キャッチャーボークと判断する審判

「ピッチャーだけではなく、キャッチャーにもボークがあるらしい」

「キャッチャーボークを取る理由が分からない…」

「片足が出てるだけなら、キャッチャーボークにはならないの?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーボーク(捕手ボーク)について解説します。

ピッチャーだけではなく、実はキャッチャーにもボークがあるんです。

キャッチャーボーク」や「捕手ボーク」なんて言われ方もしますが、
野球をやってる人でもひょっとしたら聞き馴染みがないかもしれません。

でも、キャッチャーボークが原因でサヨナラ負けした高校野球の試合もあります。

一生悔いが残る負け方だよね…。

 

本記事ではキャッチャーボークのルールや取られる理由、
キャッチャーボークの片足OK説とNG説の真相について解説します。

キャッチャーボークは、ルールさえ知ってれば防げます。

相手ランナーに無駄な進塁を許さないように、
キャッチャーボークが原因でサヨナラ負けをしないように覚えておきましょう!

キャッチャーボークとは?

キャッチャーボークとは、文字通りキャッチャーがボークすることです。

ランナーがいるケースで審判がキャッチャーボークと判定すると、
投手ボークと同様に相手チームのランナーは1つ進塁できます。

・1塁にランナーがいたら2塁に。

・3塁にランナーがいたらホームに。

・塁上にランナーがいない場合にはカウントがボールに。

キャッチャーボークと判断されると、このようなペナルティがあります。

ただ、キャッチャーボークだったとしても、
バッターがヒッティングした場合には審判判断になり、ペナルティも変わってきます。

とはいえ、そもそもキャッチャーボークがそんな頻繁に起こるプレーではないので、
ピッチャーもキャッチャーもボークをしたら相手ランナーに進塁を許すとだけ覚えておきましょう!

捕手ボークは審判の裁量が大きいので、
曖昧な部分も多いのが現実です。

キャッチャーボークのルール

それではキャッチャーボークのルールを解説します。

8.05L 投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球
故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。

【注】
〝キャッチャースボックスの外にいる捕手〟とは、捕手がキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。従って故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば本項が適用される。

キャッチャーボークになるかならないかのポイントは、
キャッチャーボックスに両足を入れてるかどうかになります。

キャッチャーボックスとは、
バッターボックスの真ん中くらいからキャッチャーに向けて引かれてる白線の間です。

【キャッチャーボックス】

キャッチャーボックス

このキャッチャーボックスに両足を入れてないキャッチャーに、
ピッチャーがボールを投げてしまうとキャッチャーボークになります。

もっと細かく言うと、ピッチャーが投げる瞬間にキャッチャーボックスから足が出てればアウトで、
キャッチャーの足が出てなければセーフです。

通常のシーンならキャッチャーボークはありえません。

 

キャッチャーボークがありえるシーンは、主に2つです。

・故意四球をしたい場合

・スクイズを警戒してボールを外したい場合

この2つのシーンなら、キャッチャーボークになる可能性はあります。

それぞれのシーンの場合、バットにボールを当てさせないように、
キャッチャーとしては身体ごと外に大きく外したいですよね。

そして、気持ちが焦ってしまうシーンでもあります。

そうなるとピッチャーが投げるまえにキャッチャーボックスから足を出し、
ピッチャーの投げたボールを捕ってしまう可能性があるんです。

ボールを大きく外したい場面では、
ピッチャーが投球をする前に足をキャッチャーボックスから出さないようにしましょう!

 

キャッチャーの基本的な構え方は下記記事で解説してます。

キャッチャーボークが取られる理由

それにしても、どうしてキャッチャーボークが取られるんでしょうか?

キャッチャーの足がキャッチャーボックスから出ても、
とくに大きな問題はないように思えますよね。

バッターは見逃せば、ボール球ですし。

 

キャッチャーボックスからキャッチャーが出たとしても、
相手バッターやランナーに影響はないのに、どうしてキャッチャーボークが取られるのか?

