キャッチャーが外野からの送球を捕るときの構え方

キャッチャーの外野からの送球の捕り方を解説します。

外野からの送球を華麗にキャッチし、
ホームに突入してくるランナーをタッチアウト!

キャッチャーの魅せ場だよね!

アウトにできればチームの勢いがつくし、
逆にポロっとしたらキャッチャーだけでなくチームのテンションはめちゃくちゃ下がります…。

でも、外野からの送球を捕るのは簡単なプレーではありませんよね。

今回はキャッチャーの外野からの送球の捕り方タッチプレーについても解説するので、
ぜひ参考にしてください。

キャッチャーの外野からの送球の捕り方

それではキャッチャーの外野からの送球の捕り方を解説します。

大きく構える

外野から送球が来る前は、大きく構えましょう!

飛んだり跳ねたりする必要はありません。

外野手が投げる方向を一目で分かるように、
両手を高くして広げて、大きく構えるといいですね!

両足を肩幅より少し広くする

外野が送球モーションに入ったら、まず両足を肩幅より少し広くします。

肩幅より2足分くらい広げるといいですね!

中腰になる

つぎに中腰になります。

中腰の角度はキャッチャーミットの先端が地面に着くくらいですね!

キャッチャーミットを地面に着けた状態が、
外野からの送球を捕る時のキャッチャーの基本姿勢です。

構える位置は送球の方向で変える

構える位置は送球の方向で変えます。

レフトからの送球を構える位置はベースの右上です。

【レフトからの送球を待つ位置】

レフトとセンター(外野手)からの捕球の位置

センターからの送球を構える位置はベースの正面

【レフトからの送球を待つ位置】

二遊間・センターからの送球のキャッチャーの立ち位置

ライトからの送球を構える位置はベースの右上なんですけど、足の位置が若干違います。

【ライトからの送球を待つ位置】

ライト(外野手)からの捕球の位置

こんな風にライト寄りに身体を向ると良いですね!

クロスプレー時のキャッチャーの立ち位置はこちらで詳しく解説してます。

キャッチャーミットは下から上に動かす

外野からの送球を捕るときは、キャッチャーミットを下から上に動かします。

内野ゴロを捕るときと同じイメージですね!

ゴロ捕りの基本は、グローブを下から上だよね!

外野からの送球を捕るときの基本姿勢は、
キャッチャーミットを地面に着けた状態です。

その姿勢からキャッチャーミットを上に動かしてバウンドに合わせましょう!

カットするかしないかの判断方法

外野手のボールを内野手で「カットする」か「カットしない」か判断方法を解説します。

判断するときのポイントは2つです。

①送球の方向

②ボールの高さ

それでは詳しく解説していきます。

送球の方向

まず1つ目は送球の方向です。

ランナーがホームに突入してくるタイミングで送球のズレの範囲は変わりますが、
ベストは構えた位置から1歩以内で取れるところです。

基本的に内野手がカットするとボールが来るタイミングは遅くなるので、
それくらいの範囲ならカットしないほうが良いですね。

逆に、1歩以内で捕れないなら迷わずカットすべきです!

ホームに突入してくるランナーはセーフになる可能性が高いし、
もし送球が取れなかったらバッターランナーに次の塁を奪われてしまいます。

ホームに突っ込んてくるランナーをアウトにできればOKですが、
無理そうだったらバッターランナーに進塁を許さない守備を心がけましょう!

ボールの高さ

つぎがボールの高さ

ボールの高さは内野手のカットの位置によって異なりますが、
ツーバウンド以内の送球になりそうならカットしないほうがいいですね!

ツーバウンド以内なら内野手がカットしてホームに投げるより断然ボールのほうが速いですし、
ツーバウンドくらいなら捕りやすいです。

たまに「内野手がカットしやすいボールだからカットの指示をする」キャッチャーがいますが、
これはホントに勿体無い判断です。

内野手がどれだけ早いモーションでカットしても
ボール並の速さにはなりませんからね。

送球のズレがなくツーバウンド以内でホームにボールが来そうなら、
基本的にはカットしない判断をしましょう!

タッチプレーの考え方

最後にタッチプレーです。

キャッチャーと内野手のタッチプレーの仕方は違います!

キャッチャーのタッチプレーの基本は下記ブログ記事で解説してます。

タッチプレーは両手

タッチプレーは基本的に両手でします!

ポイントは右手の使い方。

右手をキャッチャーミット に添えてタッチするのではなく、
右手でボールを握って両手でタッチしましょう!

ボールがキャッチャーミットから出ることを防げますし、
ボールを握ってるので次のプレーをスムーズにできます!

ただ、ランナーがギリギリのタイミングでホームにきたら片手タッチにしましょう!
ギャンブルプレーですが、点を取られないほうが重要です。

タッチする場所

タッチする場所はホームベース付近が基本です。

一番やっちゃいけないのは、自らタッチしにいくこと!

ランナーに逃げられる可能性がありますし、
タッチの衝撃でキャッチャーミットからボールが落ちたり、次のプレーも遅くなったりします。

ボールを捕ったらホームベース付近でランナーが来るのを待ちましょう!

ランナーは必ずホームベースに来るからね!

応用編

タッチする場所の応用編もお話します。

外野手からの返球がホームベースの左側から真ん中くらいに来たら、
そのままタッチすればOKです。

ただ、厄介なのはホームベースの右側(一塁側)にボールが来た場合です。

タッチしにいけば審判には追いタッチに見えますし、
ランナーはキャッチャーが丸見えなので回り込んだり、タッチをかわしたりします。

そんなときには身体を右回転させて、ホームベースにタッチするのがおすすめです。

ホームベースから右側のボールを捕ってタッチにいくまでの動き

この動きなら審判は追いタッチに見えないですし、ランナーに回り込まれても対応できます。

慣れない動きですがアウトにできる確率が上がるので、ぜひ試してみてください!

キャッチャーの魅せ場

キャッチャーの外野からの送球の捕り方を解説しました。

ホーム上のクロスプレーはキャッチャーの魅せ場であり、
ゲームの流れに影響する大事な局面なので基本を忠実に守るのは鉄則です!

ただホームに突入してくるランナーをアウトにすればキャッチャーとしては100点なので、
ときにはギャンブルプレーをする思い切りも大切になってきます。

点差やランナーの足の速さ、バッターランナーの進塁具合などで対応は変わってきます。

『瞬時に判断してベストプレーをする』

これこそがキャッチャーの醍醐味なので、ホームベース上の攻防を楽しみましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る