キャッチャーの外野送球の捕り方とカットプレーとタッチプレーの方法

 「外野からの送球をなかなか上手く捕れない…」

「外野送球のカットプレーはどう判断すればいいの?」

「キャッチャーがランナーにタッチするときの基本は?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーの外野からの送球の捕り方をお話します。

外野手からのバックホームの捕球は、意外と難しいプレーです。

中途半端なバウンドなら「前に出る」「待つ」「後ろに下がる」の判断が必要ですし、
内野のカットプレーの判断を間違えればランナーはセーフになります。

キャッチャーのミスが失点に繋がるので、
責任も重たいプレーです。

 

本記事では外野送球を捕るときの構え方やカットプレーの判断方法、
そしてランナーへのタッチ方法を解説します。

外野送球の捕球方法をマスターし、1点を守りましょう!

キャッチャーの外野からの送球の捕り方

早速、キャッチャーの外野からの送球の捕り方です。

この5つのポイントを意識してプレーすれば、外野送球を上手く捕球できます。

大きく構える

まず1つ目のキャッチャーの外野送球の捕り方は、大きく構えることです。

キャッチャーはホームベースの周辺で大きく構えて、
外野手に「投げる場所はここ」とアピールします。

飛んだり跳ねたりする必要はありませんが、
外野手がスローイングモーションに入るまえに両手や右手を上にあげるといいですね。

外野手が投げやすくなるように、
良い的(まと)になろう!

 

ずーっと両手や右手を上にあげてると捕球の動作が遅くなるので、
外野手がスローイングモーションに入ったら、捕球体制に入りたいですね。

両足を肩幅より少し広くする

つづいてのキャッチャーの外野送球の捕り方は、
両足を肩幅より少し広くすることです。

両足の幅が狭すぎても広すぎてもスムーズに動けなくなります。

おすすめは肩幅より2足分くらい広げた構え方です。

右足と左足をそれぞれ1足分だけ広げます。

 

両足を広げて構えるタイミングは、外野手が送球モーションに入ったときです。

外野手が送球モーションに入る前は大きく構えて
スローイング姿勢になったら肩幅より足を広げて構える流れになります。

中腰になる

3つ目のキャッチャーの外野送球の捕り方は中腰になることです。

中腰になる角度はキャッチャーミットを下げたときに、
キャッチャーミットの先端が地面に着くのがベストポジションになります。

中腰の姿勢が捕り方のコツにも繋がるよ!

 

中腰になるタイミングは、両足を肩幅より少し広くして構えるタイミングと同じです。

外野手がスローイングモーションに入ったら両足を肩幅2足分ほど広くして、
キャッチャーミットの先端を地面につけた中腰の姿勢で構えます。

これが外野送球を捕る時のキャッチャーの基本姿勢です。

構える位置は外野ポジションで変える

つぎのキャッチャーの外野送球の捕り方のポイントは構える位置です。

外野送球を待ち構える位置は、「レフト」「センター」「ライト」で若干違います。

「立ち位置」と「足の角度」を変えます。

レフトからの送球を構える位置

まずレフトからの送球に対してキャッチャーの構える位置は、ベースの右上です。

【レフトからの送球を待つ位置】

レフトとセンター(外野手)からの捕球の位置

ランナーの走路を塞がないようにしたいですね。

センターからの送球を構える位置

センターからの送球を構える位置はベースの正面です。

【センターからの送球を待つ位置】

二遊間・センターからの送球のキャッチャーの立ち位置

右上でも大きな問題はないんですけど、センターが投げる位置を正確に把握できないんですよね。

キャッチャーは投げる的(まと)の役割もあるからね。

 

また、ベースの正面でもランナーの走路を確保できています。

ライトからの送球を構える位置

ライトからの送球を構える位置はレフトと同じベースの右上です。

でも、足先を向ける方向が違います。

【ライトからの送球を待つ位置】

ライト(外野手)からの捕球の位置

ライトの場合には足先を右に向けて、ライトの投げる目標になりたいですね。

外野のポジションによって構える位置を変えれば、
キャッチャーも外野からのボールが見えやすくなります。

外野がナイスボールを投げられるように、
キャッチャーが工夫することも大切です。

 

ご紹介した立ち位置はランナーの走路を確保できてるので、
審判にコリジョンルールと判定されにくいです。

クロスプレー時のコリジョンルールはこちらで詳しく解説してます。

キャッチャーミットは下から上に動かす

キャッチャーが外野からの送球を捕るときの最後のポイントは、
キャッチャーミットを下から上に動かすことです。

キャッチャーミットを上から下に動かすと、ボールを捕りにくくなります。

低くて速いボールとか、
イレギュラーに合わせるのが難しいんだよね。

 

キャッチャーミットを下から上に動かせば、対応しやすくなります。

これは内野ゴロの基本「グローブを下から上に動かす」と同じ理屈で、
キャッチャーミットも上から下よりも下から上のほうが対応力があるんです。

キャッチャーが外野からの送球を捕るまでの流れをまとめます。

①大きく構える

②両足は肩幅より少し広くする

③中腰になる

④キャッチャーミットは下から上に動かす

この動きをスムーズに出来るようになれば。
外野手からのスローイングを上手く捕球できます。

外野送球のカットプレーの判断方法

つづいて外野送球のカットプレーの判断方法です。

外野手がバックホームするとき、内野手が中継に入ります。

そのときにキャッチャーが外野送球を内野手がカットするのか、
カットしないかを判断するんですが、これも意外と迷うと思います。

カットしてればアウト、カットしたからセーフ。
こんな風にも言われますからね。

 