明確な理由は分かりませんが、
ランナーがいない塁への牽制がボークになるのと同じ理屈なんだと思います。

ランナーがいない塁への牽制は絶対にアウトできないので、
審判は無駄な行為遅延行為という理由でピッチャーにボークと通告します。

キャッチャーボークもこれと同じ理屈である可能性は高いです。

極端ですがキャッチャーがバックネット裏に行って、
ピッチャーがそのキャッチャーに目掛けて投球をすればバッターはヒッティングできませんよね。

バッターが飛んでもバットには当たらないよねw

 

そうなるとキャッチャーのこの動きは明らかに無駄な行為のため、
審判はキャッチャーにボークだと通告するのだと思います。

つまり、キャッチャーボックスから足を出してるキャッチャーへの投球は、
バッターが打てないから無駄な行為!だからボーク!」みたいなイメージですかね。

また、野球はピッチャーとバッターが対峙するのが基本ルールでもあります。

無駄な行為であることと、
野球の基本ルールを無視してるのでボークなんでしょうね。

 

ただ、プロ野球では申告敬遠が導入されているので、
キャッチャーボークは滅多に起こらなさそうですね。

アマチュア野球の場合には、キャッチャーボークはありえます。

キャッチャーボークと判断された試合

キャッチャーボークと判断される試合は滅多にありません。

僕は大学まで野球をしてましたが、
捕手ボークと審判が判断した試合を見たことないです。

 

でも実は、キャッチャーボークと判断された試合が高校野球でありました。

これが「え?」ってなるんです。

上記動画は「城東高校VS阿波高校」の試合です。

最終回の阿波高校の守りでキャッチャーボークと判断され、
サヨナラ負けになってしまいました。

明らかにキャッチャーボックスから捕手が出てるので、
捕手ボークと審判がジャッジするのは当然だと思います。

でも、不思議なのが2球目に宣告したことです。

1球目から阿波高校の捕手はキャッチャーボックスから出てますよね。
捕手の両足が完全にキャッチャーボックスから出てます。

・どうして1球目から判断しなかったのか?

・敢えて宣告しなかったのなら、なぜ注意しないのか?

こんな疑問しかありません…。

もちろん審判も人間なので、葛藤はあったと思います。
またキャッチャーボークのルールを知らなかった選手にも監督・コーチにも原因はあります。

でも、同じキャッチャーからすると「」です。

「1球目で出てたら、注意してあげれば良いのに…。」
そんな思いが込み上げてくるんですよね。

これでサヨナラ負けですから…。

キャッチャーからすると泣くにも泣けないし、
心のなかにずーっと残り続ける試合になったなぁと思います。

キャッチャーボックスから片足が出るのもNG

『キャッチャーボックスから片足が出るくらいならOK!』

一部のサイトにはこんな情報が書いてありますが、
公認の野球規則では片足が出ててもキャッチャーボークになります。

原則ピッチャーが投球する前までキャッチャーの両足は、
キャッチャーボックスに入ってないといけないんです。

つまり「キャッチャーボックスから片足が出てもOK」は、個人的な意見なのです。

このような意見を主張するのはキャッチャーボークは審判の裁量なので、
キャッチャーの片足が出てても、ボークを取る審判が滅多にいないからだと思います。

「片足くらいなら、良いか」ってなりますよね。

 

私も今までのキャッチャー人生のなかで、
無意識に片足がキャッチャーボックスから出てたことは何度もあると思います。

でも、今まで一度もキャッチャーボークだと判断されたことはありません。

暗黙の了解として「片足くらいならOK」はあると思いますが、
公認の野球規則では片足が出てたらキャッチャーボークです。

ボールを外に大きく外したいケースなら、
ピッチャーがリリースするまでキャッチャーは両足をキャッチャーボックスに入れておきましょう!

そのほうが無難です。

知ってるか知らないかだけのプレー

キャッチャーボークについて解説しました。

キャッチャーボックスに両足を入れてないキャッチャーに、
ピッチャーがボールを投げてしまうとキャッチャーボークです。

キャッチャーは、ピッチャーがリリースするまで両足をキャッチャーボックスにいれましょう!

暗黙の了解で片足までならOKだとは思いますが、
ルール上では片足でもアウトなので気をつけたいですね。

 

キャッチャーボークは、ルールを知ってるか知らないかだけのプレーです。

無駄な進塁や点を与えないために、サヨナラ負けにならないように、
ボールを大きく外したいケースでは両足の位置に注意をしましょう!

『ピッチャーが投げるまでは両足はキャッチャーボックスに入れておく』

これさえ覚えておけば、キャッチャーボークは避けることができます。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る