タッチアップをしてるランナー

タッチアッププレーも野球の醍醐味ですよね。

とくに守備側にとっては、腕の魅せ所だと思います。

今回は、そんなタッチアッププレーでキャッチャーと守備側が気を付けるべきことを解説します。

ポイントは、「ランナーの動きをしっかり見ること」と「気を抜かないこと」です。

タッチアッププレーとは?

まずはタッチアッププレーについてお話します。

タッチアッププレーとは、フライでもランナーが進塁できるプレーです。

めっちゃ簡単に説明するとこんな感じですね。

ただ、ちょっとした条件があります。

バッターがフライを打ったら、ランナーはその時点にいた塁に戻らないといけないんです。

そして守備陣がフライを捕ってから、ランナーは「元いた塁」から「次の塁」へと進塁できます。

たとえば、ランナー2塁でバッターがフライを打ったとします。

一旦ランナーは2塁に戻って、2塁ベースを踏んだままの状態になり、守備側がフライを捕ってから3塁にスタートできるんですよね。

つまりタッチアッププレーは、普通に進塁できるわけではありません。

ランナーは、フルの塁間(※約27メートル)を走らないといけないんですよね。(リード、二次リードはできないってことです。)

タッチアップができる状況とは?

つぎにタッチアップができる状況です。

タッチアップは、守備陣がフライを捕ればできます。

・内野フライ

・外野フライ

・インフィールドフライ

・ファールフライ

どこにフライが飛んだかは関係ありません。

とにかくフライを守備陣が捕球したらできるんですよね。

ただ、ランナーはフルで塁間を走らないといけません。

なので浅いフライだと走ってもアウトになってしまいます。

よくタッチアップされるケースは、

・外野フライ

・捕る姿勢が悪いフライ

この2つですね!

「外野フライ」はタッチアップが定番ですが、「守備陣の捕る姿勢が悪いフライ」でもランナーは走る可能性があります。

「内野フライ」でも「ファールフライ」でもです。スローイングが安定しませんからね。

なので浅いフライだからと決めつけないようにしましょう!

タッチアップでキャッチャーが気をつけるべきこと

それでは、まずタッチアップでキャッチャーが気をつけるべきことからお話します。

・ランナーのリード具合を見る。

・ファールフライの捕る、捕らないを指示する。

・中継の位置を指示する。

・コリジョンルールに気をつける。

・常にタッチプレー。

この4つを意識しましょう!

ランナーのリード具合を見る

まず1つ目は、「ランナーのリード具合を見る」です。

ランナーが二次リードしてるのか、ベースに戻ってるのかを確認しましょう!

もしランナーが二次リードしてるなら「フライを捕るだけでOK」、ベースに戻ってるなら「タッチアップあるぞ!」と声かけすると良いですね。

フライを捕る側は、捕球に意識が集中してるので!

ファールフライの捕る、捕らないを指示する

つぎが「ファールフライの捕る、捕らないを指示する」です。

ファールフライを捕る姿勢が悪かったら、浅いフライでもタッチアップを相手ランナーに決められてしまいます。

後ろ向きの姿勢」や「スライディングキャッチ」すると、スローイングまでが遅くなったり、送球が安定しなかったりしますからね。

嗅覚の優れてるランナーだと、それを見逃しません。

とくにランナー3塁の場面では、適切な指示をしましょう!

中継の位置を指示する

3つ目は「中継の位置を指示する」です。

相手ランナーがタッチアップ姿勢になってるなら、中継がポイントになってきます。

「深いフライ」なら中継手を2人にした方がいいかもしれないし、「捕球姿勢が悪い」なら中継手に近くまで行ってもらった方がいいですよね。

相手ランナーにタッチアップをさせないための中継プレーを完成させましょう!

コリジョンルールに気をつける

これはランナーがホームに突入してくるときに気をつけるべきことですね!

3塁ランナーの走路をなくしてしまうとコリジョンルールが適用されます。

そして無条件で相手チームに得点を与えてしまいます。

なのでランナー3塁でのタッチアップでは、キャッチャーはホームベースの立ち位置に気をつけましょう!

コリジョンルールを適用されないキャッチャーの立ち位置は下記記事で解説してます。

常にタッチプレー

最後5つ目は、「常にタッチプレー」です。

タッチアッププレーは、常にランナーにタッチしないとアウトにできません。

フォースアウトはないんですよね。

なのでタッチするまでの時間を頭に入れて、指示を出すといいですね!

タッチアップで守備側が気をつけるべきこと

つづいて、タッチアッププレーで守備側が気をつけるべきことをお話します。

「内野手」と「外野手」に分けて解説しますね。

タッチアップで内野手が気をつけるべきこと

内野手は、

・中継プレー

・スローイング

・外野への指示

・ファールフライの対応

この4つを意識した方がいいですね。

「中継プレー」は外野手の捕球姿勢を見て適切な距離をとった方が良いですし、捕る側がタッチしやすい位置にボールを投げましょう!

また、ランナーのタッチアップの有無やファールフライを捕る・捕らないの指示を外野に出すといいですね。

自身がファールフライを捕るときにもキャッチャーの指示を聞きながら、適切な判断をしましょう!

タッチアップで外野手が気をつけるべきこと

つぎに外野手ですが、

・フライまでの入り方。

・中継、ベースまでしっかり投げる。

・ファールフライを捕る、捕らないの判断。

この3つを意識するといいですね。

相手ランナーは、外野手の捕球姿勢も見てます。

なので、すぐにスローイングに移れるような捕球姿勢をなるべく確保しましょう!

また、自分1人で投げるにしても中継するにしても、常にドンピシャで投げれるようになれば完璧です。

あとはファールフライを捕る、捕らないの判断ですね。

難しい判断ではありますが、キャッチャーや内野手の掛け声を参考にしたり、自分のスローイング精度を冷静に分析したりして、どうするか決めましょう!

『アウト1つを捕るのか、得点を与えてしまうのか?』

外野手のタッチアッププレーは重みがあるので、冷静に判断したいですね。

タッチアップをさせない守備の意識を!

野球のタッチアップでキャッチャーと守備側が気を付けるべきことをお話しました。

深いフライならタッチアップされてもしょうがありません。

打ったバッターを称賛しましょう!

ただタッチアッププレーは、相手ランナーにとってもリスクがあります。

フルで塁間を走らないといけないですからね。

なので「試合前のノック」などで隙のないプレーを見せて、相手ランナーにタッチアップさせない守備を見せつけましょう!

相手ランナーが諦めてくれればラッキーなので!

タッチアップをさせない守備意識を持つのは、大切です。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る