外野送球を「カットする」「カットしない」の判断ポイントは2つです。

それでは詳しく解説していきます。

送球の方向

1つ目の外野送球のカットプレー判断方法は送球の方向です。

・構えた位置から1歩以内で捕球できる:カットしない

・構えた位置から2歩以上で捕球できる:カットする

これが1つの判断基準です。

大前提として「内野手のカット動作よりもボールのほうが速い」ので、
構えた位置から1歩以内で捕れそうならカットしないほうがいいですね。

送球がよっぽど遅かったら、
話は別だよ。

 

逆に、外野手からの送球が構えた位置から2歩以上も離れてるならカットしたほうがいいですね。

追いタッチになれば審判はセーフだと思いますし、
ボールを捕ってからランナーに近づいても逃げられます。

また、バックホームのボールが逸れたらバッターランナーが進塁する可能性もあるので、
2歩以上も離れてるなら基本的にはカットしたいですね。

送球がランナーの方向側に逸れて、
タッチしにくくないならカットしなくてもOKです。

 

外野からの送球の方向を見て「スムーズにタッチできそうか?」で判断すれば、
迷うことなく内野手に指示を出せます。

あとはバッターランナーを忘れないようにしたいですね。

ボールの高さ

つぎの外野送球のカットプレー判断方法はボールの高さです。

ツーバウンド以内で捕球できる:カットしない

スリーバウンド以上で捕球できる:カットする

ボールの高さはツーバウンド以内が基準です。

ツーバウンド以内なら内野手がカットするよりボールのほうが速いですし、
キャッチャーも送球を捕りやすいです。

ワンバウンドよりも対応しやすいよ!

 

スリーバウンド以上になりそうなら、内野手がカットしたほうが速くなります。

ただ、バウンドが多くても送球スピードが速いなら「内野手のカット動作の速さ
送球スピード」「タッチのしやすさ」で判断するといいですね。

「内野陣のカットスピード」「肩の強さ」
この2つは把握しておきたいですね。

 

くれぐれも「内野手がカットしやすい高さだからカットの指示を出す」のはやめましょう。

送球のズレがなくツーバウンド以内でボールが来そうならノーカット、
それ以外は内野手にカットしてもらうのを基準にするといいですね。

キャッチャーのタッチプレー方法

最後にキャッチャーのタッチプレーです。

キャッチャーと内野手のタッチプレーは考え方が違います。

この2つが基本的なキャッチャーのタッチプレーです。

両手でタッチする

キャッチャーのタッチプレー方法は基本的に両手です。

ポイントは右手の使い方。

右手をキャッチャーミット に添えてタッチするのではなく、
右手でボールを握って両手でタッチします。

このタッチ方法ならボールがキャッチャーミットから出ませんし、
ボールを握ってるので次のプレーもスムーズにできるんですよね。

ギリギリのタイミングなら話は別だよ。

 

優先順位は失点を防ぐことなので、
両手タッチだと間に合わない場合には片手タッチに切り替えたいですね。

ギャンブルプレーですが、ボールを捕るより点を与えないほうが優先になります。

キャッチャーのタッチプレーの基本は下記ブログ記事で解説してます。

ホームベース付近でタッチする

つづいてのキャッチャーのタッチプレー方法は、ホームベース付近でタッチすることです。

ボールを捕ったらホームベース付近でランナーが来るのを待ちます。

ランナーは必ずホームベースに来ますからね。

 

ダメなパターンは、ランナーにタッチしにくことです。

キャッチャーがタッチにいけばランナーは逃げますし、審判には追いタッチに見えますし
タッチの衝撃でキャッチャーミットからボールが落ちたり、次のプレーも遅くなったりします。

タッチはホームベース付近でしたいですね。

タッチ動作の応用編

最後にタッチ操作の応用編をお話します。

外野手からの送球がホームベースの左側から真ん中くらいなら、
そのままタッチすればOKです。

ただ、難しいのはホームベースの右側(一塁側)にボールが来た場合。

捕球してタッチにいけば審判には追いタッチに見えますし、
ランナーはキャッチャーが丸見えなので回り込んだり、タッチをかわしたりします。

キャッチャーが不利な状況なんだよね…。

 

その状況を逆転させるために、右側(一塁側)に送球が逸れたら、
身体を右回転させてホームベースにタッチしにいきましょう!

ホームベースから右側のボールを捕ってタッチにいくまでの動き

この動きなら審判は追いタッチに見えないですし、ランナーに回り込まれても対応できます。

慣れない動きですがアウトにできる確率が上がるので、ぜひ試してみてください。

 

キャッチャーのカバーリングの動き方はこちらで解説してます。

キャッチャーの魅せ場

キャッチャーの外野からの送球の捕り方を解説しました。

・大きく構える

・両足は肩幅より少し広くする

・中腰になる

・構える位置は外野ポジションで変える

・キャッチャーミットは下から上に動かす

この5つのポイントを意識すれば、格段に外野送球は捕りやすくなります。

あとはキャッチボールやノックで練習です。

 

ホーム上のクロスプレーはキャッチャーの魅せ場であり、
ゲームの流れに影響する大事な局面なので基本を忠実に守るのは鉄則です。

とはいえ、ランナーをアウトにできれば100点なので、
ときにはギャンブルプレーをする思い切りも大切になってきます。

『瞬時に判断してベストプレーをする』

これこそがキャッチャーの醍醐味なので、ホームベース上の攻防を楽しみましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る