タッチアップをしてるランナー

「野球のタッチアップって、どんなルール?」

「タッチアップでキャッチャーが気をつけることを教えてほしい!」

「守備側がタッチアップで注意しないといけないことは?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球のタッチアッププレーについて解説します。

野球のタッチアップは攻撃側なら進塁や得点できるチャンスですし、
守備側にとっては一気にアウトを2つ取れるプレーになります。

アウトかセーフで流れが変わることもあるプレーです。

 

本記事では野球のタッチアップの説明やタッチアップできるケース、
そしてキャッチャーや守備側がタッチアップ時に気を付けるべきことをお話します。

深いフライならタッチアップされてもしょうがないですが、
普通のフライなら守備側はなんとか防いで、進塁や得点されないようにしましょう!

野球のタッチアッププレーとは?

まずはタッチアッププレーについてお話します。

タッチアップとは、フライでもランナーが進塁できるルールです。

ただ、ちょっとした条件があります。

それはバッターがフライを打ったら、ランナーはその時点にいた塁に戻らないといけないんです。

もちろん、第二リードもできません。

 

たとえばランナー2塁でバッターがフライを打ったら、
2塁ランナーは一旦、2塁ベースに戻ります。

そして2塁ベースを踏んだままの状態にして、
守備側がフライを捕った瞬間にスタートをして、3塁を目指します。

つまり、タッチアッププレーは普通に進塁できるわけではないんですよね。

フライを守備側が捕ったら、バッターはアウトだよ!

 

また、ランナーは守備側がフライと完全捕球するまえにスタートをするとアウトとなります。

タッチアップができる状況とは?

つぎにタッチアップができる状況です。

守備側がフライを捕れば、ランナーはいつでもタッチアップはできます。

・内野フライ

・外野フライ

・キャッチャーフライ

・ファールフライ

どこにフライが飛んだかは関係なく、
守備側がフライを捕球すればランナーにはタッチアップの権利が発生します。

ただ、タッチアップを狙う場合、
ランナーはフルの塁間(※約27メートル)を走らないといけないません。

なので浅いフライの場合、守備側が送球をすればアウトになってしまいます。

たとえばランナー2塁でバッターがファーストフライを打って、タッチアップを狙っても、
ファーストが3塁に送球してランナーにタッチをすればアウトになるんです。

タッチアップを狙ってアウトになったら意味がないので、
一般的にランナーがタッチアップを狙うのは、この2つのフライになってきます。

・外野フライ

・内野手の捕る姿勢が悪いフライ

外野フライの場合は外野手が次の塁に投げるまでに距離があるので、
ランナーはタッチアップを狙いやすいんです。

浅い外野フライなら厳しいけどね〜。

 

また、内野手の捕る姿勢が悪いフライでもランナーはタッチアップを狙う可能性はあります。

たとえばセカンドがファールフライを捕るときに背中をホームベース側に向けていたり、
ファーストが飛び込んでフライを捕球した場合などがそうです。

このような捕球姿勢であればスムーズにスローイング体勢になれないですし、
スローイングのコントロールも難しくなるのでタッチアップを狙われます。

基本的に内野フライなどの浅いフライではランナーはタッチアップを狙いませんが、
「浅いフライ=タッチアップはない」と決めつけないようにしましょう!

走塁が上手いランナーは狙ってきます。

タッチアップでキャッチャーが気をつけるべきこと

それではタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことからお話します。

・ランナーのリード具合

・ファールフライを捕る、捕らないの指示

・中継プレーの位置

・コリジョンルール

・タッチプレー

タッチアップが考えられるケースでは、
キャッチャーはこの5つを意識するといいですね!

ランナーのリード具合

まず1つ目のタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことは、
ランナーのリード具合を見ることです。

バッターがフライを打ったときにランナーが第二リードをしてるのか、
あるいはベースに戻っているのかを確認しましょう!

ランナーがリードをしてるならタッチアップは狙ってないですし、
ベースに戻ってるならタッチアップをしてくる可能性があります。

キャッチャーはタッチアップが考えられるケースでフライがあがったら、
まずは何よりも先にランナーのリード具合を見るのが鉄則です。

そして、ランナーがリードしてる状態なら「フライを捕るだけでOK」、
ベースに戻ってるなら「タッチアップあるぞ!」と野手に声かけをしましょう。

タッチアップがありえる野手はスローイング姿勢を作らないといけないですし、
タッチアップがないならフライを捕ることだけに集中できますからね。

ファールフライを捕る、捕らないの指示

つづいてのタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことは、
ファールフライの捕る、捕らないを指示することです。

基本的にファールフライが上がれば野手は捕りにいくべきなんですけど、
タッチアップがありえるケースなら話は変わってきます。

もし、野手のファールフライを捕る姿勢が悪かったら、
浅いフライでもタッチアップを決められてしまう可能性があるからです。

捕球姿勢が悪いと投げるのが遅くなったり、
コントロールが安定しなかったりするからね。

 

走塁の上手いランナーなら、それを見逃しません。

タッチアップがありえるケースで捕球姿勢が悪かったり、
微妙に次塁までの距離があるファールフライだったりしたら、
キャッチャーは野手に捕るか捕らないかの指示をちゃんとしましょう!

