッチャーに向けて引かれてる白線の間です。

【キャッチャーボックス】

キャッチャーボックス

投手がボールから手を離すまえにキャッチャーボックスから出てしまうと捕手ボークです。

敬遠するときやウエストボールを要求するときには注意が必要です。
足が出てたら捕手ボークと判断されてしまいます。

キャッチャーの基本的な構え方は下記記事で解説してます。

キャッチャーボークが取られる理由

どうしてキャッチャーボークが取られるんでしょうか?

捕手ボークが取られる場面は、相手バッターを故意四球するときです。
ピッチャーにボール球を確実に投げて欲しいケースですよね。

中途半端なボールだとヒッティングされたり、
スクイズされたりしますからね。

このケースだとキャッチャーなら立ち上がって外に大きく構えたくなります。
そのときに「キャッチャーボックスから出てはいけないよ!」というのが捕手ボークです。

でもバッターは見逃せばボールなので、何ら問題ないようにも思えます。

なんならカウントが有利になってラッキーくらいな感覚。

なのに、どうして捕手ボークが取られるのか?

明確な理由は分かりませんが、
恐らくランナーがいない塁への牽制がボークになるのと同じ理屈なんだと思います。

ランナーがいない塁に牽制しても絶対にアウトになりません。
無駄な行為遅延行為という理由でボークと判断されます。

これと同じでキャッチャーボックスから出てる捕手にボールを投げた場合、
相手バッターはヒッティングできないので無駄な行為と判断されるんだと思います。

ピッチャーはバッターと対峙するのが基本ルールです。

ただプロ野球では申告敬遠が導入されたので、キャッチャーボークはなくなりそうですね!

キャッチャーボークと判断された試合

キャッチャーボークと判断される試合は滅多にありません。

僕は大学まで野球をしてましたが、
捕手ボークと審判が判断した試合を見たことないです。

でも実は、キャッチャーボークと判断された試合が高校野球でありました。

これが「え?」ってなるんです。

上記動画は「城東高校VS阿波高校」の試合です。

最終回の阿波高校の守りでキャッチャーボークと判断され、
サヨナラ負けになってしまいました。

明らかにキャッチャーボックスから捕手が出てるので、
捕手ボークと審判がジャッジするのは当然だと思います。

でも不思議なのが2球目に宣告したことです。
1球目から阿波高校の捕手はキャッチャーボックスから出てますよね。

捕手の両足が完全にキャッチャーボックスから出てます。

・どうして1球目から判断しなかったのか?

・敢えて宣告しなかったのなら、なぜ注意しないのか?

こんな疑問しかありません…。

もちろん審判も人間なので、葛藤はあったと思います。
またキャッチャーボークのルールを知らなかった選手にも監督・コーチにも原因はあります。

でも、同じキャッチャーからすると「」です。

「1球目で出てたら、注意してあげれば良いのに…。」
そんな思いが込み上げてくるんですよね。

これでサヨナラ負けですから…。

キャッチャーからすると泣くにも泣けないし、
心のなかにずーっと残り続ける試合になったなぁと思います。

キャッチャーボックスから片足が出るのもNG

一部の情報だとキャッチャーボックスから片足が出るくらいならOK!

こんな情報があります。

これはきっと審判の裁量が大きいので、
それくらいならキャッチャーボークと判断されないよという意見なんだと思います。

でも野球規則では、
原則キャッチャーの両足はキャッチャーボックスに入ってないといけないとなってます。

キャッチャーボックスから片足が出るのもNGなんです!

もちろん審判によっては片足くらいOKとジャッジする場合もあります。

捕手ボークは審判の裁量が大きいですからね!

でも、片足が出てたらキャッチャーボークと宣告されても不思議ではありません。

ボールを外に大きく外したいケースでも、
ピッチャーがリリースするまではキャッチャーボックスに両足は入れておいたほうがいいですね!

知ってるか知らないかだけのプレー

キャッチャーボークのルールや取られる理由を解説しました。

キャッチャーボークはルールを知ってるか知らないかだけのプレーです。
無駄な進塁や点を与えないために敬遠するときには注意しましょう!

『ピッチャーがリリースするまでは、キャッチャーボックスの中に両足を入れておく!』
こう覚えておけばOKです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る