中継プレーの位置

タッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことの3つ目は、
中継プレーの位置を指示することです。

外野フライが上がり、ランナーがタッチアップ体勢になってるなら、
内野手の中継プレーがポイントになってきます。

外野手が1人で次塁までに素晴らしいスローイングをしてくれれば言うことなしですが、
それが期待できない場合や捕球姿勢が悪い場合には中継プレーが必要です。

また、深いフライなら中継手が2人いた方がいいかもしれないですし、
外野手の捕球姿勢が悪いなら中継手に近くまで行ってもらうように指示を出しましょう!

的確な位置に中継手を配置すれば、タッチアップを防げます。

 

キャッチャーの外野送球の指示方法はこちらで解説してます。

コリジョンルール

つぎのタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことは、コリジョンルールです。

ランナーが3塁のケースですね。

 

ホームに投入してくるランナーの走路をふさいでしまったり、
ボールを持ってない状態でブロックしたりするとコリジョンルールが適用されます。

そして、審判がコリジョンルールと判定した瞬間、無条件でランナーはセーフです。

ランナーが3塁にいるケースでのタッチアップでは、
キャッチャーはホームベースの立ち位置とコリジョンルールに気をつけましょう!

コリジョンルールについてはこちらで解説してます。

タッチプレー

最後5つ目のタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことは、
常にタッチプレーなのを忘れないことです。

タッチアッププレーは、常にランナーにタッチしないとアウトにできません。

フォースアウトではないよ!

 

ランナーにタッチするまでの時間を頭に入れて、
フライを捕るかどうかの指示や中継手の位置を指示しましょう!

 

キャッチャーのタッチプレーについてはこちらで解説してます。

タッチアップで守備側が気をつけるべきこと

つづいてタッチアッププレーで守備側が気をつけるべきことをお話します。

・内野手が気をつけること

・外野手が気を付けること

このように内野手と外野手、それぞれに分けて解説します。

タッチアップで内野手が気をつけること

まずタッチアッププレーで内野手が気をつけることです。

・中継プレー

・スローイング

・外野への指示

・ファールフライの対応

タッチアップがありえるケースなら、内野手はこの4つを意識しましょう。

中継プレーは外野手の捕球姿勢を見て適切な距離をとれるようにしたり、
タッチプレーなのでスローイングを捕る側がタッチしやすい位置にボールを投げたいですね。

また、内野手から外野手への声かけも必要になってきます。

ランナーのタッチアップの有無やファールフライを捕る・捕らないの指示など、
内野手からも外野手に声をかけるといいですね。

キャッチャーの声が聞こえない可能性がありますからね。

 

また自身がファールフライを捕るときには、
キャッチャーの指示を聞いて適切な判断をしましょう!

タッチアップで外野手が気をつけること

レフトの役割

つぎにタッチアッププレーで外野手が気をつけることです。

・フライまでの入り方

・中継手やベースまでの送球

・ファールフライを捕る、捕らないの判断

タッチアップがありえるケースなら、外野手はこの3つを意識するといいですね。

相手ランナーはフライが上がったときに、外野手の捕球姿勢も見てます。

多少浅いフライでも捕球姿勢が悪かったら、
タッチアップを狙えるからねぇ〜。

 

タッチアップがありえるケースならフライへの入り方に注意して、
すぐにスローイングに移れるような捕球姿勢をなるべく確保したいですね。

また、フライを捕ったあとに自分1人で投げるにしても中継するにしても、
常にドンピシャで投げれるように練習をしましょう!

あとはファールフライを捕る、捕らないの判断です。

外野手が自分で判断するのは難しいのでキャッチャーや内野手の掛け声を参考にしたり、
自分のスローイング精度を冷静に分析したりして、どうするか決めましょう!

『アウト1つを捕るのか、得点を与えてしまうのか?』

外野手のタッチアッププレーは重みがあるので、冷静に判断したいですね。

タッチアップをさせない守備の意識を!

野球のタッチアップについてお話しました。

深いフライならタッチアップされてもしょうがありません。

打ったバッターを称賛しましょう!

 

ただ、それ以外のフライなら守備側は最大の努力をして、
タッチアップを狙ってきたランナーをアウトにできるプレーをしたいですね。

【キャッチャーが気を付けること】

ランナーのリード具合、ファールフライを捕る、捕らないの指示、中継プレーの位置、
コリジョンルール、タッチプレー。

【内野手が気を付けること】

中継プレー、スローイング、外野への指示、ファールフライの対応

【外野手が気を付けること】

フライまでの入り方、中継手やベースまでの送球、ファールフライを捕る、捕らないの判断

それぞれの役割をしっかりと果たして、タッチアップを阻止しましょう!

また、タッチアップは相手ランナーにとってリスクのあるプレーです。

スタートが少しでも早かったらアウトになってしまいますし、
フルで塁間を走らないといけませんからね。

なので守備側は「試合前のノック」などで隙のないプレーを見せて、
相手チームに「タッチアップできないな」と思わせましょう!

相手ランナーが諦めてくれればラッキーですし、
タッチアップをさせない守備意識を持つのは、大切です。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る